研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

45 件中 31 - 40 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2005  “The Site of Memories, the Site of Things: Against the Identity Politics”  単独  2006/01/14 
World Archaeological Congress Osaka Inter -Congress   

概要(Abstract) Presentation in the Session "Doing Archaeology in High-/Post-Modernity, or How to Cope with Fragmentation and Globalisation" 

備考(Remarks) Osaka Museum of History 

2005  存在なき愛――マリオン神学三部作の統合的理解に向けて  単独  2005/09/23 
日本基督教学会第53回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:関西学院大学 

2005  クラフトとしての考古学――考古学への認知的アプローチのための一視角  単独  2005/09/12 
日本心理学会第69回大会・大会企画シンポジウム「心理学と考古学の出会い」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:慶應義塾大学 

2005  忘却と救いなき記憶――現代フランス宗教哲学からの一視角  単独  2005/09/10 
日本宗教学会第64回学術大会   

概要(Abstract) パネル「記憶/忘却と公共性――内面性と集合心性のあいだで」での発表。 

備考(Remarks) 会場:関西大学 

2004  恩讐の果てに――忘れえぬ記憶の宗教哲学  単独  2005/03/27 
第19回国際宗教学宗教史会議世界大会シンポジウム「記憶と忘却の倫理――21世紀と宗教哲学のための一展望」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:高輪プリンスホテル 

2004  赦しと赦しえないもの――現代宗教哲学の観点から  単独  2004/10/08 
日本基督教学会第52回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:東京女子大学 

2004  考古学における型式学――出土遺物の系統と分類を再考する  単独  2004/08/06 
第6回日本進化学会シンポジウム「非生命体の進化理論2」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:東京大学駒場キャンパス 

2003  満ちあふれる論理――リクール宗教思想の根本概念  単独  2003/10/04 
日本基督教学会第51回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:南山大学 

2003  リクールの宗教思想における贈与の経綸  単独  2003/09/05 
日本宗教学会第62回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:天理大学 

2002  単なる存在論の限界上における「ありてある者」――マリオンの否定神学とリクールの解釈学的翻訳論の比較より  単独  2003/03/27 
2003年日本基督教学会近畿支部会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:神戸松蔭女子大学 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]