研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
小尾 美千代 ( オビ ミチヨ , OBI Michiyo )
所属
Organization
総合政策学部総合政策学科
職名
Academic Title
教授
著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (13)
著書数 books (4)
学術論文数 articles (9)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
筑波大学第三学群国際関係学類   卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
筑波大学大学院国際政治経済学研究科国際政治経済学専攻 博士課程  1999年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(国際政治経済学)  社会構成主義アプローチによる日米自動車摩擦の研究:貿易政策アイディアと産業のグローバル化の視点から  筑波大学大学院  2007年03月 
修士 修士(学術)  SII(日米構造協議)にみる国際政治と国内政治の相互作用――国際交渉を通じた国内構造調整を可能にする条件についての考察  筑波大学大学院  1994年03月 
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  Environmental Risk Mitigation: Coaxing a Market in the Battery and Energy Supply and Storage Industry  共著   
Palgrave Macmillan  , A4  , 280p.  , 2016/10   

概要(Abstract) This book presents an extensive review of the context and an analysis of the market for clean energy technologies, with batteries as the primary case study. The focus of this book is on clean energy technology and in particular, on renewable energy and portable, mobile and stationary battery and energy supply. The authors examine how effectively countries with large and advanced economies are building and coaxing the markets needed to effectively mitigate environmental risk. The analysis takes a country-level perspective of some of the largest and most technologically advanced economies in the world including China, France, Germany, Japan, Korea, the United Kingdom and the United States. The authors explore the measures being taken to foster markets that effectively reduce environmental risk, increase its resilience and even its recovery. In the concluding chapter, the authors suggest that while the market for environmental risk mitigation remains nascent, the possibility for its rapid development is high. A number of market coaxing mechanisms to promote its more rapid development are proposed. The book will be of interest to researchers, policy makers, business strategists, and academics in the fields of political science and business management. 

備考(Remarks)  

2011  サステイナブル社会の構築と政策情報学:環境情報の視点から  共著   
福村出版  , A5  , 238  , 2011/08/30   

概要(Abstract) 世界最大級の温室効果ガス排出国である米国は、ブッシュ政権期の2001年に京都議定書からの離脱を表明し、主要な温室効果ガスであるCO2削減には消極的であったが、州政府レベルや民間では比較的早い時期から積極的な気候変動対策が見られており、すでに州単位でのGHG排出量取引制度の枠組みが国境を越えてカナダやメキシコにまで拡大している。本稿では、気候変動問題に関する政策アイディアの観点から、連邦政府、議会、州政府を中心とする米国における気候変動への多層的な取り組みについて分析し、連邦レベルと州政府レベルとの相互作用について考察を行った。 

備考(Remarks) 執筆担当部分:第1章「米国における気候変動問題への多層的取り組みと政策アイディア」、pp.14-33.(20p.) 

2010  国際関係学の第一歩  共編著   
法律文化社  , 未設定  , 242p.  , 2011/03   

概要(Abstract) 本章は、アメリカのサブ・プライム住宅ローン問題に端を発する世界金融不況やユーロを中心とする金融危機などを手がかりとして、経済のグローバル化をめぐる国際関係について論じたものである。経済のグローバル化が進展してきた要因として経済自由主義の理論に焦点を当てつつ、ブレトンウッズ体制を中心とする第二次世界大戦後の国際経済体制の変遷を明らかにしている。そして、経済の自由化・グローバル化によって生じる問題に対応するための国際政治の枠組みとして、国際通貨基金(IMF)やWTOなどの国際機関、および主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)や主要8カ国首脳会談(G8サミット)などの主要国会合に注目し、それぞれの機能について考察している。 

備考(Remarks) 執筆担当部分:第Ⅰ部Introduction、pp. 2-7.(6 p.)、第1章「経済のグローバル化をめぐる国際関係」、pp. 8-29.(22 p.) 

2008  日米自動車摩擦の国際政治経済学:貿易政策アイディアと経済のグローバル化  単著   
国際書院  , A5  , 296  , 2009/03   

概要(Abstract) 自動車産業をめぐる日米経済摩擦は1980年代初頭から1990年代半ばにかけて様々な争点をめぐって断続的に発生し、二国間レベルで政治的調整がおこなわれてきたが、1995年の日米自動車協議の結果、政府は自動車市場には介入しないことが決定された。こうした変化に対して、本研究では、二国間レベルの政治的調整の正当化、調整策における主導的役割、さらに、政治的調整による市場変化とそれによる摩擦調整への影響、の3点を中心に分析をおこなった。その際に、政府間協議を「摩擦調整に対する政治(政府)の適切な役割をめぐる論議の場」として位置付け、自由貿易主義、公正貿易概念、日本異質論などの政策アイディアに焦点を当てた分析をおこなった。当初は議題設定の段階において政治的調整を正当化する形式的な役割にとどまっていた自由貿易主義の政策アイディアは、自動車産業の市場変化を受けて、次第に調整策をめぐる二国間政府による討議の段階においても影響力を発揮するようになり、最終的には市場への政治介入を拒否する論拠として機能したことが明らかとなった。その結果、経済摩擦に対する政府の役割は「積極的な自由市場の構築」から、「市場不介入・規制緩和」へと大きく変化したことが示された。 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  米国における温室効果ガス排出削減アクターの分析:低炭素社会の構築とパリ協定  単著   
グローバル・ガバナンス  , グローバル・ガバナンス学会  , 第4号  , pp.21-41  , 2018/03/30   

概要(Abstract) Soon after U.S. President Donald Trump announced that the U.S. would withdraw from the 2015 Paris Climate Agreement in June 2017, the “We Are Still In” declaration, pledging to pursue the Paris Agreement targets, was announced with more than 1,200 signatures of governors, mayors, businesses, investors, and colleges and universities in the U.S. It has grown sufficiently large enough to participate in the COP23 in Bonn with its own pavilion to showcase their climate activities. The “America’s Pledge” initiative was also launched to aggregate and quantify the actions of states, cities and businesses and other non-national actors in the U.S. in meeting the goals of the Paris Agreement, which is keeping the increase in global average temperature to well below 2°C above pre-industrial levels. The “America’s Pledge” published its Phase 1 report in November 2017 saying that the total of 20 states, 110 cities, and over 1,400 businesses with U.S. operations representing $25 trillion in market capitalization and nearly one gigatons of GHG emissions per year have adopted quantified emissions reduction targets. Besides, the nation’s largest consumer of energy, the Department of Defense (DoD) which includes the U.S. military — Army, Navy and Marine Corps, and Air Force — has been very active in expanding renewable energy following the 2009 mandate to produce or procure 25% of total DoD facility energy from renewable sources by 2025. What makes those three different types of GHG emitters — sub-state (states and cities), business and the DoD — actively commit to install renewable energy in spite of the Trump administration’s climate policy? How do these different types of emitters cooperate with each other to promote renewable energy, if any? What is the impact of those activities in terms of the recognition and perception of climate change in U.S. society? This article analyses GHG emission reduction by three different types of GHG emitters in the U.S. respectively, focusing on the motivations and reasons from a social constructivist perspective. Then, we would like to examine the social construction of a low-carbon society in the U.S. considering the effect of the Paris Agreement from the aspect of the global governance of climate change. 

備考(Remarks)  

2006  社会構成主義アプローチによる日米自動車摩擦の研究:貿易政策アイディアと産業のグローバル化の視点から(博士論文)  単著   
 

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1993  SII(日米構造協議)にみる国際政治と国内政治の相互作用:国際交渉を通じた国内構造調整を可能にする条件についての考察(修士論文)  単著   
 

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  米国における自動車燃費規制:政策アイディアとしての企業別平均燃費(CAFE)の分析  単著   
北九州市立大学国際論集  , 北九州市立大学国際教育交流センター  , 第7号  , 20  , 2009/03   

概要(Abstract)  本研究では温室効果ガス削減との関連性が高い、自動車の燃費規制をめぐる政策を取り上げた。アメリカでは1970年代後期から企業別平均燃費(CAFE)基準が導入され、当初の10年間こそ燃費はかなり向上したものの、その後は約20年もの間、基準はほとんど強化されず、実際の燃費も低下していった。そして、2005年の「新エネルギー法」を契機として再びCAFE基準の強化が重要な議題となったのであるが、本研究では燃費規制の持つ多面的な機能に注目し、社会構成主義の観点から政策アイディアとしてCAFEがどのような役割を果たす政策として議論されてきたのかを明らかにすることで、こうしたCAFEをめぐる政策変化について分析した。 

備考(Remarks)  

2007  気候変動問題に関する政策アイディアの共有と対立  単著   
北九州大学外国語学部紀要  , 北九州大学外国語学部  , 第121号  , 30  , 2008/01   

概要(Abstract) アメリカ国内における連邦政府、議会、州政府、民間レベル、それぞれにおける気候変動問題への対応について、気候変動問題がどのような問題として位置付けられ、議論されてきたのかという政策アイディアの側面に焦点を当てた分析をおこなった。京都議定書から離脱したため、アメリカ政府は気候変動問題への対応に消極的と見られてきたが、実質的な温室効果ガス削減となる石油消費の抑制や再生可能エネルギーの技術開発支援などについてはエネルギー安全保障の観点から積極的におこなわれており、また、州レベルでは排出量取引制度の発展が見られるなど積極的な温室効果ガス排出削減策がおこなわれている点などが明らかにされた。 

備考(Remarks)  

2005  東アジアにおけるFTA/EPAによる地域経済統合の展開と共同体形成  単著   
北九州大学外国語学部紀要  , 北九州大学外国語学部  , 第114号  , 25  , 2005/08   

概要(Abstract) 1990年代前半にEUやNAFTA(北米自由貿易協定)が設立されると、東アジアでも二国間や地域レベルでの経済自由化や市場統合の動きが活発化した。本研究ではFTA(自由貿易協定)および、貿易、サービス、投資、人の移動などの円滑化・自由化を目的とするEPA(経済連携協定)を中心とする東アジア地域における「地域化」について、EUおよびNAFTAとの比較を通じて分析し、東アジア地域における共同体形成の展望について考察した。 

備考(Remarks)  

2003  日米自動車摩擦と自動車産業における国際化・グローバル化の構築  単著   
北九州大学外国語学部紀要  , 北九州大学外国語学部  , 第108号  , 38  , 2003/08   

概要(Abstract) 産業の国際化とグローバル化の観点から日米自動車摩擦を分析 

備考(Remarks)  

2000  経済のグローバル化と国家:国際政治経済学からのアプローチ再考  単著   
北九州大学外国語学部紀要  , 北九州大学外国語学部  , 第100号  , 30  , 2001/01   

概要(Abstract) 国家の役割に焦点を当てた、国際政治経済学におけるグローバル化研究に関する理論研究 

備考(Remarks)  

1997  国際的相互依存と日米構造協議  単著   
国際政治経済学研究  , 筑波大学国際政治経済学研究科  , 創刊号  , 14  , 1998/03   

概要(Abstract) 日米貿易摩擦の促進要因を国内政治レベルと政府間交渉レベルから分析 

備考(Remarks)  

1996  先端技術に対する産業政策の日米比較  共著   
筑波法政  , 筑波大学社会科学系  , 第22号  , 26  , 1997/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  国際関係・安全保障用語辞典[第2版]  辞書・事典  共編著 
ミネルヴァ書房  , 2017/11/20   

概要(Abstract) 国際関係と安全保障を中心とする、国際関係論、政治学、安全保障論、国際政治経済学、国際法などの専門家による用語辞典。
このうち主に国際政治経済に関する24項目を執筆した。 

備考(Remarks)  

2014  最先端の研究動向を網羅した実践的な平和構築の書  書評  単著 
図書新聞  , (株)図書新聞  , 3153号  , 4  , 2014/04/05   

概要(Abstract) 伊東孝之監修、広瀬佳一・湯浅剛編『平和構築へのアプローチ:ユーラシア紛争研究の最前線』(吉田書店、2013年)の書評。 

備考(Remarks)  

2013  国際関係・安全保障用語辞典  辞書・事典  共編著 
ミネルヴァ書房  , 2013/04/30   

概要(Abstract) 国際関係と安全保障を中心とする、国際関係論、政治学、安全保障論、国際政治経済学、国際法などの専門家による用語辞典。
このうち主に国際政治経済に関する24項目を執筆した。 

備考(Remarks)  

2009  人間開発報告書2007/2008 気候変動との戦い:分断された世界で試される人類の団結  書評  単著 
Cutting-Edge  , 北九州市立男女共同参画センター“ムーブ”  , 第35号  , 1  , 2009/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  東アジアにおける経済協力体制の多層性と共同体構築に関する考察  寄稿  単著 
2005年度北九州市立大学特別研究推進費 研究成果報告書『東アジアと欧州における地域協力による相互依存の深化と共同体形成に関する比較研究』(研究代表者:小尾美千代)  , 2006/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1998  新刊紹介:大橋英夫著『米中経済摩擦:中国経済の国際展開』勁草書房、1998年  書評  単著 
東アジア地域研究  , 東アジア地域研究学会  , 第5号  , 2  , 1998/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1997  Under Pressure  書評  単著 
Social Science Japan  , 東京大学社会科学研究所  , 第11号  , 3  , 1997/11   

概要(Abstract) L. Schoppa, Bargaining with Japan: What American pressure can and cannot do (1997)の書評論文 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  2018年中間選挙結果から見るアメリカ気候変動対策の行方  単独  2018/12/22 
グローバル・ガバナンス学会第8回研究会  , グローバル・ガバナンス学会   

概要(Abstract) 世界第2位の温室効果ガス排出国であるアメリカにおいて、気候変動問題に対して懐疑的な見方を公言しているトランプ大統領が就任直後にパリ協定からの離脱を表明するなど、政府として温室効果ガス排出削減策への取り組みは非常に消極的である。他方で、積極的に温室効果ガス排出削減に取り組む州政府や主要都市もみられるようになっており、風力や太陽光などによる再生可能エネルギーの導入も年々増加している。こうした中で2018年11月に行われた中間選挙では民主党が下院で勝利して与党となった。本研究では、中間選挙で実施された36州での州知事選挙の結果を中心に、選挙結果による州政府や都市など準国家レベルでの気候変動対策への影響について分析を行った。
36州における州知事選挙の結果、気候変動対策に積極的な民主党が14州で勝利し、特にそのうちの7州では共和党からの政権交代となった。アメリカの州では、電気事業者に一定割合の再生可能エネルギー導入を義務付ける「再生可能エネルギー・ポートフォリオ基準(RPS)」という制度が広く利用されているが、David Ige知事が再選されたハワイ州では全米で初めて2045年までにRPSを100%とする州法が成立している。また、メイン州、ニューメキシコ州、イリノイ州ではクリーンエネルギーが知事選での争点となり、いずれの州も積極的に再生可能エネルギーを推進する方針を掲げた知事が当選した。
このように、今回の中間選挙結果を見ると、今後は州政府レベルでの再生可能エネルギーの導入が拡大することが予想される。ただし、それがパリ協定で設定されている、産業革命以前からの気温上昇を2℃よりも低く、できるだけ1.5℃以内に抑えるという目標達成にどの程度寄与しうるのかという点については、特にアメリカ政府や温室効果ガス排出削減策に消極的な他の州政府との関連を中心にさらなる分析が必要とされる。 

備考(Remarks)  

2017  アメリカのエネルギー市場とグローバルな気候変動ガバナンスへの影響  単独  2017/05/13 
グローバル・ガバナンス学会   

概要(Abstract) 共通論題 1「アクターとしてのトランプ政権」における報告。
アメリカではトランプ政権がパリ協定からの離脱を表明したが、すでに再生可能エネルギーによる発電は15%にまで増加し、雇用も石炭部門を遥かに凌いでいる。その背景として本報告では「シェール革命」などによるアメリカ国内でのエネルギー市場の変化と州レベルでの取組みに注目し、グローバルな気候変動ガバナンスとの関連性について考察した。 

備考(Remarks)  

2015  Poster session: Battery and Energy Supply and Storage Technology (B|ESST) Frontier  共同  2016/03/21 
33rd Annual International Battery Seminar & Exhibit  , Cambridge EnerTech    

概要(Abstract) Given the ever-increasing number of stakeholders in battery and energy supply and storage technology, questions arise, such as what research and development (R&D) projects comprise its frontier of technological innovation and development? Are they academic research-led, corporate/market-determined, government policy-determined, or some combination thereof? Which industries are most active in this area of groundbreaking technological progress? The B|ESST Frontier configures the frontier of by research area – electrochemical, electronic, thermal, and mechanical and by location – academic, corporate, government, and combinations thereof. It then plots the type technology developed and its market, in terms of industry application. The frontier includes over 300 projects and illustrates how and where the industries in which battery and energy supply and storage technologies – portable, mobile, and stationary –
are being developed and applied. It suggests the emerging technology is abundant, wide-ranging, and increasingly applicable across industries. 

備考(Remarks)  

2015  アメリカの貿易政策とイノベーション戦略  単独  2015/12/11 
上智大学国際関係研究所所員研究会  , 上智大学国際関係研究所   

概要(Abstract)  WTOのドーハ・ラウンドが長期にわたる協議にもかかわらず最終合意に至らない中で、地域レベルでの自由貿易協定(FTA)が数多く締結されるようになっている。このように貿易をめぐる国際ルールが多様化・多元化する中で、アメリカはどのような貿易政策を展開してきたのか。また、変化する貿易環境のなかで、アメリカはどのようなイノベーション戦略を進めてきたのか。本報告では、経済のグローバル化に伴う貿易形態の変化に注目し、アメリカ政府が様々なレベルでの国際貿易ルールにどのように自国のイノベーション戦略を反映させてきたのか考察した。
 国内で生産したものを海外で販売するという伝統的な国際分業が主流であった「20世紀型貿易」においては、関税の引下げや非関税障壁の撤廃といった産品の貿易自由化が国際貿易ルールの主要な課題であったが、特に情報通信技術の発展を含む経済のグローバル化に伴って生産工程のアンバンドリング(unbundling)が進展すると、より迅速かつ低コストでの生産を目的とする国際的サプライチェーンが形成されるようになった。こうした「21世紀型貿易」においては、資本フローの確保、世界クラスの通信、空輸、通関業務、短期ビザなど、国際的サプライチェーンにある工場や企業どうしのつながりを円滑にするルールが求められるようになった。言い換えると、こうした円滑なつながりを妨げるものが「貿易障壁」とみなされるようになった。さらに、かつては国内政策として実施されてきた競争政策、財産権、居住権、国有企業の活動、知的財産の保護、投資家の権利保証などをめぐる国際的な共通ルールが海外事業展開にとって必要とされるようになった。
 他方で、アメリカは特許を重視するプロ・パテント政策から核心的技術発展を重視するプロ・イノベーション政策へ産業戦略を転換させてきており、イノベーションを中心とする産業発展が促進されるような貿易ルールの形成を様々なレベルでのルール形成の場において追求している点が指摘され、21世紀型経済における新たな国家の役割と見なすことができるのかどうかが注目される。 

備考(Remarks)  

2014  Coaxing a Market: Private and Public Actors in the Battery and Energy Storage System Industry  共同  2014/08/07 
Fourth Global International Studies Conference 2014  , World International Studies Committee (WISC)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  日米自動車摩擦をめぐる政治的調整の変容:政府間協議における貿易政策アイディアと自動車産業のグローバル化の観点から  単独  2010/06/06 
アメリカ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  米国の気候変動問題への多層的取り組みと政策アイディア  単独  2009/11/14 
政策情報学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  日米自動車産業のグローバル化と貿易摩擦:貿易自由化原則の二面性を中心に  単独  2003/10/19 
日本国際政治学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1997  相互依存の複雑化と日米貿易関係:政府による通商問題の調整機能に関する一考察  単独  1997/05/17 
日本国際政治学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2018  科学研究費補助金  変貌する大国間関係・グローバル市民社会の交錯とグローバル・ガバナンス 
非代表  日本学術振興会  200,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2018  科学研究費補助金  米国の再生可能エネルギー(RE)市場の社会的構成:REの戦略性に注目した分析 
代表  日本学術振興会  910,000円 

研究内容(Research Content) 助成金
 

備考(Remarks) 本研究は、温室効果ガス(GHG)排出大国である米国における実質的なGHG排出削減アクターに注目し、国際政治経済学の観点からグローバルな再生可能エネルギー市場や米国内のシェールガス・石油市場の動向も視野に入れた分析を行うことで、米国における再生可能エネルギー市場の社会構造や社会的構成を解明することを目的とする。
 気候変動による影響は社会の様々な方面に及ぶことから、主要な対策である再生可能エネルギーについて、「だれがどのような問題やリスク対策として導入しているのか」という「再生可能エネルギー導入の戦略性」に焦点を当てた分析を行う。その際、これまでの先行研究をふまえて本研究では、州政府・主要都市などの政府系アクター、多国籍企業や大手金融機関などの民間経済アクター、米軍を含めた国防総省を中心とする軍事アクターの3つを主な分析対象とする。 

2018  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-1  米国の再生可能エネルギー(RE)市場の社会的構成:REの戦略性に注目した分析 
    300,000円 

研究内容(Research Content) 助成金

本研究は、米国における実質的な温室効果ガスの排出削減アクターとして、州政府・主要都市などの政府系アクター、企業や機関投資家などの経済アクター、米軍を中心とする軍事アクターの3つに注目し、国際政治経済学の観点から再生可能エネルギー市場の社会的構成を解明することを目的とする4年間での研究計画に基づいており、2018年度は初年度にあたる。米国では2018年11月に中間選挙が行われたことをふまえて、本年度は特に政府系アクターである州政府や都市に焦点を当て、中間選挙の結果を分析した。
米国のトランプ大統領は気候変動に懐疑的であり、前任者のオバマ政権による主要な気候変動対策をことごとく撤回し、気温上昇を2度以内に抑えることを目的としたパリ協定からも離脱を表明している。しかしながら、そうしたトランプ政権の姿勢に対抗する動きが、特に州政府や都市レベルで広がりを見せている。例えば、ブルームバーグ元ニューヨーク市長とブラウン・カリフォルニア州知事(当時)は共同発起人となってパリ協定に沿った取り組みを進めることを宣言し、新たに州政府、都市、企業、さらには大学や研究機関などによる目標達成に向けたネットワークを形成している。
積極的な気候変動対策目的とする政策やネットワークが準国家レベルで拡大している中で、2018年11月の中間選挙では36州で州知事選挙が実施された。その結果、気候変動対策に積極的な民主党が14州で勝利した。そのうち、7州では共和党からの政権交代となった。また、メイン州、ニューメキシコ州、イリノイ州ではクリーンエネルギーが知事選の争点となり、いずれの州も積極的に再生可能エネルギーを推進する方針を掲げた知事が当選した。これらの研究結果については2018年12月22日に名古屋大学にて開かれたグローバル・ガバナンス学会の第8回研究会で報告を行った。その後、2019年3月にはカナダで開かれた国際関係学会に出席し、理論研究を含めた最新の研究動向や実態について把握した他、研究者との意見交換を通じてさまざまな知見を得ることができた。
 

備考(Remarks)  

2014  南山大学パッヘ研究奨励金II-B  Coaxing a Market--Private and Public Actors in the Energy Storage Industry 
    200,000円 

研究内容(Research Content) 助成金(海外出張・渡航費助成)

フランクフルト(ドイツ)で開催された第4回WISC(世界国際研究委員会)の「エネルギー政治」のセッションにおいて、ソルブリッジ国際ビジネス大学(SolBridge International School of Business)のBarbara Weiss准教授との共同研究を発表した。
 本報告ではクリーンエネルギー技術(CET)、特にエネルギー貯蔵(蓄電)分野における技術革新・技術開発に焦点を当てている。この分野は自動車、建築物(ビルや家屋)、エレクトロニクス、非常用電源、電力など産業分野横断的な特徴を有している。この分野の最前線は優良な科学技術に対する選択的投資によって形成されている。民間企業は政府の資金援助を受けたり、民間企業同士で合同のベンチャーを形成したりして最先端の研究を行っている。今回は、アメリカ、日本、ドイツ、イギリス、フランス、中国、韓国の7か国を対象として、民間企業と政府がそれぞれアクターとしてどのような取り組みをしているのかについて分析した研究結果について報告した。 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2015  講演 

名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム、フロンティア宇宙開拓リーダー養成プログラム「人文・社会科学セミナー」にて、”International Politics and Scientific View for the Climate Change”(気候変動問題をめぐる国際政治と科学的知見)と題する講義を英語で実施した。 

2016/01/15 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2018  グローバル・ガバナンス学会理事  2016/10/06〜現在 

活動内容等(Content of Activities) グローバル・ガバナンス学会において第3期(2016-2018)に引き続き第4期(2018-2020)会計担当理事として活動している。 

2018  名古屋大学医学部附属病院治験審査委員会委員  2014/04/01-現在 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋大学医学部附属病院の治験審査委員会(IRB)において外部の非専門委員として、開発中の薬の効果や安全性を調べる試験である「治験」審査に携わった。 

2015  名古屋西高等学校 社会人サポーター講演会  2015/12/10 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋西高等学校にて、高校生を対象に「現代の国際問題を国際社会の特徴から考える」とのタイトルで講演を行った。 

2015  グローバル・ガバナンス学会第6回研究大会実行委員長  2014/10/01-2015/04/18 

活動内容等(Content of Activities) 2015年4月18日に南山大学名古屋キャンパスにて開催されたグローバル・ガバナンス学会の第6回研究大会の実行委員長を務めた。 

2014  名古屋大学医学部附属病院治験審査委員会委員  2014/04/01-現在 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋大学医学部附属病院の治験審査委員会(IRB)において外部の非専門委員として、開発中の薬の効果や安全性を調べる試験である「治験」審査に携わった。 

2011  北九州市立大学平成23年度公開講座『国際関係学の第一歩Ⅰ』  2011/06/18 

活動内容等(Content of Activities) 講座タイトル「経済のグローバル化をめぐる国際関係」 

2010  講演 タイトル:International Politics of Climate Change  2010/07/09 

活動内容等(Content of Activities) 北九州市立大学『戦略的水・資源循環リーダー育成事業(SUW)セミナー』(文部科学省「戦略的環境リーダー育成拠点形成」プロジェクト) 

2006  講演 タイトル:The U.S.-Japan Economic Relations  2006/10/02 

活動内容等(Content of Activities) 米国メリーランド大学行政政治学部(University of Maryland, Department of Government and Politics) 

2006  海外研修  2006/04/01~2007/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 米国メリーランド大学(University of Maryland)での海外研修 

2005  北九州市立大学平成17年度公開講座『戦後60年の軌跡』  2005/10/29 

活動内容等(Content of Activities) 講座タイトル「日米経済摩擦に見る日米経済関係の60年」 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2019/04/30 更新