研究者詳細

研究発表
分割表示 >>   全件表示

42 件中 1 - 42 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  宗教哲学は現在どのように語られているのか  単独  2017/09/16 
日本宗教学会第76回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:東京大学本郷キャンパス 

2017  活動と暴力―リクールとアーレント  単独  2017/09/09 
アーレント研究会第16回大会シンポジウム「哲学と政治―フランス・イタリア思想におけるアーレント」  , アーレント研究会   

概要(Abstract) 会場:慶應義塾大学三田キャンパス 

備考(Remarks)  

2016  考古学と存在論―ハイデガーと考古学者の交錯  単独  2017/03/14 
実存思想協会2016年度春の研究会シンポジウム「存在論と技術論―ハイデガーと異分野との対話」  , 実存思想協会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:杏林大学井之頭キャンパス 

2016  回勅を神学的に読むか、哲学的に読むか?  単独  2016/10/22 
南山大学社会倫理研究所・上智大学生命倫理研究所共催公開シンポジウム2016「持続可能な発展は可能か?―回勅「ラウダート・シ」を複眼的に読む」  , 南山大学社会倫理研究所・上智大学生命倫理研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:南山大学 

2016  抗議の神義論は擁護しうるか――死者の宗教哲学から考える  単独  2016/09/10 
日本宗教学会第75回大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:早稲田大学 

2015  苦しむこととこ被ること――不幸をめぐる宗教哲学的考察  単独  2015/09/06 
日本宗教学会第74回大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:創価大学 

2014  無神論論争とキリスト教哲学論争――戦間期フランス知識人における「世俗化」の一様相  単独  2014/9/19 
キリスト教史学会第65回大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  分離・区別・一致――キリスト教哲学論争にみる真理の諸相  単独  2014/09/14 
日本宗教学会第73回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:同志社大学 

2014  否定の道のアポリア――デリダ・マリオンの否定神学論争とその意義  単独  2014/09/09 
日本基督教学会第62回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:関西学院大学 

2013  神学者たちのキルケゴール――可能的なもの、そして不安と希望  単独  2013/11/30 
現代思想の源泉としてのキルケゴール──生誕200周年記念ワークショップ  , 高崎経済大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:高崎経済大学 

2013  死と抗議と神義論――宗教哲学的考察  単独  2013/09/07 
日本宗教学会第72回大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:國學院大學 

2013  ヨハネとアンリ――キリスト教思想からみるアンリ  単独  2013/06/09 
日本ミシェル・アンリ哲学会第5回研究大会シンポジウム「アンリ哲学とキリスト教」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:関西学院大学梅田キャンパス 

2012  自然悪概念の宗教哲学的再解釈は可能か?  単独  2012/09/09 
日本宗教学会第71回大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:皇學館大學 

2012  スピリチュアルケアにおける幸福な記憶、幸福な忘却――宗教哲学から  単独  2012/07/28 
東洋英和女学院大学大学院死生学研究所シンポジウム「スピリチュアルケアを考える」  , 東洋英和女学院大学大学院死生学研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:東洋英和女学院大学 

2011  存在-神-論批判を再考する――現代フランス哲学のコンテクストから  単独  2011/12/10 
京都大学基督教学会第7回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:京都大学 

2011  記憶論は宗教哲学に何をもたらすか――ルロワ=グーランを中心に  単独  2011/09/04 
日本宗教学会第70回大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:関西学院大学 

2009  "Re-Figuring Hayden White"  共同  2009/10/23 
ヘイドン・ホワイト招聘国際イベント「歴史とポストモダニズム」  , 東洋大学人間科学総合研究所   

概要(Abstract) Hayden Whiteほか6名。 

備考(Remarks) 会場:東洋大学 

2009  他性と多性――他者の哲学/哲学の他者としての宗教哲学  単独  2009/09/12 
日本宗教学会第68回大会   

概要(Abstract) パネル「宗教哲学の現在を問う――反本質論の波をうけて」での発表。 

備考(Remarks) 会場:京都大学 

2008  ものを否定する、ものが否定する――形象と否定神学  単独  2008/09/14 
日本宗教学会第67回大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:筑波大学 

2007  神の言葉の器としての人間――波多野精一の象徴論の存在論的再解釈  単独  2008/03/28 
2008年日本基督教学会近畿支部会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:同志社女子大学 

2007  物語の後で――『時間と物語』から見た『記憶・歴史・忘却』  単独  2008/03/22 
日仏哲学会2008年春季研究大会シンポジウム「記憶の哲学と歴史叙述――晩年のリクールの思索から」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:同志社大学 

2007  世代間倫理と隣人愛――ハイモダニティにおけるキリスト教的倫理の可能性  単独  2007/10/21 
宗教倫理学会第8回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:龍谷大学大宮キャンパス 

2007  記憶と忘却の倫理的次元  単独  2007/09/29 
実存思想協会・ドイツ観念論研究会第16回共催シンポジウム「記憶への問い――想起と忘却」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:早稲田大学 

2007  ジャンニ・ヴァッティモの宗教論――神の死以降の愛論の可能性  単独  2007/09/17 
日本宗教学会第66回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:立正大学 

2007  〈キリスト教的哲学〉論争――20世紀フランス宗教哲学の一稜線  単独  2007/09/08 
日仏哲学会2007年秋季研究大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:学習院大学 

2006  波多野精一における無と他者  単独  2006/09/21 
日本基督教学会第54回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:上智大学 

2006  否定する愛――田辺・波多野・マリオンと存在愛論  単独  2006/09/17 
日本宗教学会第65回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:東北大学 

2005  “The Site of Memories, the Site of Things: Against the Identity Politics”  単独  2006/01/14 
World Archaeological Congress Osaka Inter -Congress   

概要(Abstract) Presentation in the Session "Doing Archaeology in High-/Post-Modernity, or How to Cope with Fragmentation and Globalisation" 

備考(Remarks) Osaka Museum of History 

2005  存在なき愛――マリオン神学三部作の統合的理解に向けて  単独  2005/09/23 
日本基督教学会第53回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:関西学院大学 

2005  クラフトとしての考古学――考古学への認知的アプローチのための一視角  単独  2005/09/12 
日本心理学会第69回大会・大会企画シンポジウム「心理学と考古学の出会い」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:慶應義塾大学 

2005  忘却と救いなき記憶――現代フランス宗教哲学からの一視角  単独  2005/09/10 
日本宗教学会第64回学術大会   

概要(Abstract) パネル「記憶/忘却と公共性――内面性と集合心性のあいだで」での発表。 

備考(Remarks) 会場:関西大学 

2004  恩讐の果てに――忘れえぬ記憶の宗教哲学  単独  2005/03/27 
第19回国際宗教学宗教史会議世界大会シンポジウム「記憶と忘却の倫理――21世紀と宗教哲学のための一展望」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:高輪プリンスホテル 

2004  赦しと赦しえないもの――現代宗教哲学の観点から  単独  2004/10/08 
日本基督教学会第52回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:東京女子大学 

2004  考古学における型式学――出土遺物の系統と分類を再考する  単独  2004/08/06 
第6回日本進化学会シンポジウム「非生命体の進化理論2」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:東京大学駒場キャンパス 

2003  満ちあふれる論理――リクール宗教思想の根本概念  単独  2003/10/04 
日本基督教学会第51回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:南山大学 

2003  リクールの宗教思想における贈与の経綸  単独  2003/09/05 
日本宗教学会第62回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:天理大学 

2002  単なる存在論の限界上における「ありてある者」――マリオンの否定神学とリクールの解釈学的翻訳論の比較より  単独  2003/03/27 
2003年日本基督教学会近畿支部会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:神戸松蔭女子大学 

2002  聖書から自己へ、自己から行為へ――リクールの聖書解釈学の現実化  単独  2002/09/21 
日本基督教学会第50回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:聖学院大学 

2001  ジャンニ・ヴァッティモの宗教哲学の倫理的意義――ケノーシス概念を中心として  単独  2002/03/26 
2002年日本基督教学会近畿支部会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:同志社女子大学 

2001  リクールの宗教言語論の矛盾とその克服  単独  2001/10/26 
日本基督教学会第49回学術大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:西南学院大学 

2001  実測について考えることは何故難しいか――認識論的問題を中心に  単独  2001/09/15 
第1回考古学技術研究会「考古学において遺物の実測とは何か」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:國學院大學 

2000  ポール・リクールにおける聖書解釈学の前提について  単独  2001/03/29 
2001年日本基督教学会近畿支部会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 会場:京都大学 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]