研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

9 件中 1 - 9 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2014  “A Reappraisal of the Independence of the International Tribunals” (国際裁判所の独立性の再評価)  単独  2014年10月20日 
国際法曹協会(International Bar Association)東京大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 東京国際フォーラム

 

2012  「『公正な裁判』をめぐる比較法―『公正な裁判』と国際法」  単独  2012年6月3日 
比較法学会  , 比較法学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 京都大学 

2011  “The Tokyo Judgment on Crimes Against Peace and the Crime of Aggression”(東京裁判における平和に対する罪と侵略犯罪)  単独  2011年9月9日 
日独交流150周年シンポジウム(DEUTSCH-JAPANISCHES SYMPOSIUM)ケルン大学法学部ワークショップ「カンパラ合意後の国際法における侵略犯罪-日本とドイツの視点」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 ケルン大学(ドイツ)。 

2011  「移行期の正義(Transitional Justice)と国際刑事裁判―国際刑事裁判の機能変化と課題―」  単独  2011年10月8日 
国際法学会・秋季大会  , 国際法学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 関西学院大学 

2010  「ミニ・シンポジウム ヨーロッパにおける法統合の新たな展開―人権保障を中心として―『国際法の視点から』」  単独  2010年6月5日 
比較法学会  , 比較法学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 愛媛大学 

2009  「人間の安全保障としての国際刑事裁判所の可能性」  単独  2009年6月13日 
日加修好80周年・日本カナダ学会創設30年記念国際パネル・シンポジウム 「カナダ研究の軌跡:未来への展望」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 明治大学 

2007  「国際刑事裁判所の常設性の意義と課題」  単独  2007年11月10日 
国際人権法学会  , 国際人権法学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 愛知学院大学 

2006  “The Impact of the Jurisprudence of International Criminal Tribunals on Municipal Courts in the New International Criminal Law”(新しい国際刑事法における国際的刑事裁判所の判例の国内裁判所への影響)  単独  2006年6月27-28日 
「学術ネットワークの構築-国際法と民主主義理論(Fostering a Scholarly Network: International Law and Democratic Theory)」  , 米国国際法学会 (ASIL)、カナダ国際法学会 (CCIL)、豪・ニュージーランド国際法学会 (ANZSIL)、日本国際法学会(JSIL)共催   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於 ウエリントン・ヴィクトリア大学(ニュージーランド) 

2004  「グローバリゼーションと刑事司法『補完性の原則』からみたICCの性質」  単独  2004年5月8日 
世界法学会  , 世界法学会   

概要(Abstract) 於 広島大学 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]