研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
稲垣 一之 ( イナガキ カズユキ , INAGAKI Kazuyuki )
所属
Organization
経済学部経済学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

国際金融論

学会活動
Academic societies

Royal Economic Society, 日本国際経済学会、日本金融学会、日本応用経済学会

社会活動
Community services

Associate Editor, Japanese Journal of Monetary and Financial Economics

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (14)
著書数 books (2)
学術論文数 articles (12)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
愛知大学経済学部 2002年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
神戸大学大学院経済学研究科総合経済政策専攻 博士後期課程  2007年03月  修了 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(経済学)  Monetary Policy in the Euro Area  神戸大学大学院  2007年03月25日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  高齢化が国際資本移動に与える影響 

概要(Abstract) 人口構造変化および人口政策が国際資本移動(経常収支)に与える影響を理論的・実証的に研究することを目的とする。国民経済計算に基づけば、経常収支の変動は当該国の貯蓄・投資バランスに原因があり、これに影響を与える内需や金融・為替政策に議論が集中してきた。その一方、少子高齢化およびその対策としての人口政策が貯蓄・投資バランスに与える影響は人口経済学の分野で積極的に研究されてきたが、この成果を国際金融の分野へ応用した研究は少ない。先進国を中心として高齢化が世界で急速に進むことが決定的であるため、少子高齢化および人口政策の理論モデルを経常収支分析に拡張し、そこから得られた結論の妥当性を更に実証的に検証する。 

短期研究  平均寿命の上昇と退職年齢の延長が国際資本移動に与える影響 

概要(Abstract) 平均寿命の上昇は老後に必要な貯蓄に影響するため、国際資本移動(貯蓄投資バランス)に影響を与える。ただし、この効果は、高齢化が社会保障の負担を増やしたり、健康改善によって高齢期労働が増えたりする場合に、相殺される。この効果を理論分析によって整理して、その妥当性を実証分析する。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2020  国際金融論のエッセンス(第4章 開放マクロ経済モデルI:長期の理論)  単著   
文眞堂  , 未設定  , 318 p. (pp. 74-97)  , 2021   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  Technological Progress, Income Distribution, and Unemployment: Theory and Empirics  共著   
Springer  , 未設定  , 90 p.  , 2018   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2015  Studies in Medium-Run Macroeconomics: Growth, Fluctuations, Unemployment, Inequality and Policies (chap. 3 “Economic Growth and Unemployment: Theoretical Foundations of Okun’s Law”)  共著   
World Scientific Publishing  , 未設定  , 352 p. (pp. 69-85)  , 2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2020  How are the International Capital Flows of Rapidly Aging Countries Affected by the Elderly Working Longer?  単著   
Economic Modelling  , Volume 97, April  , pp. 285-297  , 2021/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2020  China’s Demographic Impact on the Bilateral US Current Account Balance  単著   
Empirical Economics Letters  , Volume 19, Number 10  , pp.1155-1162  , 2020/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2015  Wage Curve in Dual Labor Markets: Cross-Sectional Evidence from Japan  単著   
Economics and Business Letters  , Volume 4, Issue 2  , pp. 51-56  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2013  Inverted U-Shaped Relationship between Labor Productivity and Hours Worked in the Health Care Industry  単著   
尾道市立大学経済情報論集  , 第13巻第2号  , pp. 33-39  , 2013/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Adjustment Costs in the Japanese Banking Sector  単著   
International Journal of Business  , Volume 18, Issue 4  , pp. 307-318  , 2013/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2012  Labor Adjustment in the Japanese Health Care Industry: Some Empirical Evidence  単著   
Health Economics  , Volume 21, Issue 2  , pp. 173-177  , 2012/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2011  Does Income Inequality Affect the Demand for Health Care? Evidence from Japan  単著   
尾道大学経済情報論集  , 第11巻第1号  , pp. 105-122  , 2011/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  Income Inequality and the Suicide Rate in Japan: Evidence from Cointegration and LA-VAR  単著   
Journal of Applied Economics  , Volume 13, Issue 1  , pp. 113-133  , 2010/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2009  Estimating the Interest Rate Semi-Elasticity of the Demand for Money in Low Interest Rate Environments  単著   
Economic Modelling  , Volume 26, Issue 1  , pp. 147-154  , 2009/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2008  Estimating the Liquidity Trap Phenomenon in Japan  単著   
尾道大学経済情報論集  , 第8巻第2号  , pp. 189-206  , 2008/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2019  China’s Life Expectancy Catch-up and its U-shaped Impact on the U.S. External Deficit  ディスカッションペーパー  単著 
Chukyo University Institute of Economics, Discussion Paper Series No.1904  , 2019/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  Revisiting the Fiscal Theory of Sovereign Risk from a DSGE Viewpoint  ワーキングペーパー  共著 
BCAM Working Papers 1901, Birkbeck Centre for Applied Macroeconomics  , Birkbeck, University of London  , 2019/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  How are Rapidly Aging Countries being Affected as Elderly People Work Longer? A Case of International Capital Flows  ディスカッションペーパー  単著 
名古屋市立大学経済学会ディスカッションペーパーシリーズ No. 633  , 2018/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Aging of Trading Partners and Current Account Reversal in the Home Country  ディスカッションペーパー  単著 
名古屋市立大学経済学会ディスカッションペーパーシリーズ No. 619  , 2017/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Revisiting the Fiscal Theory of Sovereign Risk from a DSGE Viewpoint  ディスカッションペーパー  共著 
名古屋市立大学経済学会ディスカッションペーパーシリーズ No. 611  , 2017/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Do Firms Consider the Health Status of Workers in Maximizing Profits? Evidence from Manufacturing Industry  ディスカッションペーパー  共著 
北九州市立大学経済学会ディスカッションペーパーシリーズ No. 2014-8  , 2015/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Long Working Hours and Loss of Productivity in the Health Care Industry: Evidence from Japan  ディスカッションペーパー  共著 
北九州市立大学経済学会ディスカッションペーパーシリーズ No. 2012-8  , 2013/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2016  Third Best Paper for the Best Paper Award in the 19th Eurasia Business and Economics Society Conference  Revisiting the Fiscal Theory of Sovereign Risk from a DSGE Viewpoint   
Eurasia Business and Economics Society 

備考(Remarks) 共同受賞、論文筆頭著者:岡野衛士教授(名古屋市立大学) 

2007  六甲台研究奨励賞  Measuring Financial Market Contagion using Dually-Traded Stocks of Asian Firms   
神戸大学大学院経済学研究科 

備考(Remarks)  

2006  六甲台研究奨励賞  Testing for Volatility Spillover between the British Pound and the Euro   
神戸大学大学院経済学研究科 

備考(Remarks)  

2006  六甲台研究奨励賞  Output Correlation and EMU: Evidence from European Countries   
神戸大学大学院経済学研究科 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2020  How are the International Capital Flows of Rapidly Aging Countries Affected by the Elderly Working Longer?   単独   
日本金融学会中部部会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  Impact of ICT Capital on Labor Share: Evidence from Japan  単独   
政策科学研究所セミナー  , 兵庫県立大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  How are rapidly aging countries being affected as elderly people work longer? A case of international capital flows  単独   
南山学会(経済系列)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  China’s life expectancy catch-up and its U-shaped impact on the U.S. external deficit  単独   
日本金融学会中部部会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  China’s life expectancy catch-up and its U-shaped impact on the U.S. external deficit  単独   
日本応用経済学会2019年秋季大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  China’s life expectancy catch-up and its U-shaped impact on the U.S. external deficit  単独   
Nanzan-Fudan Seminar on Financial Shocks and Systemic Risks   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  China’s life expectancy catch-up and its U-shaped impact on the U.S. external deficit  単独   
日本国際経済学会中部支部冬季大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  China’s life expectancy catch-up and its U-shaped impact on the U.S. external deficit  単独   
南山大学経済学会主催研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  How are Countries being Affected as Elderly People Work Longer? A Case of International Capital Flows  単独  20180624 
日本応用経済学会2018年度春季大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Population Aging, Retirement Policy, and Current Account Reversals  単独   
日本金融学会2017年度春季大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2020  産業構造調査研究事業助成  金融業、情報産業を中心としたサービス部門における一極集中化現象が成長および所得不平等に及ぼす影響に関する理論的、実証的研究 
非代表  公益財団法人 産業構造調査研究支援機構  250万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 研究期間:2020年5月~2021年3月 

2020  科学研究費補助金  中国の少子化・長寿化が米中二国間経常収支に与える影響の理論的・実証的研究 
代表  日本学術振興会  364万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 研究期間:2020年度~2022年度 

2020  科学研究費補助金  収穫逓増経済における経済成長の促進並びに所得分配の改善に関する理論的・実証的研究 
非代表  日本学術振興会  377万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 研究期間:2020年度~2022年度 

2016  科学研究費補助金  少子高齢化時代におけるグローバル・インバランスの理論的・実証的研究 
代表  日本学術振興会  299万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 研究期間:2016年度~2019 年度 

2016  科学研究費補助金  偏向的技術進歩と人口移動、労働市場の多様性が経済成長と所得分配に与える影響 
非代表  日本学術振興会  455万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 研究期間:2016年度~2019年度 

2016  科学研究費補助金  ゼロ金利下での政府支出は有用か-DSGEモデルを用いた理論分析と日米の実証分析 
非代表  日本学術振興会  351万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 研究期間:2016年度~2018年度 

2012  科学研究費補助金  医療従事者の長時間労働と医療サービス生産の関係 
代表  日本学術振興会  130万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 研究期間:2012年度~2013年度 

2011  科学研究費補助金  中期マクロ動学の研究 
非代表  日本学術振興会  507万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 研究期間:2011年度~2013年度 

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2021  ゼミ活動実績 

「第21回 全国学生対抗 円ダービー」に経済専門演習Iの受講生が3チームで参加(主催:日本経済新聞社)。そのうち2チームが、独自の視点で円相場を分析したチームに送られる「ユニーク賞」と「もう一歩賞」を受賞。受賞記事は、2021年9月4日における日本経済新聞の紙面と電子版に掲載。  

 
2021  ゼミ活動実績 

「第21回 全国学生対抗 円ダービー」に経済専門演習Iの受講生が3チームで参加(主催:日本経済新聞社)。そのうち1チームが、円相場の予想レースにおける総合順位で320チーム中4位入賞。受賞記事は、2021年8月21日における日本経済新聞の紙面と電子版に掲載。  

 
2020  ゼミ活動実績 

「第20回 全国学生対抗 円ダービー」に経済専門演習Iの受講生が4チームで参加(主催:日本経済新聞社)。そのうち2チームが、独自の視点で円相場を分析したチームに送られる「ユニーク賞」と「もう一歩賞」を受賞。受賞記事は、2020年9月5日における日本経済新聞の紙面と電子版に掲載。 

 
2020  ゼミ活動実績 

「南山大学 2020年度 学生部長表彰」を稲垣ゼミとして授与。第20回 全国学生対抗 円ダービー(主催:日本経済新聞社)における実績が高く評価されたため。 

 
2020  ゼミ活動実績 

「南山大学同窓会 2020年度 在学生顕彰」を稲垣ゼミとして授与。 第20回 全国学生対抗 円ダービー(主催:日本経済新聞社)における実績が高く評価されたため。 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2021  学会運営   

活動内容等(Content of Activities) 日本金融学会2021年度秋季大会 プログラム委員  

2021  学会運営   

活動内容等(Content of Activities) 日本国際経済学会第10回春季大会 プログラム委員 

2021  公開講座   

活動内容等(Content of Activities) 「日本経済の今を語る」, 単独, 南山エクステンション・カレッジ 2021, 2021年6月5日, オンライン 

2019  学会運営   

活動内容等(Content of Activities) 日本金融学会2019年度春季大会 プログラム委員 

2019  学会運営   

活動内容等(Content of Activities) 日本応用経済学会2019年春季大会 大会実行委員 

2019  セミナー   

活動内容等(Content of Activities) 「私たちが長生きすると経済が変わる?平均寿命に基づいた経済分析」, 単独, イブニング・セミナー 経済 by 南山, 2019年12月13日, ミッドランドスクエアオフィスタワー 

2018  学会運営   

活動内容等(Content of Activities) 日本金融学会2018年度春季大会 プログラム委員 

2018  学会運営   

活動内容等(Content of Activities) 日本金融学会2018年度秋季大会 大会実行委員 

2018  寄稿   

活動内容等(Content of Activities) 「金融政策と所得格差」, 単著, 2018年1月11日, 8面, 中部経済新聞オープンカレッジ 

2018  雑誌編集   

活動内容等(Content of Activities) Associate Editor, Japanese Journal of Monetary and Financial Economics, 日本金融学会, 2018年6月-現在に至る 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2020 
2019 
2018 
詳細表示

2021/09/13 更新