研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
西村 邦行 ( ニシムラ クニユキ , NISHIMURA Kuniyuki )
所属
Organization
法学部法律学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

政治思想史

学会活動
Academic societies

政治思想学会 会員
日本国際政治学会 会員

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (18)
著書数 books (5)
学術論文数 articles (13)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
フロリダ大学(University of Florida)政治学部(Department of Political Science) 博士課程  2009年05月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(政治学)(Ph.D. (Political Science))  Politics at Its Demise: E. H. Carr, 1931-1939  フロリダ大学(University of Florida)  2009年05月 
修士 修士(法学)    京都大学大学院  2005年03月 
学士 学士(法学)    京都大学 2003年03月 
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2018  「国際政治学」は終わったのか:日本からの応答  共著   
ナカニシヤ出版  , A5  , 219p.  , 201811   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 第5章「統一を各分野:国際関係論の政治性」pp.108-123を執筆 

2017  歴史のなかの国際秩序観:「アメリカの社会科学」を超えて  共編著   
晃洋書房  , A5  , 249p.  , 201706   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 第1章「「英国学派」の失敗:対「アメリカの社会科学」という罠」pp.19-36を執筆 

2016  日本の国際関係論:理論の輸入と独創の間  共著   
勁草書房  , A5  , 190p.  , 201612   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 第2章「日本のE・H・カー:現実主義からの隔たり」pp.108-123を執筆 

2015  政治概念の歴史的展開 第7巻  共著   
晃洋書房  , その他  , 246p.  , 201503   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 「現実主義」pp.107-123を執筆 

2012  国際政治学の誕生:E・H・カーと近代の隘路  単著   
昭和堂  , A5  , 236p.  , 201203   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2014  世界にとどまる:E・H・カー『歴史とは何か』の政治思想  単著   
北海道教育大学紀要 人文科学・社会科学編  , 北海道教育大学  , 65/2  , 13-28  , 2015/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  レナード・ウルフにおける自我と社会:戦間期理想主義の政治心理学  単著   
北海道教育大学紀要 人文科学・社会科学編  , 北海道教育大学  , 65/1  , 59-74  , 2014/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  日本の国際政治学形成における理論の〈輸入〉:E・H・カーの初期の受容から  単著   
国際政治  , 日本国際政治学会  , 175  , 41-55  , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  教員養成の中の政治学:シティズンシップ教育論を手掛かりに  単著   
北海道教育大学紀要 人文科学・社会科学編  , 北海道教育大学  , 64/2  , 85-96  , 2014/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  技術・文明・国際社会:初期レナード・ウルフの評論から  単著   
比較文明  , 比較文明学会  , 28  , 63-81  , 2012/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  The Age of the Lonely Crowd: E. H. Carr and Peter F. Drucker on the Fragility of Modern Life  単著   
Global Society  , University of Kent  , 25/3  , 431-448  , 2011/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  現実主義と構成主義:国際関係学史の視点から  単著   
年報政治学  , 日本政治学会  , 2011-I  , 229-246  , 2011/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  Worlds of Our Remembering: The Agent-Structure Problem as the Search for Identity  単著   
Cooperation and Conflict  , Nordic International Studies Association  , 46/1  , 96-112  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  E. H. Carr, Dostoevsky, and the Problem of Irrationality in Modern Europe  単著   
International Relations  , Aberystwyth University  , 25/1  , 45-64  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  E・H・カーにおけるヨーロッパ的なものの擁護(二)・完:理論、歴史、ロシア  単著   
法学論叢  , 京都大学法学会  , 167/3  , 118-139  , 2010/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2014  E・H・カーから考える第一次大戦と現代  寄稿  単著 
公明  , 公明党  , 56-61  , 2014/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  第一次大戦と国際政治学の誕生  寄稿  単著 
産経新聞  , 産業経済新聞社  , 30日東京版朝刊  , 16  , 2014/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  思想史としての国際政治学史  寄稿  単著 
JAIR Newsletter  , 日本国際政治学会  , 131  , 19  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2015  なぜ「アメリカの社会科学」に抗すべきでないか:記号としての英国学派とその限界  単独  2015/10/30 
日本国際政治学会第59回年次大会  , 日本国際政治学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 仙台国際センター 

2011  戦後におけるE・H・カーの受容:日本の国際政治学について  単独  2011/11/11 
日本国際政治学会第55回年次大会  , 日本国際政治学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) つくば国際会議場 

2010  没落する西欧とその再建:E・H・カーとP・F・ドラッカーの秩序構想  単独  2010/11/28 
比較文明学会第28回年次大会  , 比較文明学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 池坊短期大学 

2009  The Age of the Lonely Crowd: E. H. Carr and Peter F. Drucker on the Fragility of Modern Life  単独  2010/03/27 
International Conference on International Relations in an Interdisciplinary and Corss-Cultural Perspective  , 国際基督教大学社会科学研究所・日本国際政治学会関東地区院生研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 国際基督教大学 

2009  Transcending Sinnlosigkeit: E. H. Carr on International Morality  単独  2010/02/17 
51st Annual Conference of the International Studies Association  , International Studies Association   

概要(Abstract) Hilton, New Orleans, USA 

備考(Remarks)  

2008  Carr, Darwin, and the Evolution of the World  単独  2009/02/15 
50th Annual Conference of the International Studies Association  , International Studies Association   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Marriott Marquis, New York, USA 

2008  Critiques of the West: Another Path to The Twenty Years' Crisis  単独  2008/10/03 
40th Annual Conference of the International Studies Association Northeast  , International Studies Association Northeast   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Holiday Inn Inner Harbor, Baltimore, USA 

2006  Whose Discourse? Which Discipline? A Contextualist Investigation of E. H. Carr and the Birth of International Relations Theory  単独  2007/02/28 
48th Annual Conference of the International Studies Association  , International Studies Association   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Hilton, Chicago, USA 

2006  Agency as the Present Self, Structure as the Unfamiliar Past: Conceptualizing Memory for International Studies  単独  2006/11/09 
38th Annual Conference of the International Studies Association Northeast  , International Studies Association Northeast   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Omni Parker House, Boston, USA 

2005  Tradition of Irreflexivity and Constructivist Imagination: A Historical Investigation  単独  2015/11/07 
Social Construction and International Studies Workshop  , International Studies Association South   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Florida International University, Miami, USA 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2016  科学研究費補助金  思想的伝統としての現実主義:形成過程の遡行による再考 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2016年度~2018年度 

2016  科学研究費補助金  「国際関係論」からの解放:「IR」から「歴史」への回帰 
非代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2016年度~2018年度 

2013  科学研究費補助金  「アメリカの社会科学」を超えて:20世紀国際秩序観の再検討 
非代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2013年度~2015年度 

2013  科学研究費補助金  草創期国際政治学の文化論:L・ウルフとH・ニコルソンの比較から 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2013年度~2015年度 

2012  科学研究費補助金  国際関係理論の日本的特徴に関する再検討:「理論」と「独創」の観点から 
非代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2012年度~2014年度 

2011  科学研究費補助金  戦後日本における英米国際関係論の受容 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2011年10月~2013年3月 

2011  受託研究  ガバナンス論の起源:レナード・ウルフの秩序構想 
代表  松下幸之助記念財団   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2011年10月~2012年9月 

2010  受託研究  国内政治経済と国際政治経済の連動:大戦間期の国際関係論における失業問題の扱いから 
代表  村田学術振興財団   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2010年10月~2011年9月 

詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2017  研究大会での司会  2017/10/28 

活動内容等(Content of Activities) 日本国際政治学会年次大会 部会9「『国際政治学』は終わったのか?」 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2019/04/20 更新