研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

42 件中 21 - 30 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2007  物語の後で――『時間と物語』から見た『記憶・歴史・忘却』  単独  2008/03/22 
日仏哲学会2008年春季研究大会シンポジウム「記憶の哲学と歴史叙述――晩年のリクールの思索から」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:同志社大学 

2007  世代間倫理と隣人愛――ハイモダニティにおけるキリスト教的倫理の可能性  単独  2007/10/21 
宗教倫理学会第8回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:龍谷大学大宮キャンパス 

2007  記憶と忘却の倫理的次元  単独  2007/09/29 
実存思想協会・ドイツ観念論研究会第16回共催シンポジウム「記憶への問い――想起と忘却」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:早稲田大学 

2007  ジャンニ・ヴァッティモの宗教論――神の死以降の愛論の可能性  単独  2007/09/17 
日本宗教学会第66回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:立正大学 

2007  〈キリスト教的哲学〉論争――20世紀フランス宗教哲学の一稜線  単独  2007/09/08 
日仏哲学会2007年秋季研究大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:学習院大学 

2006  波多野精一における無と他者  単独  2006/09/21 
日本基督教学会第54回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:上智大学 

2006  否定する愛――田辺・波多野・マリオンと存在愛論  単独  2006/09/17 
日本宗教学会第65回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:東北大学 

2005  “The Site of Memories, the Site of Things: Against the Identity Politics”  単独  2006/01/14 
World Archaeological Congress Osaka Inter -Congress   

概要(Abstract) Presentation in the Session "Doing Archaeology in High-/Post-Modernity, or How to Cope with Fragmentation and Globalisation" 

備考(Remarks) Osaka Museum of History 

2005  存在なき愛――マリオン神学三部作の統合的理解に向けて  単独  2005/09/23 
日本基督教学会第53回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:関西学院大学 

2005  クラフトとしての考古学――考古学への認知的アプローチのための一視角  単独  2005/09/12 
日本心理学会第69回大会・大会企画シンポジウム「心理学と考古学の出会い」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:慶應義塾大学 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]