研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

9 件中 1 - 9 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2019  生命の教養学 14 感染る  共著   
慶應義塾大学出版会  , 未設定  , 2019/09   

概要(Abstract) 「文化感染メカニズムを解明する」205-226ページを担当. 

備考(Remarks)  

2019  The Routledge Handbook of the Bioarchaeology of Environmental Change  共著   
Routledge  , 未設定  , 2019   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Violence and climate change in the Jomon period, pp. xx-xxを執筆. 

2018  ムカシのミライ:プロセス考古学とポストプロセス考古学の対話  共著   
勁草書房  , 未設定  , 2018/10   

概要(Abstract) 「考古学理論との対峙:プロセス考古学とポストプロセス考古学」pp.1-20を担当. 

備考(Remarks)  

2017  文化進化の考古学  共編著   
勁草書房  , その他  , 240 p.  , 2017/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  科学と文化をつなぐ  共著   
東京大学出版会  , 未設定  , 2016   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 吉田茂生・中尾央「類推としてのアナロジー:地球の内核の異方性のモデリングを行った一研究を事例として」pp. 40-53を執筆. 

2015  人間進化の科学哲学  単著   
名古屋大学出版会  , その他  , 246 p.  , 2015/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  発達科学の最前線―進化する発達科学−  共著   
ミネルヴァ書房  , 未設定  , 2014/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 中尾央「発達科学はいつから発達科学なのかー発達科学のこれまでとこれから」pp. 189-208を執筆. 

2013  Proceedings of the CAPE International Workshops, 2012 (CAPE Studies in Applied Philosophy & Ethics Series Vol.1)  未設定   
CAPE Publications  , 未設定  , 176 p.  , 2013/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  文化系統学への招待  共編著   
勁草書房  , 未設定  , 240 p.  , 2012/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]