研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
水守 亜季 ( ミズモリ アキ , MIZUMORI Aki )
所属
Organization
外国語学部ドイツ学科
職名
Academic Title
講師
専攻分野
Area of specialization

ドイツ文学

学会活動
Academic societies

日本独文学会会員(2007年~現在)
日本独文学会西日本支部会員(2007年~現在)
日本アイヒェンドルフ協会会員(2008年~現在)
日本アイヒェンドルフ協会ホームページ・広報担当(2017年〜現在)
九州大学独文学会会員(2005年~現在)
九州大学独文学会学会誌編集委員(2005年~2016年)
日本独文学会東海支部会員(2017年〜現在)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (6)
著書数 books (1)
学術論文数 articles (5)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
九州大学文学部人文学科独文学専攻 2004年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
九州大学大学院人文科学府言語・文学専攻西洋文学分野独文学専修 博士後期課程  2013年03月  単位取得満期退学 
九州大学大学院人文科学府言語・文学専攻西洋文学分野独文学専修 修士課程  2007年03月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
修士 修士(文学)    九州大学大学院  2007年03月26日 
学士 学士(文学)    九州大学 2004年03月25日 
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2012  Transkulturalität ― Identitäten in neuem Licht. Asiatische Germanistentagung in Kanazawa 2008.  単著   
iudicium Verlag  , 未設定  , pp. 212-218  , 2012/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 編者:Ryozo Maeda
以下の論文を執筆(単著):
Aki Mizumori: “Der Begriff des „irren“ im Werk Eichendorffs. pp. 212-218.  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  アイヒェンドルフ作品における民衆文学の反省媒体としてのシュピールマン  単著   
ドイツ文学  , 日本独文学会  , 第154号  , pp. 156–175  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  アイヒェンドルフ作品における〈誘惑する音〉――詩「誘惑」を中心に――  単著   
あうろ~ら  , 日本アイヒェンドルフ協会  , 第26号  , pp. 11-18  , 2009/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  「天使」から「道化」へ――アイヒェンドルフの二長編作品のあいだにおける「随伴者」の変化――  単著   
西日本ドイツ文学  , 日本独文学会西日本支部  , 第20号  , pp. 59-71  , 2008/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  「渾沌とした形式」としての〈渦〉――アイヒェンドルフ『予感と現前』における「ロマーン」の模索――  単著   
九州ドイツ文学  , 九州大学独文学会  , 第21号  , pp. 37-64  , 2007/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2004  「動」と「静」の狭間で――アイヒェンドルフ『大理石像』について――  単著   
九州ドイツ文学  , 九州大学独文学会  , 第18号  , pp. 29–57  , 2004/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  Der Tag, an dem der Kalender zurückkehrt. 10 mal 6 Gedichte zum 60. Geburtstag von Hans Brinkmann auf Deutsch, Finnisch, Polnisch, Ungarisch, Albanisch, Griechisch, Türkisch, Russisch, Japanisch und Englisch.  翻訳  共訳 
Eichenspinner Verlag  , 2017/04/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Hrsg. von Johanna Domokos
E-Book: ISBN 9783939927112 

2016  新刊紹介「Lore Knapp: Formen des Kunstreligiösen. Peter Handke – Christoph Schlingensief. Paderborn: Wilhelm Fink 2015」  書評  単著 
ドイツ文学  , 日本独文学会  , 第152号  , pp. 222-223  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  国際学会報告(Konzepte des Subjekts und Konzepte der Subjektivität: 1800/1900,ドイツ・ビーレフェルト,2013年8月29日~31日)  学会報告  単著 
日本アイヒェンドルフ協会旧ホームページ(http://www.occn.zaq.ne.jp/cvccc102/)(現在新ホームページへの移動作業中)  , A4版 2p  , 2013/00   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  アイヒェンドルフの足跡を訪ねて  寄稿  単著 
あうろ~ら  , 日本アイヒェンドルフ協会  , 第29号  , pp. 4–9  , 2012/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  ドイツ便り  寄稿  共著 
西日本日独協会年報  , 西日本日独協会  , 第35号  , pp. 4–9  , 2011/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) (日独交流150周年記念号) 

2011  2010年アイヒェンドルフ協会国際学会報告  学会報告  単著 
あうろ~ら  , 日本アイヒェンドルフ協会  , 第28号  , p. 27  , 2011/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2008  第3回九州大学独文学会賞  論文: 「渾沌とした形式」としての〈渦〉――アイヒェンドルフ『予感と現前』における「ロマーン」の模索――,九州ドイツ文学,九州大学独文学会,第21号,37-64頁、2007年。  2008年04月 
九州大学独文学会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  アイヒェンドルフ作品における誘惑するシュピールマンとその詩学的意味  単独  2017/09/30 
日本独文学会2017年度秋季研究発表会  , 日本独文学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Die Idee der Volkspoesie bei Eichendorff und seinen Zeitgenossen  単独  2017/08/28 
Internationale Sommerschule 2017: Romantik – Eine deutsche Befindlichkeit? – Von der Frühromantik bis zur Jugendbewegung  , Fakultät für Linguistik und Literaturwissenschaft, Universität Bielefeld   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Der Spielmann im Werk Eichendorffs  単独  2015/11/21 
Doktorandentreffen  , Leitung: Prof. Dr. Wolfgang Braungart (Universität Bielefeld)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Das ‚Irren‘ bei Joseph von Eichendorff (Projektvorstellung)  単独  2014/06/24 
Doktorandentreffen  , Leitung: Prof. Dr. Elena Agazzi (Universität Bergamo, Italien)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Die Abwesenheit des Geldes oder die Anwesenheit des Nichts in der Novelle Aus dem Leben eines Taugenichts  単独  2012/09/28 
Was kostet die Romantik? Verleihung des Oskar-Seidlin-Preises 2012  , Eichendorff Forum / Freies Deutsches Hochstift   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Eichendorffs Prosa. Eine Revision der Frühromantik?  単独  2012/03/24 
Doktorandentreffen   , Leitung: Prof. Dr. Wolfgang Braungart (Universität Bielefeld)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Joseph von Eichendorff in Deutschland und in Japan  単独  2011/08/02 
Treffen vom Rotary Club Bielefeld-Süd  , Rotary Club Bielefeld-Süd   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Ethik und Literatur bei Joseph von Eichendorff  単独  2011/07/07 
Interdisziplinäres Kooperationsseminar zwischen der Universität Kassel und der Universität Bielefeld „Literatur und Ethik im 19. Jahrhundert: vom Spätwerk Schillers bis Friedrich Nietzsche.“  , Leitung: Priv.-Doz. Dr. Lothar van Laak (Universität Bielefeld ) / Jens Schnitker (Universität Kassel)    

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  アイヒェンドルフへのアプローチの可能性―アドルノとアーレヴィンの観点の違いを手がかりに―  単独  2009/10/18 
日本独文学会2009年秋季研究発表会  , 日本独文学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Der Begriff des „irren“ im Werk Eichendorffs  単独  2008/08/27 
Asiatische Germanistentagung 2008  , 日本独文学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2017 
2016 
詳細表示

2017/10/02 更新