研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
山田 貴将 ( ヤマダ タカマサ , YAMADA Takamasa )
所属
Organization
国際センター国際センター
職名
Academic Title
講師
専攻分野
Area of specialization

・第二言語習得論/Second language acquisition
・英語教育/English education
・異文化間コミュニケーション/Intercultural communication

学会活動
Academic societies

外国語教育メディア学会

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (4)
著書数 books (2)
学術論文数 articles (2)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
名古屋大学大学院国際言語文化研究科国際多元文化専攻 博士前期課程  2017年03月  修了 
名古屋大学大学院経済学研究科産業経営システム専攻 博士前期課程  2006年03月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
修士 修士(学術)  Does pitch matter? An analysis of the effects of pitch on word recognition in English sentences  名古屋大学大学院  2017年03月 
修士 修士(経済学)  日系企業の中国における人材マネジメントの分析  名古屋大学大学院  2006年03月 
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2008  平成20年度アジア人財資金構想高度実践留学生育成事業 Design Your Future in Central Japan~中部地域における留学生のキャリアデザイン支援プログラム~日本ビジネス講義テキスト『仕事の進め方』  その他   
社団法人中部産業連盟  , 未設定   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  平成19年度アジア人財資金構想高度実践留学生育成事業「中部地域における留学生の人材育成および就職支援事業」報告書  その他   
経済産業省  , 未設定   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2020  日本人大学生の外国語学習に関するビリーフについての一考察―短期留学プログラム参加者を対象としたBALLI調査から―  単著   
アカデミア, 文学・語学編  , 南山大学  , 第108号  , pp. 257-278  , 2020/06/30   

概要(Abstract)

The purpose of this research is to investigate what kind of beliefs about foreign language learning Japanese university participants in short-term study abroad programs have. Based on BALLI (Beliefs about Language Learning Inventory) developed by Horwitz (1985, 1987, 1988), a Japanese translated questionnaire consisting of 34 items covering 5 fields (Foreign Language Aptitude, Difficulty of Language Learning, Nature of Language Learning, Learning and Communication Strategies, and Motivation) was administered to 20 students at Nanzan University who participated in study abroad programs for English speaking countries. Results show that 100% of the respondents agreed with the following 4 questions: “It is important to repeat and practice a lot,” “If I learn English very well, I will have better opportunities for a better job,” “I want to learn to speak English well,” and “I would like to have American friends.” This indicates a positive outlook toward foreign language learning. Furthermore, the fact that 95% of these students agreed with “I would like to learn English so that I can get to know Americans better” demonstrates that they have an integrated motivation to deepen interpersonal understanding in learning English. Raising awareness of these beliefs is expected to contribute to making the short-term study abroad programs more effective in terms of foreign language learning.  

備考(Remarks)  

2017  Does pitch matter? An analysis of the effects of pitch on word recognition in English sentences (修士論文)  単著   
 

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  フィリピン人介護職員へのコミュニケーション教育に係る法人での取り組みの現状と課題-つながりを築くコミュニケーション教育の探索-  共著   
日本語教育大会名古屋2012研究発表予稿集  , 日本語教育学会  , 第1分冊  , pp. 397-397   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  多文化社会コーディネータ―とは?-組織、思い、市場ニーズ-  単著   
シリーズ多言語多文化協働実践研究  , 東京外国語大学絵言語多文化教育センター  , 別冊3  , pp. 124-125   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  日系企業の中国における人材マネジメントの分析(修士論文)  単著   
 

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2020  南山大学WEBオープンキャンパス(オンライン「多文化交流ラウンジStella」)   2020年7月18日~7月19日 

活動内容等(Content of Activities) オープンキャンパスがウェブ上での実施になったことに伴い、本学・多文化交流ラウンジStella(ステラ)のオンライン化にコーディネーターとして携わった。具体的には、Stellaの学生TAがファシリテーターとなり、参加高校生と学部留学生とをつなぎ、交流させる取り組みを実施した。 

2019  南山大学小中学生向け講座「大学で、未来の自分を探してみよう!」  2019年9月14日 

活動内容等(Content of Activities) 地域の小中学生を本学国際センターに招待し、本学の留学生との交流を通じてアジアを中心とした世界の国々について学び、国際コミュニケーション能力を高める機会を提供した。 

2019  名古屋国際センター「グローバルユースデイ2020」  2019年2月15日 

活動内容等(Content of Activities) 公益財団法人名古屋国際センター主催のグローバルユースデイ2020への本学・多文化交流ラウンジStella(ステラ)の参加にあたり、Nanzan International Ambassador(学生TA)の指導からイベントコーディネーション全般までに携わった。本イベントへの参加を通じて、「キャンパスの国際化」を目指したStella(ステラ)の具体的な取組み事例を広く周知することができた。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2019 
2018 
詳細表示

2020/10/14 更新