研究者詳細

教育活動
分割表示   全件表示 >>

8 件中 1 - 8 件目

年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2018  ゼミにおけるSlackの活用 

心理人間学演習IB・IC・IIB・IIC (社会心理学ゼミ) でコミュニケーションツールであるSlackを活用し,運営を行った。学生間のコミュニケーションが促進され,相互援助関係が見られ,学習・研究にポジティブな影響をもたらしたと考えられる。 

 
2018  「社会心理学」におけるHP運用 

学科科目「社会心理学」の中で,授業中のスライドと紹介した動画を,HP上で自由に見られるように運用した。聞き漏らしや,再確認したい部分を確認することができたなど,学習内容の理解と深化につながったことが伺えた。 

 
2017  ゼミにおけるSlackの活用 

心理人間学演習IB・IC・IIB・IIC (社会心理学ゼミ) でコミュニケーションツールであるSlackを活用し,運営を行った。学生間のコミュニケーションが促進され,相互援助関係が見られ,学習・研究にポジティブな影響をもたらしたと考えられる。 

 
2017  「社会心理学」におけるHP運用 

学科科目「社会心理学」の中で,授業中のスライドと紹介した動画を,HP上で自由に見られるように運用した。聞き漏らしや,再確認したい部分を確認することができたなど,学習内容の理解と深化につながったことが伺えた。 

 
2016  「社会心理学ゼミ研究プロジェクト要旨集」の作成 

「心理人間学演習I〜IV」の報告書として,「2016年度南山大学人文学部心理人間学科社会心理学ゼミ研究プロジェクト要旨集」を作成した。担当教員によるゼミ生の研究プロジェクト論文の講評,ゼミ生の要旨,2年間のゼミで得たことで構成されていた。卒業生,新3・4年次生に配布され,ゼミでの学びの見通しに寄与するものと考えられる。 

 
2016  「社会心理学」におけるWebClassを通した相互学習機会の創出 

学科科目「社会心理学」の中で,授業中にした発問への答えをWebClassへ書き込んでもらい,それを即座にスクリーンに投影して相互に見てもらうことで,学生相互に学ぶ機会を創出した。授業評価からも,学習内容の理解と深化につながったことが伺えた。 

 
2015  報告書作成 

「心理人間学演習I〜IV」の報告書として,「2015年度南山大学人文学部心理人間学科社会心理学ゼミ研究プロジェクト要旨集」を作成した。担当教員によるゼミ生の研究プロジェクト論文の講評,ゼミ生の要旨,2年間のゼミで得たことで構成されていた。卒業生,新3・4年次生に配布され,ゼミでの学びの見通しに寄与するものと考えられる。 

 
2014  報告書作成 

「心理人間学演習I〜IV」の報告書として,「2014年度南山大学人文学部心理人間学科社会心理学ゼミ研究プロジェクト要旨集」を作成した。担当教員によるゼミ生の研究プロジェクト論文の講評,ゼミ生の要旨,2年間のゼミで得たことで構成されていた。卒業生,新3・4年次生に配布され,ゼミでの学びの見通しに寄与するものと考えられる。 

 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]