研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
洪 恵子 ( コウ ケイコ , KOU Keiko )
所属
Organization
法学部法律学科
職名
Academic Title
教授

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
上智大学法学部国際関係法学科   卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
上智大学大学院法学研究科法律学専攻 博士後期課程  1996年03月  単位取得満期退学 
上智大学大学院法学研究科法律学専攻 博士前期課程  1992年03月  修了 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
修士 修士(法学)  航空機不法奪取犯罪に関する引渡拒否事由の検討  上智大学大学院  1992年03月31日 
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2014  『国際刑事裁判所-最も重大な国際犯罪を裁く 第二版』  共著   
東信堂  , 未設定  , 398p.  , 2014年9月   

概要(Abstract) 執筆担当部分:第2章「ICCにおける管轄権の構造」、pp. 41-66(26p.) 

備考(Remarks) 執筆者:村瀬信也、古谷修一、ほか10名 

2013  『グローバル・ガヴァナンス論』  共著   
法律文化社  , 未設定  , 314p.  , 2014年2月   

概要(Abstract) 執筆担当部分:第4章「グローバル法秩序化-国際法における普遍性の現在」、pp. 55-68(14 p.) 

備考(Remarks) 執筆者:吉川元、藤田泰昌、ほか21名 

2013  Beiträge aus dem Symposium Japan and Germany-150 Years of Cooperation Dynamics of Traditional Research Societies in a Rapidly Changing World  共著   
Iudicium  , 未設定  , 150p.  , 2013年   

概要(Abstract) 執筆担当部分:“The Tokyo Judgment on Crimes against Peace and the Crime of Aggression” pp.81-101 (21 p.) 

備考(Remarks) 執筆者:Claus Kreß, Thomas Weigend and 15 others 

2009  『国連安保理の機能変化』  共著   
東信堂  , 未設定  , 203  , 2009年5月   

概要(Abstract) (執筆担当部分:第6章「安全保障理事会による刑事裁判所の設置」、pp. 127-147(21 p.)) 

備考(Remarks) 執筆者:村瀬信也、浅田正彦、ほか6名 

2007  『国際刑事裁判所―最も重大な国際犯罪を裁く』  共著   
東信堂  , その他  , 360p.  , 2008年3月   

概要(Abstract) 執筆担当部分:第2章「国際刑事裁判所における管轄権の構造」、pp.41-62.(22p.) 

備考(Remarks) 執筆者:村瀬信也、古谷修一、ほか10名。 

2004  『武力紛争の国際法』  共著   
東信堂  , その他  , 895p.  , 2004年12月   

概要(Abstract) 執筆担当部分:第6章第2節「戦争犯罪人の引渡しと強制的身柄の確保」、pp.708-740.(33p.) 

備考(Remarks) 執筆者:村瀬信也、真山全、ほか28名 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  「クルツ・バット引渡請求事件(英国)の国際法上の意義について」  単著   
『滝沢正先生古希記念論文集 いのち、裁判と法 比較法の新たな潮流』  , 三省堂  , pp.267-284  , 2017年3月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  「ローマ規程の改正の法的特徴について」  単著   
『国際法の実践-小松一郎大使追悼』  , 信山社  , pp.287-308  , 2015年6月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 執筆担当部分:第14章『国際法の実践-小松一郎大使追悼』 

2014  「テロ容疑者に関する管轄権の展開-軍事審問委員会の意義と限界-」  共著   
『国際法学の諸相-到達点と展望 村瀬信也先生古稀記念』  , 信山社  , pp. 381-406  , 2015年1月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 執筆担当部分:第16章「テロ容疑者に関する管轄権の展開-軍事審問委員会の意義と限界-」 

2013  「国際社会の処罰権と主権国家の役割」  単著   
『法律時報』  , 日本評論社  , 第86巻第2号  , pp. 6-10  , 2014年2月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  「移行期の正義 (Transitional Justice) と国際刑事裁判-国際刑事裁判の機能変化と課題-」  単著   
『国際法外交雑誌』  , 国際法学会  , 第111巻第2号  , pp. 29-54  , 2012年8月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  「『公正な裁判』をめぐる比較法-『公正な裁判』と国際法-」  単著   
『比較法研究』  , 比較法学会  , 第74号  , pp. 6-17  , 2012年12月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  「ヨーロッパにおける法統合の新たな展開-人権保障を中心として-国際法の視点から」  単著   
『比較法研究』  , 比較法学会  , 第72号  , pp. 163-168  , 2011年6月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  「国際刑事裁判所規程」  共著   
『変革期の国際法委員会-山田中正大使傘寿記念』  , 信山社  , pp.509-528  , 2011年4月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 執筆担当部分:第20章「国際刑事裁判所規程」 

2009  “How Do States Join the International Criminal Court? The Implementation of the Rome Statute in Japan”  共著   
Journal of International Criminal Justice  , Vol. 7 (2)  , pp. 233-256  , 2009年6月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Jens Meierhenrichとの共著(分担執筆80%)
査読付き論文 

2009  「国際裁判所と国内裁判所(1)」  共著   
『上智法学論集』  , 上智大学法学会  , 第53巻第2号  , pp.41-76  , 2009年12月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 国際裁判所研究会との共著(分担執筆25%) 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  クラウス・クレス「ドイツと侵略犯罪」  翻訳  共訳 
『国際法外交雑誌』  , 国際法学会  , 第114巻第2号  , 20p.  , 2015年8月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) “Germany and the Crime of Aggression”
竹村仁美との共訳(担当率60%)
 

2013  「核テロリズム防止条約」、「旧ユーゴ国際刑事裁判所」、「極東国際軍事裁判所」等項目多数  辞書・事典  単著 
『国際関係・安全保障用語辞典』  , ミネルヴァ書房  , 34 p.  , 2013年4月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「ハムダン対米国事件(いわゆるハムダンII)」  判例研究  単著 
『三重大学法経論叢』  , 三重大学法律経済学会  , 第31巻第1号  , 12 p.  , 2013年10月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  クラウス・クレス、レオニー・フォン・ホルツェンドルフ 「侵略犯罪に関する『カンパラ合意(Kampala Compromise)』」  翻訳  共訳 
『三重大学法経論叢』  , 三重大学法律経済学会  , 第29巻第2号  , 31 p.  , 2012年3月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) “The Kampala Compromise on the Crime of Aggression”
越智萌との共訳(担当率60%)
 

2011  「条約の自動執行性」  判例研究  単著 
『別冊ジュリスト 国際法判例百選 第2版』  , 有斐閣  , 2 p.  , 2011年9月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  「国際法協会アジア太平洋地域会議報告」  資料  単著 
『国際法外交雑誌』  , 国際法学会  , 第110巻第2号  , 2 p.  , 2011年8月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  「国際刑事裁判の発展とカナダ-もう一つの“国際協力”」  コラム  単著 
『現代カナダを知るための57章』  , ミネルヴァ書房  , 2 p.  , 2010年11月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  「国際テロ行為の容疑者に対する管轄権の展開とその国際協力に与える影響」  科学研究費基盤研究(C)成果報告書  単著 
 

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 2010年度~2012年度科学研究費基盤研究(C)成果報告書(研究代表者:洪 恵子)
科学研究費助成事業データベース)
https://kaken.nii.ac.jp/pdf/2012/seika/C-19_1/14101/22530048seika.pdf
 

2009  「逮捕状事件」  判例研究  単著 
『国際法基本判例 50』  , 三省堂  , 4 p.  , 2010年3月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  「人間の安全保障としての国際刑事裁判所の可能性」  学会報告論文集  共著 
『国際パネルとシンポジウム報告論文集 カナダ研究の軌跡:未来への展望』  , 日本カナダ学会  , 10 p.  , 2009年6月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 執筆担当部分:「人間の安全保障としての国際刑事裁判所の可能性」pp.70-79.  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2014  “A Reappraisal of the Independence of the International Tribunals” (国際裁判所の独立性の再評価)  単独  2014年10月20日 
国際法曹協会(International Bar Association)東京大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 東京国際フォーラム

 

2012  「『公正な裁判』をめぐる比較法―『公正な裁判』と国際法」  単独  2012年6月3日 
比較法学会  , 比較法学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 京都大学 

2011  “The Tokyo Judgment on Crimes Against Peace and the Crime of Aggression”(東京裁判における平和に対する罪と侵略犯罪)  単独  2011年9月9日 
日独交流150周年シンポジウム(DEUTSCH-JAPANISCHES SYMPOSIUM)ケルン大学法学部ワークショップ「カンパラ合意後の国際法における侵略犯罪-日本とドイツの視点」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 ケルン大学(ドイツ)。 

2011  「移行期の正義(Transitional Justice)と国際刑事裁判―国際刑事裁判の機能変化と課題―」  単独  2011年10月8日 
国際法学会・秋季大会  , 国際法学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 関西学院大学 

2010  「ミニ・シンポジウム ヨーロッパにおける法統合の新たな展開―人権保障を中心として―『国際法の視点から』」  単独  2010年6月5日 
比較法学会  , 比較法学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 愛媛大学 

2009  「人間の安全保障としての国際刑事裁判所の可能性」  単独  2009年6月13日 
日加修好80周年・日本カナダ学会創設30年記念国際パネル・シンポジウム 「カナダ研究の軌跡:未来への展望」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 明治大学 

2007  「国際刑事裁判所の常設性の意義と課題」  単独  2007年11月10日 
国際人権法学会  , 国際人権法学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 愛知学院大学 

2006  “The Impact of the Jurisprudence of International Criminal Tribunals on Municipal Courts in the New International Criminal Law”(新しい国際刑事法における国際的刑事裁判所の判例の国内裁判所への影響)  単独  2006年6月27-28日 
「学術ネットワークの構築-国際法と民主主義理論(Fostering a Scholarly Network: International Law and Democratic Theory)」  , 米国国際法学会 (ASIL)、カナダ国際法学会 (CCIL)、豪・ニュージーランド国際法学会 (ANZSIL)、日本国際法学会(JSIL)共催   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 ウエリントン・ヴィクトリア大学(ニュージーランド) 

2004  「グローバリゼーションと刑事司法『補完性の原則』からみたICCの性質」  単独  2004年5月8日 
世界法学会  , 世界法学会   

概要(Abstract) 於 広島大学 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2013  科学研究費補助金  「公正な裁判」概念と国際刑事裁判 
研究代表者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 採択~最終年度:2013年度~2015年度
 

2011  科学研究費補助金  国際刑事裁判所規程の侵略犯罪関連規定の総合的研究 
研究分担者     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 採択~最終年度:2011年度~2014年度
 

2010  科学研究費補助金  国際テロ行為の容疑者に対する管轄権の展開とその国際協力に与える影響 
研究代表者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 採択~最終年度:2010年度~2012年度 

2008  Fulbright Grants(フルブライト奨学金)Research(研究員プログラム)  International criminal responsibility of the individuals in the US courts and military commissions: The significance of the US jurisprudence in international law 
  日米教育委員会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2005  科学研究費補助金  国際刑事裁判権の発展の国際慣習法に対する影響 
研究代表者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 採択~最終年度:2005年度~2008年度
 

2004  カナダ政府(外務省)・研究者助成金(Faculty Research Program Award、 Department of Foreign Affairs and International Trade, Canada)  Canadian Contribution to International Criminal Law(国際刑事法に対するカナダの貢献) 
  カナダ政府(外務省)   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2002  Abe Fellowship (安倍フェローシップ)  国際犯罪規制における国家と国際刑事裁判所の協動(The Collaboration of States and the International Criminal Court in Fighting International Crimes) 
  米国社会科学研究評議会(SSRC)・国際交流基金日米センター   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2002  科学研究費補助金  国際刑事裁判所規程における「補完性の原則」の意義と限界 
  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 採択~最終年度:2002年度~2004年度
 

2000  科学研究費補助金  国際警察協力の構造と法機能 
  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 採択~最終年度:2000年度~2001年度 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
詳細表示

2017/05/18 更新