研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
岩崎 典子 ( イワサキ ノリコ , IWASAKI Noriko )
所属
Organization
人文学部日本文化学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

応用言語学(日本語教育、第二言語習得)

学会活動
Academic societies

1987年-現在 日本語教育学会
1989年-現在 American Council on Teaching Foreign Languages (ACTFL)
1989年-現在 American Association of Teachers of Japanese (AATJ) [2007-2010 理事]
1994年-現在 American Association of Applied Linguistics (AAAL)
2002年-現在 British Association of Teaching Japanese as a Foreign Language (BATJ)
2008年-現在 Association of Japanese Language Teachers in Europe, e.V. (AJE) (ヨーロッパ日本語教師会) [2011-2014 会長、2014-2017 副会長]
2008年-現在 British Association of Applied Linguistics (BAAL)
2008年-現在 European Association of Japanese Studies (EAJS)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (48)
著書数 books (18)
学術論文数 articles (30)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
同志社大学文学部英文科 1984年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
University of ArizonaInterdisciplinary PhD ProgramSecond Language Acquisition and Teaching PhD  2000年08月  修了 
University of Washington人間文化研究科Linguistics 博士課程  1994年06月  退学 
Portland State UniversityApplied LinguisticsTESOL 修士課程  1991年12月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 PhD in Second Language Acquisition and Teaching  Speaking Japanese: L1 and L2 grammatical encoding of case particles and adjectives/adjectival nouns  University of Arizona  2000年08月10日 
修士 MA in TESOL  Analysis of English articles used by Japanese students  Portland State University  1991年12月14日 
学士 学士    同志社大学 1984年03月 
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2019  Ideophones, Mimetics and Expressives (K. Akita & P. Pardeshi eds.)  未設定   
John Benjamins Publishing Company  , 未設定  , 325 p.  , 2019   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Iwasaki, N. & Yoshioka, K. "Chapter 11. Iconicity in L2 Japanese speakers’ multi-modal language use: Mimetics and co-speech gesture in relation to L1 and Japanese proficiency" pp. 265-302.  

2018  移動とことば (川上郁雄・三宅和子・岩﨑典子 共編)  未設定   
くろしお出版  , 未設定  , 304 p.  , 2018   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 第1章「「ハーフ」の学生の日本留学―言語ポートレートが示すアイデンティティ変容とライフストーリー」pp.16-38,
大塚愛子・岩﨑典子 第9章「国境を超えたあるろう者のライフストーリー ―ろう者にとっての「移動」と「ことば」」pp. 273-293. 

2017  The Grammar of Japanese Mimetics: Perspectives from structure, acquisition and translation (N. Iwasaki, P. Sells, & K. Akita eds.)  未設定   
Routledge  , 未設定  , 240 p.  , 2017   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Chapter 7 “Grammar of Japanese mimetics used by English and Korean learners of L2 Japanese in KY Corpus interviews: Does L1-L2 similarity help?”, pp. 148-171.
Chapter 9 “Use of mimetics in motion event descriptions by English and Korean learners of L2 Japanese: Does language typology make a difference?”, pp. 193-218.  

2017  オノマトペの謎 –ピカチュウからモフモフまで− (窪薗晴夫 編)  未設定   
岩波書店  , 未設定  , 165 p.  , 2017   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 第5章「外国人は日本語のオノマトペを使えるの?」、
コラム「オノマトペと翻訳」、pp.87-102 (16 p.) 

2016  Multiliteracies in World Language Education (Y. Kumagai, A. López-Sánchez, & S. Wu eds.)  未設定   
Routledge  , 未設定  , 244 p.  , 2016   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Kumagai, Y. & Iwasaki, N. "Chapter 5 Reading words to read worlds: A genre-based critical multiliteracies curriculum in intermediate/advanced Japanese language education”pp. 107-131.
Brown, L., Iwasaki, N., & Lee, Keunyouong “Chapter 7 Implementing Multiliteracies in the Korean classroom through visual media”, pp. 158-181. 

2016  Theory, Research and Pedagogy in Learning and Teaching Japanese Grammar (A. G. Benati & S. Yamashita eds.)  未設定   
Palgrave Macmillan  , 未設定  , 222 p.  , 2016   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Chapter 7 “Grammar for reading Japanese as a second language: Variation of stance expressions using to omou in different written registers”, pp. 157-186 

2016  The Routledge Intermediate-Advanced Japanese Reader: A Genre-based Approach to Reading as a Social Practice [ジャンル別日本語:日本をクリティカルに読む]  未設定   
Routledge  , 未設定  , 250 p.  , 2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) co-authored with Yuri Kumagai 

2015  Handbook of Japanese Psycholinguistics (M. Nakayama ed.)  未設定   
Mouton de Gruyter  , 未設定  , 635 p.  , 2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) “Sentence production models to consider for L2 Japanese sentence production research”, pp. 545-581. 

2013  Social and Cultural Aspects of Language Learning in Study Abroad (C. Kinginger ed.)  未設定   
John Benjamins Publishing Company  , 未設定  , 344 p.  , 2013   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) “Getting over the hedge: Acquisition of mitigating language in L2 Japanese”, pp. 239-267. 

2013  Japanese/Korean Linguistics, Volume 20 (Fellesvig, B. & Sells, eds.)  未設定   
Center for the Study of Language and Information  , 未設定  , 2013   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Iwasaki, N., Brown, L. Kita, S., Vinson, D. “Japanese and Korean speakers’ production of mimetic words”pp. 199-213 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  漢語認知プロセスにおける音韻情報 –先行研究の概観と将来への提言–  未設定   
『南山大学日本文化学科論集』  , 南山大学日本文化学科  , 19  , pp. 1-25  , 2019/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  “Pair-work dynamics: Stronger learners’ languaging engagement and learning outcomes for the Japanese polysemous particles ni/de”  未設定   
Language and Sociocultural Theory  , 5/1  , pp. 46-71  , 2018   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Co-authored with Kyoko Masuda 

2018  「継承日本語話者のアイデンティティの変容—留学前、留学中、留学後の言語レパートリーの意識の変容—」  未設定   
『ヨーロッパ日本語教育』  , ヨーロッパ日本語教師会  , 21  , pp. 205-209  , 2018   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) パネル『「移動とことば」の視点から捉え直す「継承日本語」—ヨーロッパの事例をもとに—』(川上郁雄・三宅和子) 

2015  「日本語のために移動する学習者たち —複数言語環境のヨーロッパで—」  未設定   
『ヨーロッパ日本語教育』  , 20  , pp. 131-137  , 2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) パネル『複数言語環境に生きる人々の「言語学習、日本語使用」の意味とアイデンティティ』(川上郁雄・三宅和子) 

2014  「ある日本語学習者の日本・日本語観の変遷:曖昧さをめぐって」  未設定   
『ヨーロッパ日本語教育』  , ヨーロッパ日本語教師会  , 19  , pp. 65-70  , 2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) パネル『複言語使用者は日本語・日本をどのようにとらえ、どのように向き合っているのか』(三宅和子,川上郁雄) 

2013  “Modal markers in Japanese: a study of learners' use before and after study abroad”   未設定   
Japanese Language and Literature  , 47 (1)  , pp. 93-133  , 2013   

概要(Abstract) Co-authored with Mika Kizu, Barbara Pizziconi 

備考(Remarks)  

2013  “Cross-linguistic influence in the L2 acquisition of Korean case particles by Japanese-speaking and English-speaking learners: L1-L2 proximity and learner perceptions”  未設定   
e-FLT (Electronic Journal of Foreign Language Teaching)  , 10 (2)  , pp. 176-195  , 2013   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「留学前後の日本語学習者の日本観・日本語観 −複文化複言語使用者として−」  未設定   
『比較日本学教育研究センター研究年報』  , 9  , pp. 175-182   , 2013   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  “Learning L2 Japanese ‘politeness’ and ‘impoliteness’: Young American men’s dilemmas during study abroad”  未設定   
Japanese Language and Literature  , 45 (1)  , pp. 67-106  , 2011   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  “Filling social space with fillers: gains in social dimension after studying abroad in Japan”  未設定   
Japanese Language and Literature  , 45 (1)  , pp. 169-193  , 2011   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2010  「「話す力」再考:何を指導し、どう評価するのか」  BATJ初夏研究会報告  未設定 
BATJ Journal  , 11  , pp. 45-51  , 2010   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  「「タマネギ1個とセロリ1本」”One onion and one celery?”—食べ物名詞の捉え方の日英比較と英語・日本語教育への示唆」  学会発表報告  未設定 
『日本文化研究の国際的情報伝達スキルの育成平成20年度活動報告書 学内教育事業編』  , お茶の水女子大学  , pp. 148-151  , 2009/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  “An Advanced Japanese Reading Course as a ‘Community of Inquiry’ into Japanese Studies”  学会報告  未設定 
Occasional Papers of Association of Teachers of Japanese  , pp. 16-17  , 2009   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 'Bridging Japanese Language and Japanese Studies in Higher Education: Report from the Forum on Integrative Curriculum and Program Development’ 

2005  “A year abroad in Japan: Participants’ perspectives”  学会講演報告論文  未設定 
Occasional Papers of Association of Teachers of Japanese  , 7  , pp. 12-24  , 2005   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1997  “Issues in Japanese a second language research: Roundtable at SLRF ’96”  学会報告  未設定 
Occasional Papers of Association of Teachers of Japanese  , pp. 1-15  , 1997   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Co-authored with Kuniyoshi Kataoka, Miki Shibata 

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  「L2日本語話者の発話の『流暢さ』ー『聞き手からみた流暢性』を左右する要因ー」  単独  2019/03/07 
第15回名古屋大学大学院人文学研究科言語学分野公開講演会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  Pragmatic and Metapragmatic Action in Developing Intercultural Identities During and After Study Abroad  共同  2018/12/06 
第8回 CLS International Conference (CLaSIC)   , National University of Singapore   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  「母語話者規範を超えた複合言語能力を目指す日本語教育へ」、パネル『「移動」の視点から、日本語教育を問い直す—子ども、大学生、地域生活者を例に—』  単独  2018/11/24 
日本語教育学会 秋季大会  , 日本語教育学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  「複数言語環境で成長する子どもを支えるトランスランゲージング−移動する母親の語りから−」、パネル『複数言語環境に生きる人の継承言語の意識とアイデンティティ形成−「対話」の視点から』  単独  2018/08/03 
日本語教育国際研究大会 (ICJLE)   , ヨーロッパ日本語教師会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  「日本語オノマトペへの意識と感覚を培う初級クラスの翻訳活動:広告のオノマトペを使って」  共同  2018/08/03 
日本語教育国際研究大会 (ICJLE)  , ヨーロッパ日本語教師会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 筆頭発表者 行木瑛子 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
詳細表示

2019/05/07 更新