研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
稲垣 和也 ( イナガキ カズヤ , INAGAKI Kazuya )
所属
Organization
外国語学部アジア学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

言語学、インドネシア語学

学会活動
Academic societies

<日本言語学会>
・会員(2002~現在に至る)

<日本インドネシア学会>
・会員(2015~現在に至る)


出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
大阪外国語大学外国語学部国際文化学科言語・情報専攻 2002年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
京都大学大学院文学研究科行動文化学専攻言語学専修 博士後期課程  2007年03月  単位取得満期退学 
京都大学大学院文学研究科行動文化学専攻言語学専修 修士課程  2004年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(文学)(D.Litt)  カドリ語 ―ボルネオ島のオーストロネシア系言語の記述―  京都大学大学院  2008年11月25日 
修士 修士(文学)    京都大学大学院  2004年03月23日 
学士 学士(言語・文化)    大阪外国語大学 2002年03月27日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  オーストロネシア諸語およびパプア諸語の記述言語学的研究 

概要(Abstract) インドネシアおよびパプアニューギニアにおいて話されるオーストロネシア諸語およびパプア諸語の文法・辞書・テキストの記述を通して言語研究を推進する。 

短期研究  ドホイ語の方言記述 

概要(Abstract) ドホイ語(ボルネオ島)西カリマンタン方言の音韻・形態・統語を共時的に記述する。 

短期研究  シベ語の形態統語法 

概要(Abstract) シベ語(ブーゲンヴィル島)の名詞と動詞を形態論的および統語論的に記述する。 

短期研究  インドネシア語のオノマトペ 

概要(Abstract) インドネシア語における音象徴や擬音語・擬態語について共時的に記述する。 

短期研究  インドネシア語における文法化 

概要(Abstract) インドネシア語における前置詞化や接続詞化を通時的に記述する。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2018  ワークブック インドネシア語 第3巻  共著  V041045 
三元社  , B5  , 112  , 2018/09   

概要(Abstract) 共接辞 ke-an、接頭辞 ter-、yang、-nya、meN-kan動詞、meN-i動詞、memper-動詞、共接辞 per-an/peN-an、重複、焦点・トピック 

備考(Remarks) 分担執筆33%、森山幹弘・柏村彰夫との共著 

2018  ワークブック インドネシア語 第2巻  共著  V040946 
三元社  , B5  , 92  , 2018/07   

概要(Abstract) ber-動詞、meN-動詞、受動、命令文、比較・最上・同等、接尾辞 -an、接頭辞 peN-/pe-、接続詞、副詞節・副詞句、副詞、感嘆文・付加疑問文・相関構文、接頭辞 se-、複合語・略語 

備考(Remarks) 分担執筆33%、森山幹弘・柏村彰夫との共著 

2018  ワークブック インドネシア語 第1巻  共著  V040773 
三元社  , B5  , 96  , 2018/04   

概要(Abstract) 音声・音韻、名詞文、人称代名詞、基語動詞、存在文・指示詞、疑問詞、形容詞、テンス・アスペクト、モダリティ、数詞、時間表現1、時間表現2、前置詞 

備考(Remarks) 分担執筆33%、森山幹弘・柏村彰夫との共著 

2012  地球研言語記述論集 5  その他   
総合地球環境学研究所・「アジア・太平洋における生物文化多様性の探求」プロジェクト 言語記述研究会  , B5  , 86  , 2013/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 分担編集33%、大西正幸・伊藤雄馬と共同編集 

2011  地球研言語記述論集 4 大西正幸博士還暦記念号  その他   
総合地球環境学研究所・「アジア・太平洋における生物文化多様性の探求」プロジェクト 言語記述研究会  , B5  , 184  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 編集、執筆担当部分:「序文」、pp. v-vi、(2p.) 

2010  地球研言語記述論集 3  共編著   
総合地球環境学研究所・「アジア・太平洋における生物文化多様性の探求」プロジェクト 言語記述研究会  , B5  , 243  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 分担編集50%、大西正幸と共編、執筆担当部分:「GISを用いた方言分布の地理的分析 ―南ブーゲンヴィルのシベ (ナゴヴィシ) 語の方言地図―」、共著、pp. 183-208、分担執筆69%、寺村裕史、(26p.) 

2009  地球研言語記述論集 2  共編著   
総合地球環境学研究所・「アジア・太平洋における生物文化多様性の探求」プロジェクト 言語記述研究会  , B5  , 195  , 2010/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 分担編集50%、大西正幸と共編、執筆担当部分:「ナゴヴィシ・シベ語の類別詞」、pp. 135-163、(29p.) 

2008  地球研言語記述論集 1  その他  V040943 
総合地球環境学研究所・「アジア・太平洋における生物文化多様性の探求」プロジェクト 言語記述研究会  , B5  , 200  , 2009/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 分担編集50%、大西正幸と共編 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  インドネシア語における母音交替重複オノマトペ  単著   
インドネシア 言語と文化  , 日本インドネシア学会  , 24  , 121-138 (18p.)  , 2018/05   

概要(Abstract) インドネシア語における kelap-kelip や dentang-denting といった母音交替を伴う35語の意味分類をおこない、その形態音韻論、統語論を記述した。 

備考(Remarks)  

2017  インドネシア語のオノマトペ  単著   
インドネシア 言語と文化  , 日本インドネシア学会  , 23  , 43-63 (21p.)  , 2017/06   

概要(Abstract) インドネシア語におけるオノマトペを認定・定義する基準、母音交替重複、音象徴について明らかにした。 

備考(Remarks)  

2016  インドネシア語の所有構文  単著   
インドネシア 言語と文化  , 日本インドネシア学会  , 22  , 77-99 (23p.)  , 2016/04   

概要(Abstract) インドネシア語の ada叙述所有と dari連体所有、dengan/tanpa連体所有について新たな知見を提示した包括的研究。 

備考(Remarks)  

2015  Discourse and information structure in Kadorih  単著   
Proceedings of the Second International Workshop on Information Structure of Austronesian Languages  , 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  , 27-39 (13p.)  , 2015/12   

概要(Abstract) ドホイ語カドリ方言の情報構造に対する超分節素の役割について新たな知見を提示し、包括的に記述した。 

備考(Remarks)  

2015  Clause combining in Kadorih of Central Kalimantan  単著   
NUSA: Linguistic studies of languages in and around Indonesia  , Atma Jaya Catholic University of Indonesia  , 59  , 3-20 (18p.)  , 2015/09   

概要(Abstract) ドホイ語カドリ方言の節連結について新たな知見を提示し、包括的に記述した。 

備考(Remarks)  

2014  Information structure in Kadorih  単著   
Proceedings of the International Workshop on Information Structure of Austronesian Languages  , 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  , 229-244 (16p.)  , 2014/04   

概要(Abstract) ドホイ語カドリ方言の情報構造について新たな知見を提示し、Lambrecht (1994) に基づいて包括的に記述した。 

備考(Remarks)  

2013  The system of spatial reference in Kadorih  単著   
NUSA: Linguistic studies of languages in and around Indonesia  , Atma Jaya Catholic University of Indonesia  , 56  , 65-78 (14p.)  , 2014/03   

概要(Abstract) ドホイ語カドリ方言の空間指示の体系について新たな知見を提示し、包括的に記述した。 

備考(Remarks)  

2013  TAME indicators in Kadorih  単著   
NUSA: Linguistic studies of languages in and around Indonesia  , Atma Jaya Catholic University of Indonesia  , 55  , 95-121 (27p.)  , 2013/09   

概要(Abstract) ドホイ語カドリ方言の時制、相、様相、証拠性をしめす標識について新たな知見を提示し、包括的に記述した。 

備考(Remarks)  

2012  Argument encoding and voice in Kadorih of Central Kalimantan  単著   
NUSA: Linguistic studies of languages in and around Indonesia  , Atma Jaya Catholic University of Indonesia  , 54  , 47-65 (19p.)  , 2013/03   

概要(Abstract) ドホイ語カドリ方言の項のコード化と態について新たな知見を提示し、包括的に記述した。 

備考(Remarks)  

2011  Word duplication in Kadorih  単著   
Asian and African Languages and Linguistics: Reduplication in and around Indonesia  , 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  , 6  , 27-44 (18p.)  , 2011/09   

概要(Abstract) ドホイ語カドリ方言における語の二重化について新たな知見を提示し、包括的に記述した。 

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  「形態的類型論」「手話」「対照言語学」「非言語伝達」「メタ言語」「幼児のことば」「類型地理論」  辞書・事典  単著 
明解言語学辞典(斎藤純男・田口善久・西村義樹(編))  , 三省堂  , 59,116–7,144,185,218,228,232  , 2015/08   

概要(Abstract) 各項目について、現代言語学の重要な概念や術語に言及しながら記述した。 

備考(Remarks)  

2011  On language codes  調査報告  単著 
Language Atlas of South Asia (eds. by Osada, Toshiki & Masayuki. Onishi)  , Department of South Asian Studies, Harvard University  , 7-9 (3p.)  , 2012/03   

概要(Abstract) インドで話されるインド・ヨーロッパ諸語、ドラヴィダ諸語、ムンダ・モンクメール諸語、チベット・ビルマ諸語の各言語の言語コードについて概説した。 

備考(Remarks)  

2011  Abstract. Kadori-go: Boruneo-tô no Ôsutoronesia-kei gengo no kizyutu [Japanese] (Kadorih: The description of an Austronesian language of Borneo)  寄稿  単著 
Borneo Research Bulletin  , Borneo Research Council  , 42  , 366-367 (2p.)  , 2011/06   

概要(Abstract) 学位論文(博士)の概要について紹介した。 

備考(Remarks)  

2008  ニコラス・エヴァンズ「記述されていない言語の文法を書くには」  翻訳  単著 
地球研言語記述論集 1(大西正幸・稲垣和也編)  , 総合地球環境学研究所・インダスプロジェクト 言語記述研究会  , 1-34 (34p.)  , 2009/03   

概要(Abstract) 知られていない言語の記述方法について発表されたものを翻訳した。 

備考(Remarks)  

2008  カドリ語:ボルネオ島のオーストロネシア系言語の記述  学位論文(博士)  単著 
京都大学大学院文学研究科  , 346  , 2008/11   

概要(Abstract) インドネシア共和国、中カリマンタン州で話されるドホイ語カドリ方言の文法・語彙について初めて網羅的に記述した研究。約2000語彙の語彙記述と 2つのテキストを含む。 

備考(Remarks)  

2006  A Dictionary, Texts and Papers on Kadorih: Based on the Results of Field Surveys conducted in Indonesia in 2006  調査報告  単著 
京都大学大学院文学研究科  , 349p.  , 2006/12   

概要(Abstract) 2006年におこなったドホイ語カドリ方言の調査報告。 

備考(Remarks)  

2005  Paper, Texts, and Dictionary: Dohoi/Kadorih, An Austronesian Language  調査報告  単著 
京都大学大学院文学研究科  , 355  , 2005/12   

概要(Abstract) 2005年におこなったドホイ語カドリ方言の調査報告。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  Word prominence in Pontianak Malay  単独  2018/10/14 
The Second International Workshop on Malay Varieties “A Research on Varieties of Malayic Languages”, The 5th meeting  , Research Institute for Languages and Culture of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies   

概要(Abstract) マレー語ポンティアナック方言の超分節素の卓立について考察した。 

備考(Remarks)  

2018  (非)オーストロネシア諸語の辞書作り  単独  2018/09/06 
AA研フォーラム:言語研修(メエ語)文化講演  , 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所   

概要(Abstract) オーストロネシア諸語、非オーストロネシア諸語の辞書記述について紹介した。 

備考(Remarks)  

2018  言語的な近接化と差異化について:インドネシア、カリマンタンにおけるドホイ語の音韻から  単独  2018/07/18 
2018年度南山学会文学・語学系列第1回研究例会  , 南山学会   

概要(Abstract) ドホイ語において観察される他言語への近接化と他言語からの差異化について考察した。 

備考(Remarks)  

2018  マレー語ポンティアナッ方言を記述するための予備的考察  単独  2018/06/02 
マレー語方言の変異の研究第4回研究会  , 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所   

概要(Abstract) マレー語ポンティアナック方言の言語的概要について考察した。 

備考(Remarks)  

2018  方言から言語記述を模索する:ドホイ語の音韻を事例として  単独  2018/04/07 
京都大学言語学懇話会第106回例会  , 京都大学文学部   

概要(Abstract) ドホイ語カドリ方言と西カリマンタン方言の音声・音韻について両者の比較に基づく音韻論的考察をおこなった。 

備考(Remarks)  

2017  インドネシア語における母音交替重複オノマトペの記述的研究  単独  2017/11/12 
第48回日本インドネシア学会  , 天理大学   

概要(Abstract) インドネシア語の母音交替重複について考察した。 

備考(Remarks)  

2017  Sound symbolism in Indonesian Ideophones  単独  2017/08/22 
Second Annual Kaken Meeting and Bilateral Collaboration, Kaken Joint Meeting Research on Expressives in Asia  , Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University   

概要(Abstract) インドネシア語のオノマトペに見られる音象徴について考察した。 

備考(Remarks)  

2016  インドネシア語オノマトペ研究序説  単独  2016/11/20 
第47回日本インドネシア学会大会  , 愛知県立大学   

概要(Abstract) インドネシア語のオノマトペ研究のための枠組みについて考察した。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2018  科学研究費補助金  Expressivesの類型論的研究―「恣意性」を超えて 
非代表  日本学術振興会  200,000 

研究内容(Research Content) 助成金。音象徴と意味が直接結びついた語彙・文法体系としてのexpressivesの全体像を、東南アジア・南アジア・東アジアの歴史的・類型的に多様な言語の、音韻・形態・統語・意味・談話レベルにおける実証的な分析を通して、包括的・多面的に明らかにする。各言語の専門家、母語話者、expressives研究の専門家の強固な連携により、自然会話におけるexpressivesの使用のダイナミズムを観察する方法論を構築することに加え、expressivesの類型論に理論的な枠組みを与える。「周辺的」とするにはあまりにも膨大で体系的であるアジア言語のexpressivesを本格的に分析することにより、言語をシニフィエとシニフィアンの「恣意的」な関係に基づく記号体系と捉える欧米の近代言語学を超えた新たな言語観の創出を目指す。 

備考(Remarks)  

2018  科学研究費補助金  ドホイ語の言語文化記述の基盤作成 
代表  日本学術振興会  500,000 

研究内容(Research Content) 助成金。ドホイ語の辞書とテキストの編纂により言語文化記述の基盤作成をおこなう。フィールド調査研究に従事する記述言語学者は概して個人単位で研究しており、このような研究体制は、得られる研究成果の利用価値に限りがあるという問題点をはらむ。言語文化記述の要となる辞書・テキスト編纂において、詳細かつ効率的に利用価値の高い成果を生み出すためには、学際的連携が有用・必須であるため、生物学者、文化情報学者との連携も視野に入れつつ、主に人類学者との連携によってドホイ語の辞書・テキスト編纂をおこない、分野横断的に利用価値の高い複合的研究成果の達成を目指す。 

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  Expressivesの類型論的研究―「恣意性」を超えて 
非代表  日本学術振興会  200,000 

研究内容(Research Content) 助成金。音象徴と意味が直接結びついた語彙・文法体系としてのexpressivesの全体像を、東南アジア・南アジア・東アジアの歴史的・類型的に多様な言語の、音韻・形態・統語・意味・談話レベルにおける実証的な分析を通して、包括的・多面的に明らかにする。各言語の専門家、母語話者、expressives研究の専門家の強固な連携により、自然会話におけるexpressivesの使用のダイナミズムを観察する方法論を構築することに加え、expressivesの類型論に理論的な枠組みを与える。「周辺的」とするにはあまりにも膨大で体系的であるアジア言語のexpressivesを本格的に分析することにより、言語をシニフィエとシニフィアンの「恣意的」な関係に基づく記号体系と捉える欧米の近代言語学を超えた新たな言語観の創出を目指す。 

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  ドホイ語の言語文化記述の基盤作成 
代表  日本学術振興会  600,000 

研究内容(Research Content) 助成金。ドホイ語の辞書とテキストの編纂により言語文化記述の基盤作成をおこなう。フィールド調査研究に従事する記述言語学者は概して個人単位で研究しており、このような研究体制は、得られる研究成果の利用価値に限りがあるという問題点をはらむ。言語文化記述の要となる辞書・テキスト編纂において、詳細かつ効率的に利用価値の高い成果を生み出すためには、学際的連携が有用・必須であるため、生物学者、文化情報学者との連携も視野に入れつつ、主に人類学者との連携によってドホイ語の辞書・テキスト編纂をおこない、分野横断的に利用価値の高い複合的研究成果の達成を目指す。 

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  Expressivesの類型論的研究―「恣意性」を超えて 
非代表  日本学術振興会  200,000 

研究内容(Research Content) 助成金。音象徴と意味が直接結びついた語彙・文法体系としてのexpressivesの全体像を、東南アジア・南アジア・東アジアの歴史的・類型的に多様な言語の、音韻・形態・統語・意味・談話レベルにおける実証的な分析を通して、包括的・多面的に明らかにする。各言語の専門家、母語話者、expressives研究の専門家の強固な連携により、自然会話におけるexpressivesの使用のダイナミズムを観察する方法論を構築することに加え、expressivesの類型論に理論的な枠組みを与える。「周辺的」とするにはあまりにも膨大で体系的であるアジア言語のexpressivesを本格的に分析することにより、言語をシニフィエとシニフィアンの「恣意的」な関係に基づく記号体系と捉える欧米の近代言語学を超えた新たな言語観の創出を目指す。 

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  ドホイ語の言語文化記述の基盤作成 
代表  日本学術振興会  800,000 

研究内容(Research Content) 助成金。ドホイ語の辞書とテキストの編纂により言語文化記述の基盤作成をおこなう。フィールド調査研究に従事する記述言語学者は概して個人単位で研究しており、このような研究体制は、得られる研究成果の利用価値に限りがあるという問題点をはらむ。言語文化記述の要となる辞書・テキスト編纂において、詳細かつ効率的に利用価値の高い成果を生み出すためには、学際的連携が有用・必須であるため、生物学者、文化情報学者との連携も視野に入れつつ、主に人類学者との連携によってドホイ語の辞書・テキスト編纂をおこない、分野横断的に利用価値の高い複合的研究成果の達成を目指す。 

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  ドホイ語の言語文化記述の基盤作成 
代表  日本学術振興会  1,100,000 

研究内容(Research Content) 助成金。ドホイ語の辞書とテキストの編纂により言語文化記述の基盤作成をおこなう。フィールド調査研究に従事する記述言語学者は概して個人単位で研究しており、このような研究体制は、得られる研究成果の利用価値に限りがあるという問題点をはらむ。言語文化記述の要となる辞書・テキスト編纂において、詳細かつ効率的に利用価値の高い成果を生み出すためには、学際的連携が有用・必須であるため、生物学者、文化情報学者との連携も視野に入れつつ、主に人類学者との連携によってドホイ語の辞書・テキスト編纂をおこない、分野横断的に利用価値の高い複合的研究成果の達成を目指す。 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2018  教科書・教材の開発 

『ブックレット インドネシアの現代事情(国語・地方語・教育・宗教・紛争・政治)』全5章、124頁 

2018/09~2019/03 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2018  研究出張(インドネシア共和国)  2019/03/04~2019/03/07 

活動内容等(Content of Activities) 中カリマンタン州、トゥンバン・マリコイでドホイ語カドリ方言の現地視察 

2018  研究出張(インドネシア共和国)  2018/08/11~2018/08/21 

活動内容等(Content of Activities) 西カリマンタン州、ポンティアナックでマレー語ポンティアナック方言、シンタンでドホイ語西カリマンタン方言の現地視察 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2019/04/14 更新