研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
水落 正明 ( ミズオチ マサアキ , MIZUOCHI Masaaki )
所属
Organization
総合政策学部総合政策学科
職名
Academic Title
教授
個人または研究室WebページURL
URL
http://depts.nanzan-u.ac.jp/ugrad/ps/mizuochi/
専攻分野
Area of specialization

労働経済学、人口経済学

学会活動
Academic societies

日本計画行政学会(2002年4月-2005年3月)
日本経済学会(2002年4月-現在に至る)
日本人口学会(2004年4月-現在に至る、大会企画委員:2014年6月-2016年5月、国際交流委員:2016年6月-現在に至る、研究企画委員:2016年6月-現在に至る、中部地域部会長:2016年10月-現在に至る)
東北経済学会(2004年4月-現在に至る)
生活経済学会(2005年9月-現在に至る)
日本家族社会学会(2008年9月-現在に至る)
International Association for Time Use Research(2009年6月-現在に至る)
Population Association of America(2010年1月-現在に至る)
European Association for Population Studies(2010年3月-現在に至る)

社会活動
Community services

総務省・統計研修所客員研究官(2007-2010年)
内閣府・無償労働の貨幣評価の調査研究・研究会委員(2008-2009年)
鳥羽市・人口減少に対応した施策検討WGメンバー(2009年)
総務省・生活時間統計に関する検討会委員(2009-2010年、2014-2015年)
三重県・男女共同参画センター運営協議会委員(2009年-2015年)
亀山市・働く環境づくり懇談会委員(2013年-2015年)
亀山市・男女共同参画審議会委員(2013-2015年)
三重県・男女共同参画審議会委員(2013-2015年)
三重県・「男女がいきいきと働いている企業」三重県知事表彰選考委員会委員(2013年-現在に至る)
三重県・「女性が働きやすい医療機関認証制度」専門部会委員(2015年-現在に至る)
財務総合政策研究所(財務省)・「女性の活躍に関する研究会―多様性を踏まえた検討―」委員(2015-2016年)
岡崎市・男女共同参画推進審議会委員(2015年-現在に至る)
大府市・男女共同参画助言者(2016年-現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (35)
著書数 books (12)
学術論文数 articles (23)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
東北大学文学部 1995年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
東北大学大学院経済学研究科 博士後期課程  2005年03月  修了 
東北大学大学院経済学研究科 博士前期課程  2002年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(経済学)    東北大学大学院  2005年03月 
修士 修士(経済学)    東北大学大学院  2002年03月 
学士 学士(文学)    東北大学  1995年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  労働政策が経済に与える影響の実証分析 

概要(Abstract) 政策が労働需給やマクロ経済に与える影響を、データ分析に基づいて明らかにする。 

短期研究  高年齢者の仕事・地域・家族との関わりと健康 

概要(Abstract) 高年齢者の(定年)退職過程において、仕事・家族・地域との関わりがどのように変化し、そのことが健康状態にどのような影響を与えるかをパネルデータ分析によって明らかにする。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  パネルデータの調査と分析・入門  共編著   
B5  , 151p.  , 2016/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 筒井淳也・保田時男と共編著。
第5章「パネルデータ分析法・応用編」(pp.47-59)、第11章「定年退職が精神的健康に与える影響」(pp.119-128)を執筆。 

2016  女性が活躍する社会の実現:多様性を生かした日本へ  共著   
中央経済社  , A5  , 208p.  , 2016/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 加藤久和・財務省財務総合政策研究所編著。
第9章「都市と地方における女性の就業の違い」(pp.187-208)を執筆。 

2012  男女共同参画による日本社会の経済・経営・地域活性化戦略  共著   
河北新報出版センター  , A5  , 199p.  , 2013/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 吉田浩編著。
第2章「幸福度と男女共同参画」(pp.40-63)を執筆。 

2012  ミクロデータの計量人口学  共著   
原書房  , A5  , 250p.  , 2012/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 安藏伸治・小島宏編著。
第3章「JGSSを用いた分析―男性の家事参加」(pp.49-65)を執筆。 

2011  Stataで計量経済学入門 第2版  共著   
ミネルヴァ書房  , A5  , 276p.  , 2011/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 筒井淳也・平井裕久らと共著。
第5章「時系列データの分析」(pp.97-132)、第7章「制限従属変数の分析」(pp.165-192)を執筆。 

2010  ワーク・ライフ・バランスと家族形成―少子社会を変える働き方  単著   
東京大学出版会  , A5  , 330p.  , 2011/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 樋口美雄・府川哲夫編著。
「第2部コメント」(pp.143-146)、「第3部コメント」(pp.239-246)、「第4部コメント」(pp.309-313)を執筆。 

2010  結婚の壁―非婚・晩婚の構造  共著   
勁草書房  , A5  , 198p.  , 2010/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 佐藤博樹・永井暁子・三輪哲編著。
第5章「結婚願望は弱くなったか」(pp.97-109)共著(朝井友紀子・筒井淳也)、第7章「男性に求められる経済力と結婚」(pp.129-143)単著、第8章「結婚タイミングを決める要因は何か」pp.144-158、共著(朝井友紀子)を執筆。 

2008  社会学―社会理論と社会システム  共著   
へるす出版  , B5  , 216p.  , 2009/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南山浩二・石原邦雄らと共著。
第1章第3節「経済と社会システム」(pp.27-35)を執筆。 

2007  少子化とエコノミー―パネル調査で描く東アジア  共著   
作品社  , A5  , 265p.  , 2008/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 篠塚英子・永瀬伸子編著。
第4章「世帯の所得はどう変化したか―平均・分布・格差・階層」(pp.77-88)を執筆。 

2006  Stataで計量経済学入門  共著   
ミネルヴァ書房  , A5  , 204p.  , 2007/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 筒井淳也・平井裕久らと共著。
第6章「時系列データの分析」(pp.107-135)を執筆。 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  居住地域における所得状況が生活満足度に与える影響  単著   
日本経済研究  , 日本経済研究センター  , 74  , pp.23-55  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文 

2016  The effects of elderly employment on youth employment in Japan  単著   
International Journal of Aging and Society  , CGPublisher  , 7/3  , pp.19-26  , 2016/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Refereed article 

2016  Social capital and refraining from medical care among elderly people in Japan  単著   
BMC Health Services Research  , BioMed Central  , 16/331  , 2016/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Refereed article 

2016  The Education, Work, and Marriage of Japanese Women: An Analysis Using Longitudinal Data  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 31/1  , pp.33-40  , 2016/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  ファミリー・フレンドリーな職場の未婚者  単著   
季刊家計経済研究  , 家計経済研究所  , 110  , pp.33-42  , 2016/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  周囲からのサポートが受診抑制に与える影響―三重県津市白山地域の調査データを用いて―  単著   
医療と社会  , 医療科学研究所  , 25/4  , pp.403-416  , 2016/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文 

2015  医療・保健・福祉体制満足度の規定要因に関する分析  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 30/1  , pp.1-12  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  子どもの自信・自己肯定感の形成と家庭・学校・地域  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 29/2  , pp.87-98  , 2014/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  地域の生活環境が生活満足度に与える影響  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 28/2  , pp.91-102  , 2013/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  The Gender Gap in Happiness and Socioeconomic Condition  単著   
GEMC Journal  , 東北大学GCOEプログラム  , 8  , pp.80-94  , 2013/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2106  Stataによるカテゴリカルデータの分析  翻訳  共訳 
ライトストーン  , p.555  , 2016/11   

概要(Abstract) Long, J.S. and J. Freese. 2014 Regression Models for Categorical Dependent Variables in Stata. 3rd ed. College Station, TX: Stata Press. の日本語訳。  

備考(Remarks) 山澤成康・(株)ライトストーンとの共訳。
第7章「順序アウトカムのモデル」(pp.307-374)、第8章「名義アウトカムのモデル」(pp.375-463)、第9章「カウントアウトカムのモデル」(pp.465-538)を翻訳。 

2016  中学生・高校生の職業意識に関する研究―「職業レディネス・テスト」検査データの分析(基礎分析編)―  調査報告  共著 
p.68  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  みえの子ども白書2016  調査報告  監修書 
p.119  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  "A Quantitative Picture of Contemporary Japanese Families: Tradition and Mdornity in the 21st Century."  書評  単著 
理論と方法  , 数理社会学会  , 30/1  , pp.141-144  , 2015/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  『人口動態と政策 経済学的アプローチへの招待』  書評  単著 
人口学研究  , 日本人口学会  , 37/1  , pp.115-118  , 2014/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2014  第30回研究大会会長賞  論文「次世代育成支援対策推進法が女性の離職確率に与える影響」  2014年06月22日 
生活経済学会 

備考(Remarks)  

2006  SSJデータアーカイブ優秀論文賞優秀賞  論文「学卒直後の雇用状態が結婚タイミングに与える影響」  2006年07月25日 
東京大学社会科学研究所 

備考(Remarks)  

2006  SSJデータアーカイブ優秀論文賞佳作  論文「共働き世帯における家計構造と家事分担」  2006年07月25日 
東京大学社会科学研究所 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  学卒時の就業状態がその後の収入に与える影響  単独  2017/03/17 
二次分析研究報告会  , 東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  中高生の職業レディネスに関する分析  単独  2016/12/03 
日本人口学会2016年度中部部会  , 日本人口学会中部部会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  ファミリー・フレンドリーな職場の未婚者  単独  2016/06/12 
日本人口学会第68回大会  , 日本人口学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Breakaway from the Choice between Work and Marriage?: A Panel Data Analysis of Willingness to Marry in Japanese Women  共同  2015/12/03 
International Conference: Education and Reproduction in Low-Fertility Settings  , Vienna Institute of Demography   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  The Effects of the Employment of Elderly Workers on Youth in Japan  単独  2015/11/06 
Aging & Society Fifth Interdisciplinary Conference  , Aging & Society   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  誰が意見を変えているのか?―政策課題についての意見の変化に関するパネルデータ分析―  単独  2015/09/05 
第25回日本家族社会学会  , 日本家族社会学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  東アジア4ヵ国における所得と幸福度の関係について  単独  2015/06/27 
生活経済学会第31回研究大会  , 生活経済学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  受診抑制の規定要因に関する分析  単独  2015/05/23 
日本経済学会2015年度春季大会  , 日本経済学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  学卒から初職への移行に関する分析  単独  2015/03/26 
二次分析研究報告会  , 東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  居住地域における相対所得が生活満足度に与える影響  単独  2014/10/11 
日本経済学会2014年度秋季大会  , 日本経済学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2016  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  夫婦の家事の相互関係に関する研究 
    124,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  東アジアの少子化、配偶者マッチング機構と労働市場 
分担  日本学術振興会  1,300,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  パネルデータを用いた学歴と結婚行動に関する分析 
代表    300,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  東アジアの少子化、配偶者マッチング機構と労働市場 
分担  日本学術振興会  1,040,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  高年齢者雇用政策が若年・壮年者の雇用に与える影響 
代表  日本学術振興会  1,300,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  社会規範・政策選好・世論の形成メカニズムに関するパネル調査 
分担  日本学術振興会  4,030,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  過疎・高齢化地域における住民の健康と医療・保健・福祉体制に関する研究 
代表    400,000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  社会規範・政策選好・世論の形成メカニズムに関するパネル調査 
分担  日本学術振興会  5,980,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  高年齢者雇用政策が若年・壮年者の雇用に与える影響 
代表  日本学術振興会  1,300,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  科学研究費補助金  次世代育成支援対策推進法が出産、女性の就業継続に与える影響:21世紀成年者縦断調査を用いた分析 
代表  厚生労働省  1,800,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2016  教育方法 

学科科目「総合政策プロジェクト研究」、2016年12月10-11日、ISFJ日本政策学生会議の政策フォーラムに参加し、分科会賞を受賞。 

2016/04~12 
2016  教材 

学科科目「総合政策数量的アプローチ1」のための実習用テキスト(A4版、102頁)を作成し、配布した。内容は、統計ソフトRを使った統計解析(主として回帰分析)の実践と解説。 

2016/04~07 
2015  教育方法 

学科科目「総合政策プロジェクト研究」、2015年12月5-6日、ISFJ日本政策学生会議の政策フォーラムに参加し、分科会賞を受賞。 

2015/04~12 
2015  教材 

学科科目「総合政策数量的アプローチ1」のための実習用テキスト(A4版、109頁)を作成し、配布した。内容は、統計ソフトRを使った統計解析(主として回帰分析)の実践と解説。 

2015/04~07 
2014  教材 

学科科目「総合政策数量的アプローチ1」のための実習用テキスト(A4版、104頁)を作成し、配布した。統計ソフトRを使った統計解析(主として回帰分析)の実践と解説。 

2014/04~07 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2016  Stataによる回帰分析入門  2017/03/09 

活動内容等(Content of Activities) 東京大学社会科学研究所が開催した、2016年度計量分析セミナー・春の1つとして講師を務めた。 

2015  愛知労働局幹部職員研修  2015/09/10 

活動内容等(Content of Activities) 「若者の雇用をめぐる問題―学卒から初職への移行に注目して―」と題して講演し、質疑応答を行った。 

2014  SSJDA計量分析セミナー「回帰で斬る!」  2014/09/02~09/03 

活動内容等(Content of Activities) 2日で回帰分析を理解し、実行できるようになるためのセミナー。統計ソフトはSPSSを使用。 

2014  人口統計セミナー「イベント・ヒストリー分析」  2014/05/16、06/13、07/11 

活動内容等(Content of Activities) イベント・ヒストリー分析の基礎について実例をまじえて解説した、 

2013  津市職員男女共同参画研修会「男女共同参画社会の実現にむけて:経済学の視点から」   

活動内容等(Content of Activities) 男女共同参画社会の実現にむけて、経済学の視点から講演した。 

2013  第8回ICPSR国内利用協議会・統計セミナー「パネルデータの分析」、「制限従属変数の分析」   

活動内容等(Content of Activities) パネルデータおよび制限従属変数の分析方法について、理論と実例を用いて解説した。 

2013  三重県労働者福祉協議会講演会「経済学で考える家族―結婚・出産・子育て―」   

活動内容等(Content of Activities) 結婚・出産・子育てといった家族形成を経済学の視点から解説した。 

2012  SSJDA計量分析セミナー「回帰で斬る!」   

活動内容等(Content of Activities) 2日で回帰分析を理解し、実行できるようになるためのセミナー。統計ソフトはSPSSを使用。 

2012  亀山市働く環境づくり懇談会「企業におけるワーク・ライフ・バランスの推進について」   

活動内容等(Content of Activities) 企業におけるワーク・ライフ・バランスの現状、課題、推進方法について講演。 

2012  津市職員男女共同参画研修会「男女共同参画社会の実現にむけて:経済学の視点から」    

活動内容等(Content of Activities) 男女共同参画社会の実現にむけて、経済学の視点から解説した。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2007 
詳細表示

2017/04/24 更新