研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
大八木 英夫 ( オオヤギ ヒデオ , OYAGI Hideo )
所属
Organization
総合政策学部総合政策学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

国内研究
水環境に関する研究を実施している.
フィールドを富士五湖の本栖湖・西湖を中心として,水収支・物質収支・水利用の研究を行っている.また,表流水と地下水の相互作用をテーマに,世田谷区内の宙水調査など,地下水分野の研究を近年進めている.

海外研究
カンボジアのアンコール遺跡区域の環境汚染や環境破壊の現状を正確に把握し,その影響を定量的に評価したうえでこれらを軽減あるいは撲滅する基礎資料を作成することを目的とする。

学会活動
Academic societies

日本陸水学会 企画委員会委員 2017/01/01-2018/12/31
Int. Geographical Union Commission for Water Sustainability 地域連絡委員 2015/04/01-現在
陸水物理研究会 運営委員会委員 2012/04-現在

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (25)
著書数 books (3)
学術論文数 articles (22)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
法政大学文学部地理学科 2002年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
日本大学大学院総合基礎科学研究科地球情報数理科学専攻 博士前期課程  2004年03月  修了 
日本大学大学院総合基礎科学研究科地球情報数理科学専攻 博士後期課程  2007年03月  修了 
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2022  身近な水の環境科学 第2版  未設定   
朝倉書店  , 未設定  , 168  , 2022/04/07   

概要(Abstract) 日本陸水学会東海支部会(編) 

備考(Remarks)  

2021  コロナの影響と政策―社会・経済・環境の観点から―  共著   
創成社  , A5  , 240  , 2022/03/30   

概要(Abstract) 石川良文[編著] 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2020  Microdiversity and phylogeographic diversification of bacterioplankton in pelagic freshwater systems revealed through long-read amplicon sequencing  共著   
Microbiome  , Springer Nature  , 24/9  , 1-15  , 2021/01/22   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  山岳湖沼における結氷現象と気候変動との関係  共著   
陸水物理学会誌  , 陸水物理学会  , 2  , pp. 1-11  , 2020/02/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  固相抽出ICP-MSによる摩周湖水中の微量鉛の定量及び同位体比測定  共著   
分析化学  , 日本分析化学会  , 68/11  , 877-883  , 2019/11/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  Geothermal Linkage between a Hydrothermal Pond and a Deep Lake: Kuttara Volcano, Japan  共著   
Hydrology  , MDPI  , 6/4  , pp. 1-11  , 2019/01/06   

概要(Abstract) Kuttara Volcano, Hokkaido, Japan, consists of temperate Lake Kuttara and the western Noboribetsu geothermal area. In order to explore geothermal relations between Lake Kuttara and the geothermal area, the heat budget of a hydrothermal pond, Okunoyu, was evaluated, and the heat storage change in the lower layer of Lake Kuttara was calculated by monitoring the water temperature at the deepest point. The lake water temperature consistently increased during the thermal stratification in June-November of 2013-2016. The heat flux Q(B) at lake bottom was then calculated at a range of 4.1-10.9 W/m(2), which is probably due to the leakage from a hydrothermal reservoir below the lake bottom. Meanwhile, the heat flux H-G(in) by geothermal groundwater input in Okunoyu was evaluated at 3.5-8.5 kW/m(2), which is rapidly supplied through faults from underlying hydrothermal reservoirs. With a time lag of 5 months to monthly mean Q(B) values in Lake Kuttara, the correlation with monthly mean H-G(in) in Okunoyu was significant (R-2 = 0.586; p < 0.01). Applying Darcy's law to the leakage from the hydrothermal reservoir at 260-310 m below the lake bottom, the time needed for groundwater's passage through the media 260-310 m thick was evaluated at 148-149 days (ca. 5 months). These findings suggest that the hydrothermal reservoir below lake bottom and the underlying hydrothermal reservoirs in the western geothermal area are both connected to a unique geothermal source in the deeper zone as a geothermal flow system of Kuttara Volcano. 

備考(Remarks) DOI:10.3390/hydrology6010004 

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2021  日本国内の大深度湖沼における冬季の水温環境と鉛直循環形態について  単独  2021/09/21 
2021年度日本地理学会秋季学術大会  , 公益社団法人 日本地理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) https://doi.org/10.14866/ajg.2021a.0_98 

2021  カンボジア・トンレサップ湖における水環境と人間生活  単独  2021/07/16 
第38回 東海陸水談話会  , 日本陸水学会東海支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  田沢湖における水収支と水質改善に関する検討  単独  2020/11/04 
2020年秋季学術大会  , 日本地理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  Changes in water level and water area in Lake Tonle Sap  単独  2020/03/13 
Japan-Cambodia Research Exchange Conference on Conservation of Nature and Water Environment of World Heritage Sites   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Otsu, Shiga University, Japan. 

2019  田沢湖における水・物質収支に関する検討  単独  2019/11/09 
陸水物理学会 第 41 回研究発表会(2019 信濃大町大会)  , 陸水物理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  大水深湖に生息する細菌の系統地理的パターンの解明  共同  2019/09/28 
日本陸水学会第84回大会  , 日本陸水学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 金沢大学 

2019  摩周湖およびその周辺の山麓湧水の滞留時間の推定  単独  2019/09/21 
日本地理学会2019年秋季学術大会  , 日本地理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 新潟大学 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2021 
2020 
2019 
2018 
詳細表示

2022/04/01 更新