研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
平田 周 ( ヒラタ シュウ , HIRATA Shu )
所属
Organization
外国語学部フランス学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

社会思想史、都市理論

学会活動
Academic societies

社会思想史学会会員(2008.3〜現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (11)
著書数 books (2)
学術論文数 articles (9)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
早稲田大学第二文学部表現・芸術系専修 2005年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
パリ第8大学大学院哲学研究科哲学専攻 博士後期課程  2014年09月  修了 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 哲学博士(Doctorat en philosophie)  Un lieu de pensée de Henri Lefebvre  パリ第8大学大学院(Université Paris 8)  2014年09月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  都市理論の歴史 

概要(Abstract) 産業化とともに成立した近代都市とその発展についての理論の歴史の記述。
シカゴ学派の都市社会学からアンリ・ルフェーブルの空間論、マニュエル・カステルら新都市社会学やラディカル・ジオグラフィー、「世界都市仮説」とグローバル・シティ論を経て、近年の「地球規模の都市化」の理論まで。 

短期研究  現代のアーバナイゼーションについての研究 

概要(Abstract) 従来、アーバナイゼーションは「都市の成長」の過程と同一視されてきたが、今日その影響は都市という地理的境界にとどまらず、ナショナルなスケールに及び、時にはそれを超えてまで広がっている。こうした都市化の現象の実態とそれを把握するための理論的可能性を検討する。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2014  Construction et définition du corps  共著   
Les Éditions du Net  , その他  , 127p.  , 2015/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) “L’espace sans étendue et le présent en profondeur : essai sur la pensée de Paul Virilio à la lumière de Maurice Merleau-Ponty”(pp. 59-68)を執筆。 

2013  Kultur im Spiegel der Wissenschaften  共著   
Iudicium  , その他  , 316 p.   , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) “De la question urbaine à la question d’échelle” (pp. 279-288)を執筆。 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  ファシズムへの「論理による抵抗者」-ジョルジュ・カンギレムにおける有機体と社会の関係の争点  単著   
フランス文化研究  , 獨協大学外国語学部フランス語学科  , 第48号  , 1-15  , 2017/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  未来からの回想が照らし出す現在−ミシェル・ウェルベック『服従』についての所感  単著   
現代思想  , 青土社  , 第43巻5号  , pp. 164-171  , 2015/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Le concept d’aliénation chez Jean-Paul Sartre par rapport à la théorie actuelle de l’aliénation  単著   
Cahier Multiculturel de la Maison du Japon  , Maison du Japon  , N°7  , pp. 98-108  , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  ニコス・プーランザスとアンリ・ルフェーヴル−1970年代フランスの国家論の回顧と展望  単著   
社会思想史研究  , 藤原書店  , 第37号  , pp. 115-133  , 2013/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Henri Lefebvre dans le monde anglo-saxon : la production de l’espace et de l’échelle  ainsi que la réaffirmation de l’espace  単著   
Cahier Multiculturel de la Maison du Japon  , Maison du Japon  , N°6  , pp. 35-47  , 2013/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  非物質的労働−アントニオ・ネグリとアンドレ・ゴルツの思想の収束点と分岐点  単著   
現代思想  , 青土社  , 第41巻9号  , pp. 228-239  , 2013/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  人間主義論争再訪−アルチュセールとルフェーヴルの理論と実践における人間の位置  単著   
相関社会科学  , 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻  , 第21号  , pp. 39-53  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  第二次世界戦後フランスにおける資本蓄積プロセスの変化−アンリ・ルフェーヴルにおける日常生活と都市の主題の交錯点  単著   
言語・地域文化研究  , 東京外国語大学地域文化研究科  , 第16号  , pp. 15-36  , 2010/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  折り重なる空間−ボール・ヴィリリオの思想についての一試論  単著   
言語・地域文化研究  , 東京外国語大学大学院地域文化研究科  , 第15号  , pp.261-285  , 2009/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  クロード・ルフォール『民主主義の発明』  翻訳  共訳 
勁草書房  , 413p.  , 2017/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 第4章「左派連合が考えないこと」(pp. 101-132)、第6章「ソビエトの反体制派とわれわれ」(pp.157-162)、第9章「もう一つの革命」(pp. 221-246)、第11章「可能性の限界を押し拡げる」(pp. 311-326)を翻訳。 

2016  近代の総体を捉える視線-安丸良夫と現代思想  鼎談  その他 
現代思想  , 青土社  , 第44巻16号  , pp. 131-151  , 2016/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 安丸良夫民衆思想をめぐる、フランス現代思想と世界システム論の専門家である三宅芳夫氏と、ドイツ近代思想の専門家である岩崎稔氏との共同討議の記録。 

2011  都市の喪失からの思索 — ポール・ヴィリリオの『領土の不安定性』  寄稿  単著 
現代思想  , 青土社  , 第39巻9号  , pp.102-105  , 2011/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  研究手帖 破局主義者の道徳  研究ノート  単著 
現代思想  , 青土社  , 第39巻7号  , p. 246  , 2011/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  ジョルジョ・アガンベン、ジャン=リュック・ナンシーほか『民主主義は、いま?』  翻訳  共訳 
以文社  , 230p.  , 2011/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ダニエル・ベンサイード「永続的スキャンダル」(pp. 35-82)を翻訳。 

2011  ジョヴァンニ・アリギ『北京のアダム・スミス−21世紀の諸系譜』  翻訳  共訳 
作品社  , 673p.   

概要(Abstract) 第2章 「アダム・スミスの歴史社会学」(pp. 64-103)、第3章 「マルクス、シュンペーター、そして資本と権力の「終わりなき」蓄積」(pp. 104-141)を翻訳。 

備考(Remarks)  

2010  デヴィッド・ハーヴェイ「都市への権利」  翻訳  単訳 
VOL  , 以文社  , 第4号  , pp. 60-80  , 2010/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  「解題 デヴィッド・ハーヴェイ「都市への権利」に寄せて」  翻訳解題  単著 
VOL  , 以文社  , 第4号  , pp. 81-85  , 2010/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2015  De l’éternel au quotidien ? – au carrefour des idées d’André Breton et Henri Lefebvre  単独  2015/12/06 
国際シンポジウム『〈日常〉とは何か − 西欧の場合、日本の場合』  , 於)青山学院大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  都市への権利を〈考える〉  単独  2015/05/06 
都市への権利についてのワークショップ  , 国立交通大学(台湾)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「哲学グループ」(1924—1936)の思想史的意義-〈社会哲学〉的読解の試み  単独  2014/10/26 
社会思想史学会第39回大会自由論題報告  , 社会思想史学会 於)明治大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Essai sur une anthropologie philosophique de l’espace : la question de la perception chez Paul Virilio  単独  2014/02/08 
Colloque international : Construction et définition du corps  , Maison du Japon (France)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Le concept d’aliénation chez Jean-Paul Sartre par rapport à la théorie actuelle de l’aliénation  単独  2013/06/19 
Centre d’études multiculturelles  , Maison du Japon (France)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  De la question urbaine à la question d’échelle  単独  2012/11/24 
Colloque international : la culture au miroir des sciences  , Université d’Hildesheim (Allemagne)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  1970年代フランスの国家論の回顧と展望―ニコス・プーランザスとアンリ・ルフェーヴルの国家論の検討を通じて  単独  2012/10/28 
社会思想史学会第37回大会自由論題報告  , 社会思想史学会 於)一橋大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  “Henri Lefebvre dans le monde anglo-saxon : la production de l’espace et de l’échelle ainsi que la réaffirmation de l’espace”  単独  2012/04/28 
Centre d’études multiculturelles  , Maison du Japon (France)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  La question spatio-temporelle de la contemporanéité : deux modes du contrôle de l’espace”  単独  2011/09/03 
Conférence internationale : Frontières, déplacement, création - la question de la contemporanéité  , Université de Porto (Portugal)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  アンリ・ルフェーヴルの「疎外―分離論」とフランスにおける空間論  単独  2008/10/25 
社会 思想史学会第33回大会自由論題報告  , 社会思想史学会 於)慶應義塾大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2016  科学研究費補助金  大戦間期のアンリ・ルフェーヴル−日常生活の主題とファシズム批判の思想史的意義 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  大戦間期のアンリ・ルフェーヴル−日常生活の主題とファシズム批判の思想史的意義 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  大戦間期のアンリ・ルフェーヴル−日常生活の主題とファシズム批判の思想史的意義 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  科学研究費補助金  アンリ・ルフェーヴルの空間論の諸相−日常生活、都市、国家の主題を中心に 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2011  科学研究費補助金  アンリ・ルフェーヴルの空間論の諸相−日常生活、都市、国家の主題を中心に 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
詳細表示

2017/05/01 更新