研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
上峯 篤史 ( ウエミネ アツシ , UEMINE Atsushi )
所属
Organization
人文学部人類文化学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

考古学、文化財科学会、先史学

学会活動
Academic societies

2005年4月-現在に至る 文化史学会
2008年5月-現在に至る 日本考古学協会
2011年7月-現在に至る 旧石器文化談話会 評議員
2012年4月-現在に至る Society for East Asian Archaeology(東アジア考古学会)
2012年10月-現在に至る World Archaeological Congress(世界考古学会議)
2013年7月-現在に至る 日本文化財科学会

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (29)
著書数 books (4)
学術論文数 articles (25)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
立命館大学文学部史学科日本史学専攻 2005年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
同志社大学大学院文学研究科文化史学専攻 博士後期課程  2011年03月  修了 
同志社大学大学院文学研究科文化史学専攻 博士前期課程  2007年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(文化史学)  縄文・弥生時代におけるサヌカイト製石器群の技術論的研究  同志社大学大学院  2011年03月20日 
修士 修士(文化史学)  近畿地方における縄文・弥生時代石器群の技術論的研究 : 剥片剥離技術の検討を中心に  同志社大学大学院  2007年03月20日 
学士 学士(文学)    立命館大学 2005年03月21日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  東アジアの人類移動史から見る日本列島先史文化の起源と変遷 

概要(Abstract) 私たちホモ・サピエンスは約30万年前にアフリカで誕生し、遅くとも5万年より前にはアフリカを出て、東アジアにやって来ました。彼らがいったいどんな人々で、旅路の途中、東アジア各地でネアンデルタール人などの先行人類たちとどんな出会いをしたのか。私たちの正体を知るために是非知りたい点です。人類の進化と移動の歴史のなかで、私たち日本列島に暮らす人類の文化の成り立ちを考え、その移ろいを見ていくことが、私の当面の研究テーマです。 

短期研究  日本と東アジアの旧石器文化研究 

概要(Abstract) 東アジアに新人がやってきたことで何が変わったのかを調べるため、学外の研究者や海外の研究機関と共同で出土遺物を調査しています。また日本列島各地で発掘調査や出土遺物の調査を進め、日本列島に人類が暮らしはじめたのはいつなのかを考えています。 

短期研究  縄文・弥生時代の石器研究 

概要(Abstract) 縄文時代や弥生時代の石器を調べ、彼らの知恵や暮らしを明らかにする研究に取り組んでいます。 

短期研究  新しい石器研究法の開発 

概要(Abstract) 考古学以外の研究法と考古学の研究法とを組み合わせて、新しい研究方法を試行錯誤することにも取り組んでいます。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2017  縄文石器: その視角と方法  単著   
京都大学学術出版会  , その他  , 340  , 20180331   

概要(Abstract) 考古資料の常連、“縄文石器”。その観察・分類・記載においては何に注意すべきか、石器の何がわかっていて何がわからないか、石器研究が縄文文化の解明にどのように役立つのか。縄文人の巧みな石器づくりを詳らかにする緻密な技術解析、多種多様な石器を明解に整理した編年、分析化学の方法と考古学の問題意識を融合させた石材移動論。様々な切り口をもって石器と忍耐強く対話し続けた先に、人や物が移動する縄文時代像がはっきりと見えてくる。著者の17年にわたる試行錯誤から導かれた研究の視点と手順を一冊に編み上げた、先史考古学必携の書。(出版社ホームページより転載) 

備考(Remarks)  

2012  縄文・弥生時代石器研究の技術論的転回  未設定   
雄山閣  , 未設定  , 310  , 20121225   

概要(Abstract) 近畿地方における縄文・弥生時代のサヌカイト製石材を対象に、徹底した遺物観察と定量分析に基づいた剥片剥離技術と打撃法の研究から、縄文~弥生移行期の石材消費戦略、集落間関係の実態と変容を明らかにする。(出版社ホームページより転載) 

備考(Remarks)  

2010  よくわかる考古学  共著   
ミネルヴァ書房  , B5  , 274  , 20100501   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 執筆担当部分:「縄文人の使った道具」, pp.40-43. (4p.) 

2008  東アジアのレス-古土壌と旧石器編年  共著   
雄山閣  , B5  , 280  , 200806   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 執筆担当部分:「レス-古土壌編年による東アジア旧石器編年の再構築(I)―中国―」, 共著(麻柄一志, 松藤和人ほか1名), pp.183-211. (29p.)。平成16-19年度科学研究費補助金基盤研究(A)研究成果報告書『東アジアにおける旧石器編年・古環境変遷に関する基礎的研究』(研究代表者:松藤和人)を書籍化。 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  縄文石器の系統と原材  単著   
実証の考古学―松藤和人先生退職記念論文集―  , 同志社大学考古学研究室  , pp.53-65  , 201808   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  京都府舞鶴市の有茎尖頭器2例  共著   
旧石器考古学  , 旧石器文化談話会  , 83  , p.104  , 201803   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文、共著(渡邊貴亮, 朝井琢也) 

2017  長野県木崎小丸山旧石器遺跡の研究  共著   
旧石器考古学  , 旧石器文化談話会  , 82  , pp.1-26  , 201703   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文、共著(木崎小丸山遺跡学術発掘調査団. 松藤和人, 渡邊貴亮ほか5名) 

2017  滋賀県大津市真野遺跡の旧石器―湧別系細石刃核をふくむ資料群の発見―  共著   
旧石器考古学  , 旧石器文化談話会  , 82  , pp.71-82  , 201703   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文、共著(大塚宜明, 金成太郎) 

2016  日本列島における前・中期旧石器時代研究の現状  単著   
考古学ジャーナル  , ニュー・サイエンス社  , 687  , pp.21-25  , 201608   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Sedimentological Approach to the Sunabara Early Palaeolithic Site in Japan  共著   
Bulletin of the Society for East Asian Archaeology (BSEAA)  , Society for East Asian Archaeology (SEAA)  , 3  , pp.13-18  , 201604   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文、共著(K. Matsufuji & M. Shibata) 

2016  偽石器の変異と成因―青森県五所川原市金木地区における事例研究―  共著   
旧石器考古学  , 旧石器文化談話会  , 81  , pp.1-28  , 201603   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文、共著(菊池強一, 渡辺満久ほか2名) 

2015  石器製作の構造と弥生大形集落の実像  単著   
森浩一先生に学ぶ―森浩一先生追悼論集―  , 同志社大学考古学シリーズ刊行会  , pp.209-218  , 201501   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  斑晶観察法による「前期旧石器」の再検討―島根県出雲市砂原遺跡における事例研究―  単著   
旧石器考古学  , 旧石器文化談話会  , 79  , pp.1-16  , 201406   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文 

2013  島根県出雲市板津発見の前期旧石器  共著   
旧石器考古学  , 旧石器文化談話会  , 79  , pp.1-12  , 201309   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文、共著(松藤和人, 成瀬敏郎ほか5名) 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2013  中国における侯家窰遺跡出土石器群の評価について  調査報告  共著 
平成21-24年度科学研究費補助金基盤研究(A)研究成果報告書『東北アジアにおける古環境変動と旧石器編年に関する基礎的研究』  , pp.115-132  , 201311   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2016  日本文化財科学会第10回ポスター発表賞  偽石器はどうしてできたのか?  2016年06月05日 
日本文化財科学会 

備考(Remarks)  

2016  The 2015 Hakubi Annual Report Meeting Best Presentation Award  Long Distance Transported Obsidian Speak Inter-Regional Relationships  2016年04月18日 
京都大学白眉センター 

備考(Remarks)  

2015  学際研究着想コンテスト 奨励賞   ホモ・サピエンスがやって来た約4万年前、日本列島は無人だったのか?  2015年10月02日 
京都大学 

備考(Remarks)  

2004  課外・自主活動個人奨励金  考古学研究会における活動、関西学生考古学研究会の設立  2003年03月09日 
立命館大学 

備考(Remarks)  

2003  文学部ゼミナール大会  “古墳の破壊”再考~石室石材抜き取りの歴史的評価のために~  2003年12月22日 
立命館大学 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2017  科学研究費補助金  日本列島における前・中期旧石器文化の存否と後期旧石器文化の成立過程 
代表  日本学術振興会  26,260千円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は、日本列島の先行人類文化(前・中期旧石器文化)の存否と変遷、周辺大陸との系統関係の解明を目指すことにある。そして彼らの文化が、新人による後期旧石器文化の成立に果たした役割を明らかにすることをめざす。 

備考(Remarks) 26,260千円 (直接経費 : 20,200千円、間接経費 : 6,060千円)
2019年度 : 3,120千円 (直接経費 : 2,400千円、間接経費 : 720千円)
2018年度 : 13,390千円 (直接経費 : 10,300千円、間接経費 : 3,090千円)
2017年度 : 9,750千円 (直接経費 : 7,500千円、間接経費 : 2,250千円) 

2017  科学研究費補助金  東アジアにおける石英製旧石器の変遷と石器製作・使用行動の解明 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 本研究は、中国・韓国における後期更新世の人類文化の変遷、道具製作・使用行動の解明するため、現地調査ならびに現地の出土資料所蔵機関を訪問しての資料熟覧を実施するものである。 

備考(Remarks) 5,070千円 (直接経費 : 3,900千円、間接経費 : 1,170千円)
2018年度 : 2,470千円 (直接経費 : 1,900千円、間接経費 : 570千円)
2017年度 : 2,600千円 (直接経費 : 2,000千円、間接経費 : 600千円) 

2016  受託研究  斑晶の割れ速度計算にもとづく日本列島「前期旧石器」真贋判定法の開発 
代表  財団法人髙梨学術奨励基金  650千円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  受託研究  携帯型蛍光X線分析装置による黒曜岩製遺物の原産地推定 
代表  公益信託吉田学記念文化財科学研究助成基金  500千円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  新しい石材原産地遺跡研究法にもとづく西日本先史社会の複雑化プロセスの解明 
代表  日本学術振興会  3,510千円 

研究内容(Research Content) 本研究では「石器石材の獲得法」という観点から、西日本の先史社会が複雑化するメカニズムを明らかにすることをめざす。 

備考(Remarks) 3,510千円 (直接経費 : 2,700千円、間接経費 : 810千円)
2018年度 : 1,040千円 (直接経費 : 800千円、間接経費 : 240千円)
2017年度 : 1,300千円 (直接経費 : 1,000千円、間接経費 : 300千円)
2016年度 : 1,170千円 (直接経費 : 900千円、間接経費 : 270千円) 

2014  受託研究  不均質石材の斑晶観察に基づく日本列島「前期旧石器」の再検討 
代表  財団法人髙梨学術奨励基金  380千円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  若手研究者在外研究支援・国際研究集会発表助成  Simultaneity and Age of Lithic Artifacts at Sanukite Resource Site, Mt. Nijo, Japan 
代表  公益財団法人京都大学教育研究振興財団   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 5th Archaeoinvest Symposium(第5回学際的な考古学シンポジウム)における口頭発表“Simultaneity and Age of Lithic Artifacts at Sanukite Resource Site, Mt. Nijo, Japan”に対して 

2012  海外発表促進助成金  Lithic Raw Materials beyond Neighboring Sites 
代表  財団法人日本科学協会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) Seventh World Archaeological Congress(第7回世界考古学会議)における口頭発表“Lithic Raw Materials beyond Neighboring Sites”に対して 

2012  受託研究  サヌカイトを対象とした被熱資料の体系的研究法の確立 
代表  財団法人髙梨学術奨励基金  370千円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  科学研究費補助金  石器石材をめぐる集団の行動戦略に着目した「縄文文化の東西差」発生過程の研究 
代表  日本学術振興会  4,290千円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 4,290千円 (直接経費 : 3,300千円、間接経費 : 990千円)
2015年度 : 650千円 (直接経費 : 500千円、間接経費 : 150千円)
2014年度 : 780千円 (直接経費 : 600千円、間接経費 : 180千円)
2013年度 : 1,170千円 (直接経費 : 900千円、間接経費 : 270千円)
2012年度 : 1,690千円 (直接経費 : 1,300千円、間接経費 : 390千円)
*日本学術振興会特別研究員PD採用にともない採択後辞退 

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2019  フィールドノート貼付型テキストの作成 

考古学実習Aにおいて、フィールドノート(測量野帳)サイズにまとめた授業レジュメを配布し、受講生各自に貼り付けを指示した。レジュメには測量技術等の要点がまとめられており、授業時に使用することでフィールドノートを使う週刊を身につけられるだけでなく、授業後にフィールドに出た際も参照しやすいものとなった。 

20190410~ 
2018  修士論文審査副査 

立命館大学大学院文学研究科に提出された修士論文審査の副査を担当した 

201902 
2014  ゲストスピーカーの招聘 

リテラシー入門II、考古学・文化遺産概論I、新しい日本史像、歴史観の形成(以上、立命館大学)、考古学(1)-53(同志社大学)、考古学(大阪成蹊大学)にて実施。科目内容に合致しつつも、自身による講義では扱いにくい視角や研究領域を講義に盛りこむため、ゲストスピーカーを積極的に招聘した。講義においては上述の事項のほか、研究に関わる体験談も盛りこんでもらった。この取り組みは授業内容の多様化はもちろん、講義にメリハリをつけることや、受講生の学習意欲を刺激する効果があった。
授業後に受講生に対して実施したアンケート調査では、この取り組みに対する好意的な意見が目立った。 

20140901~ 
2014  博物館と連携した教育活動 

京都市からの打診を受けて、関西の若手研究者と京都市が協力した研究・博物館展示を企画し、これに学生約50名(大阪成蹊大学、京都大学、同志社大学、奈良大学、佛教大学、立命館大学、龍谷大学、早稲田大学)の参加を受け入れた。本企画では、京都市が所蔵しながらも活用できていなかった資料群に、若手研究者による最新研究でスポットライトを当てた。学生らは研究に協力する中で最新研究を学び、各研究成果を学生ならではの工夫をこらして展示した。
一連の研究成果を京都市考古資料館で特別展示として公開したところ、先行研究の焼き直しではない目新しい研究成果、若手研究者や学生ならではの展示構成や親近感が話題となり、来館者も増加するなど好評を博した。本企画は京都新聞にて報道されたほか、独特の研究体制が国内外で注目され、招待講演や英文学術誌における紙面紹介の機会を得た。また本企画に参加した大学院生のほとんどが考古学・博物館学関係の専門職に、学部生の多くが専門職ないしは大学院に進学するなど、人の育成と定着に大きく貢献した。
 

20140601~20150331 
2013  ICT技術の運用によるきめ細かな教育 

考古学特殊講義I、考古学(1)-53(同志社大学)、考古学(大阪成蹊大学)にて実践。自身は非常勤講師として講義を担当しているため、授業時間外における学生との関わりに限界がある。開講大学が導入している学習用Webツールを用いればこの問題は改善されるが、これらの普及が不十分だった当時、あるいは現在でも同ツールを導入していない大学では、教育の質に関して大きな障壁となっている。そこで受講生専用のホームページを作成し、シラバスの閲覧、参考資料の配付に用いた。また同ホームページ内に、受講生からの質問への回答用のWeb掲示板を作成し、授業時間内に限定されない、きめ細かな教育の提供に努めた。
授業後に受講生に対して実施したアンケート調査では、この取り組みに対する好意的な意見が目立った。 

20130401~20190331 
2013  聴覚障害をもつ学生の研究指導と交流支援 

同志社大学において実践。重度の難聴に負けじと高い向学心をもつ学生に対して、筆談やICT技術の運用、他の学生らを交えたコミュニケーションによって、学習・研究相談を継続した。また他大学の学生との交流の機会を設け、実地にて交流を支援することで、障がいによって生じる様々な壁を低くすることに努めた。一連の活動と学生自身の努力の努力の成果として、当該学生と共同で研究論文を執筆することができ、査読付学術雑誌に掲載された。 

20130401~20180331 
2013  マークシート処理システムの活用による大人数授業の運営 

受講生数が200名を超える大人数講義では、受講生の反応や出席状況を管理することが難しく、授業担当者の独りよがりの講義を招きやすい。そこでマークシート処理システム(MarkScan、神奈川県立総合教育センター)にAdobe Illustratorを組み合わせてコメントシートを作成し、授業ごとに受講生に記入させた。これを機械処理することで、大人数講義であっても 個々の学生の状況を把握することが可能となり、授業内容や難易度の調整、補足説明などに活かすことができた。 

20130401~ 
2012  講義そのものを題材とした、研究成果発信法の講義 

考古学特殊講義I(立命館大学)、考古学(1)-53(同志社大学)、考古学(大阪成蹊大学)にて実践。毎回の講義ごとに、講義テーマのおもしろさ・説明のわかりやすさ・配付資料のわかりやすさについて、択一式の授業評価を受講生にお願いした。それを最終講義で集計・分析し、「何がわかりやすく・おもしろいのか」、どうすれば「わかりやすく・おもしろくなるのか」を受講生とともに考える題材とした。
授業後に受講生に対して実施したアンケート調査では、この取り組みに対する好意的な意見が目立った。 

20120401~20120930 
2011  個別指導による論文作成力の向上支援 

演習AII-1(同志社大学)にて実践。演習の時間は限られているため、授業時間内では研究指導のみで手一杯であった。そこで論文作成のためのスキル(文章表現、挿図作成、PCの活用法)を時間外に個別指導し、学生の論文レベルの向上をはかった。 

20110401~20120331 
詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2019 
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
詳細表示

2019/04/30 更新