研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
山辺 省太 ( ヤマベ ショウタ , YAMABE Shota )
所属
Organization
外国語学部英米学科
職名
Academic Title
准教授

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
東京学芸大学教育学部小学校教員養成課程社会科 1995年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
名古屋大学大学院国際言語文化研究科国際多元文化専攻 博士後期課程  2003年09月  単位取得満期退学 
同志社大学大学院アメリカ研究科アメリカ研究専攻 博士前期課程  1999年03月  修了 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(文学)  After Babylon: (Im)possibility of the Revelation of God in the Works of Nathanael West, Flannery O’Connor, and Thomas Pynchon  名古屋大学大学院  2006年07月31日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  現代アメリカ文学におけるアポカリプスの表象  

概要(Abstract) 20世紀アメリカ文学に見られる終末的光景の美学的・政治的な意味を分析する。また、アメリカ文学を宗教的な文脈から読み込み、文学と倫理の関係性についても考察する。  

短期研究  フラナリー・オコナー研究 

概要(Abstract) フラナリー・オコナーが描くグロテスクな文学世界の現代的意義について考察する。  

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2014  英語英米文化の展望  共著   
関東学院大学出版会  , 未設定  , pp. 331-343.(担当分)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  裁き、罪、宿命――Billy Budd, Sailorにおける法と宗教  単著   
アカデミア  , 南山大学  , 101号  , 81-100  , 2017/01/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  偽善と暴力の相補――リンカンの『奴隷解放宣言』とフラナリー・オコナーの『高く昇って一点へ』  単著   
『アメリカ文学』  , 日本アメリカ文学会東京支部  , 第75号  , pp. 16-23.   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  農園から共同体へ――Flannery O’Connorの“The Displaced Person”におけるアイデンティティの構築と崩壊  単著   
『関東学院大学人文科学研究所報』  , 関東学院大学人文科学研究所  , 36号  , pp. 9-30.   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  生の政治と死の宗教――Flannery O’ConnorのThe Violent Bear It Away  単著   
『名古屋アメリカ文学・文化』  , 名古屋大学アメリカ文学・文化研究会  , 2号  , pp. 43-58.   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Things, Nature, Sacramental Realities in Flannery O’Connor’s Fiction  単著   
『関東学院大学文学部紀要』  , 関東学院大学人文学会  , 126号  , pp. 195-216.   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  アクチュアリティとグロテスク――Flannery O’Connorの作品における行為、融合、再創造  単著   
『関東学院大学人文科学研究所報』  , 関東学院大学人文科学研究所  , 第34号  , pp. 101-119.   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  子羊の血、コンプソン家の血――The Sound and the Furyにおける死、地獄、終末  単著   
『関東学院大学文学部紀要』  , 関東学院大学人文学会  , 119号  , pp. 153-171.    

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  反アポカリプスと起源の再構築――Ralph EllisonのInvisible Manにおけるブーメランの軌跡  単著   
『広島経済大学研究論集』  , 広島経済大学経済学会  , 31巻2号  , pp. 21-39.   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  故郷・煉獄・飛翔――Flannery O’Connorの境界侵犯と時間の詩学  単著   
『広島経済大学研究論集』  , 広島経済大学経済学会  , 30巻3-4号  , pp. 91-104.   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  After Babylon: (Im)possibility of the Revelation of God in the Works of Nathanael West, Flannery O’Connor, and Thomas Pynchon(博士論文)  単著   
名古屋大学  , 211p.   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  Mark C. Taylor, Rewiring the Real: In Conversation with William Gaddis, Richard Powers, Mark Danielewski, and Don DeLillo  書評  単著 
Studies in English Literature  , 日本英文学会  , 57  , 131-138  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  尾崎俊介著『ホールデンの肖像――ペーパーバックからみるアメリカの読書文化』   書評  単著 
『中部アメリカ文学』  , 日本アメリカ文学会中部支部  , 18号  , pp. 27-30.   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  風呂本惇子・松本昇編著『英語文学とフォークロア――歌、祭り、語り』  書評  単著 
『中部アメリカ文学』  , 日本アメリカ文学会中部支部  , 13号  , pp. 28-30.    

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  人文科学と想像力  寄稿  単著 
『中国新聞』夕刊  , 1p.  , 2005年11月18日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  裁き、罪、宿命――Billy Budd における法と宗教(シンポジウム「モダニズムと宗教」)  単独  2016/04 
日本アメリカ文学会中部支部大会  , 日本アメリカ文学会中部支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Neither Objective nor Existential: The Effect of Passivity in the Narratives of the War Victims  単独   
American Literature and Culture at the Crossroads of Race and Gender ( 名古屋大学)  , 名古屋大学アメリカ文学・文化研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  The Transparent Eyes from Limbo in Hisaye Yamamoto’s Stories  単独   
Race and Ethnicity in American Literature and Culture: A Reconsideration (名古屋大学)  , 名古屋大学アメリカ文学・文化研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  偽善と暴力の相補――リンカンの『奴隷解放宣言』とフラナリー・オコナーの「高く昇って一点へ」 シンポジウム「奴隷解放宣言150年――現代アメリカ作家が描く奴隷解放」  単独   
日本アメリカ文学会東京支部月例会 (慶應義塾大学)  , 日本アメリカ文学会東京支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  From a Southern Farm to Communities: The Construction and Dissolution of Identities in Flannery O’Connor’s "The Displaced Person”  単独   
Revisiting the Great Depression in American Literature and Culture (名古屋大学)  , 名古屋大学アメリカ文学・文化研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  アクチュアリティとグロテスク――Flannery O’Connorの作品における行為、融合、再創造  単独   
日本アメリカ文学会第49回全国大会 (立正大学)  , 日本アメリカ文学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  子羊の血、コンプソン家の血――時間の収縮と死と終末の詩学 シンポジウム「フォークナーのThe Sound and the Furyを読み直す」  単独   
日本アメリカ文学会第38回中・四国支部大会 (島根大学)  , 日本アメリカ文学会中・四国支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  視覚、記憶、反復――Invisible Manにおけるブーメランの反アポカリプス的軌跡  単独   
日本アメリカ文学会第37回中・四国支部大会(ノートルダム清心女子大学)  , 日本アメリカ文学会中・四国支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  アポカリプスと海――Nathanael WestのMiss Lonelyheartsにおける欲望と復讐の詩学  単独   
日本アメリカ文学会中・四国支部例会(県立広島大学)  , 日本アメリカ文学会中・四国支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2004  失われたエコーを求めて――Thomas PynchonのThe Crying of Lot 49における幻想と開示 シンポジウム「<幻想文学>とは何か――アメリカ文学との対話を通して」  単独   
日本アメリカ文学会第21回中部支部大会 (中京大学)  , 日本アメリカ文学会中部支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2016  公開講座  2016年10月15日 

活動内容等(Content of Activities) 2016年大統領選挙とアメリカの今 

2015  模擬授業  2015/08 

活動内容等(Content of Activities) 知立東高校にて、アメリカ文学と人種に関する講義を行った。 

2011  関東学院大学秋学期公開講座   

活動内容等(Content of Activities) 「英語の過去・現在・未来」というタイトルと関連するアメリカ文学の作品を紹介した。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2006 
詳細表示

2017/03/29 更新