研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

39 件中 21 - 30 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  戦後七〇年の宗教教育  寄稿  単著 
南山キリスト教教育センター通信ディグニタス  , 南山キリスト教教育センター  , 36  , 2  , 2015/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  〈名著再考〉記憶から歴史叙述へ、私的記憶から公的制度へ―ポール・リクール『記憶・歴史・忘却』  書評  単著 
思想  , 岩波書店  , 1096  , 232-238  , 2015/08   

概要(Abstract) 『思想』の「想起の文化―戦争の記憶を問い直す」において、リクール『記憶・歴史・忘却』を現時点においてどのように読み直すことが可能か、そのいくつかの指針を提示した。 

備考(Remarks)  

2015  奥山史亮著『エリアーデの思想と亡命――クリアーヌとの関係において』  書評  単著 
宗教研究  , 日本宗教学会  , 89/1  , 177-182  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  研究手帖 死者たちの場はどこにあるのか  寄稿  単著 
現代思想  , 青土社  , 42/10  , 246  , 2014/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  テーマ37 考古学は科学か哲学か  寄稿  単著 
考古学研究60の論点  , 考古学研究会  , pp.157-158  , 2014/04   

概要(Abstract) 「考古学は科学か哲学か」という指定テーマに対し、考古学は自然科学理論や人文・社会科学理論に還元されるものではなく、考古学独自の理論体系があることの意義を重視すべきと提言した 

備考(Remarks)  

2013  移民大国ヨーロッパに学ぶ  寄稿  単著 
埼玉新聞  , 埼玉新聞社  , p.5  , 2013/01/22   

概要(Abstract) 埼玉県内の外国人居住状況を踏まえ、ますます増大する外国人とのあるべき関係を、排外主義をはじめとするヨーロッパの移民問題の現状と課題を参照しながら論じた 

備考(Remarks)  

2012  ニクラス・ルーマン「イタリア語版への序文」  翻訳  単訳 
GLU――ニクラス・ルーマン社会システム理論用語集  , 国文社  , pp.14-19  , 2013/03   

概要(Abstract) 同書イタリア語版にルーマンが寄せた序文Niklas Luhmann, "Prefazione"の翻訳。 

備考(Remarks)  

2011  ジュリアン・トーマス『解釈考古学――先史社会の時間・文化・アイデンティティ』  翻訳  共著 
同成社  , 410  , 2012/03   

概要(Abstract) 下垣仁志との共訳によるJulian Thomas, Time, Culture and Identity: An Interpretive Archaeology. Routledge, 1996の翻訳。訳者解題2「ハイデガー流考古学は人文学に何をもたらすか?――本書への理論的補助線と人文学から見た本書の意義」(pp.386-396)も執筆 

備考(Remarks)  

2010  宗教学事典  辞書・事典  その他 
丸善  , pp.192-195  , 2010/10   

概要(Abstract) 項目「倫理と宗教」を分担執筆。 

備考(Remarks)  

2010  ヘイドン・ホワイト「実用的な過去」  翻訳  単訳 
思想  , 岩波書店  , 1036  , pp.8-33  , 2010/08   

概要(Abstract) Hayden White, "The Practical Past"の翻訳。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]