研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

19 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  Community-Led Micro-Hydropower Development and Landcare: A Case Study of Networking Activities of Local Residents and Farmers in the Gokase Township (Japan)  共著   
Energies  , MDPI  , 12(6)  , 1-9  , 2019/03   

概要(Abstract) This paper aims at clarifying the determinants that promote the community-based renewable energy development in Japan, with a special focus on micro and small hydropower. This paper analyzes a case study of the social enterprise that was established by the local residents and farmers in the Gokase Township, the purpose of which is to install and develop community-based renewable energy. To analyze the case study, we adopt the framework of the Landcare approach. The Landcare approach can be characterized by the following guiding principles: (1) a strong community initiative guided by local residents and primary producers; (2) a focus on local problems; (3) a holistic and integrated approach to tackling problems; (4) stress on community well-being; and (5) partnership and networking. There are similarities between the Gokase Research Institute of Renewable Energy (GRIRE) and Landcare in that they both focus on local issues that can be tackled by local citizens and take a holistic approach that includes not only hydropower development but also improvement in community well-being. This paper examines the fitness of each principle and reveals that all of them fit fairly well with the case of micro-hydropower development in Gokase. This implies that micro-hydropower development in Gokase can be qualitatively evaluated as sustainable from the perspective of Sustainable Development theory. 

備考(Remarks) Tokihiko Fujimotoとの共著(筆者は第二著者) 

2018  Landcare, Water Resource Management and Sustainable Development: Implications from a Case Study of a Community-Based Approach to Micro-Hydropower Development and Social Issues in Gokase Township, Japan  共著   
Energy Procedia  , Elsevier  , 156  , 154-158  , 2019/01   

概要(Abstract) This paper aims at clarifying the distinctive features of “Landcare”, which is a well-known movement in Australia and began in Victoria in 1986, from both theoretical and practical points of view. Landcare is a distinctive approach that adopts a “bottom-up” (community-based) and holistic methodology for tackling local environmental problems and has contributed not only to solving local environmental problems effectively, but also to building social resilience and community networking to adapt to the crises that farmers have faced in Australia. Examining the characteristics and principles of Landcare in light of sustainable development (SD) theory, this paper argues that an existing micro-hydropower development project in the town of Gokase in Japan operates on similar principles to Landcare, i.e., the production and preservation of capital assets (natural and produced), knowledge sharing, and institutions for creating networks among the residents in Gokase toward sustainable community development. 

備考(Remarks) 藤本穣彦氏との共著(筆者は第一著者) 

2018  持続可能な発展論から見たランドケアの原理的特質——土地劣化問題への対応に注目して  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 33  , 3-15  , 2018/11   

概要(Abstract) 本稿では、1980年代中盤から1990年代にかけてのオーストラリアの初期ランドケアにおける土地劣化問題への対応に焦点を当て、持続可能な発展論から見たときの原理的特質を検討した。本研究の分析によって、ランドケア活動は1)自然資本の代替不可能性の認識(クリティカル自然資本の認識)、2)資本資産(人工資本・自然資本・人的資本)への投資、3)クリティカル自然資本の回復・保全の達成、4)知識ストックの蓄積・共有という 4つの段階で把握することができ、こうした段階を通じて、ランドケアグループのコミュニティの福祉水準が向上していくことを明らかにした。 

備考(Remarks)  

2017  クリティカル自然資本と持続可能性-到達点と課題-  単著   
環境経済・政策研究  , 環境経済・政策学会  , 第10巻2号  , pp. 18-31  , 2017/09   

概要(Abstract) 本稿では,自然資本と人工資本の代替不可能性を論点として提起されたクリティカル自然資本(Critical Natural Capital;以下CNC)概念をめぐるこれまでの議論と現状を概観し,CNC概念の到達点と課題を明らかにする.とりわけ,P. エキンズによって構築されたCNCを特定するための枠組みに注目し,CNC概念を深める上で検討すべき課題を提示する.本稿の分析によって,Ekins et al. (2003)の枠組みでは代替可能性や損失の不可逆性,損失の甚大性という概念の規定の仕方によってその解釈には大きな幅が生じることが明らかとなった.今後,技術革新の可能性や割引因子とも関連づけながら,特定条件を精緻化していくことが求められる. 

備考(Remarks)  

2017  The Challenges and Solutions of Managing a Voluntary Group - A Case Study of the Developmental Process of SPELJ  共著   
International Journal of Affective Engineering  , Japan Society of Kansei Engineering  , Vol. 16, Issue 2  , pp. 139-148  , 2017/04   

概要(Abstract) Research in Japan has shown that the promotion of collaboration in sustainable management can generate interaction among actors. However, the process of gathering and analyzing cases is still in its early stages. This study will focus on one example case, the Secretariat to Promote the Establishment of Landcare in Japan (SPELJ). SPELJ has been trying to build a network which promotes cross-referencing and collaboration among local volunteer groups working on improving their local environment. The purpose of this study is to identify the management challenges of SPELJ and to generate possible solutions by analyzing and discussing its activities through participatory observation and documentation analysis. As a conclusion, it has been found that there are challenges to ensuring communication both within and outside of SPELJ, and also that this can be solved by promoting sharing information among the members while ensuring clarity in the information in its newsletters and on its website. 

備考(Remarks) Tomomi Maekawa, David Aron, Michael Seigelとの共著(第3著者) 

2016  水資源開発が地域の水利用・管理に与える影響—讃岐平野における香川用水事業を事例として—  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 31  , pp. 165-180  , 2016/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  将来世代に引き継ぐべき自然環境をどう考えるか  単著   
生命と倫理  , 上智大学生命倫理研究所  , 第3号  , pp. 21-32  , 2016/03/31   

概要(Abstract) This paper focuses on the concept of “critical natural capital” (CNC). This concept has emerged and evolved through discussions in the environmental economics literature on the substitutability of the resources and functions of the natural environment. The paper examines how the concept can be interpreted within the existing theoretical frameworks of sustainable development. Conducting a literature survey, we identified four frameworks. The frameworks are based respectively on the concepts of sustainability of 1) Solow–Hartwick, 2) Daly, 3) Pearce–Turner and 4) Ekins. The former two sustainability theories focus on production, in that both Solow–Hartwick’s sustainability and Daly’s sustainability focus on the role of the natural environment as a provider of resource inputs into production processes. The latter two sustainability theories focus on functions of the natural environment. Both Pearce–Turner’s sustainability and Ekins’ sustainability stress the importance of environmental functions and recognize that the natural environment, as well as being a provider of resource inputs, also providers of assimilative capacity, life-support function and various aesthetic and recreational resources. This paper argues that each theoretical framework has its own goal and assumptions, and that this makes significant differences to the content of natural capital and the conditions for CNC. Discussions of the substitutability of natural capital has been limited to the physical dimension, however, we should incorporate the subjective dimension as well since only considering physical substitutability might fail to recognize the importance of cultural/historical landscapes or environments that would be essential for maintaining human well-being. With regard to assessing the subjective substitutability of natural capital, this paper also discusses the idea of evaluating whether people exhibit “lexicographic preferences” in relation to their own local natural environment.  

備考(Remarks)  

2015  新しい富の指標計測—持続可能性計測研究の過去と未来—  共著   
環境経済・政策研究  , 環境経済・政策学会  , 第9巻1号  , pp. 14-27  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:山口臨太郎・大久保和宣・佐藤真行・馬奈木俊介(筆者は第4著者) 

2015  環境と経済の両立に向けたランドケア・アプローチの可能性  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 第30号  , pp. 1-18  , 2015/11   

概要(Abstract) 本稿は、オーストラリアの国内外で普及しつつあるランドケアに注目し、その制度的特質を検討するとともに、地域の持続可能な発展を実現する上でランドケアが担っている役割や可能性について考察した。その結果、ランドケアの制度的特質は、以下のようにまとめられる。第1に、オーストラリアのランドケアは、ローカルレベル、地域(流域)レベル、州・連邦レベルの3つの階層に分かれて取り組みが展開されてきたが、ローカルレベルでは環境改善の担い手として農家や市民が自律的に活動を展開しているのに対し、地域レベルでは個々のランドケアグループの間の連携を促進するためのランドケア・ネットワークが形成され、資金獲得や組織運営上のサポートを行っている。州レベルでは、各流域ごとの環境管理計画を策定し、ランドケアグループやネットワークの活動に必要な資源を提供している。第2に、ランドケアグループがローカルレベルで形成されたプロセスを見ると、必ずコアとなる中心人物が存在し、メンバー間で保全対象や方法に関する問題意識が明確に共有されている。また、ランドケア・ネットワークが地域レベルで形成される時の動機は、資金の獲得や管理を効率的に行うということにあった。第3に、活動が活発で成功を収めているランドケアグループやネットワークに共通する要素として、活動資金源の多様性が挙げられる。第4に、ランドケア活動の自律性を高めている要因として、ランドケア・ファシリテーターの役割が挙げられる。ランドケア・ファシリテーターはローカルのランドケアグループの活動を促進するための助言や資源の提供を行うとともに、グループ間の横のつながりをつくり出し、ネットワークの形成を促進する役割を果たしている。
オーストラリアのランドケアを持続可能な発展論との関連において考えると、自然資本をクリティカルなものとして共通に認識する人々をベースとしながら、植林等の形で種々の自然資本への投資を促すと同時に、環境管理に取り組む人材の育成や、資金・技術の活用を図る制度システムとして、ランドケアを原理的に捉えることができる。 

備考(Remarks)  

2015  水融通の制度的特質に関する一考察−−1994年の讃岐平野を事例として  単著   
水資源・環境研究  , 水資源・環境学会  , 第28巻1号  , pp. 31-37  , 2015/07   

概要(Abstract) 本稿は、1994年に発生した異常渇水に対する適応策として、讃岐平野で実施された水融通に注目し、その内容の紹介・整理を行うとともに、P. ダスグプタの持続可能な経済発展論の枠組みに依拠しながら、水融通の制度的特質を提示する。讃岐平野の水融通は水資源の再配分論と関連するものの、各利水主体の福祉に不可逆的な損失が発生するのを回避することを強く志向していたことや、人工資本や人的資本、知識ストックを総合的に活用することによって渇水への適応が図られていた点で違いがある。ダスグプタの枠組みを援用して水融通の制度的特質を検討した結果、用水間/水系間の水融通は自然資本の代替を促進する制度変化として考えることができる一方、水系内の水融通は自然資本と他の資本資産の代替を促進する制度変化として解釈できることが明らかとなった。今後、讃岐平野の水融通が持つ制度的な普遍性と特殊性を丹念に明らかにしていくことが必要である。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]