研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
今井 隆夫 ( イマイ タカオ , IMAI Takao )
所属
Organization
外国語学部英米学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

応用言語学・英語教育(英語学習内容論研究としての認知言語学と英語教育)

学会活動
Academic societies

【所属学会】
1989年4月-現在に至る 中部地区英語教育学会会員
1989年4月-現在に至る 全国英語教育学会会員
1992年4月-現在に至る 愛知教育大学英語・英文学会会員
2000年4月-現在に至る 大学英語教育学会(JACET)会員
2002年9月-現在に至る 日本認知言語学会会員
2007年9月-現在に至る 日本言語テスト学会会員
2017年10月-現在に至る JALT Toyohashi Chapter会員
2019年5月-現在に至る JALT会員

【学術誌査読者】
日本認知言語学会学会誌『認知言語学研究』査読者(2017年度)
中部地区英語教育学会紀要 査読者(2018-2019年度)

【学会役員】
2011年4月-現在に至る JACET(大学英語教育学会)中部支部研究企画委員
2014年4月-2019年3月 JACET(大学英語教育学会)中部支部会計幹事
2019年4月-現在に至る JALT Toyohashi Chapter, program chair

【学会実行委員】
1992年6月 中部地区英語教育学会愛知大会(於.愛知教育大学)実行委員
2001年6月 中部地区英語教育学会愛知大会(於.椙山女学園大学)実行委員
2012年4月-2012年9月 JACET国際大会(於. 愛知県立大学)実行委員
2012年8月 全国英語教育学会愛知大会(於.愛知学院大学)実行委員
2018年3月-現在に至る 中部地区英語教育学会(2020.6愛知支部研究大会 於.名城大学 ナゴヤドーム前キャンパス)実行委員
2019年4月-現在に至る JACET国際大会(2019.8 於.名古屋工業大学)実行委員

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (52)
著書数 books (7)
学術論文数 articles (45)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
愛知教育大学大学院・静岡大学大学院後期3年共同大学院教育学研究科教科開発学専攻(人文社会系教科学) 博士課程  2016年10月  修了 
愛知教育大学大学院教育学研究科英語教育専攻 修士課程  1992年03月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(教育学)  The Effects of Teaching Linguistic Motivation through Image English Grammar  愛知教育大学大学院  2016年10月 
修士 教育修士  The Effect of Learners’ Background Knowledge on Reading Comprehension  愛知教育大学大学院  1992年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  認知能力を活用した英語学習法の開発 

概要(Abstract) 英語表現の観察、母語話者調査、認知言語学の理論の3点に基づき、学習者の認知能力を活用した、有機的な知識構成が可能な、フレンドリーな英語学習法を開発する。 

短期研究  日本人英語学習者にみられる間違を日英語の捉え方の違いと認知言語学の道具立てから説明する。 

概要(Abstract) 日本人英語学習者に間違いが見られる項目を中心に、感覚英文法・語法の観点から、日本語と英語における事態認識の違いを意識した説明方法を考える。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2020  『英語のしくみと教え方:こころ・ことば・学びの理論を基にして』(執筆部分:Chapter 5「学習者の認知能力を活性化する過去形の有機的な指導法」, pp. 97-116(20p.)  共著   
くろしお出版  , 未設定  , pp. 97-116. (20 p.)  , 2020年9月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著(藤井数馬・大瀧綾乃・田村知子・白畑知彦・今井隆夫・中川右也・近藤泰城・柏木賀津子・松村昌紀、9名) 

2019  『実例とイメージで学ぶ 感覚英文法・語法講義』  単著   
開拓社  , その他  , 245 p.  , 2019年10月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  『ことばのパースペクティブ』(執筆担当部分:「認知文法におけるグラウンディング理論と学習英文法」, pp. 476-487(12 p.))  共著   
開拓社  , その他  , 552 p.  , 2018年3月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著(堀田優子, 谷口一美, 濱田英人, ほか42名) 

2014  『認知言語学論考』No.12(執筆担当部分:「英語学習におけるCognitive Motivation Model―母語話者の持つ英語感覚の学習を認知言語学の視点から考察―」, pp. 207-259(53 p.))  共著   
ひつじ書房  , その他  , 452 p.  , 2015年3月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著(山梨正明他編, 甲田直美, 黒田一平, 田村敏広, ほか14名) 

2010  『ことばとコミュニケーションのフォーラム』(執筆担当部分:「有界性と均質性の概念から動詞の二つの用法を考察する ― 母語話者アンケートに基づく事例研究―」, pp. 52-62(11 p.))  共著   
開拓社  , その他  , 280 p.  , 2011年3月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著(安武知子, 小泉直, Anthony Robins, 他22名) 

2010  『イメージで捉える感覚英文法-認知文法を参照した英語学習法-』  単著   
開拓社  , その他  , 240 p.  , 2010年10月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1997  『-小学校から大学まで-英語の授業実践』(執筆担当部分:§11.「英文「読解」に必要な3つの要素-高校・大学(教養レベル)の場合」, pp. 274-284(11 p.))  共著   
大修館書店  , その他  , 333 p.  , 1997年7月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著(諏訪部 真・望月昭彦・白畑知彦, ほか25名) 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2020  「動詞の形と意味の記号関係を有機的に学ぶ方法:Langackerのグラウンディング理論を参照」  単著   
『日本認知言語学会論文集』  , 日本認知言語学会  , 第20巻  , pp. 496-501  , 2020年4月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ワークショップ「認知言語学が新しい英語学習/教育に貢献できることは何か?」の筆者担当部分の独立論文 

2019  「有機的な英語学習法(コミュニケーションのための感覚英文法)と認知言語学」(査読付き論文)<ワークショップ「認知言語学がこれからの英語学習/教育を変えるか」の筆者担当部分の独立論文>  単著   
『日本認知言語学会論文集』  , 日本認知言語学会  , 第19巻  , pp. 546-552. (7p.)  , 2019年6月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  「言語理論に基づく関係節の明示的指導の効果」  共著   
『一般教育論集』  , 愛知大学一般教育研究室  , 第54号  , pp. 1-19,(19 p.)  , 2018年3月   

概要(Abstract) This paper examined effective approaches to the instruction of English relative clauses for L2 learners by using two teaching methods based on cognitive linguistics and generative grammar. The authors taught relativization in English to two groups of undergraduate students in two different ways: (1) using the strategy of cognitive grammar (Group A) and, (2) using some basic knowledge of geneative grammar without using any technical terms (Group B). Based on detailed statistical analyses of the learners’ development of their knowledge of English relative clauses, the results demonstrated the following: (a) Group A had more items correct than did Group B in Grammar Quiz 1, which measured students’ ability to construct English sentences; and (b) only Group B showed statistically significant improvement in Grammar Quiz 2, which required participants to judge the grammatical accuracy of given sentences. 

備考(Remarks) 分担執筆50%, 北尾泰幸. 

2017  「英語感覚習得の実態と認知言語学を参照した指導法」(査読付き論文)  単著   
『日本認知言語学会論文集』  , 日本認知言語学会  , 第17巻  , pp. 423-429.(7 p.)  , 2017年4月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  「学習者の持つフレーム知識を活用したコミュニケーションのための感覚英文法:反意語を意識することで類似した2つの表現の意味を捉える」(査読付き論文)  単著   
『日本認知言語学会論文集』  , 日本認知言語学会  , 第16巻  , pp. 433-439.(7 p.)   , 2016年5月   

概要(Abstract) This paper focuses on the participants’ learning process more specifically. The effect of activating students’ analogical reasoning ability in teaching Image English Grammar as a guide for learning English is reported. In order to examine the participants’ learning process more specifically, their frame knowledge about antonyms was activated in an experimental lesson, and the way in which they worked on the tasks was observed. The underlying assumptions of the experiment reported in Chapter 5 are a) that activating learners’ analogical reasoning ability regarding opposing frames of words should enable them to learn new items on their own; b) that getting learners to observe the frame knowledge of words leads them to regard the process of learning English itself as valuable and interesting. The results showed that using frame knowledge to guess something new was effective for 65% to 90% of the participants, depending on the particular item, and that activating their analogical reasoning ability provided good motivation to learn English. 

備考(Remarks)  

2016  The Effects of Teaching Linguistic Motivation through Image English Grammar  単著   
愛知教育大学大学院・静岡大学大学院・共同教科開発学研究科博士論文  , A4判, 161 p.  , 2016年10月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  “The Effects of Explicit Instruction of “Image English Grammar for Communication” on Tertiary English Classes”(査読付き論文)  単著   
Annual Review of English Language Education in Japan(ARELE)  , JASELE  , 27  , pp. 137-152.(16 p.)  , 2016年3月   

概要(Abstract) This study had the following three aims: a) to verify that university students have not necessarily acquired native speaker intuition, which is often called Eigo no Kankaku (Feeling for English); b) to demonstrate the utility of explicit instruction on Eigo no Kankaku by employing “Image English Grammar”; and c) to demonstrate that Image English Grammar makes learning English valuable and interesting for learners. The researcher provided explicit instruction on Image English Grammar to 59 sophomores four times over a period of four weeks for approximately 25 minutes per time, and in the sixth week, reviewed all the items in 25 minutes. The participants completed a test of Image English Grammar before, immediately after, and eight weeks after instruction was completed. Students also completed a questionnaire regarding their impressions about the instruction in the 15th week class meeting. The results demonstrated the following: a) the percentage of students who answered Image English Grammar questions correctly was generally less than 30%; b) the effect of explicit instruction on Image English Grammar was statistically significant; and c) the percentages of students who found Image English Grammar valuable and enjoyable were 92% and 76%, respectively. 

備考(Remarks)  

2015  「学習者のAnalogy力を活用した英語学習:I'm between N's-構文を中心に」  共著   
『ことばの世界』  , 愛知県立大学高等言語教育研究所  , 第8号  , pp. 26-33, (8 p.)  , 2016年3月   

概要(Abstract) This paper focuses on the participants’ learning process. Specifically, a classroom experiment was conducted based on concepts of Cognitive Linguistics, namely schematization and instantiation (Yamanashi, 2012, p.154), which the researcher regards as reflecting human analogical abilities. The experiment began with having participants observe a few examples of schematization and instantiation in Japanese, and then going on to deal with two such constructions in English, namely the I’m between Ns construction and the I have a [COLOR] thumb construction. The participants’ ability to make sense of certain expressions presented in the experimental lesson using the knowledge they had learned was determined (e.g., the schema I’m between Ns and the expression I’m between jobs). A questionnaire was also conducted at the end of the experimental lesson to determine whether it was valuable and interesting by the participants based on Ryan and Deci’s (2000) six scales evaluating the level of motivation. The results showed that the participants’ understanding of new items in reference to certain hints provided by the researcher varied from item to item, but 50% to 70% of the participants were observed to use their analogical reasoning ability to understand the new items. Regarding the results of the questionnaire, 91% of the participants considered the content of the experimental lesson to be valuable, and 77% found it interesting. Based on these results, it can be suggested that teaching about schematization and instantiation by comparing Japanese and English motivates students to learn English, and they come to consider the process of learning English itself interesting. 

備考(Remarks) 「大学言語教育観に適応する多元的学習英文法の新展開」,『ことばの世界』, 第8号, 愛知県立大学高等言語教育研究所 pp. 9-36 (28p.), (執筆担当部分:第3節, 「学習者のAnalogy力を活用した英語学習:I'm between N's-構文を中心に」, pp. 26-33. 分担執筆30%, 大森裕實,北尾泰幸 

2015  「言語教育における異化教育の一環として, 認知様式の違いと言語表現の違いを考察する―「奈良時代の日本語」・「漢語」・「英語」の場合―」(査読付き論文)  単著   
『日本認知言語学会論文集』  , 日本認知言語学会  , 第15巻  , pp. 519-525.(7 p.)  , 2015年5月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「認知言語学及び教科開発学の観点から言語教育におけるダイナミズムと多様性の扱いを考察」(査読付き論文)  単著   
『日本認知言語学会論文集』  , 日本認知言語学会  , 第14巻  , pp. 553-559.(7 p.)  , 2014年5月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  「語法文法研究の愉しみ「感覚英文法による言語表現の意味づけアプローチ-表面的な学びから深い学びへ-」」  特集記事  単著 
『英語教育』  , 大修館書店  , 2016年11月号  , pp. 20-22. (3 p.)  , 20161100   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1988  「『英語の語源A to Z』(丸善ライブラリー)に対する書評」  書評  単著 
『英語教育』  , 大修館書店  , 1998年6月号  , pp. 95-96. (2 p.)  , 19880600   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2020  ワークショップ「英語学習/教育分野への認知言語学の貢献の事例研究」  未設定  2020/09/05 
日本認知言語学会第21回全国大会  , 日本認知言語学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  ポスター発表「ELF時代に求められる言語知識-通訳翻訳との親和性-」  共同  2019/11/30 
第2回JAAL in JACET学術交流集会  , JAAL in JACET   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同(長峯貴幸) 

2019  シンポジウム「ELF時代の理想的英語教師に求められる言語知識-通訳翻訳との親和性-」  共同  2019/08/30 
JACET第58回国際大会  , 大学英語教育学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同(大森裕實・長峯貴幸) 

2019  ワークショップ「認知言語学が新しい時代の英語学習/教育に貢献できることは何か」  共同  2019/08/05 
日本認知言語学会第20回全国大会  , 日本認知言語学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同(中川右也・都築雅子・中谷博美・宮浦国江) 

2019  「言語・認知・学習理論を基盤とした英語指導の新しい展開」課題別研究プロジェクト2年目発表)  共同  2019/06/23 
第49回中部地区英語教育学会石川研究大会  , 中部地区英語教育学会(CELES)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同(白畑知彦,松村昌紀,田村知子,大瀧綾乃) 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2013  科学研究費補助金  教職課程(英語)受講生のための言語知識教育プログラムの体系的構築 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 研究分担者:大森裕實, 奉鉉京 

2004  教育・学習方法等改善支援経費  認知言語学に基づく新たな教育方法の模索 
代表  日本私立学校振興・共済事業団   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 共同研究者:安念保昌 

2002  高等教育研究改革推進経費  受信技能と性格特性 
非代表  日本私立学校振興・共済事業団   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 共同研究者:安念保昌 

詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2020  招聘講演  2020/9/27 

活動内容等(Content of Activities) JALT Toyohashi Chapter Meeting, Sunday, 27th September 2020, 1:30pm – 2:30pm

@ Toyohashi Arts Theatre Plat (small meeting room) (Close to Toyohashi Station)

Construal Differences between Japanese and English
from the Viewpoints of Educational Adequacy 

2020  教員免許状更新講習講師  2020/9/20 

活動内容等(Content of Activities) 教員免許状更新講習選択領域『コミュニケーションのための感覚英文法の理論と実践』を南山大学教職センターにて担当しました。 

2020  大学講座 模擬授業  2020/10/19 

活動内容等(Content of Activities) 入試課より依頼があり、愛知県立岡崎北高校の2年生(27名)を対象に、「大学講座」の1つとして、「コミュニケーションのための感覚英文法(導入講義):認知能力を活性化する英語学習法」の模擬授業を実施しました。
 

2020  招聘講演  2020/10/17 

活動内容等(Content of Activities) 2020年度JACET中部支部講演会:これからの日本の英語教育と明日の英語授業のあり方を考えるー認知理論・国際英語論の視点からーというテーマの元、「認知能力を活性化する英語学習法」というテーマで講演1を担当しました。 

2019  招聘講演  2019/12/22 

活動内容等(Content of Activities) 中部地区英語教育学会愛知地区講演会
場所:名城大学ナゴヤドーム前キャンパス
人の持つ認知能力を活性化する英語学習法
―『実例とイメージで学ぶ 感覚英文法語法講義』(2019.10)の内容紹介から―

 

2018  通訳翻訳研究所ゼミナール  2019/02/08~2019/03/08 

活動内容等(Content of Activities) 「通訳翻訳講座」-ELF時代の通訳翻訳に役立つ言語知識-,愛知県立大学通訳翻訳研究所主催のゼミナール「ELF(国際英語)時代の通訳翻訳を支える言語知識を涵養する二本立ての講義――①多様な英語音声のperceptionとELF時代の通訳(長峯貴幸);②認知言語学と翻訳の新たな視点(今井隆夫)」の半分(5回/全10回)を担当。
 

2018  特別講義  2018/12/5 

活動内容等(Content of Activities) 「認知言語学と英語教育・言語コミュニケーション論」,愛知大学国際コミュニケーション学部(言語学概論)特別講義,愛知大学名古屋校舎. 

2016  招聘講演  2017/2/25 

活動内容等(Content of Activities) 「認知言語学と英語教育:有機的な英語感覚学習について考える」, 中部地区英語教育学会(CELES)三重支部 講演会, 中部地区英語教育学会, アスト津 5階 研修室B. 

2016  愛知教育大学英語専攻学術講演会  2016/11/4 

活動内容等(Content of Activities) 「感覚英文法による言語表現の意味づけ:認知言語学を参照した英語学習アプローチ」, 愛知教育大学英語専攻学術講演会, 愛知教育大学教育学部英語専攻主催, 愛知教育大学教育未来館. 

2016  特別講義  2016/12/12 

活動内容等(Content of Activities) 「認知言語学と英語教育・言語コミュニケーション論」, 愛知大学国際コミュニケーション学部(言語学概論)特別講義,愛知大学名古屋校舎. 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2020 
2019 
詳細表示

2020/10/22 更新