研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
吉澤 英樹 ( ヨシザワ ヒデキ , YOSHIZAWA Hideki )
所属
Organization
外国語学部フランス学科
職名
Academic Title
教授
学会活動
Academic societies

日本フランス語フランス文学会(2010/03〜現在に至る)
日本フランス語教育学会(2011/05〜現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (16)
著書数 books (4)
学術論文数 articles (12)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
早稲田大学第一文学部フランス文学専修   卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
パリ第三大学大学院(Université Sorbonne nouvelle - Paris III) 博士課程  2010年10月  修了 
早稲田大学大学院文学研究科フランス文学専攻 修士課程  1998年03月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 フランス文学・文明博士(Docteur en littérature et civilisation françaises)    パリ第三大学大学院(Université Sorbonne nouvelle - Paris III)  2010年10月 
修士 修士(文学)    早稲田大学大学院  1998年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  フランス・モダニズム文学・芸術研究 

概要(Abstract) おもに両次大戦間のフランスにおいて、「かつてない」事象に対面した文学者や芸術家が、それらをどのように彼らの知の体系ないしは感性の体系に取り込み、美的に昇華しているのかを明らかにする。 

短期研究  フランスにおける保守的文化相対主義についての研究 

概要(Abstract) 19世紀から20世紀にかけて植民地政策やそれにともなうさまざまな学知の発達によって、自らの文化圏の相対化に直面した保守的なフランス人が、どのように他者を受け入れつつ、自らのアイデンティティを再形成しているのかを明らかにする。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2015  〈生表象〉の近代 自伝・フィクション・学知  共著   
水声社  , 未設定  , 496 p.  , 2015/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  ブラック・モダニズム―間大陸的黒人文化表象におけるモダニティの生成と歴史化をめぐって  編著   
未知谷  , 未設定  , 315 p.  , 2015/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Pierre Drieu la Rochelle : Genèse de sa « voix » littéraire (1918-1927)  単著   
Éditions L’Harmattan,  , 未設定  , 336 p.  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Pschitt!!弾けるフランス語  共著   
弘学社  , 未設定  , 139 p.  , 2015/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  鏡像と曲芸師-ドリュ・ラ・ロシェル『若いヨーロッパ人』における摸倣と反復の彼岸  単著   
フランス文学語学研究   , 早稲田大学大学院「フランス文学語学研究」刊行会  , 36号  , pp.79-88  , 2017/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  モダンの表象としての「外交官=作家」像の虚実―米『ヴァニティ・フェア』誌に掲載されたフランス人作家ポール・モランの記事をめぐって  単著   
成城文藝  , 成城大学文芸学部  , 237/238  , pp.72-79  , 2016/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  « L’« après-guerre » chez Jean-Richard Bloch dans Première journée à Rufisque (1926) : Incarnation du « prolétariat » chez les Africains subsahariens »   単著   
フランス語フランス文学研究  , 日本フランス語フランス文学会  , 107号  , pp. 137-152  , 2015/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  後衛作家が捉えたモダニティ―レーモン・エスコリエ『ママドゥ・フォファナ』(1928)における「セネガル狙撃兵」の表象を巡って  単著   
フランス語フランス文学研究  , 日本フランス語フランス文学会  , 105号  , pp. 235-251  , 2014/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「モダン」と「未開」の狭間で―復員兵のジャズと近代戦争」  単著   
成城文藝  , 成城大学文芸学部  , 223号  , pp. 87-108  , 2013/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  ドリュ・ラ・ロシェル『ベルーキア』におけるイスラームの性表象  単著   
フランス文学語学研究  , 早稲田大学大学院「フランス文学語学研究」刊行会  , 32号  , pp. 83-101  , 2013/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  モダニズム」の時代の「モダン」―「スペクタクル時評」におけるドリュ・ラ・ロシェルから見たコクトー―  単著   
関東支部論集  , 日本フランス語フランス文学会関東支部  , 19号  , pp. 183-196  , 2010/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  ドリュ・ラ・ロシェル『フランスの測定』における語り手の誕生(I)-作品における人口減退論の思想史的意義について  単著   
AZUR  , 成城大学フランス語フランス文化研究会  , 9号  , pp. 75-95  , 2008/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  ドリュ・ラ・ロシェルにおけるホモセクシュアリティの問題について―1920年代の問題、『レ・マルジュ』誌のアンケートを巡って(後)  単著   
エウローペー   , 成城大学大学院文学研究科ヨーロッパ文化専攻  , 14号  , pp. 46-64  , 2005/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  Drieu la Rochelle et Aragon : un dialogue autour de l’emploi du mot « dieu »  単著   
AZUR  , 成城大学フランス語フランス文化研究会  , 5号  , pp. 57-88  , 2004/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  それぞれのフランス語  寄稿  単著 
Passport  , 学習院大学外国語教育研究センター  , 19号  , p. 4  , 2016/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  我々の「新たな挑戦」:如何にして学習者のモチベーションを向上させるか  調査報告  共著 
Études didactiques du FLE au Japon  , PEKA  , 22号  , pp. 20-24  , 2013/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  カナダ・モントリオール大学における教員研修-日本のフランス語教育における実践の可能性-  調査報告  共著 
Rencontres  , 関西フランス語教育研究会  , 26号  , pp. 60-61  , 2012/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  協働学習の実践と問題点:2011年夏季ケベック・スタージュから学んだこと  調査報告  単著 
Études didactiques du FLE au Japon,  , PEKA  , 21号  , pp. 51-58  , 2012/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  外交官僚エリートと黒人―ポール・モラン『黒い魔術』(1928)における保守的文化相対主義  単独  2016/10/22 
日本フランス語フランス文学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Atelier d'écriture  共同  2015/11/21 
Congrès International conjoint SJDF-SCELLF-APFT FUKUOKA 2015   , 日本フランス語教育学会・韓国フランス語フランス文学教員学会・台湾フランス語教員協会   

概要(Abstract) フランス語発表 

備考(Remarks)  

2015  クレール・ゴルの黒人小説と「シュルレアリスム」  その他   
日本フランス語フランス文学会   

概要(Abstract) ワークショップ 「関係性の中に置かれたフランス-モダニズムの時代における黒人文化表象を巡って」のコーディネーター並びにパネル発表者として  

備考(Remarks) 司会:元木淳子(法政大学)
発表者:三宅美千代(慶應義塾大学)、柳沢史明(東京大学)、吉澤英樹

 

2014  « Deux tirailleurs vis-à-vis de l’Histoire : Bakary Diallo Force-Bonté(1926) et Lamine Senghor, La Violation d’un pays (1927) »  その他  2015/0201 
国際シンポジウム「臣民」から「主体」へ―フランス語圏を中心とした両次大戦間の黒人表象をめぐって  , 科研費助成事業「フランス・セネガル文学における近代戦争とアフリカ―モダニティとしての「未開」 日本学術振興会: 科学研究費 基盤(C)」   

概要(Abstract) フランス語発表 

備考(Remarks)  

2014  『最初の一日、リュフィスクにて』(1926)におけるジャン=リシャール・ブロックの戦後 ― 受肉した「プロレタリア」としてのアフリカ黒人  単独  2014/10/25 
日本フランス語フランス文学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  戦争詩」から「自伝/オートフィクションへ」―「生表象」の帰属と文学性の問題について  未設定  2014/02/01 
シンポジウム「〈生表象〉の近代―自伝・フィクション・学知」  , 科研費助成事業「生表象の動態構造──自伝、オートフィクション、ライフ・ヒストリー」基盤(B)代表者 森本淳生   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「友人」としてのセネガル狙撃兵―レイモン・エスコリエ『ママドゥ・フォファナ』(1928)を中心に  単独  2013/10/26 
日本フランス語フランス文学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  プレ・ネグリチュード期におけるセネガル狙撃兵の自己表象― バカリ・ジャロ『善意の力』(1926)をめぐって ―  単独  2013/06/29 
第14回研究発表会   , 成城大学フランス語フランス文化研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  2011年ケベック・スタージュ報告:ケベックで学んだことは日本のフランス語教育にどのように役立つだろうか  単独  2012/03/30 
RPK 2012  , 関西フランス語教育研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  「自伝フィクション」の視点からみたドリュ・ラ・ロシェル『若いヨーロッパ人』―1927年における「私」の位相  単独  2011/0528 
日本フランス語フランス文学会    

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2016  科学研究費補助金  フランス・セネガル文学における近代戦争とアフリカ―モダニティとしての「未開」 
  日本学術振興会  0円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 研究期間延長のため当該年度の振込はなし 

2016  科学研究費補助金  モダニズムの思想圏における保守的文化相対主義の位相-ゴビノーからマルローまで 
代表  日本学術振興会  1,430千円  

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  フランス・セネガル文学における近代戦争とアフリカ―モダニティとしての「未開」 
代表  日本学術振興会  780千円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  フランス・セネガル文学における近代戦争とアフリカ―モダニティとしての「未開」 
代表  日本学術振興会  1,690千円  

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  科学研究費補助金  フランス・セネガル文学における近代戦争とアフリカ―モダニティとしての「未開」 
代表  日本学術振興会  2,470千円  

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2017/08/02 更新