研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
相浦 洋志 ( アイウラ ヒロシ , AIURA Hiroshi )
所属
Organization
経済学部経済学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

地域経済学、産業組織論

学会活動
Academic societies

日本経済学会
応用地域学会

社会活動
Community services

平成28年度大分市公共下水道事業経営評価委員会委員長

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (11)
著書数 books (0)
学術論文数 articles (11)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
名古屋大学情報文化学部社会システム情報学科 2000年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
名古屋大学大学院環境学研究科社会環境学専攻 未設定  2008年03月  修了 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(経済学)  The effect of information and communication technologies on spatial competition  名古屋大学大学院  2008年03月25日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  医療のグローバル化が医療環境及び医療政策に与える影響分析 

概要(Abstract) 医療の分野においてもグローバル化の流れが押し寄せてきている現状を踏まえ、医療のグローバル化の進展が各国の医療環境及び医療政策に与える影響について分析を行っている。 

短期研究  消費税に関わる租税競争が税収に与える影響分析 

概要(Abstract) インバウンド消費が世界的に伸びるなか、消費税(付加価値税)の税率決定にどのような影響を及ぼすのかを租税競争のモデルを用いて分析を行っている。 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2019  Indirect taxes in a cross-border shopping model: a monopolistic competition approach  共著   
Journal of Economics  , Springer-Verlag  , 128(2)  , 147-175  , 2019/10   

概要(Abstract) In a model of cross-border shopping with monopolistic competition, we examine the relative merits of an ad valorem (ADV) tax and a unit (specific) tax. Our focus is on the effects of the opening of borders that enables consumption outside the country of the residence. The result shows that the increased cross-border shopping may strengthen or weaken the superiority of either of the two tax methods, depending on the relative weight that the government places on tax revenue and welfare. Specifically, while cross-border shopping always increases the welfare of all countries in ADV tax competition, welfare increases only when the governments place a large weight on tax revenue in unit tax competition. Cross-border shopping lowers welfare when governments with high weight on welfare compete in unit tax. 

備考(Remarks) DOI: 10.1007/s00712-019-00659-7 

2019  Effect of Cross-border Health Care on Quality and Progressivity of Financing  単著   
Review of Urban & Regional Development Studies  , Applied Regional Science Conference (ARSC) and John Wiley & Sons Australia, Ltd  , 31(1-2)  , pp. 29-43  , 2019/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  The Geographic Maldistribution of Physicians on Healthcare Across Regions  単著   
大分大学経済論集  , 第68巻 第1・2合併号  , pp. 1-23  , 2016/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  A Model of urban demography  共著   
Canadian Journal of Economics  , Vol. 47, No. 3  , pp. 981-1009  , 2014/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Unit tax versus ad valorem tax: A tax competition model with cross-border shopping  共著   
Journal of Public Economics  , Vol. 105  , pp. 30-38  , 2013/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Inter-regional competition and quality in hospital care  単著   
The European Journal of Health Economics  , Vol. 14, No. 3  , pp. 515-526  , 2013/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  “Signal-jamming” leads to “minimum differentiation” under demand uncertainty  単著   
The Annals of Regional Science  , Vol. 45, No. 2  , pp. 245-271  , 2010/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  Privatization of local public hospitals: effect on budget, medical service quality, and social welfare  共著   
International Journal of Health Care Finance and Economics  , Vol. 10, No. 3  , pp. 275-299  , 2010/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  Wholesale price discrimination and enforcement of regulation  単著   
Economics Bulletin  , Vol. 30, No. 3  , pp. 2083-2091  , 2010/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  店舗立地に関するシミュレーションモデル  単著   
大分大学経済論集  , 第60巻 第4・5合併号  , pp. 51-69  , 2009/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2016  坂下賞    2016年11月26日 
応用地域学会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2019  Spatial Price Discrimination and Fulfillment Location of Online Marketplaces  共同  2019/06/15 
応用経済学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  The effect of cross-border healthcare on quality and income redistribution  単独  2018/06/07 
2018 Public Economic Theory conference  , Association for Public Economic Theory   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  地域医療の空間経済学的考察  単独  2017/11/25 
応用地域学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  The efficiency of indirect taxes with cross-border shopping in the short-run and the long-run  共同  2013/11/14 
North American Regional Science Council Annual Meeting (Atlanta)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Unit versus Ad Valorem Taxes in Tax Competition Model with Cross-border Shopping  共同  2012/06/12 
Annual Conference of the Association for Public Economic Theory (Taipei)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Inter-regional Competition and Quality in Public Hospital Care  単独  2011/09/02 
Annual Conference of the European Association for Research in Industrial Economics (EARIE) (Stockholm)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  Spatial Competition of Local Governments and Regional Inequity in Providing Merit Goods  単独  2010/11/11 
North American Regional Science Council Annual Meeting (Denver)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  Privatization of a local public hospital: budget surplus, service quality, and social welfare  共同  2009/11/21 
North American Regional Science Council Annual Meeting (San Francisco)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2018  科学研究費補助金  医師の地域偏在と公的医療保険制度に関わる理論・実証研究 
研究代表者  日本学術振興会  1100000円 

研究内容(Research Content) 本研究課題では、医師の地域偏在を是正するための手段として公的保険制度に着目し、「医師の地域偏在を解消するためには公 的保険制度がどのようにあるべきか」を核心となる学術的な問いとする。この問いを明らかにするため、まず地域の特性と医師 の偏在との関連性を実証的に分析する。その上で、医師を惹きつける地域特性を研究代表者が既に構築した理論モデルに組み込 むことで、より現実に即した形で診療報酬の調整による医師の立地行動に与える影響を理論分析により考察する。 

備考(Remarks) 共同研究 

2017  日東学術振興財団研究助成  医療グローバル化が医療環境及び医療政策に与える影響分析 
研究代表者  日東学術振興財団研究助成  700000円 

研究内容(Research Content) 本研究、医療分野においてもグローバル化流れが押し寄せてきている現状を踏まえ、医療グローバル化進展が各国医療環境及び 医療政策に与える影響について分析を行う。 

備考(Remarks)  

2015  村田学術振興財団研究助成(研究者海外派遣援助)  医療の広域化に伴う地域間医療格差に関する理論研究 
  村田学術振興財団   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  科学研究費補助金  医師の供給量と医療の地域間格差に関する理論研究 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2019  アクティブラーニングを盛り込んだ講義 

受講者数が200を超える講義において、グループワークを行った。講7, 8名からなるグループごとに特定の都道府県における地域発展のための経済政策について、義中に取り扱った地域経済分析を用いて考察させた。また、最終講義にその成果を発表させた。 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2017  イブニング・セミナー経済@南山  2017/12/08 

活動内容等(Content of Activities) 第28回「イブニング・セミナー経済@南山」にて『リニア時代の地域戦略を考える』と題した講演を行った。 

2016  大分市公共下水道事業経営評価委員会 委員長   

活動内容等(Content of Activities) 大分市公共下水道事業を経営評価する委員会にて委員長を務めた。 

2015  留学(ノルウェー)   

活動内容等(Content of Activities) ノルウェー経済大学にて医療の広域化に伴う地域間医療格差に関する理論研究を行った。 

2013  夢ナビライブ 2013での模擬講義   

活動内容等(Content of Activities) 株式会社フロムページ主催 夢ナビライブ 2013 福岡会場にて高校生向け模擬講義を行った。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2019 
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
詳細表示

2019/09/18 更新