研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
篭橋 一輝 ( カゴハシ カズキ , KAGOHASHI Kazuki )
所属
Organization
国際教養学部国際教養学科
職名
Academic Title
准教授
個人または研究室WebページURL
URL
https://www.kazuki-kagohashi.jp/
専攻分野
Area of specialization

エコロジー経済学

学会活動
Academic societies

2006年5月-現在に至る 環境経済・政策学会
2016年4月-現在に至る International Society for Ecological Economics
2023年4月-現在に至る 環境科学会

社会活動
Community services

Global Landcare理事(2021年〜現在)
『Global Change, Peace & Security』編集委員(2019年〜現在)
環境経済・政策学会ニュースレター編集委員(2022年〜現在)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (30)
著書数 books (5)
学術論文数 articles (25)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
京都大学経済学部経済学科 2004年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
京都大学大学院地球環境学舎地球環境学 博士後期課程  2012年03月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(地球環境学)  渇水地域における水利用・管理の持続可能性に関する研究  京都大学大学院  2012年03月26日 
修士 修士(地球環境学)  持続可能な水資源管理に関する一考察:島嶼国を素材として  京都大学大学院  2006年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  持続可能な発展を実現するための制度的基盤の解明 

概要(Abstract) 環境経済学やサステイナビリティ論、環境倫理学等の知見を総合し、長期にわたって人々の福祉水準を維持・向上させていくために必要な資本資産と制度のあり方を考察する。 

短期研究  (1) 社会的レジリエンス研究、(2)Critical Natural Capitalの理論研究と実証分析、(3)水の実証分析、(4)ランドケアの制度分析 

概要(Abstract) (1)外的・内的な環境変化に対して大崩れしない社会を構築するために必要な制度的基盤について考察する。
(2)Critical Natural Capital概念の理論的な基礎づけを経済学と哲学の観点から行い、分析概念としての有用性を向上させる。また、人々の福祉水準との関連性について実証分析を行う。
(3)水資源・環境の利用に関わる実証分析(計量経済学の手法を用いた分析とケーススタディ)を行う。
(4)オーストラリアで始まったランドケアの取り組みに注目し、その制度的特質と持続可能性、および日本に導入する上での意義と課題について検討する。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2023  水と大地の環境学——持続可能性の根を求めて——  単著   
晃洋書房  , A5  , 290 p.  , 2024/03/20   

概要(Abstract) 水と大地の「代替不可能性」を切り口に、日本の水融通と豪州ランドケアの制度から、クリティカル自然資本や関係価値の概念まで学際的に分析する。「自然と人間の関係性」という視座から持続可能性を問い直す。 

備考(Remarks) 水と大地の「代替不可能性」はどう認識され、乗り越えられてきたか。
水融通、ランドケア、価値論から迫る、新しい持続可能性論。
https://www.koyoshobo.co.jp/book/b643359.html 

2023  ダム事業に関わる意思決定支援と多基準分析の可能性  共著   
京都大学学術出版会  , A5  , pp.179-186  , 2023/10/10   

概要(Abstract) 掲載書籍名:『ダムと環境の科学Ⅳ 流砂環境再生』 

備考(Remarks) 著者:蔡佩宜、篭橋一輝、佐藤真行、植田和弘(2023)
書籍名:『ダムと環境の科学Ⅳ 流砂環境再生』
https://www.kyoto-up.or.jp/books/9784814004997.html 

2022  Factors Determining the Resilience of Local Communities: A Comparative Analysis of Landcare and a Pond Irrigation System in the Sanuki Plain  未設定   
Australian Centre for International Agricultural Research  , 未設定  , pp. 207-218  , 2022/08/18   

概要(Abstract) As natural disasters and emergencies increase in number, extent and severity, a powerful and sustainable response would be to develop a network of resilient, locally active, aware and capable landcare communities. The landcare model includes both the local knowledge and values held by members, as well as the on-ground works they undertake. These attributes make Landcare an ideal partner for disaster resilience and risk reduction. The 30-year Australian landcare experience demonstrates how organised communities prepare for and act on the impacts of bushfires, cyclones, floods and droughts, and build local resilience. But while this role and experience is known and greatly appreciated, Landcare has rarely been a formal partner when governments activate responses for natural disasters and emergencies. Landcare groups are regularly left out of such responses, without access to critical resources. Research and the formal activation of Landcare groups could help governments worldwide to develop more effective disaster responses. Where Landcare groups are activated, recovery outcomes are more possible. Landcare networks build resilience in their landscapes and communities, which is highly relevant to disaster responses. This chapter looks at case studies that suggest an active role that Landcare groups could play in partnership with the usual emergency and disaster agencies. Landcare development could be critical to activating the people power, skills and capacity needed to protect the green infrastructure of landscapes that we need to be resilient to disasters in the long term. 

備考(Remarks) https://www.aciar.gov.au/publication/lessons-global-landcare

Kagohashi, K., (2022). "Factors Determining the Resilience of Local Communities: A Comparative Analysis of Landcare and a Pond Irrigation System in the Sanuki Plain." In: Dale, A.P., Curnow, J., Campbell, C.A. and Seigel, M. (eds). Building Global Sustainability through Local Self-reliance: Lessons from Landcare. ACIAR Monograph No. 219. Canberra: Australian Centre for International Agricultural Research. Chapter 18, pp. 207-218. (peer-reviewed) 

2020  How Environmental Ethics Affect the Consumption-Wellbeing Relationship: Evidence from Japan  共著   
Edward Elgar  , 未設定  , pp. 367-384  , 2020/05/18   

概要(Abstract) Using data from an original large-scale survey conducted in Japan, this chapter investigates the relationship between consumption and subjective wellbeing. In order to engender the sustainable consumption advocated in the ongoing discourse on ecological footprints, planetary boundaries, and the Sustainable Development Goals (SDGs), current consumption levels in developed countries need to be re-examined. If there is acknowledgment that an increase in consumption is not related to an increase in the subjective wellbeing at least by people with high environmental ethics, rampant consumption can be mitigated. The estimation results show that although there is no satiation point concerning the consumption_wellbeing relationship for people in Japan on average, there are satiation points for people who have environmental ethics concerning ‘intergenerational equity’ or ‘irreversibility’. The results thus imply that environmental ethics is key to achieving sustainable consumption. 

備考(Remarks) Tsurumi, T., Kagohashi, K. and Managi, S. (2020). “How Environmental Ethics Affect the Consumption-Wellbeing Relationship: Evidence from Japan,” Maddison, David, Rehdanz, Katrin and Welsch, Heinz (Eds.), Handbook on Wellbeing, Happiness and the Environment. Chapter 20, pp. 367-384. Cheltenham: Edward Elgar. 

2016  Water Sharing, Drought Adaptation and Inclusive Wealth: Implications from the Case of the Sanuki Plain in the 1994 Drought  単著   
Routledge  , 未設定  , 17 p.  , 2016/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) In: Shunsuke Managi (ed), The Wealth of Nations and Regions, Chapter 14, pp.292-308. 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2022  CLIL型海外短期留学におけるプログラム策定・管理者の役割 : Nanzan-ASU Sustainability Programを事例として  共著   
アカデミア. 文学・語学編 = Academia. Literature and language  , 南山大学  , 112  , 51-82  , 2022/06/30   

概要(Abstract) 著者:山岸敬和、鹿野緑、篭橋一輝、DEACON, Bradley 

備考(Remarks) https://doi.org/10.15119/00004058 

2021  Material and relational consumption to improve subjective well-being: Evidence from rural and urban Vietnam  共著   
Journal of Cleaner Production  , 310  , 127499  , 2021/08   

概要(Abstract) If the subjective well-being (SWB) of a population has reached saturation in terms of consumption, it becomes difficult to increase SWB through consumption. Previous studies have shown the existence of such saturation in some developed countries. However, little is known about applications for developing countries due to a lack of data. Thus, this study investigates whether a difference in the relationship between consumption and SWB exists between urban and rural areas in Vietnam. We apply the generalized additive models that allow a non-linear functional form to demonstrate the detailed relationship between consumption and SWB. Our results for Vietnam show that saturation, in terms of material consumption, exists for urban areas, while there is a negative relationship between material consumption and SWB in rural areas. In addition, we find a positive relationship between relational consumption and SWB in rural areas and a slightly positive or flat relationship in urban areas. Overall, our estimation results imply that the saturation of the SWB with regard to material consumption can be observed even in developing countries. Furthermore, not only can individuals’ SWB be significantly increased by relational consumption in the presence of a strong social capital, but the same result can be found with material consumption by bartering. Our findings imply that a sharing economy with strong social capital can be a key to sustainable consumption. 

備考(Remarks) Authors: Tetsuya Tsurumi, Rintaro Yamaguchi, Kazuki Kagohashi and Shunsuke Managi

DOI: https://doi.org/10.1016/j.jclepro.2021.127499 

2020  コロナウイルス感染症流行下での消費と主観的福祉  共著   
環境経済・政策研究  , 14巻1号  , pp. 66-70  , 2021/03/26   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 鶴見哲也・山口臨太郎・馬奈木俊介との共著(第3著者) 

2020  〈関係価値〉は新しい価値カテゴリなのか——手段的価値、内在的価値、代替可能性の観点から読み解く  単著   
社会と倫理  , 社会倫理研究所  , 35  , pp. 3-20  , 2020/12/15   

概要(Abstract) 篭橋一輝(2020)、「〈関係価値〉は新しい価値カテゴリなのか——手段的価値、内在的価値、代替可能性の観点から読み解く」、『社会と倫理』第35号、pp. 3-20。

生態系サービスの多面的な価値を捉えるための概念として近年提起された〈関係価値(relational value)〉に注目し、Himes and Muraca (2018)の論考を手がかりとしながら、一般的な価値論における〈関係価値〉の理論的な位置づけを明らかにした。これまで〈関係価値〉は内在的価値(intrinsic value)/手段的価値(instrumental value)の価値分類とは異なる第3のカテゴリの価値として提起されてきたが、手段性/関係性/代替可能性という補助線を引くことによって、〈関係価値〉は従来の価値分類の中に位置づけられることが本研究で示された。すなわち、1)非手段的かつ関係的な内在的価値、2)手段的かつ代替不可能な手段的価値として〈関係価値〉は定義可能である。 

備考(Remarks)  

2020  Attachment to Material Goods and Subjective Well-Being: Evidence from Life Satisfaction in Rural Areas in Vietnam  共著   
Sustainability  , MDPI  , 12/23  , pp. 1-20  , 2020/11/26   

概要(Abstract) In our daily lives, some people tend to use the same material goods more extensively than other people. It would appear that people like this consume fewer material inputs, other things being equal. Our research question is whether they are also happier in terms of life satisfaction. To study this, we first hypothesized that they are happier due to the endowment effect, prosocial or pro-environmental motivations, or income and substitution effects. We show that income and substitution effects are positive for people who use products for longer. Using a reduced form model that incorporates these four effects together, and empirical data originally collected from rural areas in Vietnam, we divide consumption into material consumption and residual consumption and demonstrate that, in general, increased material consumption is not associated with increased well-being; however, for those who take better care of their possessions, this effect is reversed, and material consumption does increase well-being. Our study shows that for people who take better care of their possessions, increased consumption is linked to increased well-being. This finding has a useful policy implication for developing countries to improve their well-being by promoting economic growth alongside responsible consumption. 

備考(Remarks) Tsurumi, T., Yamaguchi, R., Kagohashi, K. and Managi, S. (2020) “Attachment to Material Goods and Life Satisfaction: Evidence from Rural Areas in Vietnam.” Sustainability, 12(23), 9913. DOI: https://doi.org/10.3390/su12239913. 

2020  Are Cognitive, Affective, and Eudaimonic Dimensions of Subjective Well-Being Differently Related to Consumption? Evidence from Japan  共著   
Journal of Happiness Studies  , Springer  , https://doi.org/10.1007/s10902  , 24p.  , 2020/10/26   

概要(Abstract) In this study, we investigate the relationship between consumption and subjective well-being (SWB). There is clear evidence in the literature that the income–SWB relationship depends on the SWB measure, but the reasons are not fully clear yet; however, the main reason may be related to consumption because most income is used for that. This study is the first to examine directly whether the consumption–SWB relationship differs between affective, cognitive, and eudaimonic SWB measures. We adopt the following four SWB indices: life satisfaction, the Cantril ladder, affect balance, and eudaimonia. In addition, on the consumption side, we consider both material and relational consumption. Nonparametric analysis of our uniquely collected survey results in Japan suggests that total consumption contributes to cognitive measures of SWB and eudaimonia, while there is a certain threshold for affective measures. However, once material versus relational consumption is considered in total consumption, we find that relational consumption contributes to any SWB measure without clear upper bounds, while material consumption contributes to all SWB measures only to certain thresholds. Our results also show that the marginal effects of total consumption, material consumption, and relational consumption on cognitive measures of SWB and eudaimonia are greater than on affective measures. In addition, our results show that the marginal effects of relational consumption tend to be greater than those of material consumption for all SWB indices. Based on the findings, we expect relational consumption to be key for improving well-being. 

備考(Remarks) Tsurumi, T., Yamaguchi, R., Kagohashi, K. and Managi, S. (2020) “Are Cognitive, Affective, and Eudaimonic Dimensions of Subjective Well-Being Differently Related to Consumption? Evidence from Japan.” Journal of Happiness Studies, https://doi.org/10.1007/s10902-020-00327-4. 

2019  An Overview of Core Domains Impacting a Short-Term CLIL-Based Study-Abroad Program  共著  doi/10.15119/00002839 
アカデミア(文学・語学編)  , 南山大学  , 107  , 115-144  , 2020/01/31   

概要(Abstract) In order to internationalize higher education more, a number of initiatives have been attempted by the Ministry of Education, Culture, Sports, Sciences and Technology (MEXT) and Japanese universities. One of these initiatives has been to promote more study-abroad programs within higher education. In addition, Content and Language Integrated Learning (CLIL), which integrates basic educational principles in a context-sensitive and complex way, is gaining attention as an advanced pedagogical approach in higher education in Japan these days. Moreover, some universities in Japan are now fusing study abroad with CLILbased academic programs. In spite of this increased interest in CLIL-based studyabroad programs recently, little is known about the impact, including the effect and influence, of such programs on students’ academic learning experiences abroad. In this paper, the authors provide an overview and generalization of conceptual frameworks based on a mixed-methods study that is currently examining the impact of a short-term CLIL-based study-abroad program on a cohort of Japanese university students2. The main domains included within the context of this paper are CLIL attitudes, intercultural competence development, and global citizenship competence. The main purpose of this paper is to offer a research synthesis of these thematic domains. International education is significant within higher education and there is a growing need to measure the impact and influence of student outcomes abroad through effective assessment approaches. Given the growing importance of assessment in study-abroad education, this paper offers a strong call for program administrators to more effectively assess the various domains, such as those outlined here, in their own programs. 

備考(Remarks) Midori SHIKANO, Brad DEACON, Takakazu YAMAGISHIとの共著(筆者は第3著者) 

2018  Community-Led Micro-Hydropower Development and Landcare: A Case Study of Networking Activities of Local Residents and Farmers in the Gokase Township (Japan)  共著   
Energies  , MDPI  , 12(6)  , 1-9  , 2019/03   

概要(Abstract) This paper aims at clarifying the determinants that promote the community-based renewable energy development in Japan, with a special focus on micro and small hydropower. This paper analyzes a case study of the social enterprise that was established by the local residents and farmers in the Gokase Township, the purpose of which is to install and develop community-based renewable energy. To analyze the case study, we adopt the framework of the Landcare approach. The Landcare approach can be characterized by the following guiding principles: (1) a strong community initiative guided by local residents and primary producers; (2) a focus on local problems; (3) a holistic and integrated approach to tackling problems; (4) stress on community well-being; and (5) partnership and networking. There are similarities between the Gokase Research Institute of Renewable Energy (GRIRE) and Landcare in that they both focus on local issues that can be tackled by local citizens and take a holistic approach that includes not only hydropower development but also improvement in community well-being. This paper examines the fitness of each principle and reveals that all of them fit fairly well with the case of micro-hydropower development in Gokase. This implies that micro-hydropower development in Gokase can be qualitatively evaluated as sustainable from the perspective of Sustainable Development theory. 

備考(Remarks) Tokihiko Fujimotoとの共著(筆者は第二著者) 

2018  Landcare, Water Resource Management and Sustainable Development: Implications from a Case Study of a Community-Based Approach to Micro-Hydropower Development and Social Issues in Gokase Township, Japan  共著   
Energy Procedia  , Elsevier  , 156  , 154-158  , 2019/01   

概要(Abstract) This paper aims at clarifying the distinctive features of “Landcare”, which is a well-known movement in Australia and began in Victoria in 1986, from both theoretical and practical points of view. Landcare is a distinctive approach that adopts a “bottom-up” (community-based) and holistic methodology for tackling local environmental problems and has contributed not only to solving local environmental problems effectively, but also to building social resilience and community networking to adapt to the crises that farmers have faced in Australia. Examining the characteristics and principles of Landcare in light of sustainable development (SD) theory, this paper argues that an existing micro-hydropower development project in the town of Gokase in Japan operates on similar principles to Landcare, i.e., the production and preservation of capital assets (natural and produced), knowledge sharing, and institutions for creating networks among the residents in Gokase toward sustainable community development. 

備考(Remarks) 藤本穣彦氏との共著(筆者は第一著者) 

2018  持続可能な発展論から見たランドケアの原理的特質——土地劣化問題への対応に注目して  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 33  , 3-15  , 2018/11   

概要(Abstract) 本稿では、1980年代中盤から1990年代にかけてのオーストラリアの初期ランドケアにおける土地劣化問題への対応に焦点を当て、持続可能な発展論から見たときの原理的特質を検討した。本研究の分析によって、ランドケア活動は1)自然資本の代替不可能性の認識(クリティカル自然資本の認識)、2)資本資産(人工資本・自然資本・人的資本)への投資、3)クリティカル自然資本の回復・保全の達成、4)知識ストックの蓄積・共有という 4つの段階で把握することができ、こうした段階を通じて、ランドケアグループのコミュニティの福祉水準が向上していくことを明らかにした。 

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2020  Why Be Resilient? レジリエンスを補完性原理の視点から考える  講演録  共編著 
2021/03/15   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南山大学社会倫理研究所・上智大学生命倫理研究所共催 公開シンポジウム2020講演録 

2020  希望の種をまく人——マイケル・シーゲル氏を偲んで  追悼本  編著 
社会倫理研究所  , 2020/12/25   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南山大学社会倫理研究所設立40周年記念刊行物 

2019  室田武先生追悼研究会の報告  寄稿  単著 
Public Access  , 兵庫県立大学国際商学部エコロジー経済学(三俣)研究室  , 5  , 15-23  , 2020/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 2020年3月に発行予定。 

2018  Stranger Ethics: 人は〈よそ者〉の何を恐れるのか?  講演録  共編著 
南山大学社会倫理研究所  , 93 p.  , 2019/03/15   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  緒言 サステイナビリティの制度的基盤としてランドケアを考える  寄稿  単著 
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 33  , 1-2  , 2018/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  グローバル環境ガバナンス事典  翻訳  共訳 
2018/05/15   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 監訳者:植田和弘・松下 和夫。"Positive Feedback"の項目、および用語集のW, X, Y, Zを担当した。 

2017  Global Resilience Through Local Self-Reliance - The Landcare Model, A Summary of the Discussion of International Conference on Landcare Studies 2017  報告書  編著 
Nanzan University Institute for Social Ethics  , 40p.  , 2018/03/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) International Conference of Landcare Studies 2017 (November 5-8, 2017)の議論の内容をまとめた報告書(Michael Seigelとの編著) 

2017  【巻頭言】地域の自律と連携を生み出すランドケア  寄稿  単著 
地域と協同の研究センターNEWS  , 地域と協同の研究センター  , 162号  , 1  , 2018/02/25   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  持続可能な発展は可能か—回勅『ラウダート・シ』を複眼的に読む—  講演録  編著 
南山大学社会倫理研究所  , 75 p.  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 第6回南山大学社会倫理研究所・上智大学生命倫理研究所共催シンポジウムの講演録 

2016  緒言(特集「地域の水を考える」)  寄稿  単著 
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 31  , pp. 147-150  , 2016/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2016  環境経済・政策学会学会賞(奨励賞)  Kagohashi, K., T. Tsurumi and S. Managi (2015). The Effects of International Trade on Water Use. PLOS ONE, 10(7), e0132133 (doi: 10.1371/journal.pone.0132133), pp. 1-16.   2016年09月 
環境経済・政策学会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2023  Governing the Critical Natural Capital: A comparative analysis of drought adaptation in Japan and Landcare in Australia  単独  2024/02/21 
Fenner Seminar  , Fenner School of Environment and Society, ANU   

概要(Abstract) オーストラリア国立大学Fenner School of Environment and SocietyのFenner Seminarにおける講演 

備考(Remarks)  

2023  オーストラリアのランドケア:「ケア」を通じたコモンズと持続可能性の接合  単独  2024/01/18 
気象コモンズ研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2023  From SPELJ to Landcare Japan  単独  2023/11/21 
Landcare Across the Globe: Exchanging Knowledge  , Global Landcare & Goulburn Murray Landcare Network   

概要(Abstract) Global LandcareとGoulburn Murray Landcare Networkによる共催イベント“Landcare Across the Globe: Exchanging Knowledge” (Shepperton, VIC)での招待講演 

備考(Remarks) 招待講演 

2023  Community-Based Social Resilience: A Case of Drought Adaptation in Japan  単独  2023/10/14 
Tasmanian Community Landcare Conference  , Tasmanian Landcare Network   

概要(Abstract) Tasmanian Community Landcare Conferenceでの招待講演 

備考(Remarks)  

2023  『水と大地の環境学』の構想  単独  2023/07/14 
同志社大学経済学部経済学会  , 同志社大学経済学部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2023  国際河川と水循環をどうつなぐか  単独  2023/05/13 
水研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2022  環境経済学からみた国際河川  単独  2023/03/04 
国際河川研究会  , 北海道スラブ・ユーラシア研究センター   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2022  “Disability, Avatars, Telexistence, Capability and Welfare-Enhancing Attributes Indispensable to Functionings” (Kimitoshi Sato) 論文へのコメント  単独  2022/10/01 
環境経済・政策学会2022年度大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2022  主観的幸福と関係価値  単独  2022/05/29 
応用哲学会第14回年次研究大会  , 応用哲学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2021  関係価値(relational value)と水環境・資源  単独  2021/09/18 
水研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2023  科学研究費補助金  水産物エコラベル制度における標準化ビジネスと持続可能性の側面の研究 
研究分担者  日本学術振興会  18,590千円 

研究内容(Research Content) 近年、世界各国の水産物エコラベル制度の国際標準化が進んでいるが、水産物輸送時のCO2排出の未考慮や国際標準に適合しづらい途上国における格差拡大が懸念されている。こうした「環境」や「社会」の側面の問題点に加え、国際標準の資源評価のために公的機関による追加的な科学調査等が必要になり外部費用が発生するケースでは、「経済」面でも効率的にならない可能性もある。そこで、国際標準の水産物エコラベル制度を持続可能性の3つの側面から貨幣評価するとともに、国際標準化が進む社会経済的要因とそれを進める企業行動のメカニズムを経済学的に解明する。これにより我が国が採用すべきエコラベル戦略を提示する。 

備考(Remarks) 研究代表者:大石太郎(東京海洋大学学術研究院・准教授)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-23H02315/ 

2023  科学研究費補助金  可処分時間に着目した幸福度アプローチによる持続可能な消費の実現 
研究分担者  日本学術振興会  17,680千円 

研究内容(Research Content) 日本は将来、プラネタリーバウンダリー(環境容量)に基づいた消費水準まで消費を減らしていく必要がある。しかし、現状の消費を減らすのであれば、日本は幸福度の低下が避けられない。本研究は単位消費量当たりに得られる幸福度を高めつつ、消費量当たりの環境負荷を低減させるための方策について自然とのふれあいや自然の質、そして時間的余裕に着目することで検討し、持続可能な消費の在り方を提示する。 

備考(Remarks) 研究代表者:鶴見哲也(南山大学総合政策学部・教授)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-23H03608/ 

2023  科学研究費補助金  レジリエンスの倫理的妥当性を支える持続可能性と補完性に関する社会倫理学的研究 
研究分担者  日本学術振興会  3,900千円 

研究内容(Research Content) 本研究では、レジリエンス概念に潜む正常性基準問題をその複雑さを損なわずに捉えるべく、原理的・理論的な探求と実証研究を同時に実施し、問題の核心に迫る。具体的には、災害や自殺等、自然環境や社会環境に由来する様々な危機に対して特定のコミュニティが発揮する対応力のあり方を規定する要因について、理論的かつ実証的に解明する。同時に、個人の福祉水準の通時的維持を目指す「持続可能性原理」、および、個人と集団の望ましい関係に関する「補完性原理」を、上記実証研究に方向性を与える哲学的な基盤と位置づけ理論的に研究する。これらの研究作業を通じて「レジリエンスの倫理的妥当性を支える条件とは何か」を明らかにする。 

備考(Remarks) 研究代表者:奥田太郎(南山大学社会倫理研究所・教授)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19H01189/ 

2023  科学研究費補助金  作物の在来品種と食農文化の継承メカニズムの解明:モンスーンアジア3ヶ国の比較研究 
研究分担者  日本学術振興会  1,040千円 

研究内容(Research Content) 本研究では、アジアの3ヶ国(ラオス、中国、日本)を主な対象として、作物の在来品種の持続可能な継承条件を解明する。世界各地で在来品種の消失が進む状況にあって、生物多様性条約などの国際的枠組みや農民の権利(・食料への権利)といった形で、保全に対する議論や運動が進んでいる。本研究では、研究蓄積の少ないモンスーンアジアを対象とすると共に、環境経済学(特に「関係的価値」の概念)、農業経済学、社会学、農学の分野から、領域横断的に3人の研究者が連携し、理論的・実証的に継承のメカニズムを明らかにする。 

備考(Remarks) 研究代表者:冨吉満之(久留米大学経済学部・准教授)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20K06289/ 

2023  科学研究費補助金  都市の倫理的変容のための学際研究:持続可能性,情報,レジリエンス,食,経済 
研究分担者  日本学術振興会  5,200千円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は次の二つです。第一に、人と各種サービス、技術、自然などの多様な要素の複合体としての都市を、個別の要素に着目するのではなく、それらの複合性に焦点を置いて分析し、都市の現在の問題と今後のあるべき姿を明らかにします。具体的には食、レジリエンス、情報、経済、そして倫理の観点を相互に連関したものとして分析します。第二に、このような学際的研究を遂行するために必要な研究手法を開発するため、プロジェクト組織を工夫することを含めた方法論のパッケージとして本研究をデザインしています。そして、都市を対象とした研究をそのモデルケースとして実施することで、方法論としての有効性を示します。 

備考(Remarks) 研究代表者:神崎宣次(南山大学国際教養学部・教授)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-21K18114/ 

2022  科学研究費補助金  CLIL型短期留学のインパクトに関する縦断的かつ横断的調査 
研究分担者  日本学術振興会  1170千円 

研究内容(Research Content) グローバル人材育成を目的としたCLIL (Content and Language Integrated Learning) 型短期留学の日本人大学生参加者を対象とし事前事後変化を探る(quasi-experimental)調査である。プログラムはGlobal Liberal Studiesを学ぶ2年次生必修科目 (6週間)で、Sustainability研究において先駆的である米国Arizona State Universityがホスト校となった。言語とSustainability学を統合したハイブリッドモデルであり、Biosphere2など環境学的にも意義深い施設の見学などで構成される。
データは (1) 質問紙事前・事後調査、(2) 聞き取り、(3) 留学ジャーナルからなる。2020年度には [1]予備調査聞き取りのコーディング分析を行い、Self-Resourcing (Proactivity, self-efficacy, autonomy), Appreciating Social Resources (Social capital, interdependency, catalysts), Future Orienting (Career/academic/lifestyle orientation) のテーマが抽出された。質問紙は8つのカテゴリー(Identity as a Global Citizen, Social Responsibility, Global Competence, Global Civil Engagement, Career & Academic Orientation, Self-Esteem, Personal Quality, Intercultural Competence)の項目の7カテゴリーに有意差がみられた。成果は、2021年2月(済)と2021年度8月の国際学会で発表する。また [2]本調査の(3)のジャーナル(13名)は、KHCoderテキストマイニングを行い、共起ネットワークと対応分析(英語力と事前海外体験)を行った。現在論文として執筆している。 

備考(Remarks) *新型コロナウィルスの影響により、研究期間を延長した。
研究代表者:鹿野緑(南山大学国際教養学部・教授)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-18K00761/ 

2022  科学研究費補助金  レジリエンスの倫理的妥当性を支える持続可能性と補完性に関する社会倫理学的研究 
研究分担者  日本学術振興会  3,900千円 

研究内容(Research Content) 本研究では、レジリエンス概念に潜む正常性基準問題をその複雑さを損なわずに捉えるべく、原理的・理論的な探求と実証研究を同時に実施し、問題の核心に迫る。具体的には、災害や自殺等、自然環境や社会環境に由来する様々な危機に対して特定のコミュニティが発揮する対応力のあり方を規定する要因について、理論的かつ実証的に解明する。同時に、個人の福祉水準の通時的維持を目指す「持続可能性原理」、および、個人と集団の望ましい関係に関する「補完性原理」を、上記実証研究に方向性を与える哲学的な基盤と位置づけ理論的に研究する。これらの研究作業を通じて「レジリエンスの倫理的妥当性を支える条件とは何か」を明らかにする。 

備考(Remarks) 研究代表者:奥田太郎(南山大学社会倫理研究所・教授)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19H01189/ 

2022  科学研究費補助金  作物の在来品種と食農文化の継承メカニズムの解明:モンスーンアジア3ヶ国の比較研究 
研究分担者  日本学術振興会  1,040千円 

研究内容(Research Content) 本研究では、アジアの3ヶ国(ラオス、中国、日本)を主な対象として、作物の在来品種の持続可能な継承条件を解明する。世界各地で在来品種の消失が進む状況にあって、生物多様性条約などの国際的枠組みや農民の権利(・食料への権利)といった形で、保全に対する議論や運動が進んでいる。本研究では、研究蓄積の少ないモンスーンアジアを対象とすると共に、環境経済学(特に「関係的価値」の概念)、農業経済学、社会学、農学の分野から、領域横断的に3人の研究者が連携し、理論的・実証的に継承のメカニズムを明らかにする。 

備考(Remarks) 研究代表者:冨吉満之(久留米大学経済学部・准教授)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20K06289/ 

2022  科学研究費補助金  都市の倫理的変容のための学際研究:持続可能性,情報,レジリエンス,食,経済 
研究分担者  日本学術振興会  5,200千円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は次の二つです。第一に、人と各種サービス、技術、自然などの多様な要素の複合体としての都市を、個別の要素に着目するのではなく、それらの複合性に焦点を置いて分析し、都市の現在の問題と今後のあるべき姿を明らかにします。具体的には食、レジリエンス、情報、経済、そして倫理の観点を相互に連関したものとして分析します。第二に、このような学際的研究を遂行するために必要な研究手法を開発するため、プロジェクト組織を工夫することを含めた方法論のパッケージとして本研究をデザインしています。そして、都市を対象とした研究をそのモデルケースとして実施することで、方法論としての有効性を示します。 

備考(Remarks) 研究代表者:神崎宣次(南山大学国際教養学部・教授)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-21K18114/ 

2021  科学研究費補助金  都市の倫理的変容のための学際研究:持続可能性,情報,レジリエンス,食,経済 
研究分担者  日本学術振興会  5,200千円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は次の二つです。第一に、人と各種サービス、技術、自然などの多様な要素の複合体としての都市を、個別の要素に着目するのではなく、それらの複合性に焦点を置いて分析し、都市の現在の問題と今後のあるべき姿を明らかにします。具体的には食、レジリエンス、情報、経済、そして倫理の観点を相互に連関したものとして分析します。第二に、このような学際的研究を遂行するために必要な研究手法を開発するため、プロジェクト組織を工夫することを含めた方法論のパッケージとして本研究をデザインしています。そして、都市を対象とした研究をそのモデルケースとして実施することで、方法論としての有効性を示します。 

備考(Remarks) 研究代表者:神崎宣次(南山大学国際教養学部・教授)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-21K18114/ 

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2023  「課題研究A」の教材開発 

国際教養学部Q2開講科目(集中)「課題研究A」の教材を開発した。 

2023/06/01〜2023/07/31 
2022  「PBL演習C(社会)2」の教材開発 

国際教養学部Q2開講科目「PBL演習C(社会)2」の教材を開発した。 

2022/06/01〜2022/07/31 
2022  「国際教養学入門II / GLS Lecture Series II」の教材開発 

国際教養学部Q2開講科目「国際教養学入門II / GLS Lecture Series II」の教材を新たに開発した。 

2022/06/01〜2022/07/31 
2022  「学びの技法II3」の教材開発 

国際教養学部Q2開講科目「学びの技法II3」の教材を開発した。 

2022/06/01〜2022/07/31 
2022  「Introduction to Sustainability Studies B3」の教材開発 

国際教養学部Q2開講科目「Introduction to Sustainability Studies B3」の教材を開発した。 

2022/06/01〜2022/07/31 
2022  「学びの技法I3」の教材開発 

国際教養学部Q1開講科目「学びの技法I3」の教材を開発した。 

2022/04/01〜2022/05/31 
2021  教材作成(GLS English V) 

GLS English Vの教材開発(英語でのディベートを行うための作業シートや評価シートの作成等)を新たに行った。 

 
2021  教材作成(Introduction to Sustainability Studies B3, B4) 

Introduction to Sustainability Studies B3, B4の教材開発(Sustainable Developmentの概念や政策、データ等をまとめたスライド作成)を新たに行った。 

 
2021  教材作成(国際教養学入門II) 

国際教養学入門IIの教材開発を新たに行った(14回のうち2回分を担当)。 

 
2020  教材作成 

Q4の担当科目(「サステイナビリティ・スタディーズ概論」)のオンライン授業の教材を作成した。 

2020/11/01〜2021/01/31 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2024  ランドケア調査(ニューサウスウェールズ州)  2024/05/01〜2024/05/04 

活動内容等(Content of Activities) ニューサウスウェールズにおけるランドケア活動に関する視察と聞き取り調査を実施した。 

2023  ランドケア調査(クイーンズランド州)  2024/03/04〜2024/03/15 

活動内容等(Content of Activities) クイーンズランド州におけるランドケア活動の視察と聞き取り調査を行った。 

2023  ランドケア調査(西オーストラリア州)  2024/01/21〜2024/01/31 

活動内容等(Content of Activities) 西オーストラリア州におけるランドケア活動の視察と聞き取り調査を行った。 

2023  ランドケア調査(タスマニア州)  2023/12/13〜2023/12/21 

活動内容等(Content of Activities) タスマニア州におけるランドケア活動の視察と聞き取り調査を行った。 

2023  ランドケア調査(ヴィクトリア州)  2023/11/16〜2023/11/27 

活動内容等(Content of Activities) ヴィクトリア州におけるランドケア活動の視察と聞き取り調査を行った。 

2023  海外留学(オーストラリア国立大学、キャンベラ)  2023/09/01〜2024/08/31 

活動内容等(Content of Activities) ANUのFenner School of Environment and SocietyのVisiting Fellowとして研究留学した。 

2023  日本のアグロフォレストリーに関するワークショップの実施  2023/05/29〜2023/05/29 

活動内容等(Content of Activities) "Workshop on Agroforestry: Lessons from Japan Agroforestry Tour in March 2023"というタイトルで、Deans Marshにて3月の国内調査のフォローアップ・ワークショップを実施した。 

2023  国際ロータリー2760地区「佐久島クリーン作戦」での講演  2023/04/08〜2023/04/08 

活動内容等(Content of Activities) 国際ロータリー2760地区「佐久島クリーン作戦」のビーチクリーン活動に同行し、プラスチック問題に関する講演を参加者に行った。 

2023  査読委員の担当  2023/04/01〜2023/05/31 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学社会倫理研究所が発行する『社会と倫理』38号の投稿論文の査読を行った。 

2022  豪州ランドケア/アグロフォレストリー関係者との国内共同視察  2023/03/21〜2023/04/01 

活動内容等(Content of Activities) オーストラリアのランドケアやアグロフォレストリーの関係者6名と、国内の林業や農業、環境保全の現状に関する調査を実施した。愛知県新城市、豊橋市嵩山地区、奈良県下北山村、富山県富山市・射水市・五箇山、岐阜県高山市のフィールドを視察した。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2023 
2022 
2021 
2020 
2019 
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
詳細表示

2024/06/14 更新