研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

6 件中 1 - 6 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2019  考古調査ハンドブック20 縄文石器提要   共著  9784821605323 
ニューサイエンス社  , A5  , 510  , 2020/03/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  大論争 日本人の起源   共著  4800299292 
宝島社  , その他  , 347  , 2019/10/28   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  縄文石器: その視角と方法  単著   
京都大学学術出版会  , その他  , 340  , 20180331   

概要(Abstract) 考古資料の常連、“縄文石器”。その観察・分類・記載においては何に注意すべきか、石器の何がわかっていて何がわからないか、石器研究が縄文文化の解明にどのように役立つのか。縄文人の巧みな石器づくりを詳らかにする緻密な技術解析、多種多様な石器を明解に整理した編年、分析化学の方法と考古学の問題意識を融合させた石材移動論。様々な切り口をもって石器と忍耐強く対話し続けた先に、人や物が移動する縄文時代像がはっきりと見えてくる。著者の17年にわたる試行錯誤から導かれた研究の視点と手順を一冊に編み上げた、先史考古学必携の書。(出版社ホームページより転載) 

備考(Remarks)  

2012  縄文・弥生時代石器研究の技術論的転回  未設定   
雄山閣  , 未設定  , 310  , 20121225   

概要(Abstract) 近畿地方における縄文・弥生時代のサヌカイト製石材を対象に、徹底した遺物観察と定量分析に基づいた剥片剥離技術と打撃法の研究から、縄文~弥生移行期の石材消費戦略、集落間関係の実態と変容を明らかにする。(出版社ホームページより転載) 

備考(Remarks)  

2010  よくわかる考古学  共著   
ミネルヴァ書房  , B5  , 274  , 20100501   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 執筆担当部分:「縄文人の使った道具」, pp.40-43. (4p.) 

2008  東アジアのレス-古土壌と旧石器編年  共著   
雄山閣  , B5  , 280  , 200806   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 執筆担当部分:「レス-古土壌編年による東アジア旧石器編年の再構築(I)―中国―」, 共著(麻柄一志, 松藤和人ほか1名), pp.183-211. (29p.)。平成16-19年度科学研究費補助金基盤研究(A)研究成果報告書『東アジアにおける旧石器編年・古環境変遷に関する基礎的研究』(研究代表者:松藤和人)を書籍化。 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]