研究者詳細

研究助成
分割表示   全件表示 >>

10 件中 1 - 10 件目

年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2018  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  芸術鑑賞者の鑑賞レパートリーと芸術文化組織のマーケティング戦略 
研究代表者     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2018  科学研究費補助金  芸術文化組織による鑑賞者および支援企業との新たな関係性構築に関する研究 
研究代表者  日本学術振興会  117万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  芸術文化組織による鑑賞者および支援企業との新たな関係性構築に関する研究 
研究代表者  日本学術振興会  143万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2017  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  芸術文化組織のコミュニケーション戦略 
研究代表者     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  芸術鑑賞者の特性とマーケティング対応 
    124000 

研究内容(Research Content) クラシック音楽のマーケティング活動において、芸術鑑賞者の鑑賞能力に応じた参加型プログラムの開発は欠かせないものとなっている。今回は鑑賞者の鑑賞能力をいかに測定するのか、そしてそれに対してどのような参加型のプログラムが有効なのかを明らかにする。 

備考(Remarks)  

2015  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  情報源と利用者との距離概念に関する研究 
代表    15.4万円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は、地域資源の情報が、いかなる理由でメディアの記者や編集者に採用され報道されるのかについてのメカニズムを明らかにすることである。 

備考(Remarks)  

2014  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  地域資源のメディア・リレーションズ 
代表    40万円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は、地域資源の情報が、いかなる理由でメディアの記者や編集者に採用され報道されるのかについてのメカニズムを明らかにすることである。 

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  地域資源のメディア・リレーションズ 
代表者  日本学術振興会  80万円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は、地域資源に関する情報がメディアの記者や編集者に取り上げられ広く報道されていくメカニズムを明らかにすることである。
 それが明らかになることで、地域資源を発信する観光協会や自治体などの広報部門が、どのような機能を果たすべきかについての指針が得られ、様々なステークホルダーを束ね情報発信していく観光協会のあり方にメディア・リレーションズという新たな視点を提示することができる。

 

備考(Remarks) 研究分担者 京都産業大学 准教授 伊吹勇亮 

2013  科学研究費補助金  地域資源のメディア・リレーションズ 
代表者  日本学術振興会  200万円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は、地域資源に関する情報がメディアの記者や編集者に取り上げられ広く報道されていくメカニズムを明らかにすることである。
 それが明らかになることで、地域資源を発信する観光協会や自治体などの広報部門が、どのような機能を果たすべきかについての指針が得られ、様々なステークホルダーを束ね情報発信していく観光協会のあり方にメディア・リレーションズという新たな視点を提示することができる。

 

備考(Remarks) 研究分担者 京都産業大学 准教授 伊吹勇亮 

2012  科学研究費補助金  地域資源のメディア・リレーションズ 
代表者  日本学術振興会  80万円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は、地域資源に関する情報がメディアの記者や編集者に取り上げられ広く報道されていくメカニズムを明らかにすることである。
 それが明らかになることで、地域資源を発信する観光協会や自治体などの広報部門が、どのような機能を果たすべきかについての指針が得られ、様々なステークホルダーを束ね情報発信していく観光協会のあり方にメディア・リレーションズという新たな視点を提示することができる。

 

備考(Remarks) 連携研究者 京都産業大学 准教授 伊吹勇亮 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]