研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
芝垣 亮介 ( シバガキ リョウスケ , SHIBAGAKI Ryosuke )
所属
Organization
外国語学部英米学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

応用言語学(言語類型論、英語教育)

学会活動
Academic societies

Linguistic Association of Great Britain:会員(2008~2012)
日本言語学会: 会員 (2012年9月~現在に至る)
日本言語学会: 大会運営委員 (2012年9月~2015年6月)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (21)
著書数 books (4)
学術論文数 articles (17)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
ロンドン大学  東洋アフリカ学院  (School of Oriental and African Studies, University of London) 言語文化学部 (Faculy of Langugaes and Cultures) 言語学科 (Department of Linguistics) 2007年07月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
ロンドン大学  東洋アフリカ学院 大学院  (School of Oriental and African Studies, University of London) 言語学専攻 博士後期課程  2011年09月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 言語学博士 (Ph.D in Lingusitics)    ロンドン大学 東洋アフリカ学院 大学院 (School of Oriental and African Studies, University of London) 言語学専攻   2011年09月30日 
修士 言語学修士 (MA Linguistics)    ロンドン大学 東洋アフリカ学院 大学院 (School of Oriental and African Studies, University of London) 言語学専攻  2008年12月01日 
学士 言語学学士 (BA Lingusitics)    ロンドン大学 東洋アフリカ学院 (School of Oriental and African Studies, University of London) 言語文化学部言語学科  2007年07月31日 
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2017  Understanding Predication (Studies in Philosophy of Language and Linguistics Vol.9)  共著   
Peter Lang  , 未設定  , 294 p.  , 2017/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 分担執筆:Ryosuke Shibagaki. Grammatical Expression of Tense and its Interpretation in Seconadray Predication. p267~288.
編集:Pitor Stalmaszczyk.
 

2017  失われたドーナツの穴を求めて  共編著   
さいはて社  , 未設定  , 224 p.  , 2017/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 分担執筆:芝垣亮介『ドーナツの穴の言語学的考察』、『穴を掘るって地面を掘るんじゃないの?』、『穴を埋めると穴はなくなってしまうのか?』.
編集:芝垣亮介、奥田太郎 

2014  複雑述語研究の現在  共著   
ひつじ書房  , 未設定  , 450 p.  , 2014/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 分担執筆:芝垣亮介.『中国語の連動詞構文における意味と構造』, pp367-pp388
編集:岸本秀樹 由本陽子 

2013  Analysing Secondary Predication in East Asian Languages  単著   
Cambrdige Scholars Publishing  , 未設定  , 266p.  , 2013/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  Between Language Education and Linguistic Theory: Suffixes and their Semantic Distribution  単著   
言語文化学会論集  , 第46号  , 2017/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Prepositions and Particles in English Education  単著   
言語文化学会論集  , 言語文化学会  , 44  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Different Depictives in Mongolian  共著   
MIT Working Papers in Linguistics  , MWPL67  , pp.325-336  , 2013/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者: Dolgor Guntsetseg (Stuttgart University) 

2013  Formal Conditions on the Licensing of True Resultatives  共著   
MIT Working Papers in Linguistics  , MWPL67  , pp.337-342  , 2013/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者: Peter Sells (University of York) 

2012  Mongolian Resultatives Revisited  単著   
言語科学研究 特別号  , 神田外語大学  , pp.177-194  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Secondary Predication in Chinese, Japanese, Mongolian and Korean  単著   
Ph.D Thesis  , SOAS, University of London  , 237p.  , 2011/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Resultatives in Mongolian: between Japanese and Korean?  共著   
MIT Working Papers in Linguistics  , MWPL62  , pp.285-300  , 2011/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者: Dolgor Guntsetseg (Stuttgart University) 

2011  ‘Resultatives’ in Thai  単著   
言語文化学会論集  , 言語文化学会  , 36号  , pp.3-28  , 2011/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  Mandarin Secondary Predicates  単著   
Taiwan Journal of LInguistics  , Crane Publishing  , 第8巻1号  , pp.54-97  , 2010/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  二次述語における形態論  単著   
神園/Jouranl of Meiji Jingu Rersearch Institute  , 明治神宮国際神道文化研究所  , 第4号  , pp.75-86  , 2010/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2010  Typological Properties of Secondary Predicates  調査報告  単著 
大学院教育改革支援プログラム「日本文化研究の国際的情報伝達スキルの育成」平成21年度活動報告書 海外教育派遣事業編  , お茶の水女子大学 大学院教育支援改革プログラム 「日本文化研究の国際的情報伝達スキルの育成」事務局  , pp.220-225  , 2010/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  Proceedings of the 5th Workshop on Altaic Formal Linguistics  論文集  編著 
MIT Working Papers in Linguistics  , MIT  , Vol.58  , 384p.  , 2009/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2008  明治神宮Ph.D奨学金    2008年09月 
明治神宮 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2013  複雑述語の類型論的考察  単独  2013/07/18 
第28回日本語教育学講座講演会  , 名古屋大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Parametric View on Tense Variation  共同  2013/06/07 
Twards a Theory of Syntactic Variation   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同発表者: 岸本秀樹(神戸大学)
場所: Bilbao(Basque) 

2012  Recapturing Chinese V-V Constructions: between Complex Predicate and Compound Verb  単独  2012/09/09 
The 16th Workshop of the International Research Project on Comparative Syntax and Language Acquisition  , 南山大学言語研究センター   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  多言語間における結果構文の特性 -品詞と時制の観点から-  単独  2012/06/02 
言語と人間   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 場所: 立教大学 

2012  Formal Conditions of Licensing of the True Resultatives  共同  2012/05/19 
The 8th Workshop of Altaic Formal Linguistics (WAFL8)  , MIT   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同研究者: Prof. Peter Sells (University of York)
ポスター発表
会場: Stuttgart University 

2012  Different Depictives in Mongolian  共同  2012/05/18 
The 8th Workshop of Altaic Formal Linguistics (WAFL8)  , MIT   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同発表者: Dr. Dolgor Guntsetseg (Stuttgart University)
会場: University of Stuttgart 

2012  Japanese Resultatives and Categorisation of “Resultant” Adverbs  単独  2012/03/31 
関西レキシコンプロジェクト  , 関西レキシコンプロジェクト   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場: 大阪大学 

2012  Syntax-semantics Interface in Chinese Resultatives  単独  2012/03/08 
The 14th Workshop of the International Research Project on Comparative Syntax and Language Acquisition  , 南山大学言語研究センター   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場: 南山大学 

2012  Mongolian Resultatives Revisited  単独  2012/01/28 
神田外語大学言語学講演会ワークショップ・関西レキシコンプロジェクト(共催)  , 神田外語大学・関西レキシコンプロジェクト   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場: 神戸大学 

2011  Morpho-syntactic Properties of Resultatives in Chinese, Japanese, Mongolian and Korean  単独  2011/03/01 
East Asian Linguistic Seminar  , University of Oxford   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 招待講演
会場: University of Oxford 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2017  科学研究費補助金  2次述語の意味と構造 
代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  2次述語の類型論 
代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  述語の類型論と英語教育 
    300000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  2次述語の類型論 
代表  日本学術振興会   1040000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  述語研究とその応用 
    300000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  述語の理論分析と英語教育 
    300000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  2次述語の類型論 
代表  日本学術振興会  1,040,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  統語論における叙述分析 
    17,4000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  応用言語学における述語の考察 
    400,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
詳細表示

2017/05/25 更新