研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
斎藤 喬 ( サイトウ タカシ , SAITO Takashi )
所属
Organization
人文学部人類文化学科
南山宗教文化研究所
職名
Academic Title
講師
個人または研究室WebページURL
URL
https://nirc.nanzan-u.ac.jp/ja/staff/tsaito/
専攻分野
Area of specialization

宗教学、表象文化論、ホラー研究

学会活動
Academic societies

印度学宗教学会、日本宗教学会、表象文化論学会、怪異怪談研究会

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (13)
著書数 books (2)
学術論文数 articles (11)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
東北大学文学部人文社会学科・宗教学専攻分野 2003年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
東北大学大学院文学研究科人間科学専攻宗教学専攻分野 博士後期課程  2012年03月  単位取得満期退学 
東北大学大学院文学研究科人間科学専攻宗教学専攻分野 博士前期課程  2005年03月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(文学)  畏れからホラーへ―アンドレ・ド・ロルドの諸戯曲にみる恐怖の論理化―  東北大学大学院  2013年07月11日 
修士 修士(文学)  噺の幽霊―「恐怖」と「名付け」―  東北大学大学院  2005年03月31日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  「恐怖とは何か」を考える理論研究 

概要(Abstract) これまでフランス現代思想におけるホラーの理論研究と、落語・演劇・映画における近代的ホラー作品の成立を問題としてきた。そこでは特に、宗教によって解釈されてきた現象を合理化していく科学的精神医学の歴史との関連で、各地域における近代化の過程のなかでかつて迷信として排除された宗教的な認識が、ジャンル・ホラーを標榜する作品の物語のなかに回帰してくることの意味について、社会史的な背景を考慮に入れて探究している。 

短期研究  落語の怪談噺における幽霊と宗教について 

概要(Abstract) 2016年からは特に、明治期に口演速記として出版された落語の『四谷怪談』とその英訳をめぐる諸問題を中心にして、「翻訳によって物語の恐怖はどのように変容するか」をテーマに調査を進めている。これを訳者の思想信条や訳語の表現特性の問題としてだけではなく、受け手として想定される読者の宗教的世界観に揺さぶりをかけるホラー作品がその恐怖とともに社会化する過程の一つとして検証していく計画である。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2019  Ghastly Tales from the Yotsuya kaidan  編著   
Chisokudō Publications  , A5  , 298 p.  , 2020/02/22   

概要(Abstract) A newly revised and corrected translation of what is perhaps the most famous and oft told tales of horror in Japan. The legend of Iwa and her curse blurs the lines between fact and fiction as it spins its terrifying tale of ghostly vengeance. For nearly three hundred years in the repertoire of itinerant storytellers, in dramatic performances on stage, and in modern adaptations for anime and film, Iwa’s story has lost none of its intoxicating power over the imagination. © Chisokudo Publications 2020 | Also available as an Apple iBook and as a Kindle eBook  

備考(Remarks) https://www.amazon.co.jp/Ghastly-Tales-Yotsuya-kaidan-Takashi/dp/B0851LZZ9L/ref=sr_1_1?qid=1585033093&refinements=p_27%3ATakashi+Saito&s=english-books&sr=1-1 

2018  〈江戸怪談を読む〉牡丹灯籠  共著   
白澤社  , B5  , 205 p. (pp. 79-191: 113 p.)  , 2018/07/25   

概要(Abstract) 『〈江戸怪談を読む〉牡丹灯籠』は、白澤社より刊行されている「江戸怪談を読む」シリーズの第五段に当たります。これ一冊で江戸から明治にかけて創作された「牡丹灯籠もの」怪談の系譜を概観できるというのが売り文句です。

横山泰子氏が第一章で本書全体の見取り図を提示していますが、そこでは山本薩夫監督の映画や波津彬子の少女マンガなども含めて、現代まで連なる翻案作品の流れが簡潔にまとめられています。近世の日本で熱狂的に受容された「牡丹灯籠」の原話は中国明代の怪異小説集『剪燈新話』所収の「牡丹灯記」なのですが、この小説集が東アジアの各地に伝わっていることもあり、そこでは時代や地域を越境する「牡丹灯籠」に対して怪談文化史や比較文学を念頭に置いた領域横断的なアプローチが重要となることが示唆されています。

今日までよく知られているのは、日本で最初期の口演速記本として刊行され言文一致運動に多大な影響を与えた三遊亭円朝作『怪談牡丹燈籠』です。本書には、円朝以前の翻案作品の系譜に関する記述として、門脇大氏による浅井了意『伽婢子』所収の「牡丹灯籠」の現代語訳、広坂朋信氏による百物語系「牡丹灯籠」の解説、さらには怪奇とエロスを帯びた「骨女」の絵画表現に着目し、鳥山石燕からアニメ『地獄少女』に至る翻案の流れを指摘した今井秀和氏の論考が収められています。最後に拙稿は、円朝作における怪談パートの全文解説と、寄席の現場で惹き起こされていた幽霊の恐怖についての分析になります。 

備考(Remarks) https://www.amazon.co.jp/%E7%89%A1%E4%B8%B9%E7%81%AF%E7%B1%A0-%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%80%AA%E8%AB%87%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80-%E6%A8%AA%E5%B1%B1-%E6%B3%B0%E5%AD%90/dp/4768479723 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2019  呪いの口伝え:春錦亭柳桜口演『四谷怪談』における巷説の表象  単著   
研究所報  , 南山宗教文化研究所  , 29号  , 20-31  , 2019/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) https://nirc.nanzan-u.ac.jp/nfile/4702 

2018  幽霊を笑いのめす : 円遊と小さんの「小言幸兵衛」にみる滑稽噺の論理  単著   
雲雀野 : 豊橋技術科学大学人文科学系紀要  , 豊橋技術科学大学  , 41号  , pp. 27-39  , 2019/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) https://repo.lib.tut.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=2079&file_id=18&file_no=1 

2018  “O-Iwa’s Curse : Apparitions and their After-Effects in the Yotsuya kaidan”  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion & Culture  , 南山宗教文化研究所  , 42号  , pp. 24-37  , 2018/5   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) https://nirc.nanzan-u.ac.jp/nfile/4653 

2016  唾棄物としての『少女ムシェット』 : ブレッソンにおける映画の宗教性をめぐって  単著   
研究所報  , 南山宗教文化研究所  , 26号  , pp. 41-68  , 2016/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) https://nirc.nanzan-u.ac.jp/nfile/4525 

2011  クリステヴァにおける唾棄すべきものの宗教性  単著   
文化  , 東北大学文学会  , 74(3)号  , 96-115  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  宗教体験と感情教育  単著   
現代のエスプリ:感情教育-臨床・発達・教育・文芸の世界にみる感情と醇化  , 至文堂  , 494号  , 194-204  , 2008/8   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  啓蒙のスペクトル―ジャック・プルーストと説教の言説について―  単著   
論集  , 印度学宗教学会  , 34号  , 300-318  , 2007/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  悪因縁と恋心(2)―三遊亭圓朝口演『真景累ヶ淵』にみる年増の悋気―  単著   
東北宗教学  , 東北大学大学院文学研究科宗教学研究室  , 2号  , 127-148  , 2006/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) https://tohoku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=1995&file_id=18&file_no=1 

2006  誰が何を怖がるのか―ジャン・ドリュモーと「恐怖」の語りについて―  単著   
論集  , 印度学宗教学会  , 39号  , 39-57  , 2006/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  悪因縁と恋心(1)―三遊亭圓朝口演『怪談牡丹燈籠』にみる生娘の契り―  単著   
東北宗教学  , 東北大学大学院文学研究科宗教学研究室  , 1号  , 80-100  , 2005/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) https://tohoku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=1987&file_id=18&file_no=1 

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2019  伯龍口演『実説古狸合戦』にみる狸憑きの遊戯性  単独  2019/12/22 
第二次怪異怪談研究会第12回研究会  , 怪異怪談研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  精神医学と狸憑き―『実説古狸合戦』をめぐって―  単独  2019/09/14 
日本宗教学会第78回学術大会  , 日本宗教学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  柳桜口演『四谷怪談』における呪いの文句と祟りの現象  単独  2019/06/19 
2019年度南山学会人文・自然系列第1回研究例会  , 南山学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  伯龍口演における狸憑きの表象  単独  2019/06/09 
印度学宗教学会第61回学術大会  , 印度学宗教学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  四谷怪談の文学史 : お岩はなぜ呪うのか  単独  2018/10/05 
美術文化史研究会例会  , 美術文化史研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  柳桜口演『四谷怪談』におけるお岩の恋着  単独  2018/08/02 
宗教文化学科第4回大学院研修会  , 愛知学院大学宗教文化学科   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  ベンネヴィルThe Yotsuya Kwaidanにおける怪談の翻訳  単独  2017/08/26 
怪異怪談研究会例会  , 怪異怪談研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  O-Iwa's Curse : The Manifestation of Divine Anger in the Yotsuya Kaidan  単独  2017/07/03 
Between the Visible and the Invisible(国際シンポジウム)  , 東京大学東洋文化研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  もう一つの四谷怪談 : 実録小説から口演速記へといたる巷説の表象  単独  2017/05/13 
日本比較文学会第42回中部大会(シンポジウム「巷説と文学」)  , 日本比較文学会中部支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  The Abject Revenant : A Modern Japanese Ghost in the Yotsuya Kaidan  単独  2016/11/09 
The 2nd Conference of the European Network of Japanese Philosophy  , European Network of Japanese Philosophy   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2017  カトリック学術奨励金「研究助成金」  聖フィリッポ・ネーリの霊性について―キリスト教大学の教育理念の根源を探る 
非代表  日本カトリック大学連盟  100万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  第5回人文・社会科学系学術研究助成  宗教研究の視座からの社会的排除―聖愚者と崇高なる排泄物のアナロジーについて 
非代表  公益財団法人 大幸財団  70万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2019 
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
詳細表示

2020/04/10 更新