研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

34 件中 11 - 20 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  死者をどう記憶するか(上)  寄稿  共著 
中日新聞(朝刊)  , 中日新聞社  , 2016年6月28日  , 15面  , 2016/06/28   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Book Review: 「身近な仏教」に出会う  書評  単著 
婦人之友  , 婦人之友社  , 1358号  , 140-142  , 2016/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  鼎談 戦争と死について  寄稿  共著 
宗教と現代がわかる本2016  , 平凡社  , 92-109  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Book Review: 過ぎ去った未来  書評  単著 
婦人之友  , 婦人之友社  , 1355号  , 140-142  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Book Review 動物のまなざし  寄稿  単著 
婦人之友  , 婦人之友社  , 1352号  , 142-144  , 2015/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  戦後七〇年の宗教教育  寄稿  単著 
南山キリスト教教育センター通信ディグニタス  , 南山キリスト教教育センター  , 36  , 2  , 2015/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  〈名著再考〉記憶から歴史叙述へ、私的記憶から公的制度へ―ポール・リクール『記憶・歴史・忘却』  書評  単著 
思想  , 岩波書店  , 1096  , 232-238  , 2015/08   

概要(Abstract) 『思想』の「想起の文化―戦争の記憶を問い直す」において、リクール『記憶・歴史・忘却』を現時点においてどのように読み直すことが可能か、そのいくつかの指針を提示した。 

備考(Remarks)  

2015  奥山史亮著『エリアーデの思想と亡命――クリアーヌとの関係において』  書評  単著 
宗教研究  , 日本宗教学会  , 89/1  , 177-182  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  研究手帖 死者たちの場はどこにあるのか  寄稿  単著 
現代思想  , 青土社  , 42/10  , 246  , 2014/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  テーマ37 考古学は科学か哲学か  寄稿  単著 
考古学研究60の論点  , 考古学研究会  , pp.157-158  , 2014/04   

概要(Abstract) 「考古学は科学か哲学か」という指定テーマに対し、考古学は自然科学理論や人文・社会科学理論に還元されるものではなく、考古学独自の理論体系があることの意義を重視すべきと提言した 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]