研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

15 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  保守的文化相対主義の時代のナショナリズム-ピエール・ドリュ・ラ・ロシェル(1893-1945)のエグゾティスム論を中心に  単著   
アカデミア 文学・語学編  , 南山大学学会  , 104号  , pp.45-63  , 2018/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  外交官僚エリートと黒人–ポール・モラン『黒い魔術』における保守的文化相対主義  単著   
フランス語フランス文学研究   , 日本フランス語フランス文学会  , 110/111  , pp. 159-174   , 2017/8   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  鏡像と曲芸師-ドリュ・ラ・ロシェル『若いヨーロッパ人』における摸倣と反復の彼岸  単著   
フランス文学語学研究   , 早稲田大学大学院「フランス文学語学研究」刊行会  , 36号  , pp.79-88  , 2017/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  モダンの表象としての「外交官=作家」像の虚実―米『ヴァニティ・フェア』誌に掲載されたフランス人作家ポール・モランの記事をめぐって  単著   
成城文藝  , 成城大学文芸学部  , 237/238  , pp.72-79  , 2016/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  « L’« après-guerre » chez Jean-Richard Bloch dans Première journée à Rufisque (1926) : Incarnation du « prolétariat » chez les Africains subsahariens »   単著   
フランス語フランス文学研究  , 日本フランス語フランス文学会  , 107号  , pp. 137-152  , 2015/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  後衛作家が捉えたモダニティ―レーモン・エスコリエ『ママドゥ・フォファナ』(1928)における「セネガル狙撃兵」の表象を巡って  単著   
フランス語フランス文学研究  , 日本フランス語フランス文学会  , 105号  , pp. 235-251  , 2014/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「モダン」と「未開」の狭間で―復員兵のジャズと近代戦争」  単著   
成城文藝  , 成城大学文芸学部  , 223号  , pp. 87-108  , 2013/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  ドリュ・ラ・ロシェル『ベルーキア』におけるイスラームの性表象  単著   
フランス文学語学研究  , 早稲田大学大学院「フランス文学語学研究」刊行会  , 32号  , pp. 83-101  , 2013/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  モダニズム」の時代の「モダン」―「スペクタクル時評」におけるドリュ・ラ・ロシェルから見たコクトー―  単著   
関東支部論集  , 日本フランス語フランス文学会関東支部  , 19号  , pp. 183-196  , 2010/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  ドリュ・ラ・ロシェル『フランスの測定』における語り手の誕生(I)-作品における人口減退論の思想史的意義について  単著   
AZUR  , 成城大学フランス語フランス文化研究会  , 9号  , pp. 75-95  , 2008/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]