研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
狭間 諒多朗 ( ハザマ リョウタロウ , HAZAMA Ryotaro )
所属
Organization
総合政策学部総合政策学科
職名
Academic Title
講師
専攻分野
Area of specialization

社会学、若者論

学会活動
Academic societies

日本社会学会
関西社会学会
数理社会学会

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (8)
著書数 books (3)
学術論文数 articles (5)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
大阪大学人間科学部人間科学専攻 2012年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
大阪大学大学院人間科学研究科人間科学専攻 博士後期課程  2017年03月  修了 
大阪大学大学院人間科学研究科人間科学専攻 博士前期課程  2014年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(人間科学)  現代日本社会における若年層のライフコースと意識  大阪大学大学院  2017年03月 
修士 修士(人間科学)  社会移動は個人に平等を与えるか:社会移動が個人に与える影響  大阪大学大学院  2014年03月 
学士 学士(人間科学)  地域社会における文化活動の担い手:「地域社会と文化活動についての全国調査」を用いた回帰分析  大阪大学 2012年03月 
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2018  分断社会と若者の今  共編著   
大阪大学出版会  , 未設定   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  格差社会のなかの自己イメージ  その他   
勁草書房  , 未設定   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「地元」の文化力  その他   
河出書房新社  , 未設定   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  現在志向が若年層のおとなしさに与える影響:政治委任意識と格差肯定意識に注目して  単著   
ソシオロジ  , 62/1   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  地域社会におけるU・I ターン者の意識:全国調査を用いた計量分析  単著   
年報人間科学  , 38   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  階層帰属意識の規定要因としての社会移動:主観的社会移動が捉える2つの経路  共著   
年報人間科学  , 36   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  環境保護意識・健康維持意識の変容  共著   
社会と調査  , 11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  地域社会における文化活動の担い手:「地域社会と文化活動についての全国調査」を用いた回帰分析  単著   
年報人間科学  , 34   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  親同居無配偶者の自己評価  調査報告  単著 
2015年SSM調査シリーズ2 人口・家族   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  若年層における現在志向の時点間比較:若者の現在志向の正体  調査報告  単著 
2015年階層と社会意識全国調査(第1回SSP調査)報告書   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  若年層における現在志向が自己評価に与える影響:生活満足度と主観的自由に注目して  単独   
第68回関西社会学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  The educational gap of the present-orientation in Japanese youth  未設定   
Second International Workshop of ISA RC45 on Social Inequality   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  若年層における現在志向を通した意識の屈折  単独   
第89回日本社会学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  若年親同居未婚者における階層帰属意識の規定要因  単独   
第88回日本社会学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  若年層における主観的くらしむき変化の規定要因  単独   
第59回数理社会学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  環境保護意識・健康維持意識の変容  共同   
第85回日本社会学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  地域社会におけるI・Uターン者の意識:「地域社会と文化活動についての全国調査」を用いて  単独   
第55回数理社会学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2014  科学研究費補助金  地域間移動と階層間移動が人々の意識に与える影響 
  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
詳細表示

2019/04/04 更新