研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
石崎 保明 ( イシザキ ヤスアキ , ISHIZAKI Yasuaki )
所属
Organization
外国語教育センター外国語教育センター
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

英語学(英語史、認知言語学)

学会活動
Academic societies

近代英語協会理事(2024年4月~現在)
日本英語学会誌『English Linguistics』編集委員(2024年2月~現在) 
日本英文学会誌『英文学研究』編集副委員長(2018年4月~2019年3月)
日本英文学会誌『英文学研究』編集委員(2017年4月~2020年3月)
近代英語協会理事(2017年4月~2021年3月)
日本英文学会中部支部事務局書記(2014年4月~2015年3月)
日本英文学会中部支部誌『中部英文学』編集委員(2013年4月~2017年3月)
近代英語協会誌『近代英語研究』編集委員(2010年4月~2014年3月)
名古屋大学英文学会誌『IVY』編集委員(2009年4月~2013年3月)
日本英文学会会員
日本英語学会会員
近代英語協会会員
日本認知言語学会会員
日本英文学会中部支部会員
名古屋大学英文学会会員

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (37)
著書数 books (8)
学術論文数 articles (29)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
名古屋大学大学院文学研究科英文学専攻英語学専門 博士後期課程  2001年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
修士 文学修士    京都外国語大学大学院  1998年03月20日 
学士 文学士    大阪外国語大学外国語学部Ⅱ部英語学科  1996年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  認知言語学理論に基づく言語表現の歴史的変化に関する研究  

概要(Abstract) 英語表現の特に意味における歴史的発達過程とその背後にあるメカニズムを、人間が持つ認知能力の観点から解き明かしていくこと  

短期研究  項構造構文の歴史的発達に関する研究 

概要(Abstract) 使役構文の歴史的発達とそのネットワーク形成過程を構文文法理論の観点から分析すること  

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2022  コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論3  共著  ISBN:978-4-7589-2377-4 
開拓社  , B5  , 445p.  , 2022/12   

概要(Abstract) 理論言語学が自然言語の統語・意味・形態・音韻の基本的な性質を明らかにしてきた今、言語学者の関心の主軸は、言語間のミクロな変異や同一言語の漸進的な変化の記述と、その原因の探求へと移り始めており、生物学者も、生物進化と言語変化の相同性に着目し始めている.本書は、30人の研究者が、最新の言語理論とコーパスや統計などのツールを使って、言語の変化・変異・獲得・進化の様相の記述と本質の探究を目指す論文集である。 

備考(Remarks)  

2021  語法と理論の接続をめざして  共著  978-4-8234-1020-8 
ひつじ書房  , B5  , 371  , 2021/09   

概要(Abstract) 本書は、英語における様々な言語現象に対して、共時的・通時的な側面から、正確に記述し、理論的な説明を行った論考を17編収録した論文集である。どの論考においても、語・句・構文・談話レベルにわたる様々な語法に対して、記述的にも理論的にもバランスのとれた分析を行うことで、英語における語法研究と理論研究の懸け橋となる1冊である。(紹介文書)
 

備考(Remarks)  

2020  文法化・語彙化・構文化  共著  ISBN978-4-7589-1422-2 
開拓社  , A5  , 294  , 2020/07   

概要(Abstract) 現代英語学には、主に、自然言語の変化しにくい静的な側面をもとに、言語知識の中身の解明を目指している。しかし、言語には、変化を受けやすい動的な側面もあり、それを知ることによってはじめて見えてくる言語の本質もある。本巻は、認知言語学、生成文法統語論、日本語学の観点から、文法化・語彙化・構文化という言語変化の一般的な特徴が、それぞれ、どのように説明できるかについて、英語と日本語の豊富な実例をもとに解説する。 

備考(Remarks)  

2020  Late Modern English: Novel encounters  共著  ISBN 9789027205087 
John Benjamins Publishing Company  , B5  , 359 p.  , 2020/03   

概要(Abstract) This book covers a broad range of topics addressed by international experts in fields such as phonology, morphology, syntax, lexis, spelling and pragmatics; this makes the collection attractive to any scholar or student interested in the history of English. Each of the four thematic sections in the book represents a core area of Late Modern English studies. This division makes it easy for specialists to access the chapters that are of immediate relevance to their own work. An introductory chapter establishes connections between chapters within as well as between the four sections. The volume highlights recent advances in research methodology such as spelling normalization and other areas of corpus linguistics; several contributions also shed light on the interplay of internal and external factors in language change.(cited from the website of John benjamins Publishing Company) 

備考(Remarks)  

2017  語はなぜ多義になるのか ―コンテキストの作用を考える―  共著   
朝倉書店  , A5  , 200 p.  , 2017/03   

概要(Abstract) 語用論の中心課題である,言語表現とコミュニケーションの場の解明,特に意味伝達のプロセスを解明するシリーズ。第1巻では,意味理論,語用論理論をもとに語の多義性を分析し,歴史的意味変化や,借用の過程で生じる意味変化を扱う(朝倉書店Webページの紹介文より)。執筆を担当した第6章(「語義の歴史的変化とその事例」)では、Traugott and Trousdale(2013)における通時的構文文法に基づき、X-domやseveral, manなどの歴史的発達がどのタイプの構文(変)化に該当するのかを分かりやすく解説した。 

備考(Remarks)  

2013  言語変化-動機とメカニズム-  共著   
開拓社  , A5  , 319 p.  , 2013/04   

概要(Abstract) 本稿では、句動詞set outの歴史的発達を調査し、句動詞構文の歴史的発達の中でset outがどのように位置づけられるべきかを議論した。具体的には、句動詞構文には文法化に由来する下位構文と、語彙化に由来する下位構文があり、set outは、一見したところ、そのイディオム性の高さから語彙化に由来する下位構文であるようにも見えるが、その歴史的な発達から文法化に由来する下位構文であると主張した。 

備考(Remarks)  

2012  文法化と構文化  共著   
ひつじ書房  , A5  , 377p  , 2013/02   

概要(Abstract) 文法化の研究に比べて、構文化の研究は緒についたばかりである。構文文法の誕生以来、国内外で構文研究は盛んになっている。しかし、多くの研究は、構文の通時的発達にはほとんど関心を払ってこなかった。本書は、最新の理論に基づき、コーパスなどを駆使し、通時的、共時的観点から英語を分析した画期的な論文集である(ひつじ書房webページより一部抜粋)。執筆を担当した第7章(「句動詞の文法化とイディオム化-方向を表す副詞を例に-」では、英語本来語で方向を表す副詞away、forth、outを取り上げ、その歴史的な言語変化を用法基盤モデルの観点から分析を試みた。具体的には、forthはHaspelmath (2004)における撤回(retention)の事例であり、awayとoutはともに文法化の事例であること、上記3つの副詞を含む句動詞は、個々の事例により異なるタイプのイディオム化に分類されうることを示した。 

備考(Remarks)  

2011  環境・情報・ビジネスを考える  共著   
中日新聞社  , A5  , 260p.  , 2011/03   

概要(Abstract) 名古屋産業大学開学10周年を記念した論文集。執筆を担当した第2部教養教育研究の展開第5章(ことばの変化の認知的メカニズム)では、ことわざや故事成語、「~てみる」、「~のメッカ」などといった定形表現の意味解釈にはどのような認知的メカニズムが関わっているのかを構文文法の観点から分析した。 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2021  交替と通時的構文文法  単著   
開拓社  , pp. 78-90  , 2022/03   

概要(Abstract) これまで様々な枠組みで議論されてきた所格交替を通時的構文文法の観点から絞殺を試みた構文。構文文法の枠組みで交替現象がどのように扱われてきたのかに触れながら、所格交替に関わる二つの構文の後期近代英語における発達を考察した。 

備考(Remarks) 田中智之・茨木正志郎・松元洋介・杉浦克哉・玉田貴裕・近藤亮一編『言語の本質を共時的・通時的に探る-大室剛志教授退職記念論文集』 

2019  所格交替における構文の歴史的発達  単著   
2019年度中部支部第71回大会プロシーディングス  , 日本英文学会中部支部  , 2019/08   

概要(Abstract) 本稿では、これまで議論されることのなかったloadとsprayの後期近代英語期における発達を調査し、構文文法の枠組みでこれらの語を含む構文の発達をどのように位置づけることができるのかを議論した。  

備考(Remarks) http://www.elsj.org/chubu/2018%20proceedings/ishizaki_yasuaki.pdf 

2018  Some Notes on the Historical Development of Constructions with the Verb Load  単著   
南山大学短期大学部紀要終刊(第39)号  , 南山大学短期大学部  , 39号  , pp.The 81-94  , 2018/03   

概要(Abstract) The purpose of this paper is to shed light on the historical development of such constructions, especially with the verb load from the standpoint of diachronic construction grammar. Based on data retrieved mainly from ARCHER, the following will be shown concerning the verb load: (i) It evolved from the corresponding noun by way of the past participle; and (ii) a construction type which is associated with the resultative meaning, is historically followed by the other type which is associated with the caused-motion meaning. From a diachronic construction grammar perspective, (i) explains the reason that a prepositional phrase headed by with, which has been analyzed as an adjunct, behaves similarly to an argument.  

備考(Remarks)  

2016  自他交替動詞climbの通時的発達  単著  ISBN:978-4-7589-2231-9 
文法変化と言語理論  , 開拓社  , pp.1-15  , 2016/10   

概要(Abstract) 自他交替を許す動詞climbを取り上げ、その歴史的発達を認知言語学の視点から考察した。 

備考(Remarks) 本稿では、歴史的文献を収めたいくつかの電子コーパスを用いて、動詞climbの通時的な使用の実態を調査し、認知文法におけるセッティング/場所/参与者に基づく事態認知の観点から考察を行ってきた。climbは「手足を使っての全身移動」という自動詞用法をプロトタイプ的意味として発達し、さほど期間を置かずに他動詞用法を獲得している。これは、認知主体による場所・参与者の反転という認知能力によって動機づけられている。しかしながら、自動詞用法に対して他動詞用法は、その目的の指示対象が歴史を通じて限定的であり、トークンおよびタイプ頻度も高くはなかった。特に後期近代英語期になって「数値の上昇」といったメタファによる意味拡張はいられるものの、英語史においてはclimbのプロトタイプ的な「手足を使っての移動」意味の保持力が強く、支配的であると主張した。 

2016  At-Constructions in English: A Cognitive Historical Perspective  単著   
アカデミア  , 南山大学  , 文学語学編 100号  , 27-43  , 2016/06   

概要(Abstract) This paper provides a cognitive historical analysis of expressions using the preposition at, or at-constructions, in English. In this paper, it is proposed that at-constructions have a general construction schema indicating backgrounding of the end portion of a whole movement or action. This schema is motivated by the bodily experience of directing attention to something and cognitive prominence among focused entities. Because at has been used frequently to describe these fundamental cognitive processes, it is argued that, due to the conserving effect (Bybee (2006)), the constructional meaning of at-constructions has been observed throughout the history of English, in contrast with the relevant descriptions in the Oxford English Dictionary and the Middle English Dictionary.  

備考(Remarks)  

2015  近・現代アメリカ英語におけるway構文の発達について  単著   
アカデミア  , 南山大学  , 文学・語学編98号  , pp.61-87  , 2015/06   

概要(Abstract) The Corpus of Historical American English (COHA)などの電子資料を用いて、way構文の近・現代アメリカ英語における発達を調査し、構文文法理論の観点から考察した。具体的な主張は、特に後期近代アメリカ英語では、プロトタイプ的意味である「道の創造による何らかの障害(物)を除去/排除する移動」から、「力の行使による何らかの障害(物)を除去/排除する移動」のスキ-マ意味、さらには「何らかの障害(物)を除去/排除する移動」や「特異の形態での移動」といったスキ-マ的意味に拡張している例があるものの、特に「特異な形態での移動」の事例であっても、文脈を見ると何らかの障害(物)の存在を想定することが可能であることから、現代アメリカ英語の母語話者においても、プロトタイプ的意味が完全に漂白しているとは言えないと主張した。 

備考(Remarks)  

2013  On the Initial Development of the One's Way Construction: A Construction Grammar Perspective  単著  ISSN0914-2266 
IVY  , 名古屋大学英文学会  , 46  , pp.49-73  , 2013/11   

概要(Abstract) In this paper, based on examples retrieved from Early English Books Online (EEBO), the one’s way construction was found to become frequent from the seventeenth century onwards, about two centuries after 1400, which is when the first instance of the construction is claimed to have appeared in English according to the OED. Frequency-based investigation of the present construction also reveals that examples following the [[make] their way through/(in-, on-)to NP] and [[force] their way through/(in-, on-)to NP] patterns are predominant in the early stages of development, and the former became frequent about 50 years before the latter.  

備考(Remarks)  

2013  構文文法理論における文法化の扱いについて  単著   
第85回大会プロシ-ディングス  , 日本英文学会  , 171-172  , 2013/09   

概要(Abstract) 本論文では、構文文法理論の観点から、way構文の構文化には、通常の語結合による構文化に加えて、そこから文法化の進行とともに発達する(下位)構文化と語彙化の進行とともに発達する(下位)構文化の少なくとも2つのパタ-ンが存在すると主張した。 

備考(Remarks)  

2012  A Usage-based Analysis of Phrasal Verbs in Early and Late Modern English  単著   
English Language and Linguistics   , Cambridge University Press  , 16/2   , 241-260  , 2012/07   

概要(Abstract) In this article, focusing on the distributions of away and out taken from colloquial corpora of Early and LateModern English, it is shown that the partially idiomatic and idiomatic phrasal verbs (PVs) are instances of idiomatization caused by grammaticalization and by lexicalization, espectively. Based on these observations, it is claimed that these two types of PVs can be explained by a Usage-Based Model put forth mainly by Langacker (2000) and Bybee (2006, 2010). Specifically, the idiomatization of partially idiomatic PVs involves repeated schema extractions leading to productivity, whereas the idiomatization of fully or highly idiomatic PVs involves the ‘conserving effect’, whereby a highly entrenched linguistic expression with high frequency resists further language change. 

備考(Remarks)  

2011  Distribution of Phrasal Verbs with Out and Away: With Special Reference to Two Late Modern English Corpora  単著   
名古屋産業大学論集  , 名古屋産業大学環境情報ビジネス学会  , 18  , 71-75  , 2011/11   

概要(Abstract) The purpose of this paper is to describe the distributions of phrasal verbs used in Late Modern English correspondence. In this paper, verbs with out and away that appear in two corpora are examined. Based on the investigation of these corpora, it is suggested that the phrasal verbs with out are fully established by the Late Modern English period, whereas the phrasal verbs with away are not.  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  Traugott, Elizabeth Closs and Graeme Trousdale (2013) Constructionalization and Constructional Changes  書評  単著 
IVY  , 名古屋大学英文学会  , 48  , pp.137-141  , 2015/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Norde, Muriel (2009) Degrammaticalization  書評  単著 
English Linguistics  , 日本英語学会  , Vol.29, no.1  , 176-185  , 2012/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Allan, Kathryn (2009) Metaphor and Metonymy, A Diachronic Approach  書評  単著 
英文学研究  , 日本英文学会  , 53  , 137-144  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  これからの大学教育のあり方 ~社会人基礎力養成の観点か ら~  寄稿  共著 
中部圏研究 調査季報  , 中部産業・地域活性化センター  , 172  , 51-57  , 2010/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Bybee, Joan (2006) Frequency of Use and the Organization of Language  書評  単著 
中部英文学  , 日本英文学会中部支部  , 28  , 63-69  , 2009/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  Brinton, Laurel and Elizabeth Traugott (2005) Lexicalization and Language Change  書評  単著 
IVY  , 名古屋大学英文学会  , 40  , 141-146  , 2007/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  Ogura, Michiko (2002) Verbs of Motion in Medieval English  書評  単著 
近代英語研究  , 近代英語協会  , 21  , 113-119  , 2005/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1998  英語学用語辞典  辞書・事典  共著 
三省堂  , 1999/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1997  新英文法用例辞典  辞書・事典  共著 
研究社出版  , 1997/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2001  近代英語協会第8回新人賞佳作  A Cognitive Approach o the Historical Development of the Way-Construction (2001)に対して  2001年05月01日 
近代英語協会 

備考(Remarks) The eighth Rising Star Award was given to the article entitled "A Cognitive Approach o the Historical Development of the Way-Construction," which presents an analysis of the historical development of the way-construction based on cognitive grammar. 

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2024  通時的構文文法理論における交替現象について:英語の所格交替を例に  単独  2024/05/04 
日本英文学会第96回大会  , 日本英文学会   

概要(Abstract) 近年の構文理論では交替と通時的構文文法理論がホットな話題となりつつある。本発表では所格交替に関係する「場所目的語構文」と「物材目的語構文」を取りあげ、両構文は他動詞構文ネットワーク内の異なる構文グループに位置づけられる構文であるが、通時的な関係性の変化があり、現在のような交替関係に至っていることを示した。  

備考(Remarks)  

2023  (通時的)構文文法理論における交替とは?  単独  2024/03/29 
言語変化・変異ユニット 第12回ワ-クショップ  , 言語変化・変異研究ユニット   

概要(Abstract) 交替(alternation)は「派生」というメカニズムを採用していない構文文法の研究においてもしばしば用いられる用語であるが、その理論上の位置づけは必ずしも明確ではない。本発表では、共時的理論としての構文文法における交替研究の現状を紹介しつつ、通時的に交替現象を研究する際の留意点や意義を指摘した。たとえば、通時的に見て交替関係は必ずしも安定的なものではなく、交替のペアが変わったり交替関係が解消される事例があることを指摘し、意味的に類似した交替のペアの通時的関係を調査することは英語史の動的側面を浮き彫りにすることにつながることから研究するに値する現象であることを指摘した。 

備考(Remarks)  

2022  英語におけるSprayクラス所格交替動詞の歴史的発達について  単独  2023/03/19 
言語変化・変異ユニット 第10回ワ-クショップ  , 言語変化・変異研究ユニット   

概要(Abstract) sprayはloadとともに現代英語を代表する所格交替動詞であるが、loadとは異なり、後期近代英語期には動詞で使われること自体少なかったことがわかっている。さらに、現代英語のsprayは動詞として使われ始めるとするのと同時に所格交替しており、この点もloadとは異なる。本発表では、sprinkle, splash, showerという3つのSprayクラスの動詞の後期近代英語期の使用状況を観察し、これらの意味的特徴などがsprayの所格交替に寄与した可能性を指摘した。 

備考(Remarks) 共催:東京外国語大学アジア・アフリカ研究所「理論言語学と言語類型論と計量言語学の対話に基づく言語変化・変異メカニズムの探究」2022年度第6回研究会 

2021  後期近代英語期における所格交替について  単独  2022/03/08 
言語変化・変異ユニット 第8回ワ-クショップ  , 言語変化・変異研究ユニット   

概要(Abstract) 英語における所格交替のうちのいくつかの動詞(heap, pile, rub, sprinkle)を取り上げ、後期近代英語期における振る舞いを調査し、これまでに調査されている他の動詞(e.g. load, smear, spray)などとともに、通時的構文文法の観点から考察を試みた。 

備考(Remarks) 共催:東京外国語大学アジア・アフリカ研究所「理論言語学と言語類型論と計量言語学の対話に基づく言語変化・変異メカニズムの探究」第5回研究会 

2018  通時的視点から見た英語の所格交替について  単独  2019/03/21 
言語変化・変異研究ユニット第5回ワークショップ  , 言語変化・変異研究ユニット   

概要(Abstract) 本発表では、所格交替を許す代表的な動詞であるload, smear, sprayを取り上げ、これらの動詞とそれらが生起する2つの構文の後期近代英語期以降の歴史的発達をCLMETという言語コ-パスを用いて調査し、発達の方向性の共通点と相違点を指摘し、構文文法理論の観点から考察した。 

備考(Remarks)  

2018  所格交替における構文の歴史的発達  単独  2018/10/27 
日本英文学会中部支部大会第70回大会シンポジウム  , 日本英文学会中部支部大会   

概要(Abstract) 本発表では、所格交替を許す典型的な動詞loadとsprayを含む2つの構文の歴史的発達を調査し、loadやsprayが動詞として用いられる前に過去分詞として「ある物財がある場所に置かれている・噴霧されている状態」を描写する用例が一般的であったことを指摘し、それらの構文の歴史的発達を構文文法理論の観点から考察するとともに、セッティング主語構文の発達との通時的な関連性を議論した。 

備考(Remarks)  

2017  On the Historical Development of Constructions with Locative Alternation Verb: A Diachronic Construction Grammar Approach  単独  2017/08/17 
6th International Conference on Late Modern English   

概要(Abstract) In this presentation, focusing on the constructions with the locative alternation verbs load and spray, I showed how the constructions with locative alternation developed in the history of English.  

備考(Remarks)  

2014  認知言語学の視点から見た通時的言語変化  単独  2014/11/09 
日本英語学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  A historical constructional approach to the way-construction  単独  2013/08/29 
5th International Conference on Late Modern English  , The University of Bergamo   

概要(Abstract) In this presentation, based on the examples taken mainly from the Penn Parsed Corpus of Modern British English, and Corpus of Historical American English, I proposed (1)the way-construction is a type of construction coming from grammaticalization, and (2)in the Late Modern English period, the construction may have fully developed in American English, but not in British English.
 

備考(Remarks)  

2012  構文文法理論における文法化の扱いについて  単独  2012/10/27 
日本英文学会中部支部第64回大会  , 日本英文学会中部支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2024  科学研究費補助金  英語使役構文の通時的ネットワーク形成に関する構文文法研究  
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2023  科学研究費補助金  英語使役構文の通時的ネットワーク形成に関する構文文法研究 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2022  科学研究費補助金  英語使役構文の通時的ネットワーク形成に関する構文文法研究 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2021  科学研究費補助金  所格交替の共時的・通時的発達に関する構文文法的研究  
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2020  科学研究費補助金  所格交替の共時的・通時的発達に関する構文文法的研究 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2019  科学研究費補助金  所格交替の共時的・通時的発達に関する構文文法的研究  
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2018  科学研究費補助金  所格交替の共時的・通時的発達に関する構文文法的研究 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  近・現代英語期における英語表現の構文化に関する研究  
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  近・現代英語期における英語表現の構文化に関する研究  
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  近・現代英語期における英語表現の構文化に関する研究 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2017  Research Projectにおける活動 

(1)図書の内容を、その本が書かれることになった背景や作者の主張のポイントとともにしっかりと理解すること(2)自分の意見を建設的に述べること、の2点の育成を目的として、春学期と秋学期に書評を課し、併せて剽窃や書式の知識も深めながら、研究調査手法としての効果を検討した。 

2017/04/01~2018/03/31 
2016  English Workshop A・Bにおける英文法の理解 

English Workshop A・Bでは、英文法の基本を押さえつつ、その背後にある文法体系や論理性の理解を促す指導を行った。普段何気なく使っているThere構文や受動文などの構文が表わす意味の適切性を文法体系の中で理解することにより、ライティングの際に自信をもって用いたり、リ-ディングにおいて話者の意図をより深く理解できるようになったとの意見が寄せられた。 

2015/04/01~2016/03/31 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2024  学会役員  2024/04/01~現在 

活動内容等(Content of Activities) 近代英語協会理事 

2023  学会編集委員  2024/02/01~現在 

活動内容等(Content of Activities) 日本英語学会編集委員 

2017  学会役員  2017/04/01~2021/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 近代英語協会理事 

2017  学会誌編集委員  2017/04/01~2020/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 日本英文学会編集委員 

2014  学会役員  2014/04/22~2015/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 日本英文学会中部支部事務局書記 

2013  学会誌編集委員  2013/04/01~2017/3/31 

活動内容等(Content of Activities) 日本英文学会中部支部誌『中部英文学』編集委員 

2010  学会誌編集委員  2010/04/01~2014/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 近代英語協会誌『近代英語研究』編集委員 

2009  学会誌編集委員  2009/04/01~2013/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋大学英文学会誌IVY編集委員 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2024 
2023 
2022 
2021 
2020 
2019 
2018 
2017 
2016 
2015 
詳細表示

2024/05/10 更新