研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
篭橋 一輝 ( カゴハシ カズキ , KAGOHASHI Kazuki )
所属
Organization
国際教養学部国際教養学科
社会倫理研究所
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

環境経済学、地球環境学

学会活動
Academic societies

環境経済・政策学会(2006年〜現在)
地球システム・倫理学会(2016年〜現在)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (18)
著書数 books (1)
学術論文数 articles (17)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
京都大学経済学部経済学科 2004年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
京都大学大学院地球環境学舎地球環境学 博士後期課程  2012年03月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(地球環境学)  渇水地域における水利用・管理の持続可能性に関する研究  京都大学大学院  2012年03月 
修士 修士(地球環境学)  持続可能な水資源管理に関する一考察:島嶼国を素材として  京都大学大学院  2006年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  持続可能な発展を実現するための制度的基盤の解明 

概要(Abstract) 環境経済学やサステイナビリティ論、環境倫理学等の知見を総合し、長期にわたって人々の福祉水準を維持・向上させていくために必要な資本資産と制度のあり方を考察する。 

短期研究  (1) 社会的レジリエンス研究、(2)Critical Natural Capitalの理論研究と実証分析、(3)水の実証分析、(4)ランドケアの制度分析 

概要(Abstract) (1)外的・内的な環境変化に対して大崩れしない社会を構築するために必要な制度的基盤について考察する。
(2)Critical Natural Capital概念の理論的な基礎づけを経済学と哲学の観点から行い、分析概念としての有用性を向上させる。また、人々の福祉水準との関連性について実証分析を行う。
(3)水資源・環境の利用に関わる実証分析(計量経済学の手法を用いた分析とケーススタディ)を行う。
(4)オーストラリアで始まったランドケアの取り組みに注目し、その制度的特質と持続可能性、および日本に導入する上での意義と課題について検討する。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  Water Sharing, Drought Adaptation and Inclusive Wealth: Implications from the Case of the Sanuki Plain in the 1994 Drought  単著   
Routledge  , 未設定  , 17 p.  , 2016/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) In: Shunsuke Managi (ed), The Wealth of Nations and Regions, Chapter 14, pp.292-308. 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  Community-Led Micro-Hydropower Development and Landcare: A Case Study of Networking Activities of Local Residents and Farmers in the Gokase Township (Japan)  共著   
Energies  , MDPI  , 12(6)  , 1-9  , 2019/03   

概要(Abstract) This paper aims at clarifying the determinants that promote the community-based renewable energy development in Japan, with a special focus on micro and small hydropower. This paper analyzes a case study of the social enterprise that was established by the local residents and farmers in the Gokase Township, the purpose of which is to install and develop community-based renewable energy. To analyze the case study, we adopt the framework of the Landcare approach. The Landcare approach can be characterized by the following guiding principles: (1) a strong community initiative guided by local residents and primary producers; (2) a focus on local problems; (3) a holistic and integrated approach to tackling problems; (4) stress on community well-being; and (5) partnership and networking. There are similarities between the Gokase Research Institute of Renewable Energy (GRIRE) and Landcare in that they both focus on local issues that can be tackled by local citizens and take a holistic approach that includes not only hydropower development but also improvement in community well-being. This paper examines the fitness of each principle and reveals that all of them fit fairly well with the case of micro-hydropower development in Gokase. This implies that micro-hydropower development in Gokase can be qualitatively evaluated as sustainable from the perspective of Sustainable Development theory. 

備考(Remarks) Tokihiko Fujimotoとの共著(筆者は第二著者) 

2018  Landcare, Water Resource Management and Sustainable Development: Implications from a Case Study of a Community-Based Approach to Micro-Hydropower Development and Social Issues in Gokase Township, Japan  共著   
Energy Procedia  , Elsevier  , 156  , 154-158  , 2019/01   

概要(Abstract) This paper aims at clarifying the distinctive features of “Landcare”, which is a well-known movement in Australia and began in Victoria in 1986, from both theoretical and practical points of view. Landcare is a distinctive approach that adopts a “bottom-up” (community-based) and holistic methodology for tackling local environmental problems and has contributed not only to solving local environmental problems effectively, but also to building social resilience and community networking to adapt to the crises that farmers have faced in Australia. Examining the characteristics and principles of Landcare in light of sustainable development (SD) theory, this paper argues that an existing micro-hydropower development project in the town of Gokase in Japan operates on similar principles to Landcare, i.e., the production and preservation of capital assets (natural and produced), knowledge sharing, and institutions for creating networks among the residents in Gokase toward sustainable community development. 

備考(Remarks) 藤本穣彦氏との共著(筆者は第一著者) 

2018  持続可能な発展論から見たランドケアの原理的特質——土地劣化問題への対応に注目して  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 33  , 3-15  , 2018/11   

概要(Abstract) 本稿では、1980年代中盤から1990年代にかけてのオーストラリアの初期ランドケアにおける土地劣化問題への対応に焦点を当て、持続可能な発展論から見たときの原理的特質を検討した。本研究の分析によって、ランドケア活動は1)自然資本の代替不可能性の認識(クリティカル自然資本の認識)、2)資本資産(人工資本・自然資本・人的資本)への投資、3)クリティカル自然資本の回復・保全の達成、4)知識ストックの蓄積・共有という 4つの段階で把握することができ、こうした段階を通じて、ランドケアグループのコミュニティの福祉水準が向上していくことを明らかにした。 

備考(Remarks)  

2017  クリティカル自然資本と持続可能性-到達点と課題-  単著   
環境経済・政策研究  , 環境経済・政策学会  , 第10巻2号  , pp. 18-31  , 2017/09   

概要(Abstract) 本稿では,自然資本と人工資本の代替不可能性を論点として提起されたクリティカル自然資本(Critical Natural Capital;以下CNC)概念をめぐるこれまでの議論と現状を概観し,CNC概念の到達点と課題を明らかにする.とりわけ,P. エキンズによって構築されたCNCを特定するための枠組みに注目し,CNC概念を深める上で検討すべき課題を提示する.本稿の分析によって,Ekins et al. (2003)の枠組みでは代替可能性や損失の不可逆性,損失の甚大性という概念の規定の仕方によってその解釈には大きな幅が生じることが明らかとなった.今後,技術革新の可能性や割引因子とも関連づけながら,特定条件を精緻化していくことが求められる. 

備考(Remarks)  

2017  The Challenges and Solutions of Managing a Voluntary Group - A Case Study of the Developmental Process of SPELJ  共著   
International Journal of Affective Engineering  , Japan Society of Kansei Engineering  , Vol. 16, Issue 2  , pp. 139-148  , 2017/04   

概要(Abstract) Research in Japan has shown that the promotion of collaboration in sustainable management can generate interaction among actors. However, the process of gathering and analyzing cases is still in its early stages. This study will focus on one example case, the Secretariat to Promote the Establishment of Landcare in Japan (SPELJ). SPELJ has been trying to build a network which promotes cross-referencing and collaboration among local volunteer groups working on improving their local environment. The purpose of this study is to identify the management challenges of SPELJ and to generate possible solutions by analyzing and discussing its activities through participatory observation and documentation analysis. As a conclusion, it has been found that there are challenges to ensuring communication both within and outside of SPELJ, and also that this can be solved by promoting sharing information among the members while ensuring clarity in the information in its newsletters and on its website. 

備考(Remarks) Tomomi Maekawa, David Aron, Michael Seigelとの共著(第3著者) 

2016  水資源開発が地域の水利用・管理に与える影響—讃岐平野における香川用水事業を事例として—  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 31  , pp. 165-180  , 2016/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  将来世代に引き継ぐべき自然環境をどう考えるか  単著   
生命と倫理  , 上智大学生命倫理研究所  , 第3号  , pp. 21-32  , 2016/03/31   

概要(Abstract) This paper focuses on the concept of “critical natural capital” (CNC). This concept has emerged and evolved through discussions in the environmental economics literature on the substitutability of the resources and functions of the natural environment. The paper examines how the concept can be interpreted within the existing theoretical frameworks of sustainable development. Conducting a literature survey, we identified four frameworks. The frameworks are based respectively on the concepts of sustainability of 1) Solow–Hartwick, 2) Daly, 3) Pearce–Turner and 4) Ekins. The former two sustainability theories focus on production, in that both Solow–Hartwick’s sustainability and Daly’s sustainability focus on the role of the natural environment as a provider of resource inputs into production processes. The latter two sustainability theories focus on functions of the natural environment. Both Pearce–Turner’s sustainability and Ekins’ sustainability stress the importance of environmental functions and recognize that the natural environment, as well as being a provider of resource inputs, also providers of assimilative capacity, life-support function and various aesthetic and recreational resources. This paper argues that each theoretical framework has its own goal and assumptions, and that this makes significant differences to the content of natural capital and the conditions for CNC. Discussions of the substitutability of natural capital has been limited to the physical dimension, however, we should incorporate the subjective dimension as well since only considering physical substitutability might fail to recognize the importance of cultural/historical landscapes or environments that would be essential for maintaining human well-being. With regard to assessing the subjective substitutability of natural capital, this paper also discusses the idea of evaluating whether people exhibit “lexicographic preferences” in relation to their own local natural environment.  

備考(Remarks)  

2015  新しい富の指標計測—持続可能性計測研究の過去と未来—  共著   
環境経済・政策研究  , 環境経済・政策学会  , 第9巻1号  , pp. 14-27  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:山口臨太郎・大久保和宣・佐藤真行・馬奈木俊介(筆者は第4著者) 

2015  環境と経済の両立に向けたランドケア・アプローチの可能性  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 第30号  , pp. 1-18  , 2015/11   

概要(Abstract) 本稿は、オーストラリアの国内外で普及しつつあるランドケアに注目し、その制度的特質を検討するとともに、地域の持続可能な発展を実現する上でランドケアが担っている役割や可能性について考察した。その結果、ランドケアの制度的特質は、以下のようにまとめられる。第1に、オーストラリアのランドケアは、ローカルレベル、地域(流域)レベル、州・連邦レベルの3つの階層に分かれて取り組みが展開されてきたが、ローカルレベルでは環境改善の担い手として農家や市民が自律的に活動を展開しているのに対し、地域レベルでは個々のランドケアグループの間の連携を促進するためのランドケア・ネットワークが形成され、資金獲得や組織運営上のサポートを行っている。州レベルでは、各流域ごとの環境管理計画を策定し、ランドケアグループやネットワークの活動に必要な資源を提供している。第2に、ランドケアグループがローカルレベルで形成されたプロセスを見ると、必ずコアとなる中心人物が存在し、メンバー間で保全対象や方法に関する問題意識が明確に共有されている。また、ランドケア・ネットワークが地域レベルで形成される時の動機は、資金の獲得や管理を効率的に行うということにあった。第3に、活動が活発で成功を収めているランドケアグループやネットワークに共通する要素として、活動資金源の多様性が挙げられる。第4に、ランドケア活動の自律性を高めている要因として、ランドケア・ファシリテーターの役割が挙げられる。ランドケア・ファシリテーターはローカルのランドケアグループの活動を促進するための助言や資源の提供を行うとともに、グループ間の横のつながりをつくり出し、ネットワークの形成を促進する役割を果たしている。
オーストラリアのランドケアを持続可能な発展論との関連において考えると、自然資本をクリティカルなものとして共通に認識する人々をベースとしながら、植林等の形で種々の自然資本への投資を促すと同時に、環境管理に取り組む人材の育成や、資金・技術の活用を図る制度システムとして、ランドケアを原理的に捉えることができる。 

備考(Remarks)  

2015  水融通の制度的特質に関する一考察−−1994年の讃岐平野を事例として  単著   
水資源・環境研究  , 水資源・環境学会  , 第28巻1号  , pp. 31-37  , 2015/07   

概要(Abstract) 本稿は、1994年に発生した異常渇水に対する適応策として、讃岐平野で実施された水融通に注目し、その内容の紹介・整理を行うとともに、P. ダスグプタの持続可能な経済発展論の枠組みに依拠しながら、水融通の制度的特質を提示する。讃岐平野の水融通は水資源の再配分論と関連するものの、各利水主体の福祉に不可逆的な損失が発生するのを回避することを強く志向していたことや、人工資本や人的資本、知識ストックを総合的に活用することによって渇水への適応が図られていた点で違いがある。ダスグプタの枠組みを援用して水融通の制度的特質を検討した結果、用水間/水系間の水融通は自然資本の代替を促進する制度変化として考えることができる一方、水系内の水融通は自然資本と他の資本資産の代替を促進する制度変化として解釈できることが明らかとなった。今後、讃岐平野の水融通が持つ制度的な普遍性と特殊性を丹念に明らかにしていくことが必要である。 

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  Stranger Ethics: 人は〈よそ者〉の何を恐れるのか?  講演録  共編著 
南山大学社会倫理研究所  , 93 p.  , 2019/03/15   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  緒言 サステイナビリティの制度的基盤としてランドケアを考える  寄稿  単著 
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 33  , 1-2  , 2018/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  グローバル環境ガバナンス事典  翻訳  共訳 
2018/05/15   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 監訳者:植田和弘・松下 和夫。"Positive Feedback"の項目、および用語集のW, X, Y, Zを担当した。 

2017  Global Resilience Through Local Self-Reliance - The Landcare Model, A Summary of the Discussion of International Conference on Landcare Studies 2017  報告書  編著 
Nanzan University Institute for Social Ethics  , 40p.  , 2018/03/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) International Conference of Landcare Studies 2017 (November 5-8, 2017)の議論の内容をまとめた報告書(Michael Seigelとの編著) 

2017  【巻頭言】地域の自律と連携を生み出すランドケア  寄稿  単著 
地域と協同の研究センターNEWS  , 地域と協同の研究センター  , 162号  , 1  , 2018/02/25   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  持続可能な発展は可能か—回勅『ラウダート・シ』を複眼的に読む—  講演録  編著 
南山大学社会倫理研究所  , 75 p.  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 第6回南山大学社会倫理研究所・上智大学生命倫理研究所共催シンポジウムの講演録 

2016  緒言(特集「地域の水を考える」)  寄稿  単著 
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 31  , pp. 147-150  , 2016/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  環境問題を再考する-中間的要因の探求を通じて-  「ガバナンスと環境問題」研究叢書  共著 
社会倫理研究所  , 36 p.  , 2016/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 長濱和代、M・シーゲル、A・マーティン、J・プレン、C・ディマー、W・S・メレとの共著(筆者は第1著者)。Responding to the Environmental Crisis (A. Martin et al., 2015)の日本語版。 

2015  巻頭言 自然資本経営とは何か  寄稿  共著 
ACADEMIA  , 全国日本学士会  , 第151号  , pp. 1-11  , 2015/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 山口臨太郎との共著(筆者は第2著者)。 

2014  Responding to the Environmental Crisis  南山大学社会倫理研究所  共著 
南山大学社会倫理研究所  , 2015/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Aran Martin, Michael T. Seigel, John Pullen, Christian Dimmer, Kazuyo Nagahama, Winibaldus Stefanus Mereとの共著(筆者は第2著者)。 

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2016  環境経済・政策学会学会賞(奨励賞)  Kagohashi, K., T. Tsurumi and S. Managi (2015). The Effects of International Trade on Water Use. PLOS ONE, 10(7), e0132133 (doi: 10.1371/journal.pone.0132133), pp. 1-16.   2016年09月 
環境経済・政策学会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  Landcare, Water Resource Management and Sustainable Development – Implications from a Case Study of a Community-Based Approach to Micro-Hydropower Development and Social Issues in Gokase town, Japan  共同  2018/09/21 
4th International Conference on Renewable Energy and Development  , ICRED   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Tokihiko Fujimotoとの共同報告(筆者は第一著者) 

2018  天畠・竹内論文“Floods and Exports: An Empirical Study on Natural Disaster Shocks in South East Countries”へのコメント  単独  2018/09/09 
環境経済・政策学会2018年大会  , 環境経済・政策学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  サステイナビリティをどう考えるか——環境経済学からのアプローチ  単独  2018/05/18 
第19回社会政治研究会  , 社会政治研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:名古屋大学全学教育棟北棟4階406(多目的講義室) 

2018  地域の水利用・管理と持続可能性(セッション名:食と農のための応用哲学)  単独  2018/04/08 
応用哲学会2018年度大会  , 応用哲学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:名古屋大学 

2017  クリティカル自然資本の現状と課題  単独  2017/12/27 
第1回食農環境研究会  , 食農環境研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:龍谷大学 

2017  What Determines the Resilience of Local Communities? -A Comparative Analysis between Landcare and a Pond Irrigation System in Japan  単独  2017/11/07 
International Landcare Conference 2017  , Nanzan University Institute for Social Ethics   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Venue: Kanayama Plaza Hotel 

2017  消費と主観的幸福度に関する考察--アジアへの示唆(企画セッション: 充足性の経済学と政策デザインの構築へ向けて)  共同  2017/09/10 
環境経済・政策学会2017年大会  , 環境経済・政策学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 鶴見哲也、馬奈木俊介との共同報告(第2著者)
会場:高知工科大学 

2017  佐藤・仲山論文(「消費のソーシャル・ネットワークにおけるグリーン・コンシューマー」)へのコメント  単独  2017/09/10 
環境経済・政策学会2017年大会  , 環境経済・政策学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:高知工科大学 

2017  Applying the Social-Ecological System Framework to Identify the Social Impact of Dam Removal: A Case of Arase Dam in Japan (presented at Poster Session)  共同  2017/07/10 
XVI Biennial Conference of International Association for the Study of the Commons  , International Association for the Study of the Commons   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Tomohiko Ohno, Gaku Mitsumata, Daisaku Shimadaとの共同報告(第4著者)
Venue: Utrecht University, Netherlands 

2016  クリティカル自然資本と持続可能性(セッション名:「持続可能な発展の理論」)  単独  2017/03/08 
植田和弘教授退職記念公開シンポジウム  , 京都大学経済学部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:京都大学百周年時計台記念館 百周年記念ホール 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2018  科学研究費補助金  希少性と代替可能性に基づいた渇水適応のあり方に関する研究 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 本研究は、申請者がこれまで行ってきた讃岐平野における地域共同体を基盤とした渇水適応の有効性に関する研究を拡張・深化させ、水の希少性と代替可能性に関する計量経済分析を行うとともに、渇水への適応力を高めるための制度的基盤のあり方を解明することを目的とする。水は人間の生活と生命維持に不可欠な財であるが、「持続可能な発展」の評価指標である「包括的富」の中に水の希少性が組み入れられておらず、水利用と人間の福祉(well-being)水準との関係性が不明確なままとなっている。そこで本研究課題では、計量経済学的な手法を用いて水の希少性を推計するとともに、希少性を測るための価格概念だけでは捉えきれない渇水時の水の「代替不可能性」も定量的に分析する。「希少性」と「代替可能性」という原理的視点から、共同体に基づいた渇水適応の有効性を評価し、渇水への適応力(社会的レジリエンス)を向上させるための仕組みや組織体制のあり方を考察する。 

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  地域共同体を基盤とした渇水への制度的適応に関する研究 
代表  日本学術振興会  320万円 

研究内容(Research Content) 水は一種の基本財であり、我々の生活の質はそれを安定的に利用できる社会的基盤が整備されているかどうかにかかっている。渇水はまさに我々の生存と生活の基盤を脅かす問題であり、近年、市場メカニズムの活用を通じた渇水の管理手法に注目が集まっている。しかし、これまでの研究では、渇水時に効率的な水資源配分をいかに実現するかという点に議論が集中しており、渇水時に先鋭化する費用・被害の負担の分配問題や、市場や政府以外の主体による自律的な渇水管理の可能性は十分に検討されてこなかった。そこで本研究は、渇水に対する独自の農業水利慣行を発展させてきた香川県讃岐平野を事例として、自律的な渇水管理制度の特質を効率性と公平性の両面で検討し、共同体を基盤とした渇水への制度的適応の意義と可能性を明らかにする。 

備考(Remarks) 助成期間:平成26(2014)~平成28(2016)年度 

2012  クリタ水・環境科学振興財団 平成24年度国内研究助成  渇水地域における持続可能な水管理の制度的条件に関する研究 
代表  公益財団法人 クリタ水・環境科学振興財団  30万円 

研究内容(Research Content) 本研究は、香川県讃岐平野に焦点を当て、水資源の利用に厳しい制約が課される中でも、持続可能な水管理の実現が担保されるような制度システムのあり方を明らかにすることを目的として、以下の2つの研究課題に取り組む。第1に、農業水利慣行の渇水被害軽減効果の解明である。満濃池土地改良区と豊稔池土地改良区へのヒアリング調査を通じて、渇水への適応を目的とした農業水利慣行(番水、節水灌漑、水融通等)を実施する際に必要となった人件費・設備投資費等のデータと、農作物被害額のデータを収集し、それを基に統計分析を行う。第2に、ため池の多面的価値に関する認識の差異の解明である。具体的には、市民と農業従事者の双方にアンケート調査を行い、ため池が持つ多面的な機能(利水、自然環境保全、防災、親水等)に対してどのような価値づけがなされているか、評価対象の機能属性ごとに評価することが可能なコンジョイント分析を用いて明らかにする。この分析結果を踏まえて、「環境用水」概念を水資源制約が厳しい讃岐平野に導入する際の課題を考察する。 

備考(Remarks) 助成期間は2012年10月1日から2013年9月30日。 

2006  損保ジャパン環境財団 学術研究助成  持続可能な水質源管理の理論と実践 
代表  公益財団法人 損保ジャパン日本興亜環境財団  50万円 

研究内容(Research Content) 本研究では、持続可能性に密接に関連するCritical Natural Capital(以下CNC)を対象とする.CNCは,他の資本との代替が不可能であり,重要な環境機能を果たすという特徴を有している.CNCの分析枠組みはEkins and Simon (2003)のCNCフレームワークが代表的であるが,このフレームワークは物理的指標を重視しているため,社会的・政治的視点に欠けており,とりわけ不確実性に対する社会的適応という論点に欠けている.そこで本研究では,CNCフレームワークを現実の意思決定に資するような枠組みへと拡張することを目的とする.その際,第一に,不確実性を取り入れた社会的意思決定モデルを構築する.さらに第二に,この理論モデルを実践するためにモルジブ共和国を取り上げた実証分析を行う.モルジブ共和国の水資源管理問題は,それがCNCの管理問題として現れている典型事例であり,理論モデルの実践の対象として適当であると考えられる.このように,持続可能な水資源管理のあり方を理論と実証の両面から示すことを本研究は目的とする. 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2018  教材作成 

模擬授業「プラスチックのゴミ問題からサステイナビリティを考える」(海星高校)のための電子媒体による教材作成 

2018/11/22 
2017  教材作成 

授業「サステイナビリティ・スタディーズ概論」(国際教養学部)のための電子媒体による教材作成(2017年度第4Q) 

2017/11/17〜2017/01/27 
2017  教材作成 

授業「創造的・批判的思考」(国際教養学部)のための電子媒体による教材作成(2017年度第2Q) 

2017/06/07〜2017/07/28 
2017  教材作成 

授業「学びの技法」(国際教養学部)のための電子媒体による教材作成(2017年度第1Q) 

2017/04/06〜2017/05/31 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2018  『未来の環境倫理学』書評会ワークショップの企画・運営(社会的レジリエンス研究プロジェクト)  2019/02/27〜2019/02/28 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学社会倫理研究所の社会的レジリエンス研究プロジェクトの一環として、江戸川大学の吉永明弘氏が代表を務める科研費との共催で、『未来の環境倫理学』(吉永明弘・福永真弓編、2018年)の内容を検討する書評会を南山学園研修センターにて、1泊2日で実施した。 

2018  SRD研究会での報告  2018/09/13 

活動内容等(Content of Activities) 西条市における地下水の代替可能性に関する研究の今後の方向性について発表した。 

2018  清真学園SSHスーパーセミナー(講座4)  2018/06/23 

活動内容等(Content of Activities) スーパーサイエンススクールに指定されている清真学園からの要請があり、「「サステイナビリティ」について考えてみよう」というタイトルにて、清真学園の高校生に対して、環境経済学におけるサステイナビリティの考え方について講演した。 

2018  「持続可能性と倫理」研究会  2018/06/22 

活動内容等(Content of Activities) 国立環境研究所にて、クリティカル自然資本概念の課題に関する研究報告を行った。 

2018  SRD研究会での報告  2018/05/22 

活動内容等(Content of Activities) 西条市の地下水保全に関する共同研究のブレインストーミングを行った。 

2018  水研究会での報告  2018/05/19 

活動内容等(Content of Activities) 報告タイトル:「オーストラリアのランドケアの特質に関する一考察」
会場:京都産業大学むすびわざ館3F 306 教室 

2018  ランドケア研究会での報告  2018/05/05 

活動内容等(Content of Activities) 報告タイトル:「ランドケアの特質に関する一考察——自律性とスチュワードシップの観点から」
会場:南山大学社会倫理研究所所長室 

2018  SRD研究会での調査報告  2018/04/19 

活動内容等(Content of Activities) 2018年3月16日に実施したくまもと地下水財団への聞き取り調査の内容に関して、報告した。 

2017  ランドケア国際カンファレンスのポストツアー  2017/11/09〜2017/11/13 

活動内容等(Content of Activities) ランドケア国際カンファレンスの参加者とともに、福島県の被災地の現状や復興状況に関する視察を行った。 

2017  ランドケア国際カンファレンスのプレツアー  2017/11/02〜2017/11/04 

活動内容等(Content of Activities) ランドケア国際カンファレンスの参加者とともに、新城市の地域再生・環境管理の取り組みの視察を行った。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
詳細表示

2019/04/05 更新