研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
坂中 正義 ( サカナカ マサヨシ , SAKANAKA Masayoshi )
所属
Organization
人文学部心理人間学科
職名
Academic Title
教授
個人または研究室WebページURL
URL
https://sakanaka.jimdo.com/
専攻分野
Area of specialization

カウンセリング・心理療法(クライエント中心療法、エンカウンター・グループ)、人間性心理学

学会活動
Academic societies

1993年 4月-現在に至る 日本人間性心理学会
1994年10月-現在に至る 日本教育心理学会
1995年 5月-現在に至る 日本心理臨床学会
1995年11月-現在に至る 日本心理学会
1996年12月-現在に至る 日本カウンセリング学会
1998年10月-2006年10月 日本心理臨床学会広報委員会委員
1999年 4月-現在に至る Association for the Development of the Person-Centered Approach(パーソン・センタード・アプローチ発展学会)
2002年 5月-2003年 9月 日本性格心理学会
2003年 6月-現在に至る World Association for Person-Centered and Experiential
Psychotherapy and Counseling(パーソン・センタード及び
体験過程療法国際学会)
2003年10月-現在に至る 日本パーソナリティ心理学会

社会活動
Community services

2003年 4月-2013年 3月 宗像市教育委員会青少年センター審議会委員
2007年 4月-2010年 3月 福岡県重点課題研究推進連絡協議会委員

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (51)
著書数 books (15)
学術論文数 articles (37)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
埼玉大学教育学部社会教育総合課程カウンセラー養成コース 1993年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
九州大学大学院教育学研究科修士課程教育心理学専攻 修士課程  1995年03月  修了 
九州大学大学院教育学研究科博士後期課程教育心理学専攻 博士後期課程  1997年03月  退学 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(心理学)  ベーシック・エンカウンター・グループにおけるC.R.Rogersの中核3条件の検討─関係認知の視点から─  九州大学大学院  2011年02月27日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  様々な実践領域でのパーソンセンタード・アプローチの検証 

概要(Abstract) カウンセリング・心理療法に限らず、親子関係や家族関係、教師-児童・生徒関係など様々な領域における(特にRogersの中核3条件を軸にした)パーソン・センタード・アプローチの可能性の検討。 

短期研究  臨床領域におけるRogersの中核3条件の検討と日本におけるパーソンセンタード・アプローチの展望 

概要(Abstract) 個人カウンセリングにおけるカウンセラーの態度条件、エンカウンター・グループにおけるファシリテーターを含めたメンバーの態度条件としてのRogersの中核3条件の検討、態度と援助的関わりの関連の検討。および日本におけるパーソンセンタード・アプローチ発展の歴史的経緯とその展開の検討。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2015  全訂ロジャーズ―クライアント中心療法の現在―  共著   
日本評論社  , A5  , 270  , 2015/09/09   

概要(Abstract) 2000年以降のパーソンセンタード・アプローチの研究動向について文献リストを活用しつつ概観した。 

備考(Remarks)  

2015  ロジャーズの中核三条件 一致—カウンセリングの本質を考える1—  共編著   
創元社  , A5  , 120  , 2015/08/25   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  ロジャーズの中核三条件 受容:無条件の積極的関心—カウンセリングの本質を考える2—  共編著   
創元社  , A5  , 120  , 2015/08/25   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  ロジャーズの中核三条件 共感的理解—カウンセリングの本質を考える3—  共編著   
創元社  , A5  , 120  , 2015/08/25   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  グループ臨床家を育てる—ファシリテーションを学ぶシステム・活かすプロセス—  共著   
創元社  , A5  , 160  , 2011/09/18   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  パーソンセンタード・アプローチの挑戦—現代を生きるエンカウンターの実際—  共著   
創元社  , A5  , 352  , 2011/03/19   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  ベーシック・エンカウンター・グループにおけるロジャーズの中核3条件の検討  単著   
風閒書房  , A5  , 245  , 2012/11/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2012  C.R.Rogersの中核3条件からみた生徒の担任教師態度認知と学校適応の関連について(2)─教育におけるパーソンセンタード・アプローチの基礎研究ー  単著   
教育実践研究  , 福岡教育大学  , 21  , 41-55  , 2013/03/15   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  C.R.Rogersの中核3条件からみた生徒の担任教師態度認知と学校適応の関連について─教育におけるパーソンセンタード・アプローチの基礎研究ー  単著   
福岡教育大学紀要  , 62/4  , 41-55  , 2013/02/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

16  統計の基礎的科目に対する学生の認識と指導方策2  共著   
南山大学紀要「アカデミア」人文・自然科学編  , 南山学会  , 13  , 85-98  , 2017/01/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  クライエント中心療法におけるロジャーズの中核三条件  単著   
人間性心理学研究  , 日本人間性心理学会  , 32/1  , 5-11  , 2014/09   

概要(Abstract) 本論では、ロジャーズの中核三条件について、基本的事項を押さえつつ、今日的展開について概観し、中核三条件に関わる論点の整理と今後の展開の可能性について示唆した。 

備考(Remarks)  

2014  日本におけるパーソンセンタード・アプローチの発展─文献史を中心に─  単著   
南山学会  , 9  , 167-176  , 2015/01/30   

概要(Abstract)  本論では、日本におけるパーソンセンタード・アプローチの展開を文献を中心に振り返り、その足跡を提示することを目的とした。
 そのため、筆者がこれまでに発行してきた文献リスト(最新は坂中, 2014)をもとに「クライエント中心療法」「ベーシック・エンカウンター・グループ」「フォーカシング・体験過程療法」「その他」の領域ごとの発行文献数の推移を検討し、10年ごとの注目すべき動向をその年代の代表的文献を中心に概観した。
 その結果、関連文献数は7130篇(クライエント中心療法=3230、ベーシック・エンカウンター・グループ=1749、フォーカシング=1849、その他=302)にのぼり、文献史からみても、1950年代から今日に至るまでの半世紀以上の間、パーソン・センタード・アプローチはわが国にしっかりと定着し、かつダイナミックに発展してきたことが明らかとなった。  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  わが国の「集中的グループ経験」と「集団精神療法」に関する文献リスト
(2015)  資料  共著 
跡見学園女子大学附属心理教育相談所紀要  , 跡見学園女子大学附属心理教育相談所  , 12  , 3-23  , 2016   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  わが国の「集中的グループ経験」と「集団精神療法」に関する文献リスト(2014)  資料  共著 
跡見学園女子大学附属心理教育相談所紀要  , 跡見学園女子大学  , 11  , 5-23  , 2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  日本におけるパーソンセンタード・アプローチに関する文献リスト(2014)  資料  単著 
南山大学人間関係研究センター紀要「人間関係研究」  , 南山大学人間関係研究センター  , 14  , 2015/03/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  わが国の「集中的グループ経験」と「集団精神療法」に関する文献リスト(2013)  資料  共著 
跡見学園女子大学附属心理教育相談所紀要  , 跡見学園女子大学  , 10  , 3-25  , 2014/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  日本における「来談者中心療法」及び「体験過程療法」に関する文献リスト(2013)  資料  単著 
南山大学人間関係研究センター紀要「人間関係研究」  , 南山大学人間関係研究センター  , 13  , 231-255  , 2014/03/25   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  日本における「来談者中心療法」及び「体験過程療法」に関する文献リスト(2013)  資料  単著 
南山大学人間関係研究センター紀要「人間関係研究」  , 南山大学人間関係研究センター  , 13  , 231-255  , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  わが国の「集中的グループ経験」と「集団精神療法」に関する文献リスト(2012)  資料  共著 
跡見学園女子大学附属心理教育相談所紀要  , 跡見学園女子大学附属心理教育相談所  , 9  , 3-18   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  わが国の「集中的グループ経験」と「集団精神療法」に関する文献リスト(2011)  資料  共著 
九州大学総合臨床心理研究  , 九州大学大学院人間環境学府附属総合臨床心理センター  , 4  , 143-162   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  日本における「来談者中心療法」及び「体験過程療法」に関する文献リスト(2012)  資料  単著 
福岡教育大学心理教育相談研究  , 福岡教育大学心理教育相談室  , 16  , 1-20  , 2013/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

15  日本におけるパーソンセンタード・アプローチに関する文献リスト(2015)  資料  単著 
南山大学人間関係研究センター紀要「人間関係研究」  , 南山大学人間関係研究センター  , 15  , 105-134  , 2016/03/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2014  パーソンセンタード・アプローチの立場からの構成的エンカウンター・グループについて  単独  2015/02/19 
南山大学人間関係研究センター定例研究会  , 南山大学人間関係研究センター   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  自主企画 グループ臨床体験を語り合う集い  共同  2014/10 
日本人間性心理学会第33回大会  , 日本人間性心理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  グループ・ファシリテーター体験を語り合う集い  共同  2013/09 
日本人間性心理学会第32回大会  , 日本人間性心理学会  , 日本人間性心理学会第32回大会プログラム・発表論文集  , 日本人間性心理学会  , 56-57   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  パーソンセンタード・アプローチの特徴とその発展─ロジャーズのカウンセリング・対人援助論について─  単独  2013/07/03 
南山学会 人文・自然科学系列 第1回研究例会  , 南山学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  “What experiences do people have in the basic encounter group?: The core conditions from perceived relationship”  単独  2012/07/11 
10th Conference of the World Association for Person-Centered and Experiential Psychotherapy and Counseling  , The World Association for Person-Centered and Experiential Psychotherapy and Counseling   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  自主シンポジウム:PCA(Person-Centered-Approach)の広がりと深まりを考える―UPR(Unconditional Positive Regard)をめぐって―  共同  2015/09 
日本心理臨床学会第34回大会  , 兵庫教育大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2011  文部科学省特別研究経費(連携融合事業)  教師のためのメンタルヘルス支援システムの構築—心の健康に関する知識と技法を提供するサービス— 
共同研究者  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2011  日本人間性心理学会自主プログラム助成  ベーシック・エンカウンター・グループのファシリテーションについて 
研究代表者  日本人間性心理学会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2010  文部科学省特別研究経費(連携融合事業)  教師のためのメンタルヘルス支援システムの構築—心の健康に関する知識と技法を提供するサービス— 
共同研究者  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2009  文部科学省特別研究経費(連携融合事業)  教師のためのメンタルヘルス支援システムの構築—心の健康に関する知識と技法を提供するサービス— 
共同研究者  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2008  文部科学省特別研究経費(連携融合事業)  教師のためのメンタルヘルス支援システムの構築—心の健康に関する知識と技法を提供するサービス— 
共同研究者  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2007  文部科学省特別研究経費(連携融合事業)  不登校問題改善および学校適応促進のための学校教育支援事業 
共同研究者  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2006  文部科学省特別研究経費(連携融合事業)  不登校問題改善および学校適応促進のための学校教育支援事業 
共同研究者  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2005  文部科学省特別研究経費(連携融合事業)  不登校問題改善および学校適応促進のための学校教育支援事業 
共同研究者  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2016  学生による授業評価  

2016年度秋学期人間の尊厳科目「教育・文化における人間の尊厳」、項目4~18の平均で、当該分野の名古屋キャンパス平均値を上回る4.78という評価を受けた。  

2016/09~2017/01 
2015  学生による授業評価 

2015年度秋学期人間の尊厳科目「教育・文化における人間の尊厳」、項目4~18の平均で、当該分野の名古屋キャンパス平均値を上回る4.76という評価を受けた。 

2015/09~2016/01 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2016  南山大学人間関係研究センター公開講座「人間関係講座(コミュニケーション)」講師  2016/10/29~2016/10/30 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学人間関係研究センター公開講座「人間関係講座(コミュニケーション)」講師 

2015  人間関係研究会主催 神戸北野エンカウンター・グループ ファシリテーター  2015/8/7~2015/8/09 

活動内容等(Content of Activities) 人間関係研究会主催 神戸北野エンカウンター・グループ ファシリテーター 

2015  福岡県立大学相談室主催 構成的エンカウンター・グループ ファシリテーター  2015/6/13~2015/6/14 

活動内容等(Content of Activities) 福岡県立大学相談室主催 構成的エンカウンター・グループ ファシリテーター 

2015  平成27年度愛知県臨床心理士会研修部会主催長期研修会企画「来談者中心療法における言語的交流と非言語的交流について」講師  2015/08/01 

活動内容等(Content of Activities) 平成27年度愛知県臨床心理士会研修部会主催長期研修会企画「来談者中心療法における言語的交流と非言語的交流について」講師 

2015  福岡県看護協会 皮膚・排泄ケア認定看護師教育課程「エンカウンター・グループ」ファシリテーター   2015/05/10〜2015/5/11 

活動内容等(Content of Activities) 福岡県看護協会 皮膚・排泄ケア認定看護師教育課程「エンカウンター・グループ」ファシリテーター 150510-150511 

2015  南山学会人文自然系列 幹事  2014/04/01〜2017/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 南山学会人文自然系列 幹事 

2015  南山大学学生相談室 カウンセラー(非常勤)  2014/04/01~2017/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学学生相談室 カウンセラー(非常勤) 

2015  南山大学附属小学校子育て支援エンカウンター・グループ ファシリテーター  2013/06/01〜2017/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学附属小学校子育て支援エンカウンター・グループ ファシリテーター 

2015  南山大学人間関係研究センター 研究員  2013/04/01〜2017/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学人間関係研究センター 研究員 

2015  九州大学総合臨床心理センター 研究員  2013/04/01〜2017/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 九州大学総合臨床心理センター 研究員 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
詳細表示

2017/03/03 更新