研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
伊藤 聡子 ( イトウ サトコ , ITO Satoko )
所属
Organization
外国語学部英米学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

アメリカ文学・文化論、英語教育学

学会活動
Academic societies

1994年4月-現在に至る アメリカ文学会
1996年4月-現在に至る アメリカ学会
2003年4月-2006年3月 JACET (The Japan Association of College English Teachers)
2008年4月-現在に至る JALT (The Japan Association for Language Teaching)
2010年12月-2012年11月 JALT (The Japan Association for Language Teaching) Administrative Committee member
2015年4月-現在に至る 日本英文学会

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (16)
著書数 books (3)
学術論文数 articles (13)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
同志社大学文学部英文学科 1994年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
英国バーミンガム大学(University of Birmingham, U.K.)英語研究科(Centre for English Language)第二言語/外国語教授法(TESL/TEFL) 修士課程  2008年07月  修了 
京都大学大学院人間・環境学研究科文化・地域環境学専攻ヨーロッパ文化環境論講座(アメリカ文化・社会論) 博士後期課程  1999年03月  単位取得満期退学 
京都大学大学院人間・環境学研究科文化・地域環境学専攻ヨーロッパ文化環境論講座(アメリカ文化・社会論) 博士前期課程  1996年03月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
修士 英語教育学修士(MA with Merit in TEFL/TESL)  “An Analysis of Spelling Errors and Language Distance”  英国バーミンガム大学(University of Birmingham, U.K.)  2008年07月 
修士 修士(人間・環境学)  “ ‘Doubles’ in Mark Twain’s Works: Mark Twain and America in the Late Nineteenth Century”  京都大学大学院  1996年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  文化活動・産物に対する規制と助成から考察するアメリカ社会 

概要(Abstract) 文化活動は政府よりも一般市民の支援に基づくと伝統的にとらえるアメリカ合衆国の検閲・規制と支援をめぐる言説から、20世紀以降アメリカ社会の価値観の変遷を考察する。 

長期研究  外国語習得における言語・文化距離の影響 

概要(Abstract) 外国語としての英語もしくはそれで書かれた文学をEFL環境において英語非母国語話者が学習・研究するという特殊性がもたらす様々な問題ならびに意義を考慮しつつ、教授法についての先行研究を再検証する。 

長期研究  現代アメリカ小説にみるアイデンティティの揺らぎ 

概要(Abstract) 多民族・多文化が共生するアメリカにおいて、「アメリカ」もしくは「アメリカ人」という枠組みと民族性との間で揺れ動く主体について、アメリカ小説を通して考察する。 

短期研究  文学作品の使用についての研究 

概要(Abstract) 文学作品の使用について、特に非母語話者による精読と、母語話者によるclose reading, intensive readingの特徴の違いと意義を配慮しながら考察する。 

短期研究  EFL学習者の自律学習につながるような教材の研究・開発 

概要(Abstract) 学習者の動機づけと自律性に関する先行研究に基づき、EFL環境に適した教材の研究、開発を目指す。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2018  『精読という迷宮―アメリカ文学のメタリーディング』  共著   
松籟社  , 未設定  , 320 p.  , 2019/08予定   

概要(Abstract) 執筆担当部分:第三部第10章「パワーポイントのない風景―文学的な精読を考える」、pp. 283-310 (29 p.) 

備考(Remarks)  

2010  『悪夢への変貌―作家たちの見たアメリカ―』  共著   
松籟社  , 未設定  , 284 p.  , 2010/02   

概要(Abstract) 福岡和子、高野泰志、ほか11名、執筆担当部分:第10章「際限のない可能性―リチャード・パワーズと『ガラテイア2.2』」、pp. 253-279 (27 p.) 

備考(Remarks)  

2003  『身体、ジェンダー、エスニシティ―21世紀転換期アメリカ文学における主体―』  共著   
英宝社  , 未設定  , 382p.  , 2003/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 鴨川卓博、伊藤貞基、ほか13名。執筆担当部分:第2章「船乗りと海賊とアーティスト―キャシー・アッカーの身体という言語」、pp.63-92 (30 p.) 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  「L2ライティングにみるL1ディベートの効果―WACアプローチの応用―」  単著   
『南山大学短期大学部紀要』  , 南山大学短期大学部  , 終刊号(第39号)  , pp. 149-160  , 2018/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  「文学テクスト使用の見直し」  単著   
『アカデミア』文学・語学編  , 南山大学  , 第103号  , pp. 221-240  , 2018/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Interaction Practice Tasks for Japanese EFL Students: An Investigation into Turn-Taking Techniques  単著   
『アカデミア文学・語学編』  , 南山大学  , 第101号  , pp. 139-156 (18p.)  , 2017/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  「学習者の動機づけと英語習熟度―L2動機づけ自己システム理論からの検討―」  共著   
『アカデミア文学・語学編』  , 南山大学  , 第98号  , pp. 89-112 (24p.)  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 伊藤 聡子、森泉 哲、分担執筆率50% 

2014  「言語学習方略とTOEICスコアとの関連」  共著   
『アカデミア文学・語学編』  , 南山大学  , 第97号  , pp. 135-156(21p.)  , 2015/01   

概要(Abstract) 短期大学生を対象に、英語学習に使用する学習方略を問う質問紙調査の結果と被験者のTOEICスコアとの関連を検討し、スコアの上位・中位・下位群で使用される方略の違いについて考察した。その結果、3群には認知方略の使用に差があり、上位ほど多様な方略を使用し、頻度も高いことが明らかとなった。 

備考(Remarks) 伊藤聡子、森泉哲、浅野享三、分担執筆率40% 

2010  "Points for behavior: the teacher in the mirror"  共著   
JALT2009 Conference Proceedings  , The Japan Association for Language Teaching (JALT)   , pp. 1-15  , 2010/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付学会報告書、共著者Richard Silver, William Baber、分担執筆率30%、Web (http://jalt-publications.org/archive/ proceedings/2009/E108.pdf)、 16 p. 

2009  "A Qualitative Look at Japanese and Native Speaker Teachers’ Views on the University EFL Classroom"  共著   
Proceedings of the 14th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics  , Pan-Pacific Association of Applied Linguistics  , pp. 447-452  , 2009/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付学会報告書、共著者Richard Silver, William Baber、分担執筆率30%、6 p. 

2007  "An Analysis of Spelling Errors and Language Distance" (MA Dissertation)  単著   
MA Dissertation, University of Birmingham, U.K.  , 113 p.  , 2007/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  「『ロリータ』第2部27章を読む」  共著   
KRUG  , 日本ナボコフ協会  , Vol.4, No.2  , pp. 5-22  , 2003/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 芦本滋、伊藤聡子、西山けい子、三浦笙子、皆尾麻弥、吉川幹子、(執筆担当部分:「第2部第27章第4パラグラフ」、pp. 12-16 (5 p.)) 

1999  「Hankの改革とその必然的挫折―Mark TwainのA Connecticut Yankee in King Arthur's Court 試論」  単著   
『京都大学総合人間学部紀要』  , 京都大学総合人間学部  , 第6巻  , pp. 99-109  , 1999/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文(学部外院生のため) 

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  「文学作品をなぜ読ませるのか―精読の位置を考える―」(3)  単独  2017/01/13 
精読研究会(科研費(基盤研究C)採択共同研究)定例研究会  , 科学研究費補助金(基盤研究C)採択共同研究「19世紀から21世紀アメリカ文学に見る書く行為と読む行為の相互作用に関する研究」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 立命館大学 

2016  「文学作品をなぜ読ませるのか―精読の位置を考える―」(2)  単独  2016/10/29 
精読研究会(科研費(基盤研究C)採択共同研究)定例研究会  , 科学研究費補助金(基盤研究C)採択共同研究「19世紀から21世紀アメリカ文学に見る書く行為と読む行為の相互作用に関する研究」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 立命館大学 

2015  「文学作品をなぜ読ませるのか―精読の位置を考える―」  単独  2016/01/10 
精読研究会(科研費(基盤研究C)採択共同研究)定例研究会  , 科学研究費補助金(基盤研究C)採択共同研究「19世紀から21世紀アメリカ文学に見る書く行為と読む行為の相互作用に関する研究」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 京都工芸繊維大学 

2015  “Colors in writing: Making the most out of learning preferences” (paper)  単独  2015/10/26 
Ireland Internatioal Conference on Education (IICE-2015)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Clayton Hotel Ballsbridge, Ireland 

2015  “Colors in writing: Making the most out of learning preferences” (poster session)  単独  2015/10/25 
Ireland International Conference on Education 2015 (IICE-2015)  , IICE   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Clayton Hotel Ballsbridge, Ireland 

2015  “Visualized Essay Writing: Putting the Blocks Together”  単独  2015/07/03 
The European Conference on Language Learning (ECLL) 2015  , IAFOR   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Thistle Brighton, U.K.  

2015  “Which Types of Language Learning Strategies May Help You Better?”  共同  2015/07/02 
The European Conference on Education (ECE) 2015  , IAFOR   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Thistle Brighton, U.K. Satoko Ito, Satoshi Moriizumi, Keizo Asano, 担当率40%、発表は単独。 

2014  “Imagine your future: Motivational self-images and language proficiency”  共同  2014/07/11 
The European Conference on Language Learning (ECLL) 2014  , IAFOR   

概要(Abstract) Dörnyei (2005)のL2 Motivational Self Systemモデルを構成する動機づけに関する中心概念と習熟度との関連を検証するために行った質問紙調査の結果を分析した。その結果、被験者となった日本人女子学生においては、目標文化への関心は理想自己につながれば習熟度に好影響を及ぼしうること、家族の影響は義務自己だけではなく理想自己にも影響を及ぼすことが明らかとなった。 

備考(Remarks) Thistle Brighton, U.K. Satoko Ito, Satoshi Moriizumi, 担当率50%、発表は単独。 

2014  “Learn more about yourself: Helping students' transit from passive learners to active learners”  単独  2014/07/10 
The European Conference on Education (ECE) 2014  , IAFOR   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Thistle Brighton, U.K. Selected paper presentation. 

2014  “Know what works better for you, or what not”  単独  2014/05/11 
13th Annual PanSIG 2014 Conference  , JALT PanSIG   

概要(Abstract) 宮崎公立大学。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2017  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  文学テクスト使用に関する研究 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  「19世紀から21世紀アメリカ文学に見る書く行為と読む行為の相互作用に関する研究」(平成27(2015)~平成29(2017)年度)  
非代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 共同 

2016  科学研究費補助金  「19世紀から21世紀アメリカ文学に見る書く行為と読む行為の相互作用に関する研究」(平成27(2015)~平成29(2017)年度) 
非代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 共同 

2015  南山大学パッヘ研究奨励金II-B  ECE2015学会発表 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  「19世紀から21世紀アメリカ文学に見る書く行為と読む行為の相互作用に関する研究」(平成27(2015)~平成29(2017)年度) 
非代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 共同 

2014  南山大学パッヘ研究奨励金II-B  ECLL2014学会発表 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2018  教材作成 

「Academic English B」、「Special Topics in English」のための教材を作成した。 

 
2017  教材作成 

「アカデミックスキル」、「Writing in English IV」等、担当科目のために独自教材を作成した。 

 
2016  教材作成 

授業「English Workshop」(南山大学短期大学部英語科)のための教材・電子媒体による教材作成 

2016/04/01~2017/01/31 
2015  教材作成 

授業「Discussion in English」(南山大学短期大学部英語科)のための教材作成 

2015/04/01~2017/01/31 
2014  海外実習引率 

授業「国際協力フィールドワーク」(南山大学短期大学部英語科)のための海外引率 

2014/07/31~2014/08/12 
2014  教材作成 

授業「Research Project」(南山大学短期大学部英語科)のための教材・電子媒体による教材作成 

2014/04/01~2015/02/15 
2012  Writing教材作成 

授業「Writing in English I, II, III, IV」(南山大学短期大学部英語科)のための教材・電子媒体による教材作成 

2012~ 
2010  English 1 (Reading) 

「English 1 (Reading)」(京都大学高等教育研究開発機構)のための電子媒体による補助教材、単著 

2010/04~2011/03 
2009  English 9 (Reading III): IM 

「English 9 (Reading III): IM」(立命館大学理工学部英語科)のための電子媒体による補助教材、単著 

2009/09~2012/03 
2009  Reading 2 

「Reading 2」(立命館大学経営学部英語科)のための電子媒体によるTOEIC教材、単著 

2009/09~2009/03 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2005  海外留学  2005/09~2008/08 

活動内容等(Content of Activities) TESL/TEFL MA Course, Centre for English Language Studies, University of Birmingham, U.K.
 

2002  国内留学  2002/10~2005/08 

活動内容等(Content of Activities) TESL/TEFL Distance MA Course, Centre for English Language Studies, University of Birmingham, U.K. 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2019/04/30 更新