研究者詳細

著書
分割表示 >>   全件表示

9 件中 1 - 9 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  榊原秀訓編著『イギリス行政訴訟の価値と実態』  共著   
日本評論社  , 未設定  , 201~229頁、51~78頁  , 2016/12   

概要(Abstract) 洞澤秀雄「行政訴訟手続の変容―都市計画・環境領域を中心に―」201~229頁
ヴァルダ・ボンディ/伊藤治彦・洞澤秀雄(訳)「2013年から2015年の連合王国の司法審査改革―改革の理論的根拠と含意―」51~78頁 

備考(Remarks)  

2016  亘理格・生田長人編『都市計画法制の枠組み法化―制度と理論―』  共著   
土地総合研究所  , 未設定  , 213~237頁  , 2016/06   

概要(Abstract) 洞澤秀雄「イギリス都市計画法における国による適正化担保:コールインなどの国による関与を中心に」213~237頁 

備考(Remarks)  

2016  宗像優・編『講座臨床政治学第6巻 環境政治の展開』  共著   
志學社  , 未設定  , 214~282頁  , 2016/04   

概要(Abstract) 洞澤秀雄「廃棄物政策―廃棄物処理施設の設置を中心に―」として、廃棄物にかかる環境政治について、自治体・住民と法といった観点から検討した。 

備考(Remarks)  

2015  亘理格・生田長人・久保茂樹編著『転換期を迎えた土地法制度』  共著   
土地総合研究所  , 未設定  , 64~88頁  , 2015/03   

概要(Abstract) 洞澤秀雄「利用放棄等の消極的行為の法的コントロール―イギリスにおける法的対応」として、これまでの都市法では十分に対応がしにくい利用放棄や低利用といった消極的な行為について、今後どのように対応すべきかに関し、イギリス法を参照して議論した。 

備考(Remarks)  

2014  榊原秀訓編著『行政法システムの構造転換―イギリスにおける「行政的正義」』  未設定   
日本評論社  , 未設定  , 201-229頁  , 2015/02   

概要(Abstract) 洞澤秀雄「環境行政訴訟における司法アクセスの論理―オーフス条約に基づく議論を中心に」として、環境司法アクセスに関して、オーフス条約との関係で問題となった訴訟費用を中心に、実質的な司法アクセスとその論理について検討した。 

備考(Remarks)  

2014  岡田正則・榊原秀訓・本多滝夫編『判例から考える行政救済法』  共著   
日本評論社  , 未設定  , 100-109頁  , 2014/09   

概要(Abstract) 洞澤秀雄「執行停止」として、執行停止に関して、重要裁判例を素材にしつつ概説した。 

備考(Remarks)  

2012  大浜啓吉編『自治体訴訟』  共著   
早稲田大学出版部  , A5  , 287p.  , 20130200   

概要(Abstract) 執筆担当部分:第3章「取消訴訟」32-47頁(16頁)、第13章「環境訴訟」235-250頁(16頁)
「取消訴訟」においては、自治体にとっての取消訴訟の意義を行訴法の検討を通じて議論した。
「環境訴訟」においては、廃棄物処理法にかかる事件を中心に、自治体にとっての環境訴訟の諸相について論じた。 

備考(Remarks)  

2012  榊原秀訓編著『行政サービス提供主体の多様化と行政法―イギリスモデルの構造と問題点』  共著   
日本評論社  , A5  , 235-263頁  , 2012/03   

概要(Abstract) 洞澤秀雄「都市計画における地方の裁量の変容―行政の現代化と都市計画の空間計画化とのはざまで」との論文を掲載し、イギリス都市法における地方計画庁の裁量の縮減について論じた。 

備考(Remarks)  

2012  藤巻秀夫編著『地方自治―法・行政・財政』  共著   
八千代出版  , A5  , 101-110頁  , 2012/02   

概要(Abstract) 「公の施設」として、地方自治法における公の施設に関して概説した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]