研究者詳細

学術論文
分割表示 >>   全件表示

25 件中 1 - 25 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  芸術文化施設の参加型広報プログラムに関する定量調査 ――ボランティア動機がコミットメントに与える影響――【査読付き論文】  共著   
広報研究  , 日本広報学会  , 第23号  , 印刷中  , 2019/3   

概要(Abstract) 本稿の目的は、クラシック音楽専門ホールのボランティア制度を事例として、顧客のコミットメントの変化のプロセスを明らかにすることである。まず、先行研究レビューにより、芸術のマーケティング研究やコミットメント概念を整理した。それらの概念を利用しながら、実施した探索的インタビューのデータとアンケートの自由記述欄のデータを分析した。次に、これらの定性調査から明らかになった理論モデルを提示した。
ここで明らかになったのは、顧客コミットメントが役割内/役割外行動に影響するという因果関係だけでなく、その逆の因果関係が存在することであった。また、役割内/役割外行動の動機として、相手組織へのコミットメントだけでは説明できない、活動志向型動機が見られた。活動志向型動機やコミットメントが行動を誘発し、それらが再びコミットメントに影響するというフィードバックプロセスを示した概念モデルが示された。
 

備考(Remarks) 本研究の目的は、参加型広報プログラムへの参加動機が、その行動を通じて、芸術文化施設へのコミットメントに影響するプロセスを明らかにすることである。一般的には、ある組織へのコミットメントがその支援行動を誘引すると言われているが、逆に行動することでコミットメントが高まるケースを検討する。具体的には、2つのタイプのボランティア参加動機(自己志向型/他者志向型)と、2つのタイプのコミットメント(計算的/感情的)との間の関係が導出され、芸術文化組織の広報ボランティアを対象に検証された。自己志向型動機は計算的コミットメントを高め、他者志向型動機は感情的コミットメントを高めるという仮説が支持された。さらに、その文化施設の事前の利用経験による差異も検討された。 

2018  クラシック音楽の鑑賞者行動の定性研究―関与対象の違いによる類型化とマーケティング対応―  単著   
南山経営研究  , 南山大学  , 第33巻 第2号  , pp.235-253  , 2018/11   

概要(Abstract) 本稿は、インタビュー調査をもとに、クラシック音楽の鑑賞者を類型化する。どのような対象に対して関与しているのかを手がかりに、関与パターンの違いをもとに類型化する。芸術のコンテンツだけでなく多様なベネフィットを求めて鑑賞する6タイプの聴衆の姿が浮かび上がった。さらに彼らへのマーケティング対応、そして各セグメント間の移行モデルを提示する。 

備考(Remarks)  

2017  新カテゴリー創造を仕掛ける新商品開発戦略の類型とメディア・リレーションズ : 「再編集型」「串刺し型」の事例  単著   
南山経営研究  , 南山大学 経営学会  , 32/1  , pp.35-52  , 2017/06   

概要(Abstract) 本稿の目的は、川北(2011)で示された新カテゴリー創造を仕掛ける新商品開発戦略の4類型について、具体的な事例を検討し、市場の定義とメディア・リレーションズのあり方を示すことである。以前の研究では提示されていない、2つの類型「再編集型」と「串刺し型」について具体的案事例を示していく。 

備考(Remarks)  

2016  クラシック音楽専門ホールにおけるボランティア制度による顧客コミットメントを活用したマーケティングPR 戦略:宗次(むねつぐ)ホールの事例研究【査読付き論文】  単著   
広報研究  , 日本広報学会  , 第21号  , pp.122-139  , 2017/3   

概要(Abstract) 本稿の目的は、クラシック音楽専門ホールのボランティア制度を事例として、顧客のコミットメントの変化のプロセスを明らかにすることである。まず、先行研究レビューにより、芸術のマーケティング研究やコミットメント概念を整理した。それらの概念を利用しながら、実施した探索的インタビューのデータとアンケートの自由記述欄のデータを分析した。次に、これらの定性調査から明らかになった理論モデルを提示した。
ここで明らかになったのは、顧客コミットメントが役割内/役割外行動に影響するという因果関係だけでなく、その逆の因果関係が存在することであった。また、役割内/役割外行動の動機として、相手組織へのコミットメントだけでは説明できない、活動志向型動機が見られた。活動志向型動機やコミットメントが行動を誘発し、それらが再びコミットメントに影響するというフィードバックプロセスを示した概念モデルが示された。
 

備考(Remarks)  

2015  メディア編集者の取材活動の定量分析―ニュース・バリュー知覚と情報源重視度や広報努力重視度との関係―【査読付き論文】  共著   
広報研究  , 日本広報学会  , 第20号  , pp.4-20  , 2016/3   

概要(Abstract) メディア編集者(記者や番組制作者、編集者などのメディアで働く人々)は、広報担当者がメディア・リレーションズ活動を行う対象であり、彼らがどのように取材活動を行っているかを知ることは有用だろう。本稿の目的は、彼らのニュース・バリュー知覚が、取材活動に対する態度にどのように影響するのかを明らかにすることである。本研究では取材活動に対する態度を「普段から重視する情報源」と「広報努力への重視度」の2つのプロセスとして捉えて研究する。先行研究から提起された仮説について、ウェブによるメディア編集者への調査結果に定量分析を加えて検証した。そこで明らかになったのは、メディア編集者のニュース・バリュー知覚が高いほど情報源重視度が高く、広報努力重視度も高いということである。また、同じ定量データを使って、媒体の違い(放送/印刷)と職種の違い(記者/非記者)についても探索的に分析し、その違いを明らかにした。 

備考(Remarks)  

2014  メディア編集者のニュース選択に影響する広報部門の活動:地域資源のメディア・リレーションズ【査読付き論文】  単著   
広報研究  , 日本広報学会  , 第19号  , pp.21-31  , 2015/3   

概要(Abstract) メディア・リレーションズを担当する広報担当者たちにとって、ジャーナリスト(記者や制作者、編集者など)がどのような要因でニュース選択を行っているのかを知ることは、非常に関心のあるところだろう。ニュース・サプライ・チェーンの枠組みを利用したこれまでの研究では、情報発信よりも情報品揃えが広報部門の役割であることが示されてきた。また、全国の観光協会調査への定量調査でも、情報品揃え活動が実際の取材数や報道数の増加と関係がありそうであることが示されてきている。そこで、今回は地域資源の発信という文脈において、ジャーナリストたちが発信活動よりも情報品揃え活動を重視しているという仮説をたて、ウエブ調査で実証した。結果は、取材決定時にも報道決定時にも、発信活動よりも品揃え活動が重視されることが検証された。また、反応活動が比較的重視される傾向があることも示された。 

備考(Remarks)  

2014  メディア・リレーションズ研究の系譜  単著   
慶応経営論集  , 慶応義塾大学出版会  , 第32巻 第1号  , pp.199-216  , 2015/3   

概要(Abstract) 日本では特に、メディア・リレーションズは広報担当者にとって重要な活動とされてきたが、これまでメディア・リレーションズ活動が学術的にどのように研究されてきたのかは、あまり明らかにされてきていない。本稿の目的は、メディア・リレーションズの研究分野を俯瞰しながら体系的に整理し、全体像を明らかにすることである。さらに、今後求められる研究領域を提示する。
メディア・リレーションズの研究領域には、大きく3つの流れがある。関係の質研究、情報の質研究、メディアの報道に関する研究である。
関係の質研究は、広報担当者とジャーナリストとの関係に焦点をあてたもので、どのような活動が関係構築やジャーナリストの認知に影響しているか、その実態はある程度明らかになった。ただ、成果そのものを扱ったものは多くはない。また、あくまで実態を調査したにすぎないことも多く、理論的な議論が少ないものも多いが、理論化を試みたものも登場してきている。
情報の質研究には、インフォメーション・サブシディーズ研究とニュース・バリュー研究がある。インフォメーション・サブシディーズ研究は広報担当者が提供する情報パッケージの研究であり、どのようなニュース・リリースが有効かという問題意識に立ったものである。その内容がどのようなニュース・バリューを含むかという点に焦点をあてたものがニュース・バリュー研究である。近年、ようやく報道価値(newsworthiness)概念の構造や定義が示されてきており、この構造をもとに新たな理論が見いだせるのではないかと期待できる。
メディアの報道に関する研究には、メディアのアジェンダ設定/構築研究と報道効果研究がある。この研究分野に期待できるのはやはり、広報担当者が複数の仲間とともにメディア議題の構築に影響していくといったメカニズムを明らかにしていくことだろう。
これまでの研究の多くは、実務家はこうすべきという研究が多かった。その反省から、仮説検証型の論文が見られるようになる。しかし残念ながら、これらも理論的背景の弱い仮説を構築しその検証の結果、実態が明らかになったといった研究が少なくない。そして、近年、ジャーナリズム研究やメディア研究、広告研究、流通研究など他領域からの理論を援用し、概念定義をはじめ、ようやく理論的な議論が始まっている。今後は、概念定義、枠組みや理論構築を通して、この分野をさらに発展させていくべきだろう。 

備考(Remarks)  

2014  情報品揃えが広報成果に与える影響:観光協会のメディア・リレーションズが広報成果に与える影響【査読付き論文】  単著   
広報研究  , 日本広報学会  , 第18号  , pp.35-49  , 2014/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  知覚リスク概念と情報源選択  単著   
経営情報学部論集  , 中部大学  , 第28巻 第1・2号  , pp.141-154  , 2014/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  瀬戸市の観光広報  単著   
経営情報学部論集  , 中部大学  , 第28巻 第1・2号,  , 印刷中  , 2014/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  ニュース流通過程における広報機能の分担【査読付き論文】  単著   
広報研究  , 日本広報学会  , 第17号  , pp.56-68  , 2013/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  “リアリティ番組型イベント”による地域の魅力発信  共著   
産業経済研究所紀要  , 中部大学  , 第23号  , pp.1-23  , 2013/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  地域特有のメディア環境における企業の広報活動―中部エリアの企業の企業特性とメディア・リレーションズ活動の関係―  共著   
経営情報学部論集  , 中部大学  , 第27巻 第1・2号  , pp.83-100  , 2013/3   

概要(Abstract) 川北眞紀子、伊吹勇亮、薗部靖史 

備考(Remarks)  

2013  情報源選択の視点から見た準拠集団理論  単著   
経営情報学部論集  , 中部大学  , 第27巻 第1・2号  , pp.42-70  , 2013/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  地域特有のメディア環境と企業の広報活動-Ⅰ.中部エリアのメディア環境とミツカンのパブリック・リレーションズ-  単著   
産業経済研究所紀要  , 中部大学  , 第27巻 第1・2号,  , pp.83-100.  , 2012/3   

概要(Abstract) 中部エリア特有のメディア環境と、それに適合する企業の広報活動について事例研究を行い、そこから理論化を試みている。
ブロック紙である中日新聞のシェアが強い中部エリアのメディア環境が示され、ミツカンの広報活動についての事例が示された。
 

備考(Remarks)  

2012  ニュース流通の仲介者としての広報部門の役割:メディア・リレーションズにおける情報縮約と品揃え形成【査読論文】  単著   
広報研究  , 日本広報学会  , 第16号  , pp.35-49.  , 2012/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  メディア掲載を見据えたポジショニング:新カテゴリー創造を仕掛ける商品開発戦略の類型とメディア利用の関係【査読付き研究ノート】  単著   
商品開発・管理研究  , 商品開発・管理学会  , Vol.8, No.1  , pp.52-65  , 2011/9   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  地域グルメプロジェクトのメディア・リレーションズ:ニュース価値を創り出すカテゴリー創造のためのプラットフォーム戦略  単著   
豊橋創造大学紀要  , 豊橋創造大学  , 15号  , pp.11-23  , 2011/3   

概要(Abstract) 新カテゴリーをいかに創り出すかという新カテゴリー創造の類型化をフレームとして提示した。事例に豊橋カレーうどんのメディア・リレーションズをとりあげ、複数企業で同時多発的に新商品を発売していくプラットフォームのあり方を分析している。 

備考(Remarks)  

2010  自動車流通における新業態の登場~消費市場の変化の視点から~  単著   
豊橋創造大学紀要  , 豊橋創造大学  , 14号  , pp.21-30  , 2010/6   

概要(Abstract) 全メーカーの新車を購入できる、買取保証の仕組みを利用したフランチャイズ・チェーン、Fシステムは、閉鎖型の流通システムであった日本の自動車流通に対する革新的業態として登場した。本稿では、Fシステムの成功要因と課題を、商業者の介在原理と消費市場の変化の視点を通して明らかにしている。 

備考(Remarks)  

2010  ネット上の集合知情報源の優位性~情報源特性と利用者特性の視点から~【査読論文】  未設定   
広報研究  , 日本広報学会  , 第14号  , pp.1-18  , 2010/3   

概要(Abstract) 近年、「ウィキペディア」や「2ちゃんねる」といった、ネット上にある、集合知情報源の影響力は無視できないほどに大きい。これらの情報源が、なぜ、これほどまでに利用されるのか。その理由を、その中で伝達される情報内容の性質をもとに情報源を記述することで明らかにし、その上で利用者の関与や能力といった利用者特性によってその有用性が異なることを示すのが、本論文の目的である。
その高関与な情報探索の場面として、大学生の就職活動時をとりあげ、論じている。
 

備考(Remarks)  

2008  伝統的食品製造業者の革新的なチャネル戦略~低コスト出店と参入障壁の高さのトレードオフ~  単著   
豊橋創造大学紀要  , 豊橋創造大学  , 12号  , pp.57-69  , 2008/6   

概要(Abstract) メーカーにとって自社流通網の構築は、コストが高いがゆえに、いったん構築してしまえば参入障壁として機能する場合がある。しかし、低コストでの自社流通網の構築の場合は参入障壁となりづらい。低コスト出店と参入障壁の低さというトレードオフをいかに解消していくかというイノベーションについて、伝統的製造業者である豆腐の流通戦略を分析している。
引き売り豆腐の築地野口屋は、創業からわずか4年で23区を網羅する成功を収めた企業であり、この野口屋を事例として取り上げている。
 

備考(Remarks)  

2005  消費者の導線をひいた情報誌『ゼクシィ』―株式会社リクルート  単著   
季刊マーケティングジャーナル  , 日本マーケティング協会  , 97 Vo.25 No.1  , pp.107-121  , 2005/6   

概要(Abstract) サービス提供者と利用者とのマッチングの役割を、消費者の知覚リスクという視点から取り上げた研究である。結婚情報誌『ゼクシィ』を事例とし、消費者の導線を検討している。このメディアは、未熟な消費者を動かすために、「選択手順の標準化」を提示している。以前より知覚リスクが高まっている選択環境の中で、情報を与えることによりさらに知覚リスクを高めている。そこへさらに情報提供を行い、消費者の判断力を上げながらも、自社媒体を通してサービス財を選ばせる仕組みを作り上げている。 

備考(Remarks)  

2003  医療機関利用者の選択行動~医療機関利用者の取材分析力と関与の違いによる選択行動について(修士論文)  単著   
名古屋市立大学大学院 経済研究科 修士課程 学位論文  , 96p  , 2003/3   

概要(Abstract) 医療機関利用者の選択行動を、消費者行動の概念を援用した研究である。医療機関利用者の「関与」と「取材分析力」を規定因として、その選択行動が異なるという枠組みを提示した。これまで医療サービスに関する研究では、積極的に探索する消費者という視点が欠けていたが、本研究では、積極的に探索する利用者像を前提としている。取材力、インターネットを利用した情報探索能力、それを自分の症状にあてはめて考え医師と話し合う能力、これらを取材分析力という概念で示し、関与との交互作用でその選択行動を説明し実証している。 

備考(Remarks)  

2009  知覚リスクタイプが規定する情報源選択~準拠集団理論の観点から(博士論文)  単著   
慶應義塾大学 経営管理研究科 学位申請論文  , 2009.2   

概要(Abstract) 本稿の研究課題は、消費者行動研究における主要な研究領域である情報探索の流れの中で、社会的リスクを要因とした情報源選択の理論体系を、明らかにすることである。
消費者が購買時に感じる社会的リスクのタイプによって、社会的影響過程が異なる。そのときに影響を受ける準拠集団が異なるという点から、情報源選択を説明したのが本論文である。
 

備考(Remarks)  

2008  消費者の情報源選択の研究アプローチ~現在の情報環境における研究エリアの有効性~【査読論文】  単著   
季刊マーケティングジャーナル  , 日本マーケティング協会  , 110 Vo.28 No.2  , pp.90-105  , 2008/9   

概要(Abstract) 消費者行動分野における情報源選択研究の3つのアプローチを明確にし、現在の情報環境において、どのアプローチがふさわしいかを論じている。
現在の情報環境は、情報量の増大、情報源の変化の激しさ、より細分化されたセグメントに対する情報源の増加と準拠集団の質の変化、という特徴がある。そのため、より抽象度の高い変数によって記述していく因果モデルアプローチが有効であることが明らかにされる。
 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]