研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

13 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2014  世界にとどまる:E・H・カー『歴史とは何か』の政治思想  単著   
北海道教育大学紀要 人文科学・社会科学編  , 北海道教育大学  , 65/2  , 13-28  , 2015/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  レナード・ウルフにおける自我と社会:戦間期理想主義の政治心理学  単著   
北海道教育大学紀要 人文科学・社会科学編  , 北海道教育大学  , 65/1  , 59-74  , 2014/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  日本の国際政治学形成における理論の〈輸入〉:E・H・カーの初期の受容から  単著   
国際政治  , 日本国際政治学会  , 175  , 41-55  , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  教員養成の中の政治学:シティズンシップ教育論を手掛かりに  単著   
北海道教育大学紀要 人文科学・社会科学編  , 北海道教育大学  , 64/2  , 85-96  , 2014/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  技術・文明・国際社会:初期レナード・ウルフの評論から  単著   
比較文明  , 比較文明学会  , 28  , 63-81  , 2012/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  The Age of the Lonely Crowd: E. H. Carr and Peter F. Drucker on the Fragility of Modern Life  単著   
Global Society  , University of Kent  , 25/3  , 431-448  , 2011/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  現実主義と構成主義:国際関係学史の視点から  単著   
年報政治学  , 日本政治学会  , 2011-I  , 229-246  , 2011/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  Worlds of Our Remembering: The Agent-Structure Problem as the Search for Identity  単著   
Cooperation and Conflict  , Nordic International Studies Association  , 46/1  , 96-112  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  E. H. Carr, Dostoevsky, and the Problem of Irrationality in Modern Europe  単著   
International Relations  , Aberystwyth University  , 25/1  , 45-64  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  E・H・カーにおけるヨーロッパ的なものの擁護(二)・完:理論、歴史、ロシア  単著   
法学論叢  , 京都大学法学会  , 167/3  , 118-139  , 2010/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]