研究者詳細

研究発表
分割表示 >>   全件表示

14 件中 1 - 14 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  A Comparative Analysis of Southern Literature and Japanese Literature: Martin Luther King, Jr., Gail Hightower, and Yojuro Yasuda   単独  2019/03/16 
Anglo-American Literature/ Culture and Japan  , 名古屋大学アメリカ文学・文化研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  The Power of Passivity in Flannery O’Connor: A Comparative Analysis of O’Connor and Two Japanese Writers  単独  2018/11/04 
The 90th Annual Conference of South Atlantic Modern Language Association  , South Atlantic Modern Language Association   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  ベトナム戦争とトラウマの文学的表象――Tim O'BrienのIn the Lake of the Woodsを中心に  単独  2018/05/18 
南山大学地域研究センター共同研究 「1968年」の意義に関する総合的研究 ―「時代の転換期」の解剖―   , 南山大学地域研究センター   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  裁き、罪、宿命――Billy Budd における法と宗教(シンポジウム「モダニズムと宗教」)  単独  2016/04 
日本アメリカ文学会中部支部大会  , 日本アメリカ文学会中部支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Neither Objective nor Existential: The Effect of Passivity in the Narratives of the War Victims  単独   
American Literature and Culture at the Crossroads of Race and Gender ( 名古屋大学)  , 名古屋大学アメリカ文学・文化研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  The Transparent Eyes from Limbo in Hisaye Yamamoto’s Stories  単独   
Race and Ethnicity in American Literature and Culture: A Reconsideration (名古屋大学)  , 名古屋大学アメリカ文学・文化研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  偽善と暴力の相補――リンカンの『奴隷解放宣言』とフラナリー・オコナーの「高く昇って一点へ」 シンポジウム「奴隷解放宣言150年――現代アメリカ作家が描く奴隷解放」  単独   
日本アメリカ文学会東京支部月例会 (慶應義塾大学)  , 日本アメリカ文学会東京支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  From a Southern Farm to Communities: The Construction and Dissolution of Identities in Flannery O’Connor’s "The Displaced Person”  単独   
Revisiting the Great Depression in American Literature and Culture (名古屋大学)  , 名古屋大学アメリカ文学・文化研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  アクチュアリティとグロテスク――Flannery O’Connorの作品における行為、融合、再創造  単独   
日本アメリカ文学会第49回全国大会 (立正大学)  , 日本アメリカ文学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  子羊の血、コンプソン家の血――時間の収縮と死と終末の詩学 シンポジウム「フォークナーのThe Sound and the Furyを読み直す」  単独   
日本アメリカ文学会第38回中・四国支部大会 (島根大学)  , 日本アメリカ文学会中・四国支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  視覚、記憶、反復――Invisible Manにおけるブーメランの反アポカリプス的軌跡  単独   
日本アメリカ文学会第37回中・四国支部大会(ノートルダム清心女子大学)  , 日本アメリカ文学会中・四国支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  アポカリプスと海――Nathanael WestのMiss Lonelyheartsにおける欲望と復讐の詩学  単独   
日本アメリカ文学会中・四国支部例会(県立広島大学)  , 日本アメリカ文学会中・四国支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2004  失われたエコーを求めて――Thomas PynchonのThe Crying of Lot 49における幻想と開示 シンポジウム「<幻想文学>とは何か――アメリカ文学との対話を通して」  単独   
日本アメリカ文学会第21回中部支部大会 (中京大学)  , 日本アメリカ文学会中部支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  Paul Austerにおける母性の表象――Moon Palaceと月  単独   
日本アメリカ文学会第40回全国大会 (岩手県立大学)  , 日本アメリカ文学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]