研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
解良 優基 ( ケラ マサキ , KERA Masaki )
所属
Organization
人文学部心理人間学科
職名
Academic Title
講師
個人または研究室WebページURL
URL
https://masaki-kera.weebly.com/
専攻分野
Area of specialization

教育心理学

学会活動
Academic societies

日本教育心理学会 (2012―現在に至る)
日本教育工学会 (2013―現在に至る)
日本パーソナリティ心理学会 (2013―現在に至る)
​関西心理学会 (2016―2018)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (10)
著書数 books (0)
学術論文数 articles (10)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
新潟大学教育学部 2012年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
名古屋大学大学院教育発達科学研究科心理発達科学専攻 博士後期課程  2018年03月  修了 
名古屋大学大学院教育発達科学研究科心理発達科学専攻 博士前期課程  2014年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(心理学)  学業場面における課題価値の機能と 規定因の検討 ―課題価値の多面性に着目して―  名古屋大学大学院  2018年03月26日 
修士 修士(心理学)    名古屋大学大学院  2014年03月25日 
学士 学士(教育学)    新潟大学 2012年03月23日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  児童・生徒の学習動機づけの社会化について 

概要(Abstract) 親や教師のもつ学習動機づけに関連する信念が,子どもたちへと伝達されるプロセスを明らかにすることで,動機づけを支援するための実践的な示唆を得ることを目指しています。 

短期研究  価値―コスト葛藤が学習動機づけに及ぼす影響の検討 

概要(Abstract) 学習に対するポジティブな価値づけをもつと同時に,負担感をも感じている葛藤状態が子どもたちの動機づけや学習行動に及ぼす影響について検討しています。 

短期研究  親子間における課題価値の伝達過程を調整する要因の検討 

概要(Abstract) 親の認知する学習への価値づけが,子どもへと伝達されるプロセスを調整する要因を検討しています。 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2019  The interaction effect of time beliefs and interests in learning on academic performance among Japanese junior high school students  共著   
Time & Society  , SAGE PUblishing  , Vol 28/ Issue 1  , pp. 50-59  , 2019/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  課題価値のもつ概念的特徴の分析と近年の研究動向の概観  共著   
南山大学紀要『アカデミア』人文・自然科学編  , 17  , pp. 95-116  , 2019/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  学業場面における課題価値の機能と規定因の検討 : 課題価値の多面性に着目して(博士論文)  単著   
博士学位論文  , pp. 1-156  , 2018/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  自分とメンバーの感情的エンゲージメントがグループ学習への態度に及ぼす影響  共著   
日本教育工学会論文誌  , 日本教育工学会  , Vol.41, Suppl.  , pp. 73-76  , 2018/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  動機づけの葛藤は中学生の学業達成を抑制するか――社会調査データの二次分析から――  共著   
パーソナリティ研究  , 日本パーソナリティ心理学会  , 第25巻/第3号  , pp. 226-239  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  The effect of distal utility value intervention for students’ learning  共著   
次世代教員養成センター研究紀要  , 奈良教育大学次世代教員養成センター  , 第3号  , pp. 111-116  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  利用価値介入が大学生の課題価値の認知に及ぼす影響  共著   
日本教育工学会論文誌  , 日本教育工学会  , Vol.40, Suppl.  , pp. 57-60  , 2017/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  ポジティブな課題価値とコストが学習行動に及ぼす影響――交互作用効果に着目して――  共著   
教育心理学研究  , 日本教育心理学会  , 第64巻/第3号  , pp. 285-295  , 2016/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  認知された課題価値の教授と生徒の課題価値評定,および学習行動との関連  共著   
日本教育工学会論文誌  , 日本教育工学会  , Vol.38/No.1  , pp. 61-71  , 2014/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  理科学習についての認知された課題価値の教授と生徒の課題価値評定,およびエンゲージメントとの関連―中学生と高校生のデータの比較を通した検討―  共著   
教育心理学フォーラムレポート  , 日本教育心理学会  , pp. 1-8  , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2019  自己調整介入と音楽における熟達  翻訳  共訳 
自己調整学習の多様な展開――バリー・ジマーマンへのオマージュ――  , 福村出版  , pp. 429-462  , 2019/03/25   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  ⑧学習・言語 2: 学習  用語集  単著 
公認心理師基礎用語集――よくわかる国試対策キーワード117――   , 遠見書房  , pp. 45-46  , 2018/08/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2018  日本パーソナリティ心理学会第27回大会 優秀大会発表賞  親子間において暗黙の知能観が伝達するプロセスの検討―父親と母親の知能観の一致度に着目して―  2018年08月26日 
日本パーソナリティ心理学会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  協同的な学習意識を育むスキルトレーニングの開発(5)傾聴スキルが学習への興味に及ぼすプロセスの検討  共同  2018/09/28 
日本教育工学会第34回全国大会  , 日本教育工学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  協同的な学習意識を育むスキルトレーニングの開発(3)トレーニング実施有無による学習観の変化の比較  共同  2018/09/17 
日本教育心理学会第60回総会  , 日本教育心理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  親の学習への関与行動が子どもの課題価値認知に及ぼす影響―養育行動の調整効果に着目して―  単独  2018/09/17 
日本教育心理学会第60回総会  , 日本教育心理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  協同的な学習意識を育むスキルトレーニングの開発(4)自己愛が協同認識の変化に及ぼす影響の検討  共同  2018/08/26 
日本パーソナリティ心理学会第27回大会  , 日本パーソナリティ心理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  親子間において暗黙の知能観が伝達するプロセスの検討―父親と母親の知能観の一致度に着目して―  単独  2018/08/26 
日本パーソナリティ心理学会第27回大会  , 日本パーソナリティ心理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  The relation between teacher’s support of help-seeking and the teacher’s self-esteem and burn out  共同  2018/07/26 
The 40th annual Conference of the International School Psychology Association  , International School Psychology Association   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  習得回避目標が課題遂行失敗後の反応時間に及ぼす影響:ベイズ推定を用いた検討  共同  2017/11/11 
中国四国心理学会第73回大会  , 中国四国心理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  ​協同的な学習意識を育むスキルトレーニングの開発(1)傾聴トレーニングによるスキル得点の変化  共同  2017/10/09 
日本教育心理学会第59回総会  , 日本教育心理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  協同的な学習意識を育むスキルトレーニングの開発(2)スキルの向上と協同認識・学習観の変化の関連  共同  2017/10/09 
日本教育心理学会第59回総会  , 日本教育心理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  習得回避目標が反応時間に及ぼす影響  共同  2017/10/08 
日本教育心理学会第59回総会  , 日本教育心理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2017  平成29年度笹川科学研究助成(実践研究部門)  「聴くスキル」への介入がアクティブ・ラーニングにおける学習効果に及ぼす影響 
代表  日本科学協会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  学習に対する親の価値づけが子どもの動機づけに及ぼす影響プロセスの解明 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  学習に対する親の価値づけが子どもの動機づけに及ぼす影響プロセスの解明 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  実用的価値の教授による学習動機づけの促進――価値―コスト葛藤の低減に着目して 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  平成26年度名古屋大学大学院教育発達科学研究科国際学会等派遣助成  The relationships between teachers’ instruction of task value, students’ evaluation of task value, and learning behavior 
代表  名古屋大学大学院教育発達科学研究科   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
詳細表示

2019/03/19 更新