研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
永田 智成 ( ナガタ トモナリ , NAGATA Tomonari )
所属
Organization
外国語学部スペイン・ラテンアメリカ学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

スペイン政治史
比較政治学

学会活動
Academic societies

スペイン史学会(委員)
日本政治学会
日本比較政治学会
日本国際政治学会

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (10)
著書数 books (3)
学術論文数 articles (7)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
埼玉大学経済学部社会環境設計学科 2004年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
首都大学東京大学院社会科学研究科法学政治学専攻政治学分野 博士後期課程  2012年03月  修了 
首都大学東京大学院社会科学研究科政治学専攻 博士前期課程  2007年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(政治学)  体制内部からの民主化ースアレスの政治手法 スペイン1974-1978ー  首都大学東京大学院  2012年03月25日 
修士 修士(政治学)  スアレス改革と体制内改革派―1977年総選挙まで  首都大学東京大学院  2007年03月25日 
学士 学士(経済学)    埼玉大学 2004年03月25日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  独裁体制から民主主義体制への移行とデモクラシーに関する研究 

概要(Abstract) 体制移行が可能となる基盤のようなものが独裁体制末期には醸成されるのか、成功した体制移行であっても、数十年経つとどのような問題が生じるのか、持続可能なデモクラシーには何が必要なのかなどをスペインの事例から検討する。  

短期研究  自治州国家体制と連邦制の逆説論 

概要(Abstract) 長らく連邦制は多民族国家をより良く統治するための最適なシステムと言われてきたが、近年かえって連邦制を導入することで分離独立運動が助長されるのではないかと言われている。スペインの場合、自治州国家体制が導入された結果、バスクの独立運動は鎮静化し、逆にカタルーニャの独立運動は盛り上がるようになったように思える。この違いは何なのか、政治制度の観点から検討したい。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  スペインの歴史を知るための50章  共著   
明石書店  , 未設定  , 2016/10/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  連邦制の逆説―効果的な統治制度か  共著   
ナカニシヤ出版  , 未設定  , 2016/10/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  フランコ体制からの民主化―スアレスの政治手法  単著   
木鐸社  , 未設定  , 2016/03/20   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  【講演】スペインの移民政策―EUの共通移民政策とスペイン二大政党の取り組み―  単著   
国際比較政治研究  , 大東文化大学国際比較政治研究所  , 25  , 28-58頁  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  El estilo de la maniobra política de Fraga en la transición española  単著   
Las instituciones  , Universidad de Almería  , págs. 149-160  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  民主化期におけるフラガとスアレスの政治手法  単著   
スペイン史研究  , スペイン史学会  , 26  , 17-30頁  , 2012/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  体制内部からの民主化―スアレスの戦略 スペイン1974-1978― (博士論文)  単著   
首都大学東京  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  ¿Fue importante el desmantelamiento de las instituciones franquistas en la transición española?  単著   
Las organizaciones políticas  , Universidad de Almería  , págs. 93-110  , 2011/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  体制内改革派の挫折と民主化への道―スペイン1974-1976  単著   
法学会雑誌  , 首都大学東京  , 50/2  , 335-366頁  , 2010/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  アドルフォ・スアレスと体制内改革派―スペインの体制移行1976-1977  単著   
スペイン史研究  , スペイン史学会  , 22  , 27-38頁  , 2008/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  スペインの民主化に関する理論的分析-崩壊と移行  単著   
法学会雑誌  , 首都大学東京  , 48/2  , 471-495頁  , 2007/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  スアレス改革と体制内改革派―1977年総選挙まで (修士論文)  単著   
首都大学東京  , 2007/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  著者・訳者の周辺‐フランコ体制からの民主化―スアレスの政治手法  寄稿  単著 
スペイン学  , 論創社  , 19  , 97-99頁  , 2017/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  探求の窓 拙著書評への応答  寄稿  単著 
スペイン史学会会報  , 創研出版  , 113  , 9-12頁  , 2017/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  探求の窓 「スペインにおける体制移行に関する歴史」国際研究大会参加記  調査報告  単著 
スペイン史学会会報  , 創研出版  , 99  , 17-19  , 2012/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  州政府による「駆け引き」の結果としての独立運動-スペイン・カタルーニャの事例-  単独  2018/02 
東京外国語大学国際関係研究所研究会 「ヨーロッパ社会の動揺と変化 (2)」   , 東京外国語大学国際関係研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  1970年代に展開されたスペインの民主化―政治アクターを中心に  単独  2017/07 
第38回スペイン史学会夏期研修合宿(イベリア・ラテンアメリカ文化研究会(SECILA)の関西地区例会およびラテンアメリカ学会西日本部会との共催)  , スペイン史学会およびイベリア・ラテンアメリカ文化研究会(SECILA)の関西地区例会およびラテンアメリカ学会西日本部会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  スペイン・体制移行後の政治:レオポルド・カルボ=ソテロ政権-政治の正常化に向けて-  単独  2016/08 
2016年度九州地区スペイン研究友の会夏季研修合宿  , 九州地区スペイン研究友の会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  スペインの移民政策―EUの共通移民政策とスペイン二大政党の取り組み  単独  2015/10 
大東文化大学国際比較政治研究所2015年度国際シンポジウム 素顔のヨーロッパ-転換期における理想と現実  , 大東文化大学国際比較政治研究所  , 国際比較政治研究  , 大東文化大学国際比較政治研究所  , 25  , 25-58頁   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  何故スペインでは外国人排斥運動が大規模化しないのか  共同  2015/09 
2015年度日本政治学会総会・研究大会  , 日本政治学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  自治州の権限拡大とカタルーニャ独立問題  単独  2014/12 
スコットランド・セミナー 地域独立の住民投票と現代国家の変容―スコットランドとカタルーニャから考える  , 北海道大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  カタルーニャにおける独立運動の高揚と自治州政府の権限拡大  単独  2014/09 
スペイン史学会第159回定例研究会  , スペイン史学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  カタルーニャ州政府の台頭と独立問題  単独  2014/08 
スペイン政治・現代史研究会  , スペイン政治・現代史研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  集票組織の不全とその代替案の模索―スペイン・カタルーニャ州議会の事例  単独  2013/06 
日本比較政治学会第16回大会  , 日本比較政治学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  フランコ派によって推進された民主化  単独  2012/10 
第34回スペイン史学会大会  , スペイン史学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2019  科学研究費補助金  スペインとイタリアの比較研究に見る連邦制的分権化改革の帰結 
代表    150万円 

研究内容(Research Content) 助成金 

備考(Remarks)  

2012  松下幸之助記念財団2012年度研究助成(人文科学・社会科学領域) 12-038  スペインの民主化におけるフランコ体制の制度的解体に関する研究 
代表  公益財団法人松下幸之助記念財団  50 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2018  「海外フィールドワークA」事前授業・引率・事後授業 

サラマンカ大学主催の日本文化週間にて、日本文化を紹介するセッションを学生が担当することになり、その監督・指導を行なった。また、32日に及ぶスペインでの研修旅行において、学生への適切な指導・助言を行なった。 

2018/10/3-2019/3/28 
2014  政治学者によるスペイン語教育―ねらいと実践 

近年、グローバリゼーションの影響が強まる中、第二外国語教育不要論が強くなっている。確かに英語教育に資源を集中した方が効率的かもしれない。他方、世界はますます多元的になっている。このような世界で活躍するためには、たとえ言語習得にたどり着かなくても、多言語に触れることは多文化経験として有益であり、そのような観点から、社会科学者が言語教育を行なうことのメリットがあると論じた。
また、筆者が実践している教育方法を紹介した。日本というおよそスペイン語を学習するうえで適切とは言えない環境で言語学習をするために重要なことは、反復練習と授業中になるべく多くの演習をさせることであり、声に出させることである。その一環として、学生の発言を促す際に、学生にマイクを渡すということをしているという報告を行なった。
『青山スタンダード論集』第10号、青山スタンダード、2015、71-82頁。
 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2018  「地域主義の来し方行く末」のモデレーター  2018/11/30 

活動内容等(Content of Activities) 神奈川大学主催のインターナショナルウイーク2018スペインウイークにおいて、学術シンポジウム「España diversa-スペインの多様性について考える」の第1部スペイン社会・文化の多様性のパネルディスカッションにおいて、モデレーターを務めた。報告者が各地域に限定してお話をされる中で、モデレーターとして、スペイン全体から見た各地域について解説した。 

2018  IX ENCUENTRO DE CENTROS DE ENSEÑANZA DE ESPAÑOL   2018/11/25-2018/11/27 

活動内容等(Content of Activities) スペインで公認されている様々な語学学校が参加した会合で、どのようなプログラムが望ましいかなど、送る側と受け入れる側で様々なアクティビティを通じて意見交換をした。 

2018  多治見西高校での出張模擬講義  2018/10/3 

活動内容等(Content of Activities) 「外国語学習の未来とその先にあるもの:スペイン語と政治学」と題して、模擬授業を行なった。 

2014  スペイン史学会 委員  2014/10/1- 

活動内容等(Content of Activities) スペイン史学会の運営に携わる。 

2012  在バルセロナ日本国総領事館政治経済班専門調査員  2012/11/13~2014/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 在バルセロナ日本国総領事館において、主にカタルーニャ独立運動の動向調査と日本企業の活動を支援するべく情報提供を行なった。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2009 
2008 
詳細表示

2019/05/07 更新