研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

7 件中 1 - 7 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  Die Abwesenheit des Geldes oder die Anwesenheit des Nichts in der Novelle Aus dem Leben eines Taugenichts.  単著   
南山学会紀要『アカデミア 文学・語学編』  , 南山学会  , 第104号  , pp. 81-99  , 2018/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  アイヒェンドルフ作品における誘惑するシュピールマンの詩学的意味  単著   
南山学会紀要『アカデミア 文学・語学編』  , 南山学会  , 第103号  , pp. 157–178   , 2018/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  アイヒェンドルフ作品における民衆文学の反省媒体としてのシュピールマン  単著   
ドイツ文学  , 日本独文学会  , 第154号  , pp. 156–175  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  アイヒェンドルフ作品における〈誘惑する音〉――詩「誘惑」を中心に――  単著   
あうろ~ら  , 日本アイヒェンドルフ協会  , 第26号  , pp. 11-18  , 2009/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  「天使」から「道化」へ――アイヒェンドルフの二長編作品のあいだにおける「随伴者」の変化――  単著   
西日本ドイツ文学  , 日本独文学会西日本支部  , 第20号  , pp. 59-71  , 2008/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  「渾沌とした形式」としての〈渦〉――アイヒェンドルフ『予感と現前』における「ロマーン」の模索――  単著   
九州ドイツ文学  , 九州大学独文学会  , 第21号  , pp. 37-64  , 2007/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2004  「動」と「静」の狭間で――アイヒェンドルフ『大理石像』について――  単著   
九州ドイツ文学  , 九州大学独文学会  , 第18号  , pp. 29–57  , 2004/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]