研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

33 件中 21 - 30 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2012  ニクラス・ルーマン「イタリア語版への序文」  翻訳  単訳 
GLU――ニクラス・ルーマン社会システム理論用語集  , 国文社  , pp.14-19  , 2013/03   

概要(Abstract) 同書イタリア語版にルーマンが寄せた序文Niklas Luhmann, "Prefazione"の翻訳。 

備考(Remarks)  

2011  ジュリアン・トーマス『解釈考古学――先史社会の時間・文化・アイデンティティ』  翻訳  共著 
同成社  , 410  , 2012/03   

概要(Abstract) 下垣仁志との共訳によるJulian Thomas, Time, Culture and Identity: An Interpretive Archaeology. Routledge, 1996の翻訳。訳者解題2「ハイデガー流考古学は人文学に何をもたらすか?――本書への理論的補助線と人文学から見た本書の意義」(pp.386-396)も執筆 

備考(Remarks)  

2010  宗教学事典  辞書・事典  その他 
丸善  , pp.192-195  , 2010/10   

概要(Abstract) 項目「倫理と宗教」を分担執筆。 

備考(Remarks)  

2010  ヘイドン・ホワイト「実用的な過去」  翻訳  単訳 
思想  , 岩波書店  , 1036  , pp.8-33  , 2010/08   

概要(Abstract) Hayden White, "The Practical Past"の翻訳。 

備考(Remarks)  

2009  他の人々に面して、自己がここにいること――波多野宗教哲学を読みなおす  寄稿  単著 
創文  , 創文社  , 527  , pp.37-40  , 2010/02   

概要(Abstract) 波多野宗教哲学を現代の存在論・他者論の観点から読み直す方法を概略した。 

備考(Remarks)  

2008  宗教を哲学するということの(不)可能性  寄稿  単著 
聖学院大学総合研究所Newsletter  , 聖学院大学総合研究所  , 18/3  , pp.4-5  , 2009/01   

概要(Abstract) 現代ヨーロッパにおいて宗教哲学をおこなううえでの課題を、ヨーロッパの共同体主義、および他者論の関係づけて概略した 

備考(Remarks)  

2008  現代思想と考古学――ものものしい思考の可能性  寄稿  単著 
考古学研究  , 考古学研究会  , 55/2  , pp.95-96  , 2008/10   

概要(Abstract) 考古学のもつ思想的潜在性を、痕跡の思考とモノの思考の二点に絞って概略した 

備考(Remarks)  

2007  死者の記憶、死者の場所――宗教哲学の現在  寄稿  単著 
中央評論  , 中央大学出版会  , 261  , pp.24-31  , 2007/10   

概要(Abstract) 現代における宗教哲学の展開可能性を、死者についての思考に着目して論じた 

備考(Remarks)  

2007  ジャンニ・ヴァッティモ「ホース・メ(ないもののように)──ハイデガーとキリスト教」  翻訳  単訳 
別冊「本」RATIO   , 講談社  , 3  , pp.236-255  , 2007/05   

概要(Abstract) Gianni Vattimo, “hos mé: Heidegger e il cristianesimo”の翻訳 

備考(Remarks)  

2006  深井智朗『超越と認識――20世紀神学史における神認識の問題』  書評  単著 
宗教研究  , 日本宗教学会  , 350  , pp.175-182  , 2006/12   

概要(Abstract) 深井智朗『超越と認識』の書評 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]