研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

4 件中 1 - 4 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  語はなぜ多義になるのか ―コンテキストの作用を考える―  共著   
朝倉書店  , A5  , 200  , 2016/03   

概要(Abstract) 語用論の中心課題である,言語表現とコミュニケーションの場の解明,特に意味伝達のプロセスを解明するシリーズ。第1巻では,意味理論,語用論理論をもとに語の多義性を分析し,歴史的意味変化や,借用の過程で生じる意味変化を扱う(朝倉書店Webページの紹介文より)。 

備考(Remarks)  

2013  言語変化-動機とメカニズム-  共著   
開拓社  , A5  , 319p.  , 2013/04   

概要(Abstract) 本稿では、句動詞set outの歴史的発達を調査し、句動詞構文の歴史的発達の中でset outがどのように位置づけられるべきかを議論した。具体的には、句動詞構文には文法化に由来する下位構文と、語彙化に由来する下位構文があり、set outは、一見したところ、そのイディオム性の高さから語彙化に由来する下位構文であるようにも見えるが、その歴史的な発達から文法化に由来する下位構文であると主張した。 

備考(Remarks)  

2012  文法化と構文化  共著   
ひつじ書房  , A5  , 377p  , 2013/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  環境・情報・ビジネスを考える  共著   
中日新聞社  , A5  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]