研究者詳細

著書
分割表示 >>   全件表示

2 件中 1 - 2 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  『水上に住まう―中国福建・連家船漁民の民族誌』  単著   
株式会社 風響社  , A5  , 490  , 2017/02   

概要(Abstract) ―水上。そこは、人が住まうのに適した空間なのか。あるいは、脱却・忘却すべき空間なのか。本書は、約百年にわたる現代中国を舞台に、福建省南部の船上生活者を見つめながら、水上(と陸上)に住まうことの意味を問う民族誌である。本書が目指すのは、船上生活者の水上/陸上に住まうという営みを、単なる容器としての船や家屋で寝泊まりする行動に矮小化するのではなく、反対にそれを被差別的状況に対する抵抗の実践などと無批判に過大評価するのでもなく、彼らの生き方を示すような、さまざまな日常実践の総体として捉えることを目指している。 

備考(Remarks)  

2009  『即将逝去的船影—九龙江上『吉普赛人』史迹(邦訳:やがて消えゆく船の影―九龍江「ジプシー」たちの足跡)』  共著   
海風出版社  , B5  , 178 p.  , 2010/02/00   

概要(Abstract) 福建省南部を流れる九龍江で長らく船上生活をしてきた「連家船漁民」と呼ばれる人々の暮らしについて、連家船漁民出身の二人が描いた著作。祖先は農民であったという彼ら自身の間で伝えられる出自の説明や、家屋を持たないことで周囲の農民たちから侮辱された経験、船上での生活習慣といった多岐にわたる内容について描く。そのうち、日本人留学生として彼らと接していた自分が、連家船漁民の大家族の一員として迎え入れられ共同生活を送るようになった経緯と、それによってもたらされた研究の心構えの変化に触れた部分を執筆。 

備考(Remarks) 著者:張亜清、張石成、藤川美代子。執筆担当部分:「我与九龙江上“吉普赛人”的情缘(邦訳:私と九龍江のジプシーたちを結ぶ心の絆)」、pp.169-172.(4p.) 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]