研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
HERA,Marianus Pale ( ヘラ マリアヌス パレ , HERA,Marianus Pale )
所属
Organization
人文学部キリスト教学科
職名
Academic Title
講師
専攻分野
Area of specialization

聖書学(新約聖書)

学会活動
Academic societies

Catholic Biblical Association会員(2012~現在に至る)
日本カトリック神学会会員(2013~現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (3)
著書数 books (1)
学術論文数 articles (2)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
南山大学文学部 2002年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
The Catholic University of AmericaTheology and Religious StudiesBiblical Studies Doctor of Sacred Theology  2012年10月  修了 
南山大学大学院文学研究科神学専攻 修士課程  2005年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 神学博士 (Doctor of Sacred Theology)  Christology and Discipleship in John 17  The Catholic University of America  2012年10月31日 
修士 文学修士  ヨハネ福音書における象徴-洗足物語(ヨハネ13:1-20)の象徴的機能-  南山大学大学院  2005年03月21日 
学士 文学士  トマス・アクィナスの人間理解 ― 知性的魂と身体との合一の問題  南山大学  2002年03月21日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  ヨハネ福音書の神学 

概要(Abstract) 第四福音書のキリスト論(イエス像)と弟子像との関係性をヨハネの物語の中で考察する。 

短期研究  聖書解釈の方法論 

概要(Abstract) 物語内の読者(Implied Reader、またはImplied Audience)の観点から聖書物語を考察し、その意味内容を明らかにするーいわゆるAudience Oriented Approachの適用を試みる。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2013  Christology and Discipleship in John 17  単著  ISBN 978-3-16-152219-2 
Mohr Siebeck  , A5  , 206 p.  , 2013/01/20   

概要(Abstract) Using the method of literary critical analysis to read the Johannine narrative, this book underlines the profound relationship between the Johannine Christology and the Gospel's teaching on discipleship. A narrative reading of selected passages from chapters 1–12 of John (the prologue, Jesus' first disciples, the first sign at Cana, the man born blind, and the “I Am” sayings) indicates John's tendency to present christological teaching that leads to teaching on discipleship. The reading of these passages also identifies the elements that indicate the christological character of Johannine discipleship. The exegesis of John 17 confirms that John's teaching on Christology and discipleship are intimately interrelated to each other. All the elements that indicate the christological character of discipleship are on display in John 17. This book concludes that Christology, which is the center and heartbeat of John's thought, is not an end in itself but leads to discipleship. The twofold message of Christology and discipleship is a distinctive Johannine trait. 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  Who Are the Bad Guys?: Psalm 82 and the Movie Of Gods and Men  単著   
南山神学  , 南山大学  , 40 号  , 229-238  , 2017年3月   

概要(Abstract)   This article focuses on the title of the French religious movie “Des hommes et des dieux,” known in English as “Of Gods and Men” or in Japanese as 「神々と男たち」, and the Psalm 82, which is quoted at the opening scene of the movie. It will try to answer the questions such as “Who does the title Of Gods and Men imply?” “What is the significance of the title as well as the quotation of the Psalm in conveying the message of this religious movie?”
  This article will show that in our world wounded by religious-motivated violence, the title of the movie and the quotation of the Psalm help provoke fundamental questions that can direct peoples of faith toward a deeper understanding of, on the one hand, the impartiality of God’s final judgment, and, on the other hand, the complexity of the reality of life we are living. The audience are to be prepared to accept the paradox that being faithful to one’s calling often brings suffering and death. But this suffering and death, for the one with faith, eventually leads to life. 

備考(Remarks)  

2016  An Audience-Oriented Approach to Hebrews 10:19-22  単著   
アカデミア  , 南山大学  , 13 号  , pp. 173-188  , 2017年1月   

概要(Abstract) This article applies the so-called audience-oriented approach (a literary exegesis which focuses on how the implied audience understands and responds to the narrative on the basis of its presupposed knowledge and what the audience has heard so far in the narrative) to the reading of the Epistle to the Hebrews 10:19-22. Scholars have argued for the significance of sacramental allusions (particularly Baptism and the Eucharist) in this passage. This article shows that within its narrative context, the implied audience listens to Hebrews 10:19-22 as a reminder that, because of the merit of Jesus’ sacrificial death on the cross, they are worthy to approach God with a true heart and unwavering faith―a theme that the author of Hebrews has developed so far in the epistle. Thus, from an audience-oriented point of view, the passage is not primarily sacramental but exortatory. 

備考(Remarks)  

2013  An Audience-Oriented Approach to Mark 6:1-6  単著  ISSN 2185-3282 
アカデミア  , 南山大学  , 7号  , pp. 87-102  , 2014年1月   

概要(Abstract) Applying the audience-oriented approach to the reading of Mark 6:1-6, this article shows that, although this passage is well known as the story of Jesus’ rejection in his home town, the core message of Mark 6:1-6 is not the opposition per se, but the “faithlessness” of people which causes the opposition. This article shows that within its narrative context, Mark 6:1-6 reinforces the theme of “faith,” and calls the audience to respond with faith by following Jesus who, despite being rejected, continues to carry forward the “Way” of the Lord. 

備考(Remarks)  

2010  ヨハネ福音書における象徴―洗足物語(ヨハネ13:1-20)の象徴的機能  単著   
『南山神学』 別冊  , 南山大学人文学部キリスト教学科  , 25号  , 79ー181  , 2010   

概要(Abstract) ヨハネ福音書において様々な象徴表現が見られる。洗足物語(ヨハネ13:1-20)はその一つである。この箇所について様々な解釈がなされてきたが、物語批判(Narrative Criticism)という文学的方法論を採用すれば、洗足物語にはどのような意味内容が見出されうるのか。とりわけテキストが著者から読者へのコミュニケーションの手段としてみるという物語批判の視点からこの箇所を読む時に、著者ヨハネは洗足物語の場面設定、ことばの選択や登場人物などを通して読者に何を伝えようとするのか。本論文は、洗足物語に見られるヨハネの象徴表現の二重構造を示した上で、著者ヨハネは洗足が愛に基づいたイエスの十字架上の死を象徴する行為として用いることを明らかにする。洗足物語は厳しい現実の中に置かれている読者(ヨハネ共同体)を励まし、イエスの十字架上での死を共同体の愛のモデルとするように促す機能を果たしている。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  The Bible and the Movie Of Gods and Men  共同  2016年10月8日 
日本キリスト教文学会中部支部研究会  , 日本キリスト教文学会中部支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2016  教材作成 

授業「書簡B」の教材とその資料に関連するパワーポイントプレゼンテーションを作成し、2017年度に使用するために準備した。 

2016年度秋学期 
2015  教材作成 

宗教科目(宗教論)の教材A4判55頁とその資料に関連するパワーポイントを作成し、講義に使用。 

2015年度秋学期 
2015  教材作成 

宗教科目(キリスト教概論)の教材A4判50頁とその資料に関連するパワーポイントを作成し、講義に使用。 

2015年度春学期 
2014  教材作成 

聖書学(聖書解釈史)の教材A4判65頁とその資料に関連するパワーポイントを作成し、講義に使用。 

2014年度秋学期 
2014  教材作成 

聖書学(聖書時代史)の教材A4判60頁とその資料に関連するパワーポイントを作成し、講義に使用。 

2014年度春学期 
2013  教材作成 

聖書学(公同書簡・黙示録)の教材A4判61頁とその資料に関連するパワーポイントを作成し、講義に使用。 

2013年度秋学期 
2013  教材作成 

聖書学(新約聖書入門)の教材A4判52頁とその資料に関連するパワーポイントを作成し、講義に使用。 

2013年度春学期 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2016  講話  2016年7月16日 

活動内容等(Content of Activities) 神言神学院の司祭及び神学生のための講話。
テーマ:共同の祈り(政務日課)の重要性。

 

2016  講話  2016年11月12日 

活動内容等(Content of Activities) 神言神学院の司祭及び神学生のための講話。
テーマ:イエス、慈しみ深い御父の御顔 

2015  講師  2015/12/26~2016/1/3 

活動内容等(Content of Activities) 聖霊奉侍布教修道女会(聖霊会)のシスター方の年間黙想会。
テーマ:イエスとの出会い
場所:小金井聖霊会黙想の家 

2014  講師  2014年11月22日 

活動内容等(Content of Activities) 神言神学院の司祭及び神学生のための講話。内容:奉献生活の年に向けて:第二バチカン公会議と修道生活の神学。場所:神言神学院。 

2013  講師  2013年12月7日 

活動内容等(Content of Activities) カトリック名古屋教区安城教会の信徒のための黙想会。内容:マタイ福音書の系図の中の四人の女性。場所:安城カトリック教会。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2010 
詳細表示

2017/04/28 更新