研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
赤星 立 ( アカホシ タカシ , AKAHOSHI Takashi )
所属
Organization
経済学部経済学科
職名
Academic Title
講師
個人または研究室WebページURL
URL
https://sites.google.com/site/takakahoshi/
専攻分野
Area of specialization

ミクロ経済学理論

学会活動
Academic societies

Society for Economic Design 会員(2013年7月–現在)
日本経済学会 会員(2014年4月–現在)
Society for Social Choice and Welfare 会員(2016年4月–現在)
Econometric Society 会員

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (5)
著書数 books (0)
学術論文数 articles (5)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
早稲田大学商学部 2006年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
早稲田大学大学院基幹理工学研究科数学応用数理専攻 博士後期課程  2011年03月  単位取得満期退学 
早稲田大学大学院商学研究科商学専攻 修士課程  2008年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(理学)  Acyclicity and the core in matching problems  早稲田大学大学院  2016年02月25日 
修士 修士(商学)  Essays on auction market design: Lessons from the California Electricity Crisis  早稲田大学大学院  2008年03月15日 
学士 学士(商学)    早稲田大学 2006年03月15日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  複数の基準下での意思決定 

概要(Abstract) 複数の基準下で意思決定を行うとき、すべての基準の要請を反映させることができないことがある。こうしたときには、少なくとも1つの基準の要請を弱めなくてはならない。本研究では、すべての基準の要請を、可能な限り反映させた意思決定問題を分析する。 

長期研究  マッチング問題における種々の解の持つ数理構造の分析 

概要(Abstract) 「マッチング問題」と呼ばれる資源配分問題を考える。これまでこの問題で中心的に研究されてきた解概念のみならず、経済学・ゲーム理論で用いられる種々の解概念について考察し、解の持つ数理構造を解き明かす。 

長期研究  ネットワーク上の資源配分問題 

概要(Abstract) 本研究では、様々なネットワーク上の資源配分問題について考察する。本研究では、特に、協力ゲームについて分析する。 

短期研究  次善最適性概念の研究とメカニズムデザインへの応用 

概要(Abstract) 多くの資源配分問題で、資源配分の好ましさを表す2つの性質が両立しないことがある(e.g., エッジワースボックスにおけるパレート効率性と無羨望性)。こうしたとき、2つの性質を同時に満たす「最適」な資源配分は存在しないので、「次善最適」な資源配分を考えざるを得ない。では、2つの性質が与えられたとき、どのような「次善最適性」を考えるべきであろうか。本研究では、その問に一般的な解を与えることを目的とする。 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  複数の基準下での意思決定—ビジネスと会計を例に—  共著   
佐々木宏夫・高瀬浩一編著『産研シリーズ 49 ビジネス慣習と会計制度に関する理論的および実証的研究』  , 早稲田大学  , 49  , pp. 19–38  , 2018/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 笠島洋一氏(早稲田大学)との共著 

2016  Acyclicity and the core in matching problems  単著   
早稲田大学  , pp. 1–103  , 2016/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 早稲田大学基幹理工学研究科提出博士学位請求論文 

2014  Singleton core in many-to-one matching problems  単著   
Mathematical Social Sciences  , Elsevier  , 72  , pp. 7–13  , 2014/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  A necessary and sufficient condition for stable matching rules to be strategy-proof  単著   
Social Choice and Welfare  , Springer  , 43/3  , pp. 683–702  , 2014/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  オークションの理論  単著   
オペレーションズ・リサーチ  , 日本オペレーションズリサーチ学会  , 54/8  , pp.472–477  , 2009/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2019  Integration of multiple criteria: lexicographic and constrained maximal principles  共同  20191213 
ミクロ経済学ワークショップ  , 明星大学理論・計量経済学研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) coauthored with Yoichi Kasajima (Waseda) 

2019  Integration of multiple criteria: lexicographic and constrained maximal principles  共同  20190927 
ミクロ経済学ワークショップ  , 慶應義塾大学経済研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) coauthored with Yoichi Kasajima (Waseda) 

2019  Integration of multiple criteria: lexicographic and constrained maximal principles  共同  20190818 
厚別経済学会  , 北星学園大学経済学部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) coauthored with Yoichi Kasajima (Waseda) 

2019  Integration of multiple criteria: general properties of the lexicographic and constrained maximality  共同  20190617 
南山学会  , 南山学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) coauthored with Yoichi Kasajima (Waseda) 

2019  Integration of multiple criteria: general properties of the lexicographic and constrained maximality  共同  20190613 
Conference on Economic Design 2019  , Society for Eonomic Design   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) coauthored with Yoichi Kasajima (Waseda);
at Corvinus University of Budapest 

2019  Integration of multiple criteria: general properties of the lexicographic and constrained maximality  共同  20190517 
金曜セミナー  , 早稲田大学商学学術院   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) coauthored with Yoichi Kasajima (Waseda) 

2018  Von Neumann-Morgenstern pairwise stability in matching problems  単独  20190320 
The first Mini-conference on matching in Waseda  , 早稲田大学社会科学部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  General properties of lexicographically and constrained maximal allocations  共同  20181025 
The Lisbon Meetings in Game Theory and Applications #10  , Research Unit on Complexity and Economics and the Instituto Superior de Economia e Gestão of the Lisbon School of Economics and Management   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) coauthored with Yoichi Kasajima (Waseda) 

2017  Sharing properties with the core in matching problems: von Neumann-Morgenstern pairwise stability  単独  20171110 
The Lisbon Meetings in Game Theory and Applications #9  , Research Unit on Complexity and Economics and the Instituto Superior de Economia e Gestão of the Lisbon School of Economics and Management   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Sharing properties with the core in matching problems: von Neumann-Morgenstern pairwise stability  単独  20170614 
Conference on Economic Design 2017  , Society for Economic Design   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2019  南山大学パッヘ研究奨励金II-B  Integration of multiple criteria: general properties of the lexicographic and constrained maximality 
    200000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) Conference on Economic Design 2019での研究報告における航空券代の一部についての助成
報告論文は、笠島洋一氏(早稲田大学)との共同執筆による 

2018  科学研究費補助金  多対1マッチング問題におけるコア解の性質の多面的解明と市場設計への応用 
代表  JSPS   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 個人研究
助成期間全体の直接経費と間接経費の総額2,600,000円 

2017  科学研究費補助金  多対1マッチング問題におけるコア解の性質の多面的解明と市場設計への応用 
代表  JSPS   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 個人研究
助成期間全体の直接経費と間接経費の総額2,600,000円 

2016  科学研究費補助金  多対1マッチング問題におけるコア解の性質の多面的解明と市場設計への応用 
代表  JSPS   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 個人研究
助成期間全体の直接経費と間接経費の総額2,600,000円 

2015  早稲田大学特定課題研究助成費(特定課題B)  マッチング問題におけるコアの外部安定性 
代表  早稲田大学  600,000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 個人研究 

2013  科学研究費補助金  安定的かつ耐戦略的なマッチング・メカニズム設計問題の分析 
代表  JSPS   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 個人研究
助成期間全体の直接経費と間接経費の総額1,430,000円 

2012  科学研究費補助金  安定的かつ耐戦略的なマッチング・メカニズム設計問題の分析 
代表  JSPS   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 個人研究
助成期間全体の直接経費と間接経費の総額1,430,000円 

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2019  「ゲーム理論 B」講義ノート作成 

Q3「ゲーム理論B」の講義内容を全面的に改定した。それに伴って新たな講義ノートを作成した。 

 
2019  「経済基礎演習 II」論文作成に向けた個人指導 

ゼミ(経済基礎演習 I および II)の1年生がQ2末に提出した修了レポートに対して、子細なコメントレポートを作成した。さらに1名につき1〜2時間程度の個人面談を実施した。面談では、コメントレポートの説明(修了レポートの修正や論文の書き方指導)に加えて、Q4末提出予定の修了論文作成に向けて、その方向性について話し合った。 

 
2019  「ミクロ経済学特論」講義ノート改訂 

2019年度Q4「ミクロ経済学特論」のために、昨年度作成した講義ノートを改訂した。昨年度開講時の学生の様子を見て、必修科目「ミクロ経済学」で扱ってはいるものの学生の理解が足りていないトピックがあることが分かった。それについて加筆した。 

 
2019  「ミクロ経済学特論」演習問題作成 

2019年度Q4「ミクロ経済学特論」のために、演習問題を作成した。必修科目「ミクロ経済学」の復習問題も含まれる。 

 
2018  「産業組織論 B」教材作成 

産業組織論Bのための講義スライドを作成した。 

 
2018  「ゲーム理論 B」教材作成 

ゲーム理論Bのための講義スライドを作成した。 

 
2018  「ミクロ経済学特論」講義ノート作成 

ミクロ経済学特論のための講義ノートを作成した。 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2019  共同研究   

活動内容等(Content of Activities) 笠島洋一氏(早稲田大学)と共同研究を行っている。 

2019  共同研究   

活動内容等(Content of Activities) 笠島洋一、戸田学の両氏(ともに早稲田大学)と共同研究を行っている。 

2018  共同研究   

活動内容等(Content of Activities) 共同論文作成のための打ち合わせを行った。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2019 
2018 
詳細表示

2020/03/23 更新