研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
松井 宗也 ( マツイ ムネヤ , MATSUI Muneya )
所属
Organization
経営学部経営学科
職名
Academic Title
准教授
個人または研究室WebページURL
URL
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/~mmuneya/index.html
専攻分野
Area of specialization

経済理論専攻 統計コース

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (15)
著書数 books (0)
学術論文数 articles (15)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
東京大学大学院経済学研究科 博士課程  2006年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(経済学)  Goodness-of-Fit Tests for Heavy Tailed Distributions  東京大学大学院経済学研究科経済理論(統計コース)専攻博士課程  2006年03月 
修士 修士(経済学)    東京大学大学院経済学研究科経済理論(統計コース)専攻修士課程  2003年03月 
学士 学士(経済学)    東京大学経済学部経済学科  2001年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  確率・統計の理論とその社会科学への応用:人類は「偶然」に対してどのように取り組むか 

概要(Abstract) 数理統計の理論研究、確率過程の理論研究、社会科学における数理モデルの構築。数理だけでなく、ジョン・ロールズの「無知のヴェール」、「ナイトの不確実性」といった偶然も射程に入れている。さらに欲を言えば「同じように努力する人たちの間での待遇や所得の違いを偶然で片づけてよいか?」等の偶然に関係する規範倫理学も視野に入れたいと考えている。「それは偶然だからしょうがない。」と目をつむるのでは自分の気分が悪いし、何のための研究か分からないから。 

短期研究  数理モデルの構築 

概要(Abstract) 確率・統計を用いて分野を限らず研究しています。とはいっても興味の主な分野は社会科学です。最近は理論的にやや込み入った数学を用いることが多くやや理論寄りです。数理以外の「偶然」に関する勉強も始めていますが、未だ勉強の段階です。 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  Macroeconomic dynamics in a model with heterogeneous wage contracts  共著   
Economic Modelling  , Elsevier  , 49  , 72-80   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文  

2015  Generalized fractional Levy processes with fractional Brownian motion limit and applications to stochastic volatility models  共著   
Advances in Applied Probability  , Applied Probability Trust  , 47  , 1108-1131   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文  

2014  The Lamperti Transform of fractional Brownian motion and related self-similar Gaussian processes.  共著   
Stochastic models  , Taylor & Francis   , 30  , 68-98  , 2013   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文  

2014  Prediction in a non-homogeneous Poisson cluster model  単著   
Insurance: Mathematics and Economics   , Elsevier   , 55  , 10-17   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文 

2013  Estimation of the tail index for integer-valued sequences  共著   
Extremes  , Springer  , 16  , 429-455  , 2013   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文  

2013  On the Exponential Process associated with a CARMA-type Process  共著   
Stochastics An International Journal of Probability and Stochastic Processes  , Taylor & Francis   , 85  , 743-762  , 2013   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文 

2013  Heterogeneity in wage rigidity and monetary policy  共著   
Review of Integrative Business and Economics Research  , Society of Interdisciplinary Business Research  , 2  , 489-520  , 2013   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文 

2012  Distributions of exponential integrals of independent increment processes related to generalized gamma convolutions  共著   
Bernoulli  , Bernoulli Society for Mathematical Statistics and Probability  , 18  , 1172-1187  , 2012   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文 

2011  Lucas (1972) のモデルにおける貨幣の非中立性 (Multiple Equilibria in Lucas (1972) model (in Japanese))  単著   
The Journal of Social Science  , Institute of Social Science, University of Tokyo  , Vol.63/no.1  , pp.91-109  , November 2011   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文  

2010  Prediction in a Poisson cluster model  共著   
J. Appl. Probab.  , Applied Probability Trust  , 47  , 350-366   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2011  科学研究費補助金  地震や台風等の大規模災害リスクの確率・統計的方法―保険学への貢献へ向けて  
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) ポアソン・クラスターモデルを改良・拡張することで、大規模化する災害と付随する損失を適切に表現しうる確率モデルを構築する。稀にしか起こらない現象の「稀」(何をもって小さい確率とするか)は主観的に決めざるを得ないのですが、「そんなことは起こらない。」と無視する訳にもいきません。そういった稀にしか起こらない現象も視野に入れてモデルを作っています。 

備考(Remarks) 2011~2012年度 

2009  特別研究員奨励費  厚い裾や強い依存関係による特異性を有するモデルの統計的方法 
研究代表者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 科学研究費補助金 

備考(Remarks) 2007〜2009年度 

詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2009  Review   

活動内容等(Content of Activities) Review for ``Testing procedures based on the empirical characteristic functions I: Goodness-of-fit, testing for symmetry and independence, (English)
Tatra Mt. Math. Publ. 39, 225-233 (2008)" by Hušková, Marie and Meintanis, Simos G. 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
詳細表示

2019/04/29 更新