研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

42 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  宗教的幸福の非宗教的意義を考える―モルトマンの希望の神学における幸福論を手がかりに  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 31  , 69-82  , 2016/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  アートな考古学の風景5 アートと考古学の協働を複数化する  単著   
考古学研究  , 考古学研究会  , 250  , 33-37  , 2016/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  オリジナルな起源―W・デーヴィスの「イメージ・メーキングの起源」論が問いかけるもの  単著   
現代思想  , 青土社  , 44/10  , 212-223  , 2016/05   

概要(Abstract) W・デーヴィスが1990年代に展開したイメージ・メーキングの起源論が、起源を考えるという営みに特有の、連続的な歴史を解体する契機の存在を明らかにしている点を示したもの  

備考(Remarks)  

2015  苦しみの叫び声は何を求めているのか―神義論から宗教哲学へ  単著   
基督教学研究  , 京都大学基督教学会  , 35  , 53-78  , 2016/03   

概要(Abstract) 20世紀宗教思想における神義論批判を概観しながら、「苦しむ」という経験において人が何を求めているのかという問題を、神義論的にではなく宗教哲学として扱う筋道を、レヴィナス、アンリ、リクールの思想を手がかりに考察した  

備考(Remarks)  

2015  死者は事物に宿れり――考古学的想像力と現代思想の物質的転回  未設定   
現代思想  , 青土社  , 44/1  , 232-242  , 2016/01   

概要(Abstract) 考古学的な痕跡認識と、昨今の現代思想・人類学の存在論的動向との並行関係と差異を示しつつ、スティグレールらの議論を手がかりに、考古学的痕跡論が死者論とも接点をもつことを論じた 

備考(Remarks)  

2015  あらゆる否定文はすでに神に取り憑かれている―デリダ-マリオンの否定神学論争とその現代宗教哲学的意義  単著   
日本の神学  , 日本基督教学会  , 54  , 23-45  , 2015/09   

概要(Abstract) 90年代のデリダとマリオンの否定神学論争を、宗教哲学という観点から読み解き、デリダの否定神学的言語論が、神学言語の脱神学化を図るものであったことを示した。 

備考(Remarks)  

2014  無神論論争とキリスト教哲学論争―戦間期フランス知識人における「世俗化」の一断面  単著   
南山神学  , 神言神学院  , 38  , 189-206  , 2015/03   

概要(Abstract) 宗教学における世俗化やポスト世俗化という問題群を視野に入れつつ、1930年前後のフランスにおける、キリスト教をめぐる二つの哲学的論争(当事者はブランシュヴィク、マルセル、ジルソン、マリタン、ブレイエなど)を理解するための枠組みについて論じた。 

備考(Remarks)  

2014  ヨハネとアンリ――キリスト教思想からみるアンリの「聖書解釈学」  単著   
ミシェル・アンリ研究  , 日本ミシェル・アンリ哲学会  , 4  , 25-49  , 2014/06   

概要(Abstract) 90年代以降のアンリにおけるキリスト教的転回を、アンリ哲学の発展史のなかでとらえるのではなく、彼が大きき依拠するヨハネ文書解釈の方法や内実の検証をとおして、アンリの聖書解釈がヨハネと彼の哲学の照合作業にとどまっており、特にヨハネにおけるキリストの死という主題を受容していないことを示した 

備考(Remarks)  

2013  神学者たちのキルケゴール――可能的なもの、そして不安と希望  単著   
現代思想  , 青土社  , 42/2  , pp.95-105  , 2014/02   

概要(Abstract) 20世紀プロテスタンティズムにおいて、バルトとは違う仕方でキルケゴールを解釈し、不安の概念から希望の概念を導き出したモルトマン、そしてさらにそれを受容したリクールのキルケゴール理解を明らかにした 

備考(Remarks)  

2013  死という悪に死者は抗議できるのか――神義論の宗教哲学への基礎的考察  単著   
基督教学研究  , 京都大学基督教学会  , 33  , 273-289  , 2013/12   

概要(Abstract) 「死者自身による悪への抗議は可能か?」という問いを立て、ネーゲルを中心として「死の害の哲学」を検討することで、どこまで死が死者自身にとって害であるといいうるかを論じた 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]