研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

15 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  「ラボラトリー方式の体験学習」のプログラム評価へ向けて  単著   
人間関係研究  , 南山大学人間関係研究センター  , 16  , pp. 14-33  , 2017/03/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Peace & Conflict Studiesに対するコミュニティ心理学からのアプローチ:平和構築・紛争予防教育プログラムの評価を中心に  単著   
アカデミア(人文・自然科学編)  , 南山大学  , 13  , pp. 189-210  , 2017/01/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  紛争当事国の学生が抱く紛争認識―原因,解決における主体的関与の意識―  共著   
応用心理学研究  , 日本応用心理学会  , 41/1  , pp. 98-99  , 20150700   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Getting To OutcomesTMを適用した学校評価ツールの開発  共著   
日本評価研究  , 日本評価学会  , 15/1  , pp. 3-16  , 20150600   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  大学生の学校生活享受感に対するサークル等所属の影響  単著   
応用心理学研究  , 日本応用心理学会  , 39/3  , 248-249  , 20140300   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「相談申込カード」に見る来談傾向―来談月,学部,学年ごとの特徴抽出の試み―  単著   
学生相談室紀要  , 慶應義塾大学学生部学生相談室  , 43  , 55-62  , 20140300   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  学生相談活動におけるアカウンタビリティ向上へ向けて―プログラム評価の理論・モデルから―  単著   
学生相談室紀要  , 慶應義塾大学学生部学生相談室  , 42  , pp. 13-22  , 20130300   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  Getting To Outcomesの日本の学校評価への適用可能性の検討:評価を活用した学校のエンパワーメントに向けて  共著   
マクロ・カウンセリング研究  , マクロ・カウンセリング研究会  , 8  , pp. 2-15  , 20091200   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  フィールド研究におけるデータ収集・介入困難への示唆(1)―経験事例に基づいた調査・実践研究の課題の検討―  共著   
応用心理学研究  , 日本応用心理学会  , 34/2  , pp. 107-118  , 20090300   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  評価をコミュニティの手へ:プログラム評価モデルの発展とエンパワーメント評価  単著   
マクロ・カウンセリング研究  , マクロ・カウンセリング研究会  , 6  , pp. 2-15  , 20071200   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]